サウサンプトン主砲イングス、長期の契約延長でほぼ合意か

2020.10.20 17:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンがイングランド代表FWダニー・イングス(28)と契約延長に至る見通しだという。2018年夏にリバプールからのレンタルでサウサンプトンに加入したイングス。昨夏にサウサンプトンと2022年までの契約を結び、完全移籍を果たした昨季はプレミアリーグ全試合に出場して、キャリアハイの22得点を挙げ、リバプール時代に燻った点取り屋としての才能を輝かせ、イングランド代表にも返り咲いた。

今夏の移籍市場でトッテナムの関心も取り沙汰されたイングスだが、イギリス『Athletic』によれば、水面下でサウサンプトンとの新契約締結に迫っており、長らく続いた移籍の憶測に終止符が打たれようとしているようだ。両者は新たな契約期間とリリース条項を協議しており、ほぼ合意のところまで来ているという。

予想される新たな契約期間は2025年まで。その通りなら、現行契約から新たに3年延長される格好だ。サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督は以前、「ダニーはどこに行くことに全く興味がない」コメント。そうした両者の信頼関係により、新たな契約締結に近づいているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「僕の笑顔でわかるはず!」 ウォルコットが待望のセインツ復帰後初ゴールに喜び露わ

元イングランド代表FWセオ・ウォルコットがサウサンプトンの一員として約14年ぶりに記録したゴールを振り返り、喜びの心境を語った。 サウサンプトンは23日に敵地で行われたプレミアリーグ第9節でウォルバーハンプトンと対戦。互いに譲らず、1-1のドローに終わった。 先発したウォルコットは0-0の58分、ボックス右からの折り返しがファーサイドに流れたところを右足で合わせ、先制弾をマークした。 このゴールは今夏にエバートンからのレンタルで復帰したウォルコットにとって、サウサンプトンの選手として2006年1月以来の得点だった。 サウサンプトン復帰後の公式戦6試合目で飛び出した一撃にウォルコットも感慨深いものがあるようだ。クラブ公式サイトが試合後の談話を伝えた。 「すごくナイスな心境さ。僕の笑顔でわかるはず! 今、ここにファンがいないのは残念だが、すぐに来られるようになるのを願うばかりだ」 「あのゴールはものすごく嬉しかった。デビュー戦の相手だったウルブスから決められるなんて、人生には不思議なことが起こるものだね」 また、追いつかれてのドローという結果にも触れ、「ここは結果を出すのが難しい場所。結果を持ち帰るチームもそう多くない」と話している。 サウサンプトン下部組織出身のウォルコットは2005年8月に行われたチャンピオンシップ開幕戦のウォルバーハンプトン戦でデビュー。その後、アーセナルやエバートンを経て、今夏に1年レンタルでサウサンプトンに復帰した。 2020.11.24 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

好調セインツの連勝がストップ!ウルブスが途中出場ネトのゴールでドローに持ち込む《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節のウォルバーハンプトンvsサウサンプトンが23日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節終了時点で9位ウルブス(勝ち点13)が、3連勝中の4位セインツ(勝ち点16)をホームに迎えた一戦。前節レスター・シティに惜敗したウルブスは、日本代表戦でもゴールを決めたヒメネスを最前線に配置。アダマ・トラオレ、ポデンセとの3トップで試合に臨んだ。 一方、4連勝を飾り上位を追走したいセインツは、2トップにアダムスとウォルコットを据えた[4-4-2]の布陣で試合に臨んだ。 開始早々の6分にチャンスを迎えたウルブスは、ペナルティアーク手前で獲得したFKをモウティーニョが直接狙うと、壁に当たった跳ね返りをバイタルエリアで拾ったN・セメドがミドルシュート。ゴール右隅を捉えたシュートは相手GKに弾かれると、こぼれ球をデンドンケルが合わせるが、このシュートもGKマッカーシーの好守に防がれた。 ピンチを凌いだセインツは、序盤からポゼッションでウルブスを圧倒。すると15分、アームストロングのスルーパスでゴールエリア右手前まで抜け出したウォルコットが右足を振り抜いたが、シュートはGKルイ・パトリシオがキャッチした。 一進一退の展開が続く中、ウルブスは36分にボックス右横で獲得したFKからモウチーニョがクロスを供給。これをニアサイドのポデンセが頭で合わせたが、これはGKマッカーシーがワンハンドでシュートを弾き出した。 ゴールレスで迎えた後半は、セインツがファーストチャンスでスコアを動かす。58分、バイタルエリア手前でボールを拾ったジェネポがボックス内にミドルパスを供給すると、ボックス右のアダムスがダイレクトクロス。これは相手DFに阻まれるも、こぼれ球に再び反応したアダムスがボックス右深くから折り返すと、逆サイドから走り込んだウォルコットがゴールに流し込んだ。 先制されたウルブスは、70分にネヴェスを下げてペドロ・ネトを投入。すると75分、モウティーニョのパスをペナルティアーク右横で受けたヒメネスが素早いターンからシュート。これは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をペドロ・ネトが流し込んだ。 試合を振り出しに戻したウルブスは78分にも、バイタルエリア右で獲得したFKからモウティーニョがクロスを供給すると、ニアサイドのヒメネスがヘディングシュートをゴールに叩き込んだが、わずかにオフサイドラインを越えており逆転ゴールは認められない。 結局、試合はそのまま1-1で終了。実力者同士の一戦は勝ち点1を分け合う結果となった。 2020.11.24 07:05 Tue
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、主力MFロメウが2023年までの新契約にサイン!

サウサンプトンは19日、スペイン人MFオリオル・ロメウ(29)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 2010年にバルセロナでキャリアをスタートさせたロメウは、翌年の夏にチェルシーへ移籍。しかし、チェルシーでは出場機会に恵まれず、バレンシアやシュツットガルトへレンタル移籍を繰り返し、2015年の夏にサウサンプトンへ完全移籍した。 サウサンプトンでは、加入初年度から主力として活躍すると在籍6シーズンで公式戦198試合に出場し6ゴールを記録。今季もここまでリーグ戦全試合に先発出場している。 新契約にサインしたロメウは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「サウサンプトンに長く在籍することが僕が望んでいたことで、それが願いが叶えられてとても嬉しいよ。ここに来てもう6年が経ったけど、今はチームとしても調子が良く、とてもワクワクしている。この調子を出来るだけ長く続けたいと思っている」 「ここは僕のホームだと思っている。僕は皆のことを理解しているし、彼らも僕を理解してくれている。このクラブに長く在籍できていることは素晴らしいことであり、彼らが僕に留まることを強く望んでくれたことがとても嬉しかった。僕は常にチームのために最善を尽くそうとしてきましたが、それが報われたね」 2020.11.20 06:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「一晩だけでも良い」プレミアで暫定首位に立ったサウサンプトン指揮官「順位表を見るには、良いタイミング」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、ニューカッスル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 6日、サウサンプトンはプレミアリーグ第8節でニューカッスルと対戦。試合開始早々の8分にFWチェ・アダムスのゴールで先制すると、試合終盤の82分にMFスチュアート・アームストロングが追加点。2-0で逃げ切り、3連勝を飾った。 ハッセンヒュッテル監督は、自身が就任して以来初となるニューカッスル戦の勝利を喜んだ。 「我々がこのチーム相手に勝てるということを示したことが重要だった。私が監督になってからこれまで勝てていなかったので、それが今日の目標であり、一歩前進できたことを示せた。まだ成長中だ」 「我々はボールに対して良い解決策を持っていたことがわかるだろう。とても献身的で、組織されていた」 今シーズンは、プレミアリーグの開幕から、クリスタル・パレス(0-1)、トッテナム(2-5)と連敗スタートとなったサウサンプトン。しかし、その後の6試合で5勝1分けと無敗をキープすると、暫定ながら首位に浮上した。 一時的なものではあるものの、順位表の一番上にチームがいることについてハッセンヒュッテル監督はファンにとって良いこととし、この先も良い結果を残せると自信を見せた。 「ファンにとっては嬉しいことだろう。順位表を見るには、良いタイミングだ」 「一晩だけでも良い。素晴らしいことだ。我々はそこに到達したことがないので、彼らにとっては歴史的なことだ」 「昨シーズンはネガティブな歴史となったが、今シーズンはポジティブなものがいくつもあり、もっとポジティブになれると思う」 「間違いなく多くのことを学んだと言いたい。今のプレーのやり方は勇敢であり、リスクを冒すかどうかのバランスが取れている」 「ボールに対しては、リーグでも最も組織化されたチームの1つだと思っている。今、我々はとても上手くプレーでき始めているので、なんでもできるだろう」 2020.11.07 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

離脱者続出のサウサンプトン、負傷交代のイングスは手術で4〜6週間離脱

サウサンプトンは4日、FWダニー・イングスの負傷を発表した。 イングスは1日に行われたプレミアリーグ第7節のアストン・ビラ戦に先発出場。0-3で迎えた58分にはチームの4点目となるゴールを記録。これが決勝点となり、3-4でサウサンプトンが勝利していた。 しかし、イングスはこの試合の85分にシェーン・ロングと途中交代。試合後、ラルフ・ハッセンヒュッテル監督は「良い状態には見えない」とコメントしていた。 レントゲン検査の結果は、思ったよりも“良好”であるとされていたイングスだったが、4〜6週間の離脱になることが発表。ハッセンヒュッテル監督もコメントし、手術が必要だとした。 「もっと酷いことになっていたかもしれないが、現時点ではおそらく4〜6週間の離脱になるだろう。明日、わずかな手術を受ける」 「今は間違いなく離脱する。小さい手術だが、必要な手術だ」 イングスは2019-20シーズンはリーグ2位となる22ゴールを記録。今シーズンもここまで7試合で5ゴールを記録していた。 また、その他にも多くの離脱者がおり、ライアン・バートランド(ハムストリング)、ヤン・ベドナレク(脳震とう)、イブラヒマ・ディアロ(打撲)らは起用できないようだ。 2020.11.04 21:30 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly