昇格組WBAがハダースフィールドのFWグラントを獲得、6年契約を締結

2020.10.16 10:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は15日、ハダースフィールドからイングランド人FWカーラン・グラント(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば約1500万ポンド(約20億4000万円)で合意したとのことだ。なお、契約期間は6年間となる。

グラントはチャールトンの下部組織出身で、2019年1月にハダースフィールドへ完全移籍。加入1年目の2018-19シーズンはプレミアリーグで13試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で43試合に出場し19ゴール4アシストを記録していた。

昇格組のWBAは、ここまでプレミアリーグで4試合を戦い1分け3敗と勝利がない状況だ。

U-18イングランド代表歴もあるグラントについてテクニカル・ディレクター兼スポーツ・ディレクターのルーク・ダウリング氏は「我々はカーランの成長を長い間追跡してきた。彼は夏の移籍ウインドーが開くかなり前からターゲットだった」と予てから狙っていたとコメント。「この移籍期間、我々は主に長期契約でクラブにコミットしている才能ある若い選手を連れてくることに焦点を当ててきた」と才能ある若手の獲得を喜んだ。
コメント
関連ニュース
thumb

WBA、ウェールズ代表FWハル・ロブソン=カヌが右腕を骨折

WBAは6日、ウェールズ代表FWハル・ロブソン=カヌ(31)が右腕を骨折したことを報告した。 同選手は4日に行われたプレミアリーグ第4節のサウサンプトン戦で負傷。その後の検査で骨折と診断されたようだ。7日に手術を受けるとのこと。 これにより、UEFAネーションズリーグ2020-21に臨むウェールズ代表に選出されていたが事態が決定。同代表は11日にアウェイでアイルランド代表と、14日にアウェイでブルガリア代表と対戦する。 2016年夏にレディングから加入したロブソン=カヌは、昨季のチャンピオンシップで39試合10ゴールを記録し、2シーズンぶりのプレミアリーグ昇格に貢献。今季はここまでリーグ戦3試合に出場していた。 2020.10.06 19:13 Tue
twitterfacebook
thumb

WBA、昇格貢献のMFクロビノビッチが再レンタルで帰還 「夏休みが終わって学校に戻ってくるようなもの」

WBAは29日、ベンフィカからクロアチア人MFフィリップ・クロビノビッチ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のNKザグレブでキャリアをスタートしたクロビノビッチは、リオ・アヴェを経て2017年にベンフィカに完全移籍した。しかし、分厚い選手層の中でトップチーム定着には至らず。 そして、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAに1年間のレンタル移籍で加入すると、攻撃的MFを主戦場にリーグ戦40試合に出場し3ゴール4アシストを記録。バギーズのプレミアリーグ昇格に大きく貢献した。 その後、一度は保有元のベンフィカにレンタルバックしたが、今夏の移籍市場閉幕まで1週間あまりとなっていたこのタイミングで、再レンタルが決定した。 同胞指揮官スラベン・ビリッチ監督のリクエストを受けて、再びイングランド帰還となったクロビノビッチは、クラブ公式サイトを通じて復帰の喜びを語っている。 「家族と共に戻って来られたことは本当に嬉しいよ。少し時間がかかってしまったけど、今はここにいるし、それが一番大事なことなんだ」 「兄弟には、夏休みが終わって学校に戻ってくるようなものだと言っていたんだ。友達に会えることは人生で最高なことの一つさ」 2020.09.29 19:43 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、格下に3点差追いつく劇的ドロー! 連敗回避も36歳オールドルーキーの痛恨ミスなど2戦連続の自滅…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、WBAvsチェルシーが26日にザ・ホーソンズで行われ、3-3のドローに終わった。 前節、王者リバプール相手に0-2で敗れ今季初黒星を喫したチェルシーだが、ミッドウィークのEFLカップ(カラバオカップ)では格下バーンズリーを相手に6-0の圧勝。ハフェルツのハットトリックに、チアゴ・シウバ、チルウェルがデビューを飾るなど、実りある内容で敗戦を払しょくした。 開幕連敗中の昇格組WBAを相手にリーグ2戦ぶりの白星を目指す今節ではリバプール戦から先発3人を変更。GKにカバジェロが入ったほか、ズマとジョルジーニョに代えてチアゴ・シウバ、エイブラハムを起用。なお、キャプテンマークを巻いたチアゴ・シウバはイギリス人以外のプレーヤーで歴代4番目となる36歳4日でのプレミアリーグデビューとなった。 直近2試合で8失点のホームチーム相手にチェルシーの攻撃陣爆発が予想された中、試合は立ち上がりからよもやの展開となる。開始4分、WBAの左サイドから送られた対角線のロングフィードに対して、マルコス・アロンソが不用意に中央へ頭でクリアすると、これをマテウス・ペレイラに奪われ、ショートカウンターを浴びる。そして、ボックス左のカラム・ロビンソンにDFリース・ジェームズの股間を抜く右足のシュートをゴール右隅へ決められる。 それでも、失点直後にはトップ下に入ったハフェルツが右サイドに流れて強烈な左足のミドルシュートで相手GKにファインセーブを強いると、直後にはいずれもR・ジェームズの右クロスからゴール前のエイブラハム、ヴェルナーに決定機が訪れるなど、ゴールを色濃く匂わせる良い攻めを見せる。 その後も70%を超えるボール支配率で相手を押し込み続けるチェルシーだが、リバプール戦に続いて痛恨のミスを犯す。25分、最終ラインでのパス回しの際にチアゴ・シウバがトラップミスをすると、これをロビンソンにかっさらわれてGKとの一対一を難なく決められた。 百戦錬磨のブラジル代表DFのイージーミスに動揺したか、直後の28分には相手の左CKの場面でサインプレーにあっさりと出し抜かれると、ボックス内で立て続けにフリーにしたファーロング、バートリーの連係から右足インサイドのボレーシュートを決められ、まさかの3失点となった。 何とか前半のうちに1点でも返したいチェルシーだが、ボールは持たせてもらえるものの、相手の要所を締める守備を前になかなか決定機を作れなくなる。逆に、前がかりな上、ネガティブトランジションの鈍さから再三相手に引っくり返され、あわや4失点目というピンチを招くなど、悪夢のような45分を0-3のスコアで終えることになった。 同点、逆転に向け大幅な変更が求められたハーフタイムにランパード監督は、マルコス・アロンソ、コバチッチを下げてアスピリクエタ、ハドソン=オドイを同時投入。さらに、キャプテンマークがチアゴ・シウバからアスピリクエタに引き継がれた。 システムを[4-3-3]に変更して80%近くボールを握り、相手陣内でハーフコートゲームを展開する中、55分にはボックス手前左でアスピリクエタから横パスを受けたマウントが右足を一閃。強いスライダー回転のかかった強烈なシュートがゴール左隅を射抜き、チェルシーがようやく反撃の狼煙を上げる。 その後、やや攻撃が停滞も70分には相手CKのカウンターから左サイドでヴェルナー、ハフェルツとのダイレクトのパス交換からゴール左のスペースに抜け出したハドソン=オドイが1点差に迫る貴重なゴールを挙げる。 残り時間を考えれば、同点だけでなく逆転の可能性も出てきたチェルシーは73分にはチアゴ・シウバを下げてジルーを投入。この交代で超攻撃的な[3-3-2-2]の布陣にシフトする。 だが、前線のツインタワーをシンプルに使う形が少ないチェルシーは、完全に逃げ切り態勢に入るWBAを前に徐々に攻撃が停滞。それでも、最後の最後まで諦めずに攻め続けるチームは、土壇場で3点差を追いつく。 93分、左CKの二次攻撃からマウントが放ったシュートをGKが弾くと、ゴール前でこぼれ球に反応したエイブラハムが押し込んだ。その前のハフェルツのハンドの可能性からVARのレビューが入るも、無事ゴールが認められた。 しかし、チェルシーに逆転の4点目を奪う時間は残されておらず、試合は3-3のドローで決着。3点差を追いついてリーグ連敗を回避することに成功したチェルシーだが、連敗中の昇格組相手に自滅の感もある拙い戦いぶりもあり、批判は避けられない一戦となった。 2020.09.27 03:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーフタイムに退場したWBAのビリッチ監督、最悪2試合のベンチ入り停止に

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)のスラヴェン・ビリッチ監督に対し、イングランドサッカー協会(FA)が調査を行うようだ。 ビリッチ監督は、19日に行われたプレミアリーグ第2節のエバートン戦で、前半終了後に主審のマイク・ディーン氏に執拗に抗議。その際、レッドカードが提示され、退席処分となっていた。 FAはこの件に関し「9月19日のプレミアリーグのエバートン戦のハーフタイムにおけるWBAの監督の言動、フィールドでの行動は、不適切な行為である」と声明を発表した。 なお、この際に虐待的な言葉や侮辱的な言葉を使用していた場合は、最大で2試合のベンチ入り禁止措置がとられることになる。 前半アディショナルタイム。左サイドでキーラン・ギブスとハメス・ロドリゲスが接触。ハメスが体を当てに行ってボールを奪いに行った際、ギブスがハメスの顔面にパンチを見舞い一発退場となった。 しかし、ビリッチ監督はこの行為ではなく、エバートンの同点ゴールのシーンについて審判に訴えに言ったとのこと。「アナリストが彼らの最初のゴールの前にファウルがあったと私に言った」と主張し、その抗議をしにいったことが退場になったと語っていた。 「監督として、私はレフェリーに何が起きたのかを尋ねる状況にあった」 「試合が進行中というわけではなく、ハーフタイムであり、誰もいなかった。私は不満な態度で彼に尋ねたが、一線は越えなかった。それでも私はレッドカードをもらった」 「監督として、境界線を越えていなければ、その権利を持っている。我々を殺したいと思うなら、我々を殺せばいいと彼に言った。それだけだ」 結果として、ドミニク・キャルバート=ルーウィンにキャリア初のハットトリックを決められるなど、5-2で惨敗に終わったWBA。追加での処分が下されないことを願うばかりだ。 2020.09.22 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスがデビュー2戦目にして初ゴール! キャルバート=ルーウィンはキャリア初ハットトリック!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、エバートンvsWBAが19日に行われ、5-2でエバートンが勝利した。 開幕節で強豪トッテナムを下して白星スタートを切ったエバートン。新加入のハメス・ロドリゲスが期待に違わぬ活躍を披露し、今季の躍進を予感させた。 連勝を狙う今節の相手は、開幕でレスター・シティに0-3で完敗を喫した昇格組のWBA。快勝といきたいところだったが開始10分、カウンターでディアンガナにボックス手前まで持ち込まれると、守備の隙を突かれ、左足のシュートを決められてしまった。 だが33分、ボックス右から上がったクロスにリシャルリソンが競り合ったことでこぼれてきたボールを、キャルバート=ルーウィンがヒールで流し込み同点に。一度はオフサイドで取り消されそうになったが、VARで確認した結果、リシャルリソンではなく相手に当たっていたため、オフサイドの判定にはならなかった。 昨季のチーム内得点王タイのキャルバート=ルーウィンの2試合連続ゴールで追いついたエバートン。ここから勢いを取り戻すと迎えた45分、リシャルリソンが粘って繋げたボールを、ハメス・ロドリゲスがボックス手前から得意の左足でゴール右下に決めて逆転に成功した。 その直後、元アーセナルのギブスがハメス・ロドリゲスとぶつかった際に、あろうことかパンチを見舞い一発退場に。さらに執拗に抗議したビリッチ監督も退席処分とされてしまった。 しかし後半立ち上がりの47分、ボックス手前右の好位置でFKを得たWBAは、昨季のチームMVPのマテウス・ペレイラが左足で完璧な直接FKを決めて、スコアは再びタイとなった。 それでも数的有利のエバートンは54分、敵陣左サイドのFKからディーニュがクロスを上げると、リシャルリソンのシュートのこぼれ球をマイケル・キーンが押し込んで勝ち越し。 さらに62分には、敵陣中央のハメス・ロドリゲスからボックス内へ浮き玉のパスが送られると、絶妙なタイミングでオフサイドラインを突破したリシャルリソンが折り返し、最後はキャルバート=ルーウィンがフィニッシュ。その4分後には、ハメス・ロドリゲスの左CKをキャルバート=ルーウィンが頭で合わせてハットトリック達成。これがキャリア初のハットトリックとなった。 その後、キャルバート=ルーウィンと1ゴール1アシストのハメス・ロドリゲスはお役御免。試合はエバートンが最後まで支配し、終わってみれば大勝で開幕連勝を収めた。 2020.09.19 22:25 Sat
twitterfacebook