ユベントスSDがディバラの契約更新に言及「双方の願いは一致している」

2020.10.26 20:54 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティッチ氏が、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(26)の契約延長についてヒントとなるコメントをしている。

2015年に加入し、通算230試合に出場しているディバラ。今季はケガの問題を抱えていたが、20日に行われたチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦で初出場を果たすと、25日のヴェローナ戦では初のセリエA出場で90分間戦い抜いた。


そんなディバラだが、現行契約は2022年夏までとなっており、トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドへの移籍の噂も囁かれた。

だが、パラティッチ氏はイタリア『スカイ』の取材で両者の思惑は一致しているとし、契約延長にヒントとなるコメントを残した。

「ユベントスとプレーヤー側の双方が契約を更新したいという明確な願望がある。簡単にはまとまらないだろうが、有益な話し合いを進めている。我々は関係するすべての人たちに満足のいく解決策を探している」

なお、今季限りとなっている自身の契約に関しては「ユベントスにいられることは大きな幸せだ。急いでいない。社長とは信頼関係を築いており、心配はない」と話している。

関連ニュース
thumb

ブッフォン、2023年まで現役続行希望も今季限りの引退も否定せず

ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが今後のキャリアについて言及した。イギリス『ガーディアン』に語っている。 1月に43歳となったブッフォン。今季で契約の切れるユベントスではGKヴォイチェフ・シュチェスニーの控えGKの立場となっているが、出場した際には衰えを感じさせないパフォーマンスを発揮し、今季ここまで公式戦10試合に出場している。 そのブッフォンは自身の引き際について次のように述べた。 「自分のイメージでは最長で2023年6月までプレーできると思っている。ただ、4カ月後に現役を退く可能性も否定はできない。私の年齢になると、急に衰えが襲ってくると言われている。今の自分にはそのような予兆はないけどね」 2021.03.04 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のユベントス、新たにデ・リフトが故障者リスト入り

ユベントスは3日、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトが足の筋肉を痛めたことを発表した。離脱期間は明かされていない。 元々負傷を抱えていたデ・リフトは2日に行われたセリエA第25節スペツィア戦で先発する予定だったが、ウォーミングアップを行った段階で出場が難しいと判断し、DFジャンルカ・フラボッタに先発が入れ替わっていた。 ユベントスは現在、DFレオナルド・ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニ、MFファン・クアドラードらバックラインにケガ人が続出している中、6日にはセリエAでラツィオとの上位対決を、9日にはベスト8進出を懸けたポルトとのチャンピオンズリーグを控えている。 2021.03.04 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがMFマッケニーの買い取りOPを行使!2025年まで契約

ユベントスは3日、アメリカ代表MFウェストン・マッケニー(22)の買取オプションを行使したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 なお、ユベントスは所属元のシャルケに移籍金として3年間で1850万ユーロ(約24億円)を支払うとのこと。また最大で650万ユーロ(約8億4000万円)のボーナスも付くとのことだ。 テキサス州出身のマッケニーはFCダラスのアカデミーで育ち、2016年8月にシャルケのU-19に入団。2017年7月にファーストチームに昇格すると、セントラルMFを主戦場に、サイドアタッカーやサイドバック、センターバックでプレー可能なユーティリティ性も強みに公式戦通算75試合に出場していた。 昨夏にユベントス初のアメリカ人選手として買い取り義務付きのレンタル移籍で加入すると、今季はここまでリーグ戦21試合を含む公式戦31試合に出場し5ゴール2アシストをマークしていた。 2021.03.03 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

スタメン発表後に中止となっていたユベントスvsナポリの開催が決定、ユベントスの不戦勝扱いは無しに

試合直前に中止となり、ユベントスの不戦勝となるはずだった試合の開催日が決定した。 2020年10月3日に行われる予定だったセリエA第3節のユベントスvsナポリの一戦が、3月17日に開催されることをレガ・セリエAが発表した。 この試合は、ユベントスホームで試合が開催される予定で、スターティングメンバーも発表されてからの突然の中止となっており、その後の対応が大きな話題を呼んでいた。 当時、ジェノアでは17名の選手が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染するクラスターが発生。その直前に試合を行っていたナポリでも選手に陽性反応者が出ていた。 ナポリは、地方保健局とカンパニア州から通達を受け、ユベントスとのアウェイゲームに臨めないとし、イタリアサッカー連盟(FIGC)とレガ・セリエA、ユベントスに対して延期を要望していた。 しかし、その要望が認められていないにも関わらず、トリノへと遠征をしていなかったナポリ。ユベントスはスタメンを発表し、選手たちもスタジアムに到着していた中、突然の中止が決定していた。 セリエAと欧州サッカー連盟(UEFA)のプロトコルでは、チームに13人の選手(GK1人を含む)が揃う限り、試合を行わなければならないとされている。ナポリにも感染者はいたものの、13名の選手を揃えることは可能な状況だっただけに、勝手な判断により3-0でユベントスが不戦勝になるとされていた。 その後も結論が出ないままだったこの試合だが、ナポリがヨーロッパリーグから敗退したことで日程が決定。17日に行われることとなった。 2021.03.03 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが同時に2つの金字塔を打ち立てる!リーグ通算600試合目で…

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが偉業を達成した。 ユベントスは2日、セリエA第25節でスペツィアと対戦。フル出場したC・ロナウドも試合終了間際に試合を決めるゴールを奪い、3-0で快勝した。 2月に36歳を迎えたC・ロナウドにとっては、スペツィア戦が自身のリーグ通算600試合目。ラ・リーガで292試合、プレミアリーグで196試合、セリエA85試合、プリメイラ・リーガで25試合、セグンダ・ディヴィゾンで2試合に出場していた。 さらに、スペツィア戦のゴールでC・ロナウドは今シーズンのセリエA21試合で20ゴールに到達。データサイト『Opta』によると、12シーズン連続でリーグ戦20ゴールを記録することになった。 年齢的にキャリアの折り返し地点を過ぎたが、衰えるどころか進化しているようにさえ映り、今季もここまでセリエA得点ランキングトップを走るC・ロナウド。これまで、クラブキャリア通算で880試合に出場して665得点226アシスト。ポルトガル代表としても170試合の出場で102得点を記録している。 <div id="cws_ad" >◆600試合目のC・ロナウドが“左足”で20ゴール目をマーク(2:56~)</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "kRcMkt-ZxIA";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.03.03 19:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly