PSGの流れるようなパスワークからマテュイディが決めたチームゴール【チーム・ゴールズ】

2020.10.25 21:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。

◆マテュイディが決めたPSGの華麗な連携ゴール

トロワでプロデビューを果たしたマテュイディは、2007年に加入したサンテチェンヌでブレイク。2011年夏にPSGに加入するとリーグ屈指のMFとして活躍した。

ボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとして存在感を示したマテュイディだが、2015年5月3日に行われた、リーグ・アン第35節のナント戦では華麗な連携からゴールを決めている。

1-0とPSGリードの31分、PSGが中盤でボールを回し、攻撃のタイミングを伺う。センターサークル内でMFチアゴ・モッタがボールを受けると、プレスに来た相手と上手く入れ替わり、一気にボールを前線に運ぶ。

モッタがアウトサイドパスで前線のFWズラタン・イブラヒモビッチにパスを送ると、イブラヒモビッチはボールをキープし、裏へ走りだすマテュイディに相手DFの股を抜くスルーパスを出す。フリーでボールを受けたマテュイディがGKとの1vs1をしっかりと決め、相手を突き放す2点目を決めた。

見事なゴールで追加点を奪ったPSGがそのまま2-0で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

ベッカム、ロビーニョ、ロナウド、ラウール…スーパースターたちによる鮮やかな銀河系速攻ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スター軍団が見せた鮮やかな連携<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpOXliaWhSViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1994年のトップチームデビュー以来、スーパースターが集まるチームの中の生え抜きのエースとしてマドリディスタから愛されたラウール氏。クラブの象徴として多くのタイトルを勝ち取った。 抜群のサッカーセンスで、何でもこなす万能FWとして活躍したラウール氏だが、“銀河系軍団”全盛期の2005年8月28日に行われたラ・リーガ開幕節のカディス戦では、スター選手たちの見事な連携からゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた85分、自陣からMFデイビッド・ベッカムが正確なロングパスを前線に入れると、FWロビーニョが胸トラップでボールをコントロールし、走り込んできたFWロナウドにボールを渡す。ロナウドがその勢いのまま一気にボックス内に侵入し、GKとの1対1の場面を作ると、意表をつく横パスをラウールに送り、フリーのラウールが勝ち越しゴールを決めてみせた。 このゴールで2-1とリードを奪ったマドリーが開幕戦を勝利で飾っている。 2020.11.26 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールとの天王山で、シティが反撃の狼煙を上げたサイドアタック【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・ソシエダの元スペイン代表MFダビド・シルバがマンチェスター・シティ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シルバが決めた反撃の狼煙を挙げるチームゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUYlUyamZwVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にバレンシアからマンチェスター・シティに加入したシルバ。急速に力を付けていたシティの絶対的司令塔として長年活躍し、多くのタイトルを勝ち取った。 抜群のテクニックとパスセンスで、試合のテンポをコントロールするシルバだが、2014年4月13日に行われたプレミアリーグ第34節のリバプール戦では、見事な連携からゴールを決めた。 ブレンダン・ロジャーズ監督の下、初のプレミアリーグ優勝に向けて首位を走っていたリバプールとの対決となったこの試合。 序盤にリバプールに2点の先制を許し0-2とビハインドで迎えた57分、右サイドから、MFフェルナンジーニョとのワンツーで抜け出したMFジェームズ・ミルナーが、ボックス内右深くから折り返しのパスを入れる。このパスにゴール前でシルバが合わせ、1-2と反撃のゴールを決めた。 このゴールで勢いを取り戻したシティは、直後に2-2と同点に追いついたものの、MFフィリペ・コウチーニョのゴールで勝ち越しを許し、2-3と敗北。リバプールが怒涛のリーグ10連勝を飾っていた。 2020.11.25 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

まるでシュート練習!PSGのスタートリオが相手を鮮やかに崩して決めたロングカウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆PSGのスタートリオが決めたロングカウンター<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2UkhSd3FDdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くして天才ドリブラーとして名をはせたネイマールは、2017年夏にバルセロナからPSGに加入。世界中のスター軍団が揃うチームの顔として活躍を続けている。 ブラジル人らしいトリッキーなプレーを得意とするネイマールだが、2018年1月7日に行われたクゥープ・ドゥ・フランス1回戦のスタッド・レンヌ戦では、鮮やかな連携からゴールを決めている。 3-0と序盤からPSGが大量リードを奪って迎えた43分、自陣ボックス内でボールを奪ったPSGは、素早く前線のネイマールにパスを送り、ロングカウンターを発動。相手が自陣に戻る前にネイマールが一気にボールを運ぶ。 ボックス手前まで来たところで、ボックス内のスペースに走り込むFWアンヘル・ディ・マリアにパスを送る。ディ・マリアがワンタッチでクロスをFWキリアン・ムバッペに出すと、GKを引きつけたムバッペが、中央でフリーになったネイマールに折り返しのパス。ネイマールがこのパスを冷静にゴール左に決め、見事な追加点となった。 試合はこの後も得点を重ね、6-1と大量得点を奪ったPSGが勝利している。 2020.11.24 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

MSN炸裂!ネイマール・スアレス・メッシ、最強トリオの美しい崩し【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆MSNが華麗なパスワークで相手を翻弄<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSeVFYYjRhcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 13歳でバルセロナの下部組織に入団したメッシは、ファーストチームデビューを果たすと、絶対的エースへと成長。世界最高峰のパフォーマンスを毎年のように続け、チームを引っ張っている。 2014年から2017年にかけては、FWネイマール、FWルイス・スアレスとMSNと呼ばれた強力スリートップを形成したメッシだが、2015年11月28日に行われたラ・リーガ第13節のレアル・ソシエダ戦では、3人の見事な連携からゴールを決めている。 3-0とバルセロナ大量リードの91分、カウンターからチャンスを作り、ネイマールが左サイドでボールを受ける。ネイマールがドリブルで深部まで侵入すると、中央のスアレスにパスを送り、自身はボックス内に走る。 その流れでスアレスからダイレクトの浮き球のパスを受け直すと、相手の裏を取ったところで中央に横パスを入れる。このパスにメッシがファーポストで合わせ、華麗な崩しからダメ押しの4点目を奪った。 試合はそのままバルセロナが4-0で大勝している。 2020.11.23 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

GKから縦パス5本で相手ディフェンスを真っ二つ!逸材フォーデンが決めた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シティが縦パス5本で相手守備陣を真っ二つ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2N2dRd3J6eiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> シティユースで育ったフォーデンは、2017年にファーストチームに昇格。FWリオネル・メッシら、数々の名選手を指導した経験を持つ名将ジョゼップ・グアルディオラ監督をもってして「今まで見た中で最高の選手」と言わしめた。 シティ、そしてイングランドの未来として将来を嘱望されるフォーデンだが、2018年9月25日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)3回戦のオックスフォード・ユナイテッド戦では、見事なゴールを決めている。 2-0とシティリードの92分、最終ラインのパス回しから、GKアリジャネ・ムリッチがDFジョン・ストーンズにパスを送る。ここからストーンズ、MFイルカイ・ギュンドアン、DFダニーロ、FWラヒーム・スターリングと立て続けに縦パスを通し、一気に相手陣内までボールを運ぶ。 スターリングがドリブルで仕掛け、ボックス手前まで侵入すると、左サイドでフリーになっていたフォーデンにパス。ボックス内でこのパスを受けたフォーデンが意表をつくダイレクトシュートをゴール右下に見事に決めた。 フォーデンのゴールで3点目を奪ったシティが、そのまま3-0で勝利している。 2020.11.23 16:00 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly