酒井宏樹CLデビューも敵地で土壇場被弾のマルセイユは黒星スタート…《CL》

2020.10.22 06:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節、オリンピアコスvsマルセイユが21日に行われ、ホームのオリンピアコスが1-0で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。昨シーズンのリーグ・アンを2位フィニッシュし、2013-14シーズン以来のCL参戦となるマルセイユ。ギリシャの強豪オリンピアコスのホームに乗り込んだ初戦では長友がベンチスタートになったものの、酒井が先発でCL初出場を飾った。

立ち上がりから集中した入りを見せたマルセイユは、開始6分にトヴァンがボックス手前から得意の左足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左へ外れる。

その後は攻め合うオープンな展開が続く中、互いにシュート数を増やしていくが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができず、決定機には至らない。前半終盤にかけてはホームのオリンピアコスがカウンターからアウェイチームに脅威を与えるが、守護神マンダンダの落ち着いた対応もあって、前半は0-0で終了した。

迎えた後半、先にゴールへ迫ったのはオリンピアコス。52分、ボックス中央で酒井のクリアが短くなったところを拾ったヴァルブエナのシュートのこぼれ球をヨルゴス・マスラスが押し込む。だが、このゴールはVARの末にオフサイドの判定となり、ノーゴールに。

冷や汗をかいたマルセイユはその後も攻め切れない場面が目立ち、徐々に相手に押し込まれる状況が続く。

何とか流れを変えたいビラス=ボアス監督はルイス・エンリケやキュイザンスといった新戦力を続けてピッチに送りだしていくが、劣勢を撥ね返すまでには至らない。

すると、0-0で試合終了かに思われた試合終盤に先制点を奪われる。91分、右サイドのスペースに抜け出した古巣対戦のヴァルブエナからの正確なクロスをゴール前のコカに打点の高いヘディングで流し込まれた。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、酒井のCLデビュー戦はほろ苦い0-1の敗戦となった。

オリンピアコス 1-0 マルセイユ
【オリンピアコス】
コカ(後46)
コメント
関連ニュース
thumb

シティが4連勝で決勝T進出! オリンピアコスを枠内シュート0に抑え込む圧倒ぶり!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第4節、オリンピアコスvsマンチェスター・シティが25日に行われ、0-1で勝利したシティが決勝トーナメント進出を決めた。 下馬評通りの強さをみせ、3連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた首位のシティは、3位のオリンピアコスのホームに乗り込んだこの一戦で突破を狙った。直近のリーグ戦でトッテナムに0-2の完敗となり、2試合勝利から遠ざかるチームは、この試合で先発6人を変更。一部主力を休ませてストーンズ、メンディ、ギュンドアンらを起用した。 [5-4-1]の守備的な布陣で臨んだホームチームに対して立ち上がりから圧倒的にボールを握るシティ。3分にロドリが強烈なファーストシュートを放つと、以降も相手を自陣深くに押し込んでガブリエウ・ジェズスらがフィニッシュまで持ち込んでいく。 その後も相手陣内で内と外を交えた多彩な攻めを続けるアウェイチームだが、ここ最近の課題である最後の精度を欠く。それでも、前半半ば過ぎの36分にはジェズスの縦パスに反応したスターリングがボックス左ゴールライン際でヒールで落とすと、これに走り込んで来たフォーデンが左足のダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺し、均衡を破った。 相手にシュートを1本も許さない完璧な戦いぶりで試合を折り返したシティは、後半も圧倒的に試合を支配する。 オリンピアコスが後半も引き気味に戦ってきたことで、最後の崩しの場面で苦労するが、64分にはカンセロが見事な中央突破から決定的なシュートを放てば、直後にも鮮やかな崩しからゴール前のベルナルド・シウバに絶好機が訪れるが、相手GKの好守に阻まれる。 なかなか追加点を奪えないシティは75分を過ぎて次々に主力を下げて逃げ切り態勢に入る。最後まで2点目が遠かったものの、相手の反撃を枠内シュート0に抑え込み、このまま試合をクローズ。 得点力不足解消とはならなかったものの、1-0のスコア以上の力の差を見せ付けたシティがグループステージ4連勝で2節を残しての決勝トーナメント進出を決めた。 オリンピアコス 0-1 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 フォーデン(前36) 2020.11.26 04:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ、致命的な得点力不足に「私の責任、選手は勇敢に戦っている」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ゴール欠如は自分の責任だと話している。クラブ公式サイトが伝えた。 2016-17シーズンの就任以降、自身の代名詞ともいえるポゼッションサッカーでスペイン、ドイツに続き、イングランドでもゴール量産型のクラブを作り上げたグアルディオラ監督。昨季までのプレミアリーグでのシーズン平均は95.7ゴールで、17-18シーズンに叩き出した107得点はリーグ歴代最多記録となっている。 しかし、今季はその爆発的な得点力も鳴りを潜めており、ここまでのリーグ8試合でわずか10得点。エースのFWセルヒオ・アグエロの離脱もあり、各所から今夏の移籍市場でストライカーの獲得に動かなかったクラブへの疑問の声が噴出している。 そんななか、グアルディオラ監督は25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節のオリンピアコス戦前の記者会見で得点力不足についてコメント。改善は自信の手腕にかかっていると責任感を強めた。 「プレーヤーはとても勇敢だ。責任は指揮官にある。私は本来のクオリティが機能する方法を見つけなければならない。彼らにできると感じさせるために、何か工夫する必要がある」 「それは私次第だ。彼らはそれを求めている。これまでの彼らに戻すための解決策を模索中だ。我々にはゴールを決めるのに十分な選手が揃っている」 悲願のCL制覇を目指すシティはここまでのグループステージで全3勝を挙げており、オリンピアコスに勝てば、自力での決勝トーナメント進出が決定する。 2020.11.25 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスに完勝のシティがGS3連勝で決勝T進出に王手!《CL》

マンチェスター・シティは3日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でオリンピアコスと対戦し3-0で完勝した。 CL2連勝でグループCの首位に立つシティが、3位オリンピアコスをホームに迎えた一戦。直近のプレミアリーグでシェフィールド・ユナイテッドに1-0と辛勝し、公式戦7試合無敗中のシティは、シェフィールド戦から先発を5人変更。ベルナルド・シウバやロドリ、ラポルテらに代えてフォーデンやギュンドアン、ストーンズらが先発に名を連ねた。 最前線にフェラン・トーレス、両ワイドにマフレズとスターリングを並べた3トップで試合に臨んだシティは、立ち上がりからボールの主導権を握る。すると12分、相手ボックス付近でこぼれ球をカットしたフェラン・トーレスがデ・ブライネのパス交換でボックス内に侵入。相手DFに寄せられながらもゴール右手前まで持ち上がり、冷静にシュートを流し込んだ。 先制に成功したシティは、32分にもボックス右で受けたマフレズのクロスをゴール前に抜け出したスターリングがシュート。一度は相手GKに弾かれたが、こぼれ球を再びスターリングが押し込んだ。だが、これはスターリングの抜け出しの場面でオフサイドを取られる。 その後も攻勢を続けるシティは、40分にフェラン・トーレスが再びゴールに迫ったが、追加点は挙げられず。前半は1-0で終了した。 迎えた後半、2枚替えを敢行したオリンピアコスがやや押し込む立ち上がりとなったが、時間の経過と共に試合は一進一退の展開となる。そんな中、シティは69分にマフレズとフォーデンを下げてガブリエウ・ジェズスとロドリを投入。 すると81分、シティは中盤のウォーカーが縦に速いパスを送るとこれを受けたデ・ブライネがツータッチでラストパスを供給。これに抜け出したガブリエウ・ジェズスがゴールエリア右横からニアサイドにシュートを突き刺した。 追加点を奪ったシティは、直後にスターリングとウォーカーを下げてベルナルド・シウバとカンセロを、85分にはデ・ブライネを下げてエンメチャを投入し、試合を締めにかかる。 その後、90分にもカンセロのミドルシュートで追加点を奪ったシティが3-0で完勝。シティはグループステージ3連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。 2020.11.04 07:01 Wed
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス、PSVのポルトガル代表FWブルマをレンタル移籍で獲得

オリンピアコスは5日、PSVのポルトガル代表FWブルマ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ギニアビサウ出身のブルマは、スポルティング・リスボンの下部組織で育ち、2013年2月にファーストチームへと昇格した。 2013年9月にガラタサライへ完全移籍すると、その後はガズィアンテプスポル、レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験。2017年7月にRBライプツィヒへと完全移籍する。 ライプツィヒでは公式戦67試合に出場し10ゴール5アシストを記録。2019年7月にPSVへ完全移籍すると、2019-20シーズンはエールディビジで18試合に出場し3ゴール3アシスト。ヨーロッパリーグでも6試合に出場し1アシストを記録。今シーズンも開幕から3試合に出場していた。 世代別のポルトガル代表を経験しているブルマは、ポルトガル代表としてもここまで9試合でプレーし、1ゴールを記録している。 2020.10.05 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

敵地でゴールレスもオリンピアコスが2大会連続の本戦出場を決める!《CL》

29日にチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ2ndレグの3試合行われた。 2大会連続の本戦出場を目指すオリンピアコス(ギリシャ)は、アウェイでオモニア(キプロス)と対戦し、0-0の引き分けに終わった。この結果、2戦合計スコア0-2でオリンピアコスが本選出場を決めた。 ホームでの1stレグを2-0と先勝したオリンピアコスは、開始早々の5分にチャンス。ヴァルブエナの浮き球のパスで抜け出したエル・アラビがボックス右からシュートを放ったが、これは相手GKのセーブに防がれた。 オリンピアコスは19分にも、相手DFのクリアミスを奪ったカマラの折り返しをランジェロビッチが右足で合わせたが、これはわずかにゴール左に外れた。 後半も主導権を握るのはオリンピアコスは65分、左からの折り返しをボックス手前のブハラキスがダイレクトシュートであわせると、このこぼれ球にエル・アラビが反応したが相手DFがボールを突っつき決定機を阻止。さらにこぼれ球をランジェロビッチが左足で狙ったが、シュートは飛び出した相手GKのセーブに阻まれた。 結局、試合はゴールレスドローで終了。2戦合計スコア0-2でオリンピアコスが本戦出場を決めた。 また、4季ぶりの本戦出場を目指すディナモ・キエフ(ウクライナ)vs5季ぶりの本戦出場を目指すヘント(ベルギー)は、3-0でディナモ・キエフが勝利。この結果、2戦合計スコア5-1でディナモ・キエフが本選出場を決めた。 その他、初の本戦を狙うフェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)と11季以来の本戦を目指すモルデ(ノルウェー)の一戦は、ゴールレスドローでタイムアップ。2戦合計スコアは3-3となったが、アウェイゴール差でフェレンツヴァーロシュが本選出場を決めた。 ◆CL予選プレーオフ2ndレグ ▽9/30(火) オモニア 0-0(AGG:0-2) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">オリンピアコス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ディナモ・キエフ</span> 3-0(AGG:5-1) ヘント <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">フェレンツヴァーロシュ</span> 0-0(AGG:3-3) モルデ ▽10/1(水) ミッティラン vs スラビア・プラハ PAOK vs FCクラスノダール ザルツブルク vs マッカビ・テルアビブ 2020.09.30 06:15 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly