冨安が痛恨のOG…37試合連続失点のボローニャがサッスオーロとの激戦落とす《セリエA》

2020.10.18 21:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャは18日、セリエA第4節でサッスオーロと対戦し、3-4で敗れた。開幕3試合で1勝2敗のボローニャ。冨安はここまでフル出場しているが、なかなか失点を減らすことが出来ず、現在36試合連続失点中。

今節も日本代表DFが先発を飾った中、ホームのボローニャは9分、自陣右サイドでボールを奪い、ワンタッチパスで混戦を打開。オルソリーニから右に展開したパラシオへ繋がり、その折り返しをソリアーノが冷静に沈めた。

幸先良く先制したが問題は守備面。15分のジュリチッチにボックスへの侵入を許したシーン、対応した左センターバックの冨安は、1on1の場面で粘り強い守備で見事にボール奪取。会場からは拍手が送られた。

しかし18分、サッスオーロのベラルディに対するチェックが弱くなったところを、ボックス手前右から見事なコントロールシュートを決められ、わずか9分で同点に追いつかれてしまった。

これで連続失点は37試合に。それでも冨安がCKからシュートに持ち込んだボローニャは39分、相手からボールを奪い、バロウがドリブルで前進。ボックス手前のパラシオがパスを受け、スイッチでソリアーノが回収。最後はボックス左に走り込んだスベンベリが流し込んで、再び勝ち越しに成功した。

その後は冨安のクロスからパラシオがヘディングシュートを放つなど、さらなる追加点の雰囲気を漂わせたボローニャは、後半立ち上がりにもバロウがGK強襲のシュートを見舞う。

55分過ぎにはバロウとパラシオが立て続けにシュートを浴びせる。守備ではベラルディの対応に手を焼くものの、GKスルコプスキの好守もあり同点を許さない。

すると60分、高い位置でロカテッリからボールを奪ったオルソリーニがそのままボックス右へ侵入し、左足で流し込み追加点。リードを2点に広げる。

しかし、ここからサッスオーロの反撃が開始。64分、ボックス手前のカプートのパスを受けたジュリチッチがボックス左からシュートを流し込んで狼煙を上げると、その6分後には、右CKでグラウンダーのクロスを送ると、ニアのパラシオのクリアミスをカプートが頭で押し込んで同点に。

そして77分、ボローニャの右サイドから入ったクロスをGKスコルプスキが弾いたところ、帰陣した冨安に当たってオウンゴールに。

その後も攻め込まれたボローニャは攻撃の糸口を見つけることができず、このまま敗戦。またもや守備の軽さが浮き彫りになってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

鎌田2アシストのフランクフルトが遠藤渓太欠場のウニオンと打ち合い3-3ドロー!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリンvsフランクフルトが28日に行われ、3-3で引き分けた。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は欠場し、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ケルン戦を競り勝って3連勝とした6位ウニオン・ベルリン(勝ち点15)は、前々節の試合でハムストリングを痛めた遠藤が引き続き欠場となった。 一方、前節ライプツィヒ戦を引き分け5試合勝利のない11位フランクフルト(勝ち点11)は、鎌田が開幕から9試合連続スタメンとなった一方、長谷部が前節に続いてベンチスタートとなった。 試合は開始2分に動く。左クロスをGKトラップがファンブルしたところをアンドリッヒが詰めてウニオンが先制した。 さらに4分、鎌田のボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス内に侵入したタイウォがヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。このPKをクルーゼが決めてウニオンに追加点が生まれた。 2点をリードしたウニオンは自陣に引いてカウンターを狙う展開とすると、11、15分とタイウォが決定的なシュートを浴びせて主導権を握り続ける。 フランクフルトの反撃は24分。ボックス左からコスティッチが決定的なシュートを放つと、27分に1点を返す。敵陣でボールを奪った流れから鎌田の右クロスをファーサイドのアンドレ・シウバが詰めきった。 鎌田のアシストで反撃の狼煙を上げたフランクフルトは36分、左サイドからのコスティッチのFKをニアサイドのアンドレ・シウバがバックヘッドでうまく逸らしてゴールに流し込み、一気に同点とした。 迎えた後半、52分にドストのヘディングシュートで逆転ゴールに迫ったフランクフルトだったが、その後は膠着状態に陥る。 そんな中79分にフランクフルトが逆転する。鎌田がスルーパスに抜け出してボックス右に侵入。クロスを入れ、ドストが合わせた。 鎌田の2アシスト目で逆転したフランクフルトだったが、87分に追いつかれる。ボックス手前中央のクルーゼがミドルシュートを叩き込んだ。 このまま3-3で終了。鎌田が2アシストと活躍したフランクフルトだったが、3-3の引き分けに終わり、6戦勝利なしとなっている。 2020.11.29 01:53 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト善戦もバイエルンが逆転勝利で首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、シュツットガルトvsバイエルンが28日に行われ、1-3でバイエルンが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ホッフェンハイム戦を土壇場で3-3の引き分けに持ち込んだ8位シュツットガルト(勝ち点11)は、遠藤が開幕から9試合連続スタメンとなった。 対する首位バイエルン(勝ち点19)は前節ブレーメンに引き分け、2位ドルトムントに1ポイント差と迫られたが、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではザルツブルク相手に3-1と快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、ザルツブルク戦のスタメンから2選手を変更。ロカとクリス・リチャーズに代えてトリソとリュカを起用した。 3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、トップ下にミュラーを据える[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは開始3分、レヴァンドフスキのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 一方、クリバリを最前線起用としたシュツットガルトは11分、カストロの直接FKでゴールに迫った。互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトが20分に先制する。カウンターの流れから右サイドのワマンギトゥカの折り返しをクリバリが押し込んだ。 先制したシュツットガルトは35分、高い位置でボールを奪った流れからフェルスターが決定的なシュートを浴びせれば、その1分後にも決定機。フェルスターがボックス右に侵入してシュートに持ち込んだが、GKノイアーの好守に阻まれた。 すると38分、バイエルンが同点とする。ニャブリの見事なダイレクトパスを起点に、ミュラーのパスを受けたコマンがボックス左に侵入。カットインからゴール左にシュートを蹴り込んだ。 追いついたバイエルンは42分にニャブリがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせると、追加タイム1分に逆転した。コマンのパスをバイタルエリア中央で受けたレヴァンドフスキがゴール右に強烈なミドルシュートを突き刺した。 迎えた後半、いなすバイエルンがリードを保つ中、69分にコマンとニャブリの両ウイングをお役御免とし、サネとドグラス・コスタを投入。 追うシュツットガルトは72分にようやく決定機。カマラがワマンギドゥカのマイナスクロスに合わせたが、DFに阻止された。 そして88分、ボックス右でパスを受けたドグラス・コスタがカットインから左足のシュートでネットを揺らし、バイエルンが3-1で逆転勝利。首位キープに成功している。 2020.11.29 01:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが2戦ぶりの白星! 堂安2度の決定機逸響いたビーレフェルトは泥沼の7連敗…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、RBライプツィヒvsビーレフェルトが28日に行われ、ホームのライプツィヒが2-1で勝利した。なお、ビーレフェルトのMF堂安律は75分までプレーした。 6連敗で16位に沈むビーレフェルトが4位のライプツィヒのホームに乗り込んだ一戦。格上相手に連敗ストップを期すアウェイチームは堂安が開幕から9試合連続のスタメンを飾った。 敵地で勇敢な入りを見せたビーレフェルトは相手を押し込んでいく。そして、8分にはボックス右でパスを受けた堂安に絶好機が訪れるが、ややコースの甘いシュートはGKグラーチのファインセーブに遭い、開始早々の先制点とはならず。 その後は相手のハイラインの背後を突く形でサイドを起点に良い形が続くビーレフェルトは、堂安らが積極的にフィニッシュに絡んでいく。だが、最後の精度を欠いて相手を仕留め切れない。 すると、徐々にホームのライプツィヒに流れが傾き始める。24分にはボックス左でダニ・オルモからパスを受けたアンヘリーニョが鋭いグラウンダーのシュートを放つが、これは枠の右に。だが、29分にはサマルジッチの相手DF2枚の間を抜く絶妙なスルーパスに抜け出したアンヘリーニョがボックス内で冷静にDFをかわして左足のシュートを流し込んだ。 先制後は完全にホームチームのペースが続くが、アンヘリーニョやダニ・オルモの枠内シュートをGKが好守で凌ぎ追加点は許さないビーレフェルト。すると、前半終了間際の45分には再び堂安にビッグチャンス。ピーペルのロングフィードに完璧なタイミングで抜け出した背番号8はボックス右得意の角度で左足を振り抜くが、ファーポストを狙ったシュートはわずかに枠の左へ外れた。 試合内容はイーブンも決定力の差がスコアの差に表れた中、後半もライプツィヒが決定力の差を見せつける。ハーフタイム明けにウパメカノ、ハルステンベルクに代えてコナテ、エンクンクを投入したホームチームは47分、相手DFピーペルの不用意なボックス内でのGKへの短いバックパスをダニ・オルモが奪取。ゴール前でドフリーのエンクンクに繋ぐと、難なくゴールへ流し込んだ。 ミスから点差を広げられたビーレフェルトはリスクを冒してゴールを奪いにいく。59分にはボックス中央で斜めのパスを引き出した堂安にこの試合3度目の決定機も、左足のシュートは相手DFのブロックに遭う。続く60分にはヤボが強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の右へ外れた。 後半半ばを過ぎると、前半同様にイーブンな状況が続くが、ライプツィヒに3点目のチャンスが訪れる。72分、ボックス内へ抜け出したセルロートがDFピーペルに倒されてPKを獲得。ここでセルロートが自らキッカーを務めたが、右を狙ったシュートは完全に読まれて痛恨の失敗に。 守護神のビッグセーブでピンチを脱したビーレフェルトは直後に堂安らを下げてフレッシュな選手の投入で勝負をかけると、直後に左サイドでの仕掛けからゴール前にこぼれたルーズボールをクロスが冷静に流し込み、ようやく1点を返す。 すると、PK失敗から完全に流れを失ったホームチームは試合終盤にかけてビーレフェルトの猛攻に晒される。86分にはクロス、ニルソンとボックス内で続けて決定的なシュートを浴びたが、ここは相手のシュート精度にも助けられて事なきを得た。 そして、このまま何とか逃げ切ったライプツィヒが2戦ぶりの白星。一方、善戦も決定力不足に泣いたビーレフェルトは厳しい7連敗となった。 2020.11.29 01:37 Sun
twitterfacebook
thumb

南野今季リーグ初先発のリバプール、土壇場PK被弾で痛恨のドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第10節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsリバプールが28日に行われ、1-1のドローに終わった。なお、リバプールFW南野拓実は今季リーグ初先発を飾り、フル出場した。 リバプールは前節、首位のレスター・シティに3-0の完勝を収めて2位に浮上。しかし、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアタランタ相手にホームで枠内シュート0に終わる完敗となった。その敗戦からのバウンスバックが求められる今回のブライトン戦では先発6人を変更。南野が右インサイドハーフで今季リーグ初スタメンを飾ったほか、ロバートソンやジョタ、フィルミノがメンバー復帰した。 立ち上がりはリバプールが押し込む入りとなったが、時間の経過と共にホームのブライトンがハイラインの背後を狙うシンプルな形の攻撃で押し返していく。すると、10分にはハーフウェイライン付近でパスを受けたモペイの素早い裏へのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したコノリーがボックス付近でGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、ゴール右隅を狙ったシュートは枠の右に外れた。 相手の決定機逸に救われたリバプールだが、ここで気持ちを切り替えることができず、その後も相手にペースを握られる。そして、19分にはボックス左に抜け出したコノリーをDFネコ・ウィリアムズが後方から倒してしまい、痛恨のPK献上。しかし、ここはキッカーのモペイが枠の右にシュートを外して再び先制点献上を免れた。 その後、PKを外したモペイが直後に負傷し、トロサールが緊急投入されるアクシデントが起きたが、試合の流れ自体に大きな変化はない。フィニッシュの回数の少なさに加え、なかなかボールを持てない苦しい状況が続いたリバプールだが、30分過ぎにビッグチャンスが訪れる。 34分、GKアリソンからのロングボールを右サイドに流れたフィルミノがキープして浮き球のスルーパスを背後のスペースに送る。これに抜け出したサラーが冷静にGKとの一対一を制した。決定力の差を見せつける先制点かに思われたが、VARのレビューの結果、サラーがギリギリでオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは取り消しとなった。 試合終盤にかけてはより拮抗した展開となった中、42分には南野がボックス手前からミドルシュートを放つ場面もあったが、ややパワー不足のこのシュートはGK正面を突いた。 過密日程の続く中、厳しいランチタイムキックオフとなったリバプールは、ネコ・ウィリアムズに代えて負傷明けのヘンダーソンをハーフタイム明けに投入。この交代でミルナーが右サイドバック、ヘンダーソンがアンカーの位置に入った。しかし、この選手交代で一気に流れを変えるまでには至らず、54分にはボックス内で仕掛けたウェルベックに後半最初の枠内シュートを許した。 後半もなかなか決定機を作れずにいたリバプールだが、絶好調のポルトガル代表FWがチームを救う。60分、左サイドで仕掛けたロバートソンがペナルティアーク付近に横パスを入れると、サラーの短い落としを受けたジョタがそのまま右に運んでDFをかわして右足のシュート。ゴール前の密集を抜けたボールがゴール左下隅の最高のコースに決まった。 ジョタの今季初のアウェイでの得点で先制に成功したリバプールは、サラーを下げてマネを2枚目の交代カードとして投入。対するブライトンはコノリーに代えて古巣初対戦となるララナをピッチへ送り込んだ。 その後は拮抗した展開が続く中、互いに負傷者が出てしまう。ブライトンは投入されたばかりのララナがプレー続行不可能となり、ジャハンバクシュを投入。一方のリバプールはミルナーがハムストリングを痛めてカーティス・ジョーンズが右サイドバックでスクランブル起用されることになった。 ミルナーの負傷交代によって少し嫌な流れが漂うアウェイチームは83分に相手陣内左で得たFKの場面でロバートソンのクロスをマネが頭で叩き込むが、これは前半に続きVARのレビューの結果、オフサイドの判定となった。 すると、試合終盤にかけては急造のC・ジョーンズの右サイドを積極的に狙うブライトンに押し込まれる状況が続くと、試合終了間際にこの試合2つ目のPKを献上してしまう。ボックス内でクリアを試みたロバートソンがウェルベックの足を蹴ってしまい、オンフィールドレビューの結果、PK判定が下された。 そして、これをキッカーのグロスに中央へ蹴り込まれて土壇場で追いつかれた。その後、短い残り時間で勝ち越しを目指したものの、試合は1-1のままタイムアップ。微妙なVAR判定に泣いたリバプールは痛恨の勝ち点逸となった。 2020.11.28 23:35 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がボタフォゴ退団? 加入後4人の監督が交代「信じられない」

ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)が、クラブからの退団を示唆した。 ボタフォゴは27日、かつて横浜マリノスでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍していたラモン・ディアス監督(61)と契約解除を発表した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZazdNcVdVSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 11月8日に監督就任が発表されていたディアス監督だったが、就任翌日にパラグアイで結節性甲状腺腫の手術。しかし、術後の回復が思わしくなく、12月7日まで入院が延長。そのためクラブは契約を解除することとなった。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任としてもと鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されており、ディアス監督を含めて5度の監督交代となった。 この状況に本田は自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。「信じられない」と投稿。そして「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。ボタフォゴから退団を考えていると取れるツイートをしていた。 ブラジル『グローボ』によると、本田は2021年2月まで延長となったリーグ戦を考え、契約を短期更新。しかし、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで現在降格圏の19位に位置しており、今シーズン限りで去る可能性も低くはなさそうだ。 今シーズンの本田はセリエAで15試合に出場し2ゴールを記録。チームは残留することを望んでいるが、どういう決断を下すだろうか。 <div id="cw_ad">◆本田が退団を示唆?<br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Unbelievable.</p>&mdash; KeisukeHonda(本田圭佑) (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1332426950892167168?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I will start thinking to leave if they won&#39;t convince me in few days.</p>&mdash; KeisukeHonda(本田圭佑) (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1332428344646717446?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.28 14:02 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly