ベルギーの万能DFアルデルヴァイレルトが決めたトッテナム初ゴールは豪快なヘディング弾【ファースト・ゴールズ】

2020.10.25 16:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。今回はベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトがトッテナムで決めた最初のゴールだ。

◆頼れる男が決めたトッテナム初ゴール

アヤックスの下部組織で育ったアルデルヴァイレルトは、同クラブで頭角を現すと2013年夏にアトレティコ・マドリーに移籍。その後サウサンプトンへのレンタルを経て、2015年夏にトッテナムに加入している。

安定した守備に加え、高さを活かした攻撃参加や前線への正確なロングフィードなど、攻守に存在感を示すアルデルヴァイレルトだが、記念すべきトッテナム初ゴールは、2015年9月26日に行われた、プレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦で決めたゴールだった。

シティに先制を許しながらトッテナムが追いつき、1-1の同点で迎えた50分、トッテナムがシティ陣内右サイド深部でフリーキックのチャンスを得る。キッカーのMFエリク・ラメラが左足からのインスイングのクロスを上げると、アルデルヴァイレルトが頭で合わせる。ニアポストでのヘディングシュートはゴール右に見事に決まり、勝ち越しゴールとなった。

このゴールで逆転に成功したトッテナムは勢いに乗り、得点を重ねると、5-1の大勝を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

イタリアの未来を担う若手DFバストーニのインテル初ゴールは豪快ヘディング弾【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニがインテルで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バストーニのインテル初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxeWZrZUJsOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 育成の名門アタランタで育ったバストーニは、2017年夏に若くしてインテルに移籍。レンタルを経た2019-20シーズンからインテルに復帰し、イタリアの次代を担う存在として期待されている。 恵まれた体格を活かした守備に加え、足元の技術も持つバストーニは、攻守で存在感を発揮しているが、2020年1月19日に行われたセリエA第20節のレッチェ戦では、インテル初ゴールとなる豪快なゴールを決めている。 0-0のまま迎えた71分、左サイドからDFクリスティアーノ・ビラギがボックス内にクロスを上げる。このボールにバストーニがニアポストに走り込むと、豪快なヘディングを叩き込み、見事なインテル初ゴールを挙げた。 バストーニのゴールで先制に成功したインテルだったが、直後に追いつかれ、1-1のドローに終わっている。 2020.11.24 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

18歳のアンリが角度のない位置から叩き込んだ華麗なプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がモナコで決めたプロキャリア最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アンリが角度のない位置から決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0MFJiOGFuYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アーセナルのレジェンドとしてクラブの歴史に名を残すアンリ氏。シュート・スピード・テクニックとどれをとっても一流のアンリ氏は、4度のプレミアリーグ得点王に輝いた。 そんなアンリ氏が、プロキャリアを始めたのはモナコ。当時のモナコ指揮官アーセン・ヴェンゲル氏に抜擢され、1995年4月29日に行われたリーグ・アン第34節RCランス戦では、プロ初ゴールを決めている。 1-0とモナコリードの26分、鋭い加速でパスに抜け出したアンリがボックス内に入ると、飛び出してきたGKの手前でボールにタッチし、華麗にかわす。ゴール左、ラインギリギリの位置で体の向きを直すと、右足でシュート。角度のほとんどない位置からの正確なシュートはゴール右サイドネットに吸い込まれ、見事なゴールとなった。 これがプロ初ゴールとなったアンリ。直後には早速2ゴール目を決め、6-0で勝利したチームに貢献している。 2020.11.22 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

トルコの点取り屋、トスンがシティ相手にもぎ取ったパレス初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はエバートンのトルコ代表FWジェンク・トスンがクリスタル・パレスで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トスンがシティ戦で決めたパレス初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwTmg1U3d3WiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年1月にベシクタシュからエバートンに加入したトスンは、いきなりの活躍を見せたものの、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの台頭もあり、控えに甘んじている。 2019-20シーズンの後半戦は、レンタル移籍でクリスタル・パレスに加入していたトスンだが、その記念すべき初ゴールは、2020年1月18日に行われた、プレミアリーグ第23節のマンチェスター・シティ戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた39分、右コーナーキックのチャンスをパレスが得ると、クロスがファーポストで待つDFギャリー・ケイヒルへ。ケイヒルがこのボールを頭で折り返すと、トスンがゴール右でさらに頭で合わせ、見事な先制点を挙げた。 試合は2-2で終了し、パレスが競合相手に貴重な勝ち点1を手にしている。 2020.11.21 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“コスパ”抜群のストライカー、チュポ=モティングがユナイテッド相手に決めたストーク初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はバイエルンに所属するカメルーン代表FWエリック・チュポ=モティングがストーク・シティで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チュポ=モティングのユナイテッド初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3VWxhTHhNRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドイツの古豪・ハンブルガーSV(HSV)でプロデビューを飾ったチュポ=モティングは、その後マインツやシャルケで活躍。2017年夏にストークに加入後、パリ・サンジェルマン(PSG)でのプレーを経て、現在はバイエルンでプレーするチュポ=モティングだが、キャリアを通して全て移籍がフリーでの移籍となっており、移籍金が発生しない“コストパフォーマンス”の良いストライカーだ。 優れた身体能力を活かし、ゴール前で強さを発揮するチュポ=モティングだが、ストーク時代の2017年9月9日に行われたプレミアリーグ第4節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、強豪相手に記念すべきストーク初ゴールを決めている。 0-0で迎えた43分、相手陣内中央でボールを持ったMFダレン・フレッチャーが右サイドのスペースにいたFWマメ・ディウフにロングパスを送る。このボールを相手の裏で受けたディウフが低めのクロスをボックス内に入れると、ゴール前にいたチュポ=モティングが滑り込みながら完璧にミートさせたシュートを決め、見事な先制ゴールを挙げた。 先制に成功したストークはこの後逆転を許し、2-1とされるも、後半に再びチュポ=モティングがゴールを決め、2-2のドローに持ち込んでいる。 2020.11.19 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

闘志溢れるトルコの若手CBデミラルのユベントス初ゴールとなった右足ボレー【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はトルコ代表DFメリフ・デミラルがユベントスで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デミラルがローマ戦で決めたユベントス初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIa0Y1WFZiTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トルコの名門フェネルバフチェユース出身のデミラルは、スポルティング・リスボンやサッスオーロでのプレーを経て、2019年夏にユベントスに加入。一気にビッグクラブへのステップアップを果たしている。 闘志溢れるプレーで最終ラインを守るデミラルだが、その記念すべきユベントス初ゴールは、2020年1月12日に行われたセリエA第19節のローマ戦で決めたゴールだった。 試合が始まって間もない3分、相手陣内中央左でFKのチャンスをユベントスが得る。 キッカーのFWパウロ・ディバラが左足でアウトスイングのクロスをボックス内に入れると、ファーポストでフリーになっていたデミラルが右足ボレーで合わせ、見事な先制ゴールを挙げた。 デミラルのゴールで勢いに乗ったユベントスは、前半を2-0で折り返すと、後半反撃に遭いながらも、2-1で逃げ切り勝利を収めている。 2020.11.17 22:00 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly