ドルトムントの新星、15歳FWムココがシャルケファンからの人種差別発言に大人の対応

2020.10.19 19:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントの新星が卑劣な相手サポーターの発言にも大人な対応を見せた。

18日に行われたU-19ブンデスリーガの第3節でシャルケとの“ルール・ダービー”に臨んだドルトムント。15歳ながらU-19チームでキャプテンを務めるU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココは、開幕戦に続いてハットトリックを記録した。


衝撃的な活躍を見せる裏で、ムココにはシャルケサポーターから人種差別的な発言が浴びせられるシーンもあり、シャルケはクラブを通じて「一部のファンによる、ユスファ・ムココに対する発言についてここに謝罪致します」と謝罪声明を発表。「熱いダービーであっても、このような侮辱行為に対して我々は厳しく非難し、断固として拒否します」としていた。

この事態にはシャルケのヨッヘン・シュナイダーSD(スポーツ・ディレクター)も自身が出演した『スカイ・スポーツ』にて「私は試合に参加していたが、その間は何も気づかなかった。家に帰り、その情報を受け取った。そこで起きたことは、可能な限り厳格に非難する事象だ」とし、サポーターの愚行を非難した。

一方で、侮辱的な言葉を浴びせられムココ本人は自身のインスタグラムを更新。「僕はこの肌の色に生まれてきたことを誇りに思っている。それはこれからも変わることはない」と投稿。大人の対応を見せた。

なお、ムココは今週開幕を迎えるチャンピオンズリーグ(CL)にBリストで選手登録される予定だ。

関連ニュース
thumb

デア・クラシカーに臨むドルトムント、サンチョとラファエウ・ゲレイロが負傷により欠場か

ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョと、ポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロが6日に行われるブンデスリーガ第24節バイエルンとのデア・クラシカーを欠場する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 両選手は2日に行われたDFBポカール準々決勝ボルシアMG戦に先発。ラファエウ・ゲレイロはふくらはぎを痛めて前半5分に交代していた。一方のサンチョは太ももを痛め、後半23分に交代していた。 両選手の状態についてドルトムントを率いるエディン・テルジッチ監督は「2選手ともプレーできる可能性はある。今日の検査次第だ。希望は捨てていないよ」とコメント。 一時の不調から脱しつつあるドルトムントは現在、公式戦4連勝中。そのチームを牽引するサンチョの欠場は避けたいところだ。 2021.03.05 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第24節プレビュー】デア・クラシカーに鎌田&長谷部vs遠藤航の日本人対決

前節は首位バイエルンがケルンに圧勝し、2位ライプツィヒがボルシアMGに劇的な逆転勝利を飾ったことで、両チームの2ポイント差に変動はなかった。そしてシュツットガルトのMF遠藤航が嬉しいブンデス初ゴール含む2得点を挙げ、チームの勝利に貢献している。迎える第24節、バイエルンvsドルトムントのデア・クラシカーが行われる。 バイエルンは前節、MFミュラーがコロナから、MFニャブリが負傷から復帰した中、ケルン相手にFWレヴァンドフスキとニャブリのドッペルパックで5-1と圧勝。チャンピオンズリーグ(CL)のラツィオ戦圧勝の勢いを持ち込む形で、リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げた。DFBポカールから敗退していたことから1週間の調整期間を得られた中、万全の状態でドルトムントを迎え撃つ。 一方、ボルシアMGのローゼ監督の来季指揮官就任が発表されて以降、公式戦4連勝と好調の5位ドルトムント。火曜に行われたポカールではそのローゼ監督率いるボルシアMG相手に勝利し、ベスト4進出を決めた。MFサンチョが好調時のパフォーマンスを取り戻し、MFロイスも復調気配にある中、バイエルンを撃破してCLセビージャ戦に臨めるか。 今節は日本人対決が2試合組まれている。まずは土曜開催のMF鎌田&MF長谷部のフランクフルトvs MF遠藤航のシュツットガルト。4位フランクフルト(勝ち点42)は前節、ブレーメン相手にまさかの逆転負け。長谷部が久々にリベロで先発した中、ディフェンスラインぎりぎりを突かれる形で2失点を喫してしまった。鎌田も目立った活躍を見せられずに悔しい試合となったが、勝利を取り戻してCL圏死守となるか。 対する10位シュツットガルト(勝ち点32)は前節、最下位に沈むシャルケ相手に遠藤が2ゴールを奪取。いずれもCKからの得点となったが、チームの2連勝に大きく貢献する格好となった。今節は鎌田とのマッチアップが想定されるが、リーグ屈指のデュエル勝率を自信に鎌田を封じにかかる。 そして日曜にはMF堂安&MF奥川ビーレフェルトvsMF遠藤渓太ウニオン・ベルリンが開催される。16位ビーレフェルト(勝ち点18)は前節、ドルトムントに完敗。堂安は何度か相手ボックス内へ仕掛けるプレーを見せたが、75分で交代となった。代わって奥川が投入されたが、見せ場は作れなかった。そしてここ5戦で4敗を喫したチームはノイハウス監督の解任を決断。降格圏の17位マインツが1ポイント差に迫る中、堂安、奥川としては勝ち点3獲得に貢献したい。 一方、遠藤は前節ホッフェンハイム戦では声がかからず出場機会に恵まれなかった。ただ、チームはエースFWクルーゼの復帰があった中、7位と好調を維持しており、ここは必勝としてヨーロッパカップ戦出場権争いに踏み止まりたい。 そしてバイエルンを追う2位ライプツィヒ(勝ち点50)はデア・クラシカー前に登場し、8位フライブルク(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨む。前節、ボルシアMG相手に2点のビハインドをひっくり返す劇的な試合を演じたライプツィヒ。バイエルンとの2ポイント差をキープできた中、今節は勝利してバイエルンにプレッシャーをかけたい。 最後に前節フランクフルト戦で出番のなかったブレーメンFW大迫は古巣ケルンとのアウェイ戦に臨むが、出場のチャンスは訪れるか。 ◆ブンデスリーガ第24節 ▽3/5(金) 《28:30》 シャルケvsマインツ ▽3/6(土) 《23:30》 ボルシアMGvsレバークーゼン ホッフェンハイムvsヴォルフスブルク フライブルクvsライプツィヒ ヘルタ・ベルリンvsアウグスブルク フランクフルトvsシュツットガルト 《26:30》 バイエルンvsドルトムント ▽3/7(日) 《23:30》 ケルンvsブレーメン 《26:00》 ビーレフェルトvsウニオン・ベルリン 2021.03.05 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ハーランドはチェルシー行きをすでに除外! 新天地候補は6クラブのみ?

今夏の移籍市場において去就に注目が集まるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)の新天地候補は6クラブに限られているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 ドルトムント加入以降、公式戦45試合に出場し43ゴール11アシストと驚異的なスタッツを叩き出しているハーランド。ただ、所属チームは今シーズンのブンデスリーガにおいてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に甘んじており、来季以降のタイトル獲得の可能性などを考慮すれば、今夏に新天地を求める可能性が濃厚と思われている。 その怪物ストライカーの去就に関して代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は先日、プレミアリーグの4クラブを含むヨーロッパの10クラブのみが獲得可能であることを示唆していた。 さらに、今回『シュポルト・ビルト』はハーランドの新天地候補が6クラブに限られていると報じている。 その中で有力な新天地候補として挙がっていたチェルシーは、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がトーマス・トゥヘル監督に対して補強資金のバックアップを約束しており、ドイツ人指揮官が獲得を望む新エースストライカーとしてハーランドの動向を注視していた。 だが、“絶対的なトップクラブ”へのステップアップを望む20歳FWは、チェルシーを真のトップクラブとみなしておらず、すでに新天地候補から除外したという。 また、もう一つの候補クラブであるバイエルンに関しては、現時点で世界最高のセンターフォワードと評価されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが健在ということもあり、ポジション争いを嫌ってチェルシー同様に新天地候補から除外しているという。 そして、新天地候補となる6クラブは、マンチェスター・シティ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ3クラブと、レアル・マドリーとバルセロナのスペイン2強、ユベントスだという。 その中で資金力やメインストライカー不在という部分でシティ、予てより移籍先候補に挙がるマドリー辺りが本命視されている。 2021.03.03 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

DFBポカールベスト4のドルトムント、公式戦4連勝に指揮官も手応え「何より勝利が重要だった」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、カップ戦勝利を挙げたチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは2日に行われたDFBポカール準々決勝で、ボルシアMGと対戦。公式戦3連勝中と勢いに乗るチームは、前半こそ拮抗した展開となったが後半見事なカウンターから先制に成功。その後は退場者を出しながらもリードを守り抜き、1-0で勝利した。 この結果、公式戦4連勝を達成したドルトムントは、DFBポカールでベスト4進出が決定。来シーズンから自クラブで指揮を執ることが決定しているマルコ・ローゼ監督に対して、大きな勝利を挙げている。 試合後のインタビューに応じたテルジッチ監督は、積極的な姿勢を見せたチームを称賛。特に後半の戦い方を評価した。 「前半は、両チームがお互いの良さを打ち消し合う展開だったと思う。後半はかなりパフォーマンスが良くなり、より自分たちを示し、より多くボールを奪おうとしていた」 「我々はゴールに迫り、相手に脅威を与えられていただろう。この勝利は当然の結果だと思っている。ボルシアMGは、スタートからいきなりプレッシャーをかけようとしてきた。我々は前半2分で4回もボールロストしてしまったこともあり、やや低調な展開になってしまったね」 「ただし、我々はその状況に対応し、そこからはほとんど支配を譲らなかったと思う。今日はノックアウトゲームであり、何より勝利が重要だった。そして、我々はそれを成し遂げたんだ。だから今日はとても満足している」 2021.03.03 11:18 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ヴォルフスブルクDFラクロワに関心!

ドルトムントがヴォルフスブルクに所属するU-20フランス代表DFマクサンス・ラクロワ(20)に関心を示しているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ドルトムントではサイドバックとセンターバックのバックアッパーを担う元ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク(35)が今シーズン終了後に現役を引退し、U-21フランス代表DFダン=アクセル・ザガドゥ(21)も度重なる負傷に悩まされており、来シーズンに向けてセンターバックの補強が優先事項のひとつとなっている。 そういった中、ここ最近ではフィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(23)、カリアリのポーランド代表DFセバスティアン・ウォルキエビッツ(20)、PSGのU-19チームに在籍しているU-18フランス代表DFスマイラ・クリバリ(17)らが具体的な獲得候補として名前が挙がっている。 その補強リストに新たに加わることになったのが、ブンデスリーガ1年目でハイパフォーマンスを披露し、注目を集めている20歳のフランス人DFだ。 U-17フランス代表で2017年のU-17ワールドカップにも出場したラクロワは、ソショーでプロデビューを飾った190cmのセンターバック。昨夏に500万ユーロ(約6億4000万円)の移籍金でヴォルフスブルクに加入すると、ここまでリーグ戦21試合に出場するなど、すぐさま絶対的な主力に定着した。 強さと速さを兼ね備えたアスリート系センターバックながら判断力にも優れた守備者は、右足のキック精度も上々で積極的にフィードや縦パスを狙い攻撃面でも一定の貢献度を見せている。 ただ、ヴォルフスブルクとの間に契約解除条項はなく、相応の移籍金が必要なこと、現時点でのヴォルフスブルクの順位がチャンピオンズリーグ出場圏内の3位に位置することもあり、ドルトムントとしては引き抜きに向けて幾つもの障害をクリアする必要がある。 2021.03.03 08:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly