3度リードも生かせず開幕5連勝ならずのミラン指揮官「パフォーマンスには満足」

2020.10.27 10:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのステファノ・ピオリ監督が、開幕からの連勝がストップを振り返った。イタリア『スカイ』が伝えた。開幕4連勝のミランは26日にセリエA第5節でローマと対戦。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが2ゴールの活躍を見せ、3度リードするも、3度追いつかれて3-3の引き分けに終わった。

開幕からの連勝が「4」でストップしたピオリ監督は、パフォーマンスを讃えながらも3度追いつかれたことへの不満を口にした。

「パフォーマンスには満足している。3回リードしていたから後悔している。選手は満足していなかった」

「今は順位を見るときではない。後悔?あるよ。でも、最後まで戦っていたし、(アレッシオ・)ロマニョーリには最後にチャンスが訪れた。だが、正しい方法であり、それはこのパフォーマンスが裏付けている。両チームにこういったチャンスやピンチが事実があったにも関わらず、ローマはルーズボールを拾って上手くプレーしていた」

また、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が確認された守護神のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに代わって、ゴールマウスを守ったルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌにも言及。1失点目はクロスからの対応に目測を誤ってしまったが、「ミスは一部」と擁護した。

「ミスはフットボールの一部。彼はタイミングを間違い、デビュー戦で何かの代償を払った可能性がある。しかし、選手個人に焦点を合わせるのではなく、チームのパフォーマンスを向上させたい思っている。審判とVAR?何も言うことはない」
コメント
関連ニュース
thumb

ELでドローのミラン、指揮官代行はイブラ不在を気にせず 「チームの精神は変わらない」

ミランのダニエレ・ボネーラ監督代行がヨーロッパリーグ(EL)でドローゲームを振り返り、内容には満足していると語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 ミランは26日に行われたELグループH第4節で、前回対戦で0-3の完敗を喫したリールと再戦。勝てば首位浮上となるミランだったが、大黒柱であるFWズラタン・イブラヒモビッチを負傷で欠く苦しいチーム状態での一戦となった。 試合ではイブラヒモビッチに代わってトップの位置に入ったFWアンテ・レビッチのパスからFWサムエル・カスティジェホが落ち着いて決めて先制点をマーク。しかし、65分に同点とされ、1-1のドローに終わった。 新型コロナウイルス感染で静養中のステファノ・ピオリ監督に代わって指揮を執るボネーラ監督代行は試合後、「我々は非常に良いパフォーマンスを見せられた」と話しており、チームを称えている。 「チームはゲームをコントロールしていたし、だからこそ失点に気を取られてしまったのは残念だった。でも、(0-3で敗れた)ホームでの試合とは全く違うミランを見せられたよ。全員が一丸となって試合に取り組んでいたし、そのチームスピリットに満足している」 また、ボネーラ監督代行はイブラヒモビッチ不在にも触れており、若いチームが同選手の不在を上手くカバーしてくれたと満足感を示している。 「我々は、若い選手たちが活躍してくれたことに満足している。もう少し健全な狂気は求めたいけどね。それと、この若いチームにシモン・ケアーのような経験豊富な選手がいてくれるのも大きいよ。彼は大きな力を発揮してくれている」 「当然、イブラヒモビッチは非常に重要な選手だ。しかし、チーム全体で彼の不在を補うことは出来るし、チーム精神は変わらないよ」 この試合の結果、ミランはグループ2位となり、残り2試合で決勝トーナメント進出を目指す形に。ボネーラ監督代行も「次の試合は勝たなければならないし、今晩のようなプレーをしたい」と、次戦に意気込みを見せている。 2020.11.27 15:57 Fri
twitterfacebook
thumb

若くしてミラン守護神のドンナルンマ、今季最終年の契約延長が差し迫る?

ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(21)の契約延長が差し迫っているようだ。 ドンナルンマは2015年10月に当時16歳の若さでセリエAデビューを果たして以降、公式戦以216試合225失点で77回の無失点試合を記録。まだ21歳という年齢だが、すでにセリエA通算185試合の出場数を誇り、ミランの絶対的守護神としての地位は今季も揺るぎないが、今季終了後に契約が失効する。 イタリア『カルチョメルカート』によれば、代理人のミノ・ライオラ氏は低迷期が続くミランにチャンピオンズリーグ(CL)の舞台に返り咲くためのチーム強化を契約延長の条件としてアピール。しかし、今季のミランがセリエA首位に立っている状況もあり、これまで以上に新契約締結に迫っているという。 両者の間で予想される新たな契約年数こそ明らかになっていないが、年俸700万ユーロ(約8億6000万円)程度の条件で延長合意に近づいている模様。唯一残されている話し合いは移籍条項に関するもので、ライオラ氏はミランの意向に反してそれの設定を求めているとみられる。 2020.11.27 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

リールvsミランはドロー! S・プラハ勝利で三つ巴の様相《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節、リールvsミランが26日に行われ、1-1のドローに終わった。 グループHで首位のリールと、2位のミランによる首位攻防戦。 前回対戦で0-3の完敗を喫して今季公式戦初黒星となったミランだが、セリエAでは直近のナポリ戦を3-1で快勝し、首位と無敗をキープ。だが、その試合ではイブラヒモビッチ、サレマーカーズと2人の主力が負傷離脱となった。そういった中、リーグ戦から若干のメンバー変更に踏み切ったチームはレビッチを最前線に置き、2列目にカスティジェホ、チャルハノール、ハウゲを並べた。 立ち上がりから中盤での潰し合いが目立つ状況の中、互いに前から圧力をかけてショートカウンターから相手ゴールを目指す。11分にはボックス付近でアンドレがトナーリのキープしたボールを突っついてこぼれを拾ったヤズジュがミドルシュートを狙うが、これは枠の左に外れた。 一方、なかなかリズム良くボールを動かせないミランは遅攻の場面ではなかなかチャンスを作れない。ただ、ハウゲとレビッチが長い距離を持ち上がってのロングカウンターで幾度か決定機を創出した。 前半終盤にかけてもリールが主導権を握るが、アラウージョの決定機はGKドンナルンマが好守で阻み、前半は0-0で終了した。 後半も拮抗した展開が予想されたが、開始早々にミランがスコアを動かす。46分、中盤から出た縦パスに完璧なタイミングで抜け出したレビッチがボックス左まで持ち込み、GKとDFを引き付けて中央に走り込んだカスティジェホにプレゼントパス。これをスペイン人FWが難なく流し込んだ。 敵地で先制に成功したミランはここからうまく試合を落ち着けることに成功。だが、リールも一瞬の隙を突いてゴールをこじ開ける。65分、右サイドからのスローイングを素早くスタートさせてボックス右のアラウージョがすかさず折り返すと、ボックス内でジョナタン・デイビッドが丁寧にマイナスへ落としたボールをバンバがダイレクトで流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合はここから膠着状態に陥る。互いに交代カードを切って流れに変化を加えようとするが、なかなか決定機まで持ち込めない睨み合いの形が続く。 その後はリールがセットプレーを軸に幾度かチャンスを作りかけたが、結局1-1のままタイムアップを迎えた。 また、同日行われたスパルタ・プラハvsセルティックはホームのスパルタ・プラハが4-1で快勝した。 この結果、グループHは首位にリール(勝ち点8)、以下ミラン(勝ち点7)、スパルタ・プラハ(勝ち点6)、セルティック(勝ち点1)と三つ巴の混戦模様となっている。 リール 1-1 ミラン 【リール】 バンバ(後20) 【ミラン】 カスティジェホ(後1) スパルタ・プラハ 4-1 セルティック 【スパルタ・プラハ】 ハンコ(前27) ユリシュ(前38) ユリシュ(後35) プラブシッチ(後49) 【セルティック】 エドゥアール(前15) 2020.11.27 06:06 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチに続きミランを牽引していたサレマーカーズが約2週間の離脱か

ミランのベルギー代表MFアレクシス・サレマーカーズが約2週間ほど戦列を離れるようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 サレマーカーズは、22日に行われたセリエA第8節のナポリ戦で先発。3-1の勝利に貢献したが、後半28分に交代していた。同メディアによれば足首を負傷していたとのことだ。 セリエA無敗で首位を走るミランは、好調を支えるFWズラタン・イブラヒモビッチがハムストリングの負傷により最大で1カ月の離脱が報じられている。 イブラヒモビッチに加え、ここまでの快進撃を支えていた不動の右サイドアタッカーであるサレマーカーズを欠くのは痛恨だが、ミランはヨーロッパリーグを毎週戦う過密日程を乗り越えることができるか。 2020.11.25 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベのセリエA10連覇は厳しい? インテルOBがセリエAで推すのはミラン?

インテルのレジェンドであるジュゼッペ・ベルゴミ氏は、今シーズンのセリエAではユベントスよりミランを上に見ているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アンドレア・ ピルロ監督を新指揮官に招へいし、セリエA10連覇を目指しているユベントス。第8節を終えたここまでで4勝4分けの4位に位置している。 一方で首位を走るのはミラン。6勝2分けと王者ユベントスに4ポイント差をつけており、王座奪還に燃えている。 ベルゴミ氏はイタリア『スカイ』で現時点ではミランが優勢と見解を述べ、10ゴールでここまでの得点ランキング1位となっている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの影響が大きいと話している。 「特にビッグゲームでは、ユベントスはまだ私が納得するパフォーマンスではない 「一方で、ミランはインテルとナポリに勝利している。イブラヒモビッチが私を納得させたよ。ユベントスはラツィオとローマと対戦したが、勝てなかった」 「シーズン当初からミランが上手くやれると感じていたし、彼らが4位以内に入ると思っていた。パオロ・マルディーニ(ミランのテクニカル・ディレクター)は自分が良いチームを作ったことを自覚しているはずだ」 「ミランにはピッチ上のあらゆるポジションに走れる選手がいる。彼らに対してゴールを決めるのは難しく、チームは自信に満ちている」 一方で、自身の古巣でありそのミランのライバルであるインテルについてはまだまだ改善が必要だと感じているようだ。 「彼らは間違いなく改善する必要がある。例えば、(アクラフ・)ハキミの使い方を変える必要があるのは、誰にとっても明らかだろう。彼は自分の足でボールを受け取るべきではない。さもなければ、彼はそのまま返してしまう」 「(クリスティアン・)エリクセンに関しては、DFをドリブルで突破するのに苦労している1人の選手だ。(アントニオ・)コンテが革命を起こすとは思わない」 「インテルは回復する必要があり、彼が実験をしている時間はない。もう1つの問題は、インテルのディフェンスラインだ。今シーズンは遅すぎる。後ろにスピードのある選手が居ない」 2020.11.24 22:10 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly