低調マドリー、昇格組カディスの堅守を崩せずまさかの今季初黒星…《ラ・リーガ》

2020.10.18 03:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは17日、ラ・リーガ第6節でカディスと対戦し、0-1で敗戦した。昨季王者のマドリーが、ホームに昇格組のカディスを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)を控えるマドリーは、4連勝を狙うインターナショナルウィーク明け初戦に向けてベンゼマやモドリッチ、クロース、セルヒオ・ラモス、GKクルトワなどを先発に起用。代表の長距離移動による疲労を考慮して、カゼミロやバルベルデはベンチスタートとなった。

L・バスケス、ベンゼマ、ヴィニシウスを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだマドリーは、開始早々の2分にミスからピンチを迎える。クロースのバックパスがずれたところをボックス左で奪ったネグレドがシュート。しかし、このシュートはゴールカバーに戻ったセルヒオ・ラモスがゴールライン手前でクリアし難を逃れた。

その後は相手陣内でのプレーが続くマドリーだが、[4-4-2]の堅固な守備ブロックを築くカディスを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。

すると、マドリーはカウンターでチャンスを窺うカディスに先制を許す。16分、ホセ・マリのロングパスをボックス手前のネグレドが頭で落とすと、ボックス右から侵入したロサーノが冷静に右足でゴールネットを揺らした。

さらに30分にも、自陣ボックス手前でボールを受けたホセ・マリがロングフィードを送ると、これを最前線で受けたロサーノがボックス左まで持ち上がりシュート。しかし、これはGKクルトワのセーブに防がれた。

ゴールレスで後半を迎えたマドリーは、後半開始からセルヒオ・ラモス、イスコ、モドリッチ、L・バスケスを下げてアセンシオ、カゼミロ、バルベルデ、ミリトンを投入。対するカディスは、ロサーノを下げてマルバシッチを投入した。

4枚替えを敢行したマドリーは、後半も自陣ボックス中央を固めるカディスの守備を攻略できず攻撃が停滞。それでも67分、ミリトンのパスを受けたクロースがボックス左横まで持ち上がりクロス。中央でフリーのヴィニシウスが頭で合わせたが、これはゴール右に逸れる。

ゴールの遠いマドリーは、78分にクロースを下げてヨビッチを投入。すると80分、マルセロの左クロスをゴールエリア右のベンゼマが頭で折り返すと、最後はヨビッチが押し込んだが、これはベンゼマのポジションでオフサイドを取られた。

さらに81分には、ヨビッチとのパス交換でボックス手前まで侵攻したベンゼマがミドルシュートでカディスゴールに迫ったが、これはクロスバーを直撃。運にも見放されたマドリーは、そのまま0-1で敗戦。マドリーは次節バルセロナとの“エル・クラシコ”を前に今季初黒星を喫した。
コメント
関連ニュース
thumb

グループ3位転落も前を向くジダン監督「我々は前進し続ける」自身の進退についても言及

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がシャフタール・ドネツク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは1日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でシャフタールと対戦。試合は12分、シャフタールに先制を許すと、後半にも追加点を決められてしまう。結局マドリーは試合終了まで1点も返すことが出来ず、0-2で敗戦。最終節を残して3位転落となった。 試合後、ジダン監督は無得点で終わった一戦を振り返った。 「我々には難しい時期があったが、それはいつものことだ。結果が出ていないのは事実だが、これからも継続していかなければならない。今夜の試合が決勝のように重要であることは分かっていたし、そのための準備はとても良かった」 「前半は素晴らしいパフォーマンスを見せたが、ゴールを奪うことはできなかった。残り1試合なので、そこで勝って次のラウンドに進むことを考えなければならない」 また、自身の進退について言及。辞めるつもりはないという。 「私が辞任する可能性はゼロだ。我々は前進し続ける」 「前に出るべきだったし、そうすれば状況が変わっていただろう。相手のゴールは我々に大きなダメージを与えた。2、3回チャンスがあったし、ポストに当たったこともあったが、ゴールを割ることは出来なかったので、状況は厳しくなってしまった」 また、ジダン監督は気持ちを見せ、全力でプレーする必要があると主張。次の試合に向けて、前を向くことの重要性を強調した。 「厳しい時期だからこそ、自分たちの個性とプライドを見せなければならない。今夜の試合は残念な結果になってしまったが、次の試合は勝たなければならない。今夜はそうはいかなかったが、信念を持ち続け、ハードに戦うことは間違いない」 「気持ちは強いし、いつものように全力を尽くす。選手たちも同じで、今日のようにやってくれるだろう。先日のラ・リーガの試合ではパフォーマンスが悪かったので、勝つに値しなかったと思うが、今夜はそれに値する試合だった」 「我々は気を引き締めて、次の試合に注意を向けなければならない。不振に陥っている時には、お互いに助け合い、前を向くこと以外方法はない」 最後にジダン監督は苦境に立たされているチームの問題点について言及。多くの場合で先制点を奪うことが出来ていないと語った。 「今日は高い位置からプレスをかけてボールを奪い返し、得点のチャンスをたくさん作ることができた。我々の問題は、試合を楽にするような先制点を奪うのに苦労していることだ」 「この荒波を乗り切らなければならないのは明らかだ。これからもハードワークを続け、自分たちのやることを信じてやっていこうと思っている」 2020.12.02 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーにGS敗退危機…シャフタールに屈辱のダブルを決められ3位転落…《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第5節、シャフタールvsレアル・マドリーが1日に行われ、ホームのシャフタールが2-0で勝利した。 最下位のインテル(勝ち点2)相手の連勝でグループ2位に浮上したマドリー(勝ち点7)が、前回対戦で敗れた3位のシャフタール(勝ち点4)のホームに乗り込んだ一戦。 この試合、勝利で自力突破が決まる一方、負ければ3位転落となるマドリーは、1-2で敗れた直近のアラベス戦から先発4人を変更。マルセロ、カゼミロ、マリアーノ、負傷のアザールに代わってメンディ、ウーデゴール、ロドリゴが起用されたほか、負傷明けのベンゼマが復帰を果たした。 立ち上がりこそ一進一退の攻防となったものの、時間の経過と共にアウェイのマドリーが攻勢を強めていく。ベンゼマを起点に厚みのある攻撃を仕掛けるが、中央を固める相手の守備を崩し切れない。 一方、前半序盤にジュニオール・モラレスがDFヴァランにアフターチャージを受け、25分にデンチーニョの投入を余儀なくされたシャフタールは立ち上がり以降、得意のカウンターを繰り出せない劣勢を強いられた。 前半半ばから終盤にかけてもマドリーが押し込む時間が続く。30分にはセットプレーの流れからアセンシオに決定機も、ゴール至近距離で放ったシュートはGKトルビンのワンハンドセーブに遭う。その後もマドリーは前からの連動した守備でことごとくセカンドボールを回収し、波状攻撃を仕掛けていくが、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 後半も引き続き相手を押し込むマドリーは立ち上がりにベンゼマの左足のシュートで早速相手GKにセーブを強いる。だが、53分に相手の高速カウンターを許してタイソンに決定機を許すと、ここはGKクルトワの好守で凌いだものの、相手に流れを渡すキッカケを与えることに。 そして、57分にはカウンターからボックス手前のコバレンコがゴール前に入れた縦パスに対して、メンディとヴァランが連係ミスを犯してゴール前にボールがこぼれると、これをフリーのデンチーニョに蹴り込まれ、痛恨の失点を喫した。 何とか追いつきたいマドリーは直後のセットプレーでヴァランが競り勝ってヘディングシュートを枠に飛ばすが、ここはGKトルビンの正面に飛ぶ。すると、以降は焦りからか不用意なボールロストが増え始め、相手のカウンターに晒される。67分にはボックス右で仕掛けたテテに簡単に折り返されてゴール前のコバレンコに決定機を許すが、ここはDFの決死のブロックで何とか凌いだ。 先制されてから思うように試合を運べないマドリーは77分、ベンゼマとウーデゴール、ロドリゴに代えてマリアーノ、イスコ、ヴィニシウスを一気に投入する3枚替えを敢行。しかし、この選手交代で流れを引き寄せられない。 逆に、82分にはシャフタールのロングカウンターに晒され、マイコンのパスに抜け出したソロモンに左サイドを独走され、最後はボックス手前から見事なミドルシュートをゴール左下隅に突き刺された。 その後、決死の猛攻を見せたマドリーだったが、一矢報いるゴールさえも奪うことができず、このまま0-2で敗戦。この結果、マドリー相手にダブルを決めたシャフタールが勝ち点7で並び、当該成績の優位性によって2位に浮上。一方、敗れたマドリーは首位ボルシアMGとの最終節で逆転突破を狙うという窮地に立たされた。 シャフタール 2-0 レアル・マドリー デンチーニョ(後12) ソロモン(後37) 2020.12.02 04:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第5節プレビュー①】ボルシアMGとマドリーが死の組を抜け出すか!?

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が1日と2日に開催される。ここではA~Dの第5節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループA: 足踏みのアトレティコが首位通過決めたバイエルンと対戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201129_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 ◎1. バイエルン(勝ち点12) 2.アトレティコ・マドリー(勝ち点5) 3.ロコモティフ・モスクワ(勝ち点3) 4.ザルツブルク(勝ち点1) ◎決勝トーナメント進出決定 《26:55》 ロコモティフ・モスクワvsザルツブルク 《29:00》 アトレティコ・マドリーvsバイエルン 前節はバイエルンが順当にザルツブルクを下して4連勝とし、2試合を残して首位でのグループステージ突破を決めた。一方でバイエルンと共に突破候補の本命であるアトレティコはロコモティフ・モスクワに2戦連続ドローに終わり、足踏みが続いている。第5節ではアトレティコが首位通過を決めたバイエルンをホームに迎える。 ロコモティフとの連戦では決め手を欠いて勝ち切れなかったアトレティコ。直近のバレンシア戦では3バックを採用して圧倒し、終盤のオウンゴールで勝ち切って見せた。ラ・リーガで好調を維持する中、モチベーションのない王者バイエルンにリベンジを果たし、決勝トーナメント進出を決められるか。 前節バイエルン戦ではFW奥川が負傷欠場となったザルツブルクは、ロコモティフに勝利することで最終節に決勝トーナメント進出の望みをつなぎたいところだが、奥川に出場のチャンスは訪れるか。 ◆グループB:ボルシアMGとマドリーが死の組を抜け出すか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201129_4_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 1. ボルシアMG (勝ち点8) 2. レアル・マドリー(勝ち点7) 3. シャフタール(勝ち点4) 4. インテル(勝ち点2) 《26:55》 シャフタールvsレアル・マドリー 《29:00》 ボルシアMGvsインテル 前節はレアル・マドリーが後のないインテルを下して2位に浮上した。そしてボルシアMGはシャフタールを2戦連続で粉砕して首位をキープしている。迎える第5節はレアル・マドリーが初戦で敗れたシャフタールとアウェイで対戦する。 負傷者を多数抱えながらもインテルに連勝として決勝トーナメント進出が見えてきたレアル・マドリー。ラ・リーガではCLの負担の影響もあって取りこぼしが目立ち、直近のアラベス戦も落としてしまった。その試合でFWアザールがまたも負傷してしまったが、勝利すれば突破となる中、最終節のボルシアMG戦を前にグループステージ突破を決めることはできるか。 シャフタールに連勝として首位を守ったボルシアMG。難敵揃いのグループ突破が見えてきた中、レアル・マドリーに連敗して突破が絶望的なインテルを蹴落とし、最終節を前に突破を決めてしまうことができるか。 ◆グループC: 中島ポルト突破なるか、首位通過狙うシティと対戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201129_4_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 ◎1. マンチェスター・シティ(勝ち点12) 2. ポルト(勝ち点9) 3. オリンピアコス(勝ち点3) 4. マルセイユ(勝ち点0) ◎決勝トーナメント進出決定 《29:00》 マルセイユvsオリンピアコス ポルトvsマンチェスター・シティ 前節は本命のシティが4連勝とし2試合を残してグループステージ突破を決めた。そして日本人3選手が共演したマルセイユvsポルトはポルトに軍配が上がり、4連敗のマルセイユの敗退が決まっている。迎える第5節、決勝トーナメント進出に王手を懸けているMF中島のポルトが突破を決めたシティと対戦する。 敵地でのマルセイユ戦を10人同士の戦いとなった中、試合巧者ぶりを発揮して2-0と勝利したポルト。引き分け以上で自力突破が決まる状況だが、最終節オリンピアコス戦を前に突破を決められるか。途中出場が続く中島としてはチームの決勝トーナメント進出に貢献する働きを期待したい。 対するシティは前節、攻める姿勢を見せてこなかったオリンピアコスを相手に1-0と勝利。貫禄の4連勝でグループステージ突破を決めた。そして、直近のバーンリー戦では5ゴールを挙げ、公式戦4試合ぶりの複数得点で快勝とした。ケガ人が続々と戻って波に乗れそうな中、引き分けでも首位通過の決まるポルト戦をうまく消化することができるか。 DF酒井がフル出場し、DF長友が途中出場した前節ポルト戦。しかし、マルセイユは敗戦に終わり、4連敗でグループステージ敗退が決まった。チーム自体もCLワーストの13連敗を喫してしまったが、オリンピアコス戦で不名誉記録を止めることはできるか。 ◆グループD: 三つ巴の様相、リバプールは一足早く抜け出せるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201129_4_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ■順位表 1. リバプール (勝ち点9) 2. アヤックス(勝ち点7) 3. アタランタ(勝ち点7) 4. ミッティラン(勝ち点0) 《29:00》 アタランタvsミッティラン リバプールvsアヤックス 前節はリバプールがアタランタにアンフィールドで敗れるアップセットがあり、決勝トーナメント進出は今節以降にお預けとなった。三つ巴の様相になりつつある中、リバプールは引き続き勝利すれば最終節のミッティラン戦を前にグループステージ突破を決められる状況だ。 ケガ人続出のリバプールは、前節アタランタ戦では枠内シュートを1本も打てずに完敗する屈辱の内容となった。続くプレミアリーグのブライトン戦ではVARの判定に泣き、1-1の引き分けと公式戦2試合勝利がない状況だ。ブライトン戦で先発のチャンスを得たMF南野だったが、攻守ともにインパクトを残せなかった。アヤックス戦で出番をもらえるかは微妙だが、チャンスがあれば結果を残したい。 対するアヤックスは格下ミッティラン相手にしっかりと2連勝し、2位を死守。公式戦6連勝中と好調を維持する中、手負いのリバプール撃破となるか。 アヤックスを追走するアタランタは必勝のミッティラン戦に臨む。リバプール撃破で2季連続での決勝トーナメント進出に望みを繫いだ中、直近のヴェローナ戦では決定力を欠いて敗れてしまったが、切り替えて勝利をもぎ取れるか。最終節アヤックス戦を前に2位浮上としておきたい。 2020.12.01 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

決勝T進出へ正念場のマドリー、ジダン監督「シャフタール戦が唯一の焦点」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、シャフタール・ドネツク戦に向け意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは1日にチャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でシャフタールと対戦予定。CL開幕から2試合は調子が上がらなかったが前々節、前節、とインテルを2戦連続で撃破したことで2位浮上に成功し、この試合で勝利を収めることが出来れば、グループ突破が確定する。 そんな一戦をジダン監督は「決勝戦」と捉え、残り2つの重要な試合の中でも、シャフタール戦で決勝トーナメント進出を決める強い意志を示した。 「運命は我々の手の中にある。明日は決勝戦に臨む気持ちで心構えしているよ」 「チャンピオンズリーグでは残り2つの決勝戦が控えているが、明日の試合は、勝てば次のステージへ進める最も重要な試合だ。それこそが我々の唯一の焦点でなければならない」 ジダン監督はまた、相次ぐ主力選手の離脱にも言及。不測の事態が続いているものの、選手たちの気持ちはクラブにあると語った。 「ケガを強いられたり、異なる方法で準備をしなけらばならないなど、とても不思議な状況が続いている。それら全てが影響を与えているが、選手たちの熱意は常に感じているよ。感じざるを得ないほどにね」 「選手たちは自分たちがどこにいるのか、レアル・マドリーのためにプレーすることが何を意味するのかを知っている。我々は常にその熱意を持っている。パフォーマンスが悪くても、欲望は失われない。レアル・マドリーでは常にそこにあるのだ」 最後にジダン監督は「我々は一貫性を見出すことができていないが、レアル・マドリーは厳しい時期に陥る度に乗り越えてきた。それが最も重要なことだ」とコメント。先月28日のアラベス戦でまさかの敗戦を喫し、不調に陥るチームが、困難を乗り越えられることを信じているようだ。 2020.12.01 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

常に移籍話が浮上するDFナチョはレアルを離れる気なし「クラブのために戦う」

レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(30)が来夏の退団を否定した。 ナチョはマドリーの下部組織で育った生え抜き選手。2013年にファーストチームに昇格するものの、いつも手厚い守備陣が揃っていたチームにおいて、控えの域を脱せない選手であった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzeHJBS0k2cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 能力を高く評価されながらも出場機会が限られるナチョには、絶えず移籍の噂がついて回るが、ケガ人の代役やユーティリティ性を買われ、どの監督にも重宝されてきた。 気がつけば200試合以上マドリーでプレーするナチョ。1日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節のシャフタール・ドネツク戦に向けた記者会見に出席。今シーズン終了後に退団するつもりがないことを明言した。 「いつかレアル・マドリーでプレーしたいと思っていたが、今では200試合以上出場している。全て監督が僕を頼りにしていたことは、僕をとても高く評価してくれたということだ。僕はいつも望んでいたクラブのために戦う」 「個人的にはシーズンで20や30ではなく50試合でプレーしたいし、それを否定するつもりもないけど満足している。僕は幸せだし、僕が居たい場所にいる」 「毎年夏にはオファーが来るけど、僕は幸せな選手だ。誰のためであっても、それは変えない」 今シーズンのナチョはここまでラ・リーガで5試合、チャンピオンズリーグで1試合と変わらず控えのポジションではあるが、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが不在の中では大事な存在となっている。 2020.12.01 10:24 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly