初先発の久保はELデビュー弾など1G2Aと躍動!! ビジャレアルがスィヴァススポルとの打ち合いを制し白星発進!《EL》

2020.10.23 05:56 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
久保建英の所属するビジャレアルは22日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポル(トルコ)とホームで対戦し、5-3で勝利した。久保はフル出場、13分に移籍後初ゴールを記録した。

ラ・リーガ開幕から3勝1分け1敗の上々の滑り出しとなったビジャレアル。直近のバレンシア戦でも新加入のパレホ弾で逃げ切り2-1と勝利を飾った。2季ぶりの出場となるEL初戦に向けては、バレンシア戦からスタメンを8人変更。アルカセルやパレホ、イボーラ、パウ・トーレスらに代えてバッカやコクラン、バエナらを起用。久保も移籍後初のスタメンに名を連ねた。

久保をインサイドハーフに配置した[4-3-3]で試合に臨んだビジャレアルは13分、敵陣でバエナがボールをカットすると、こぼれ球を拾ったチュクウェゼがボックス外からシュート。これは相手GKが弾いたが、こぼれ球を久保が流し込んだ。

久保の移籍後初ゴールで先制したビジャレアルは、20分にも久保のラストパスをボックス内に走り込んだバッカが右足ダイレクトでゴール右に突き刺し、追加点を奪った。

33分にカヨデのゴールで1点を返されたビジャレアルだったが、直後の34分に決定機を迎える。久保のパスを受けたバッカがヤルシンにボックス内で倒されPKを獲得。しかし、バッカのPKは完璧にコースを読んだ相手GKのビッグセーブに阻まれた。

追加点のチャンスを逃したビジャレアルは、43分に再びピンチを迎える。左クロスのクリアボールをヤルシンがバイタルエリア右で拾うと、縦に持ち上がりクロスを供給。これをヤタバレにヘディングで叩きこまれ、前半は2-2で終了した。

迎えた後半、ビジャレアルはバエナを下げてイボーラを投入。すると57分、ビジャレアルは久保の左CKからフォイスがヘディングシュートを流し込み、勝ち越しに成功した。

ところが64分、バイタルエリア左で与えたFKをグラデルに直接ゴール左に決められ、再び試合は振り出しに。

三度の勝ち越しを狙うビジャレアルは、70分にバッカとハウメ・コスタを下げてアルカセルとペドロサをピッチに送り出す。すると74分、チュクウェゼのパスを受けたアルカセルがボックス左深くまで切り込むと飛び出したGKをかわし、無人のゴールへシュートを流し込んだ。

さらにビジャレアルは、78分にもフォイスの絶妙パスでDFの裏に抜け出したアルカセルがボックス内まで侵入。相手GKとの一対一を冷静に制して5点目を奪った。

結局、試合はこのまま5-3で終了。久保のELデビュー弾を含む1G2Aの活躍で打ち合いを制したビジャレアルが、白星スタートを飾った。

コメント
関連ニュース
thumb

岡崎慎司が4戦ぶり先発のウエスカが格上ビジャレアルとドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、ウエスカvsビジャレアルが23日に行われ、0-0のドローに終わった。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は先発し57分までプレーした。 前節、パチェタ新体制の初陣となったヘタフェ戦を0-1で落とした最下位のウエスカ(勝ち点12)は、4位のビジャレアル(勝ち点33)とのホームゲームで新体制初白星を狙った。リーグ戦では3試合連続途中出場が続いていた岡崎だが、この一戦では4戦ぶりにスタメンで起用された。 ホームのウエスカが引き続き[3-4-3]の布陣を採用した中、ジェラール・モレノら一部主力を欠くビジャレアルは同じく[3-4-3]の布陣でミラーゲームを仕掛けた。 立ち上がりから中盤での潰し合いが目立ち、互いに相手の守備ブロックをこじ開ける有効な攻めを見出せない。19分にはボールを握っていたビジャレアルがパレホのミドルシュートで相手ゴールに迫るが、これは大きく枠を外れた。 一方、ヘタフェ戦に続き守備では締まったプレーを見せるウエスカだが、岡崎ら前線の選手になかなかボールが収まらず、攻撃が停滞。さしたる決定機を作れぬまま、前半を0-0のスコアで終えた。 迎えた後半の立ち上がりに両チームを通じて最初の決定機が訪れる。51分、左サイドを突破したペドラサのクロスをゴール前に走り込んできたモイ・ゴメスが右足のダイレクトで枠に飛ばすが、ここはGKの好守に阻まれた。その直後にはウエスカのオンティベロスが個人技で左サイドを突破してフィニッシュまで持ち込むが、肝心のシュートはGKアセンホに難なくセーブされた。 膠着状態が続く中、先に動いたのはホームのウエスカ。岡崎、オンティベロス、エスクリチェと3トップを全員ベンチに下げてラファ・ミル、ミケル・リコ、セルヒオ・ゴメスを一気にピッチに送り込んだ。 一方、後半に入っても攻めあぐねるアウェイチームも後半半ばを過ぎて交代カードを切っていく。存在感を欠いたバッカに代えてアルカセル、84分には最終ラインのフネス・モリを下げてストライカーのフェル・ニーニョをピッチへ送り込んだ。 試合終盤にかけては前線の枚数を増やしたビジャレアルが押し込む展開となったが、エース不在で迫力を欠く攻撃はことごとくウエスカの守備に撥ね返され、このまま0-0でタイムアップを迎えた。 パチェタ新体制初勝利とはならなかったものの、ウエスカが上位相手に最低限の勝ち点1を奪取。一方、エメリ監督の消極的な采配も影響して勝ち切れなかったビジャレアルは2戦連続ドローとなった。 2021.01.24 00:08 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルの得点源、FWモレノがヒラメ筋損傷

ビジャレアルは21日、スペイン代表FWジェラール・モレノの負傷を発表した。 クラブの発表によると、モレノは検査を受けた結果、左ヒラメ筋を損傷しているとのことだ。 モレノは20日に行われたラ・リーガ第19節のグラナダ戦に向けたトレーニング中に違和感を覚えており、最終的にはグラナダ戦のメンバーから外れていた。 今シーズンのモレノは、ラ・リーガで16試合に出場し10ゴール2アシストを記録。チームの最多得点者としてビジャレアルを牽引していた。 なお、全治については明かされておらず、選手の回復を待つとのことだ。 2021.01.21 20:47 Thu
twitterfacebook
thumb

「自分でもクボと同じようにしたはず」元同僚スペイン代表MFが久保建英のヘタフェ移籍に理解「嫌な顔や素振りを見せることはなかった」

ビジャレアルのスペイン代表MFダニエル・パレホが、チームを離れた日本代表MF久保建英について語った。スペイン『Cadena SER』が伝えている。 今シーズンの久保は、レアル・マドリーからビジャレアルへとレンタル移籍したもののウナイ・エメリ監督の下ではなかなか信頼を得られず。出場機会を求めて移籍を求めた結果、ヘタフェへのレンタル移籍が決定した。 <div id="cws_ad">◆入団会見でヘタフェ移籍の理由を語る久保建英<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=vjbdwassza3k19l2vn0t9hi3n" async></script></div> そのヘタフェでは、トレーニングしないまま試合に出場すると2ゴールに絡む活躍を見せ、いきなりファンの心を鷲掴みにしていた。 バレンシアから昨夏ビジャレアルに加入したパレホは、久保のアシストからゴールを決める場面もあったが、今回の久保の移籍選択に理解を示している。 「タケ・クボは嫌な顔や素振りを見せることはなかった。最終的に彼が考えたベストのクラブに行き、昨シーズンの最後は(マジョルカで)多くの試合でプレーしていた。彼がプレーできずに困っていたことを理解している」 「彼は上手くやったと思う。自分でもクボと同じようにしたはずさ。時間は皆に平等に与えられていて、彼には改善できる時間がある。そして、彼の国でのファンの動きは彼のプレッシャーにもなる」 ビジャレアルでは思うような結果を残せなかったものの、久保の素質は元同僚にもしっかりと伝わっているようだ。 2021.01.19 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン記録的な豪雪でアトレティコvsビルバオが延期に

ラ・リーガは9日、同日予定されていたリーグ第18節のアトレティコ・マドリーvsビルバオが悪天候の影響で延期となったことを発表した。 現在、スペインでは首都マドリードを中心に50年ぶりと言われる記録的な豪雪に見舞われており、現地の報道では12月31日には車道約30本が通行止めとなるなど、交通面でも大きな影響を及ぼしている。 アトレティコの本拠地、ワンダ・メトロポリターノで行われるはずだった今回の一戦は、マドリードにあるバラハス空港が運航停止となったため、ビルバオの面々が渡航できなくなったことで延期が決定。また、スタジアム自体もピッチに雪が降り積り、試合を行える状態にないと伝えられている。 また、スペイン『アス』によると、9日開催のオサスナ戦に臨むレアル・マドリーの選手たちも、オサスナのホームタウンであるパンプローナまで3時間も飛行機の中に閉じ込められたという。予報ではパンプローナも降雪と言われているが、試合は予定通り行われるとのことだ。 なお、アトレティコvsビルバオの代替日は決まり次第発表されるようだ。 2021.01.09 19:31 Sat
twitterfacebook
thumb

久保退団のビジャレアルが圧巻のゴールショーでリーグ連勝! 暫定3位に浮上《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第18節、セルタvsビジャレアルが8日にバライードスで行われ、アウェイのビジャレアルが0-4で快勝した。 この試合の直前にMF久保建英がレンタル契約を打ち切り、ヘタフェ移籍が決定したビジャレアルだが、チーム自体は直近公式戦連勝中と好調を維持。暫定ながら3位浮上のチャンスを得て臨んだ8位セルタとのアウェイゲームでは、今冬の新戦力キャプーがデビューを飾り、前線はモイ・ゴメス、フェル・ニーニョ、ジェラール・モレノのトリデンテとなった。 試合は立ち上がりから一方的な展開となる。開始5分、相手陣内でのボール奪取からパレホのスルーパスに抜け出したジェラール・モレノが冷静にGKとの一対一を制し、幸先良く先制に成功する。 さらに14分には相手GKのパスミスを右サイドで奪ったトリゲロスのクロスをゴール前でフリーのモイ・ゴメスが冷静に流し込む。続く19分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのパレホがゴール前に入れたクロスが誰にも触れることなく、GKの手前でワンバウンドしてゴール右隅に吸い込まれた。 相手GKのミスもあって一気にリードを3点に広げたアウェイチームは以降も完璧に試合の主導権を掌握。31分にはハーフウェイライン付近の右サイドでボールを収めたジェラール・モレノのスルーパスに抜け出したフェル・ニーニョが難なくGKとの一対一を制し、試合を決定づける4点目を奪い切った。 結局、4点リードで試合を折り返したビジャレアルは後半も引き続き試合の主導権を握る。省エネモードで追加点こそ奪えないものの、イアゴ・アスパスを欠いて迫力不足のセルタの攻撃をきっちり撥ね返し続ける。 試合終盤には出場機会の少ない選手たちにプレー機会を与える完璧な試合運びでこのまま4-0のスコアを維持して試合を締めくくった。 敵地で完勝のビジャレアルは2021年の公式戦全勝を継続すると共に、暫定ながら順位を3位に上げた。 2021.01.09 07:17 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly