【EL第1節結果まとめ】ナポリ敗戦も強豪は順当に白星発進! 日本人4選手全員が初戦でプレー

2020.10.23 07:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が22日に行われた。

◆強豪は順当に白星発進!
Getty Images

優勝候補に挙がるアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢では、ナポリを除く全チームが白星発進となった。


グループB初戦でラピド・ウィーンのホームに乗り込んだアーセナルは、主導権こそ握りながらもゴールレスで試合を折り返すと、後半立ち上がりにGKレノのビルドアップのミスから先制点を献上。それでも、主力を投入した後半半ば以降にダビド・ルイスの2ゴールに絡む活躍で試合を引っくり返し、2-1の逆転勝利を飾った。

一方、グループJ初戦でホームにLASKリンツを迎えたトッテナムはデビュー戦となったカルロス・ヴィニシウスがルーカス・モウラ、ソン・フンミンのゴールをアシスト。さらに、初先発のベイルも2点目のオウンゴールに繋がるクロスを供給するなど、きっちり仕事を果たした。また、今季の公式戦10試合目にして初のクリーンシートを記録する3-0の快勝で、選手層の厚みを強調する実りある一戦となった。

セリエA勢ではミランとローマが、それぞれセルティック、ヤング・ボーイズ相手に苦戦を強いられたものの、ミランがブラヒム・ディアスにクルティッチとハウゲの加入後初ゴールで3-1の勝利。一方、ローマは前半にPKから先制を許す苦しい展開となった中、後半半ばに投入されたジェコとムヒタリアンのアシストからブルーノ・ペレス、クンブラと2人のDFにゴールが生まれ、2-1の逆転勝利を飾っている。

その他の強豪チームではレバークーゼンがニースを相手にベララビの2ゴールなど攻撃陣が圧巻の6ゴールを奪い、6-2の圧勝。ベンフィカもヌニェスのハットトリックの活躍により、レフ・ポズナンに4-2で快勝。レスター・シティはイヘアナチョが1ゴール2アシストの躍動をみせ、ホームでゾリャを3-0のスコアで退けている。

また、PSVではゲッツェに公式戦2試合連続ゴールが生まれたが、EL初参戦のグラナダにホームで1-2の逆転負けを喫している。

◆久保、三好、北川がELデビュー! 菅原がナポり相手に金星!
Getty Images

今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになったが、初戦から全選手がプレー機会を得た。

その中でひと際鮮烈な輝きを放ったのが、ビジャレアル加入後初先発でELデビューを飾ったMF久保建英。ホームで開催されたスィヴァススポル戦で先発フル出場を果たすと、13分に味方のシュートのこぼれ球を押し込んで、移籍後&EL初ゴールを奪取。さらに、20分と57分にはバッカとフォイスのゴールをアシストする衝撃のELデビューを飾り、チームも5-3で勝利している。

また、アントワープのMF三好康児はルドゴレツ戦でELデビューを飾り、フル出場を果たした中で攻守両面でハードワークし、2-1の逆転勝利に貢献。一方、ラピド・ウィーンのFW北川航也はアーセナル戦で、1-2のビハインドとなった76分に途中投入され、ELデビュー。だが、格上相手に見せ場を作るまでには至らず、惜敗となった。

デビュー組の3選手とは異なり、2年連続のEL参戦となったAZのDF菅原由勢は、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情の中、強豪ナポリとのアウェイゲームにおいて3トップの右で先発出場。決勝点の起点となる重要な攻撃面の貢献に加え、守勢を強いられた中で守備面でも献身的な働きをみせ、1-0の勝利に大きく貢献した。

■ELグループステージ第1節結果

◆グループA
ヤング・ボーイズ 1-2 ローマ
CSKAソフィア 0-2 クルージュ

◆グループB
ダンドーク 1-2 モルデ
ラピド・ウィーン 1-2 アーセナル

◆グループC
レバークーゼン 6-2 ニース
ハポエル・ベエルシェバ 3-1 スラビア・プラ

◆グループD
スタンダール・リエージュ 0-2 レンジャーズ
レフ・ポズナン 2-4 ベンフィカ

◆グループE
PSV 1-2 グラナダ
PAOK 1-1 オモニア

◆グループF
ナポリ 0-1 AZ
リエカ 0-1 レアル・ソシエダ

◆グループG
ブラガ 3-0 AEKアテネ
レスター・シティ 3-0 ゾリャ

◆グループH
スパルタ・プラハ 1-4 リール
セルティック 1-3 ミラン

◆グループI
マッカビ・テルアビブ 1-0 カラバフ
ビジャレアル 5-3 スィヴァススポル

◆グループJ
トッテナム 3-0 LASK
ルドゴレツ 1-2 アントワープ

◆グループK
ディナモ・ザグレブ 0-0 フェイエノールト
ヴォルフスベルガー 1-1 CSKAモスクワ

◆グループL
ホッフェンハイム 2-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ
リベレツ 1-0 ヘント

関連ニュース
thumb

今季終了後に引退のL・ベンダーがヒザの手術、復帰は3月末に

レバークーゼンは23日、元ドイツ代表MFラース・ベンダー(31)が右ヒザ半月板の手術を受け、復帰が3月末になることを発表した。 今季終了後に双子の弟であるスベンと共に現役を引退することを発表しているL・ベンダー。1月23日のヴォルフスブルク戦に先発して以降欠場が続いていたが、右ヒザの半月板を痛めていたようだ。 レバークーゼンは現在、ブンデスリーガで5位、ヨーロッパリーグではラウンド32を戦っているが、しばらく主将のL・ベンダーを欠く状態が続くことになる。 近年、ケガに悩まされているL・ベンダーは今季、公式戦19試合に出場していた。 2021.02.24 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ初先発のGKが痛恨の“空振り”で失点…「試合を台無しにした」

レバークーゼンの第2GKを務めるドイツ人GKニクラス・ロム(27)が痛恨のミスを犯した。 レバークーゼンは21日、ブンデスリーガ第22節でアウグスブルクと対戦。守護神のフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーが前節のマインツ戦で右足のかかとを負傷したため、ロムが今季のリーグで初先発を飾っていた。 試合開始から4分が経過したところで、味方からのバックパスがロムに渡ると、逆足の左足で前線へロングボールを蹴りだそうとする。しかし、やや足元にトラップしたボールは、蹴る直前に軸足の右足に当たってしまい、軌道がずれたためロムは空振り。そのままアウグスブルクのFWフロリアン・ニーダーレヒナーに奪われ、先制点を献上してしまった。 試合はレバークーゼンが後半アディショナルタイムに同点ゴールを決め、1-1の引き分けに終わったものの、ロムは試合後に「試合を台無しにしたことは当然僕を苛立たせている」と自分のミスを責めている。 <div id="cws_ad">◆レバークーゼンの第2GKニクラス・ロムのまさかの“空振り”…チームメイトも思わず膝をつき絶句<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A stoppage time equalizer ensures that Leverkusen maintain their 20-game unbeaten run against Augsburg in the Bundesliga <a href="https://twitter.com/hashtag/FCAB04?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCAB04</a> <a href="https://t.co/xWoD644mfo">pic.twitter.com/xWoD644mfo</a></p>&mdash; Bundesliga English (@Bundesliga_EN) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_EN/status/1363599878711095301?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.23 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、正守護神フラデツキーがアキレス腱負傷で5~6週間離脱

レバークーゼンは22日、フィンランド代表GKルーカス・フラデツキーが重傷を負ったことを発表した。 フラデツキーは、13日に行われたブンデスリーガ第21節のマインツ戦(2-2の引き分け)に先発したが、前半に右足を負傷。ハーフタイムでGKニクラス・ロムと交代していた。 クラブによれば、複数の検査を受診したフラデツキーは右アキレス腱の負傷と診断されたという。 また、復帰までの期間については今後の経過によって変動するとのことだが、複数の医師の診断によれば、3月末のインターナショナルウィーク明けになるとのことだ。 2015年にブレンビーからレバークーゼンに加入したフラデツキーは、その高いシュートストップ精度を武器に1年目から正守護神の座を勝ち取ると、これまで公式戦119試合に出場している。 2021.02.23 01:01 Tue
twitterfacebook
thumb

1stレグまさかの4失点に怒り心頭のレバークーゼン指揮官「アマチュアのような守備だ」

レバークーゼンのピーター・ボス監督が不甲斐ないチームへの怒りを隠さなかった。ドイツ『キッカー』が伝えている。 18日に行われたヨーロッパリーグ(EL) ラウンド32・1stレグでヤング・ボーイズと対戦したレバークーゼン。先週末のリーグ戦にて終了間際の2失点で勝ちを逃したチームはこの日も守備が乱れ、前半だけで3失点を喫すると、一度は追い付いたものの、またも終了間際に失点して3-4のスコアで敗れた。 この結果、3つのアウェイゴールこそ奪ったものの、2ndレグでは勝利が必須の状況となっている。格下とされる相手に4失点で敗戦したことについて、ボス監督は試合後怒りを隠さなかった。 「我々はアマチュアのような守備で2点を失った。そして、ハーフタイム前にまたもや失点。これはあってはならないことだ。我々は今日、(先週末のマインツ戦より)もっと悪いプレーが可能であると示した」 「前半の低調さについては説明できない。私の準備が良くなかったのだろう。私の責任、私のミスだ。意図がチームに伝わらなかった。そうでなければ、ここまで悪いスタートを切ることなどできない」 「我々はこの試合で選手を入れ替えているが、私の考えとしては今日のようなパフォーマンスとは何の関係もない。試合に入るため、ハーフタイムで選手交代をしなければならなかった。そこでようやく、我々は試合に参加できたと思う」 「もちろん今のチームを心配している。こんなパフォーマンスでは勝利など望めない。私は常にポゼッションを志している。しかし、あのような守備、あのようなボールロスト、あのようなポジショニングで試合に入っていては、決して勝利など望めないだろう」 チームを酷評したボス監督だが、後半のパフォーマンスについては好印象を抱いているとコメント。ここからの改善を誓っている。 「ハーフタイムに変更を加えてから、選手たちは違った表情を見せてくれた。すべてが素晴らしかったわけではないが、より良いプレーはできたと思う。だが、好調だった時期はもっといいプレーができていた。すぐにまた、2週間前のシュツットガルト戦のような良いパフォーマンスを発揮できるようになるだろう」 2021.02.19 16:29 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、前十字靭帯負傷の大ケガを負ったバウムガルトリンガーと1年契約延長

レバークーゼンは17日、オーストリア代表MFユリアン・バウムガルトリンガー(33)との契約を2022年6月まで延長したことを発表した。 今季終了後にレバークーゼンとの契約が切れる状況になっていたバウムガルトリンガーは、先月23日に行われたブンデスリーガ第18節ヴォルフスブルク戦で左ヒザの前十字靭帯を痛めていた。断裂は回避したものの、靭帯を補強する手術を行い、全治までには約3カ月かかることが予想されている。 そのバウムガルトリンガーと契約延長するに至った理由についてスポーツ・ディレクターを務めるシモン・ロルフェス氏は「ユリアンは今季、自身がチームにとって重要な存在であることを再び示してくれた」とコメント。 中盤アンカーの位置で印象的なプレーを見せていたバウムガルトリンガーは今季、ブンデスリーガで16試合に出場して2ゴールを挙げ、前半戦を終えた段階で3位に位置していたチームの中心として活躍していた。 2021.02.17 23:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly