スカッとゴール! アセンシオの猛烈ダッシュと強烈シュートが痛快

2020.10.18 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2020年10月18日にご紹介するのは、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオが決めたゴールです。

◆アセンシオの猛烈ダッシュと強烈シュートが痛快

◆ここがスカッと!
バルセロナとの伝統の一戦“エル・クラシコ”において、当時21歳のアセンシオがバルセロナの名手マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンのニアサイドを豪快に破ったシュートに惚れ惚れします。

◆アセンシオがバルセロナに止めを刺す
若くして将来を期待され、2016-17シーズンからマドリーのファーストチームでプレーしているアセンシオ。ケガもあり主力に定着とまでは至っていませんが、随所でそのポテンシャルを示すゴールを決めてきています。

2017年8月13日に行われたスーペル・コパ、バルセロナとの1stレグでは、勝負を決めるスーパーゴールでバルセロナにとどめを刺しました。

2-1とマドリーが勝ち越して迎えた90分、追うバルセロナは前線に人数をかけて攻勢に出るが、逆にレアル・マドリーのカウンターの餌食となってしまいます。自陣深くでボールを持ったFWルーカスバスケスがセンターサークル内までボールを運ぶと、左サイドを駆け上がっていたアセンシオへパス。

このボールを受けたアセンシオはボックスの際まで進むと、そこから豪快に左足を振り抜きます。シュート回転のかかったボールはGKシュテーゲンの手から離れるように変化し、ニアポストをぶち抜いてゴール左上隅に突き刺さりました。

このゴールでアウェイでの1stレグを3-1で勝利したマドリーが2ndレグも勝利し、この年のスーペル・コパを制しました。
コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 芸術点があるなら満点級!アイスランドの英雄の反転トラップ&ハーフボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月30日にご紹介するのは、エバートンに所属するアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソンがトッテナム時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆シュートまでの流れも完璧な鮮やかハーフボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNREZhQlNsWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 美しい反転トラップからの、鮮やかなハーフボレー。芸術点をあげるなら満点級です。 ◆ アイスランド代表の英雄的存在でもあるシグルドソン。2012年に加入したトッテナムでは、継続的な活躍はできませんでしたが、随所にその能力の高さを見せていました。 2013年10月30日に行われたEFLカップ4回戦のハル・シティ戦に先発で出場すると、前半16分にDFカイル・ノートンからの縦パスをバイタルエリア左で受けます。 ゴールに背を向ける格好だったシグルドソンは、絶妙なトラップ&ターンで相手DFをかわすと、その勢いのままハーフボレー。 相手GKのエルディン・ヤクポヴィッチが懸命に手を伸ばすも、ゴール左上隅に糸を引くようなシュートが突き刺さり、ホワイト・ハート・レーンの観衆を熱狂させました。 2020.10.30 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!元フランス代表DFリザラズ氏の惚れ惚れするアウトサイドボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月29日にご紹介するのは、元フランス代表DFのビセンテ・リザラズ氏がバイエルン時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆元フランス代表DFリザラズ氏のセーブ不可能なアウトサイドボレーが圧巻<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1eHJWWmRJdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! アウトサイドにかかったボレーシュート。サッカーのゴールの中でも最高に気持ちの良いゴールの一つです。今回のゴールはまさにその理想のようなゴールです。 ◆バイエルンやフランス代表で活躍した名サイドバック 169cmと小柄ながらその突破力と精度の高い左足を武器に2000年前後のバイエルンで長らく活躍を見せたリザラズ氏。フランス代表としても通算90キャップを数えます。 バイエルンでは通算273試合に出場し8ゴールと、得点が多い選手ではありませんでしたが、2000年2月19日に行われたブンデスリーガ第21節のデュイスブルク戦では素晴らしいゴールを決めました。 2-1とバイエルンがリードする中、78分に敵陣右サイドでFKを獲得し、左サイドバックのリザラズはファーサイドで待ち構えます。 キッカーのMFシュテファン・エッフェンベルクはリザラズ目掛けて良質なボールを送り込むと、落下点に入ったリザラズはそのボールをダイレクトでボレーシュート。無駄のない動きから放たれたシュートは、アウト回転をかけながら、相手GKの手が届かないゴール右へと吸い込まれていきました。 リザラズ氏がこのシーズンに記録したゴールは1点のみでしたが、惚れ惚れするような美しいゴールでした。 2020.10.29 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!元イタリア代表DFカンナバーロの意外性あふれる30mミドル弾

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月28日にご紹介するのは、は元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏が、インテル時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆DF最後のバロンドーラー・カンナバーロ、インテル時代の衝撃30mミドル弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKOTU5eVhleiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 身長175cmとセンターバックとしては小柄なカンナバーロ氏が、全身を使っての強烈なロングシュート。相手ディフェンスも完全に油断しており、気持ちの良いスーパーゴールでした。 ◆DF最後のバロンドーラー カンナバーロ氏と言えば、レアル・マドリー時代の2006年にDFとして史上3人目となるバロンドールを受賞。これが現在までDFが同賞を受賞した最後のケースとなっています。 類稀な身体能力を生かしたアクロバティックなクリアや深い読みで鉄壁を誇ったカンナバーロ氏は、自身のゴールとはあまり縁のない選手でした。クラブキャリア通算でも公式戦676試合に出場して18ゴールという数字のカンナバーロ氏ですが、インテル時代の2003年11月22日に行われたセリエA第10節のレッジーナ戦では、攻撃陣顔負けの弾丸ロングシュートを決めています。 0-0で迎えた34分、ブロックを作って守る相手陣内でインテルがボールを回す中、ピッチ中央付近でフリーでボールを受けたカンナバーロ。相手のブロックの手前まで自分でボールを運ぶと、敵陣中央から豪快なロングシュートを放ちます。DFが打ったとは思えない弾丸のような軌道のシュートはゴール右上隅に突き刺さり、見事な先制ゴールとなりました。 このカンナバーロの先制点に触発されたのか、この後インテルは5点を加え、6-0の大勝を記録しました。 2020.10.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!誰も予想できない天才カッサーノのイマジネーション

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月26日にご紹介するのは、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏がサンプドリア時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆カッサーノの天才ぶりが分かる予想外なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKOTU5eVhleiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ゴールキックからわずか4タッチ目でのスーパーゴール。悪童の閃きが光るアイデアに関心です。 ◆誰も予想できない天才の発想 カッサーノ氏のデビューは1999年。当時セリエAだったバーリでプロデビューを果たし、1年半後にセリエAチャンピオンだったローマに引き抜かれました。そこからスターダムを駆け上がるかと思われましたが、度重なる問題行動で多くのクラブを転々とすることになります。 それでもそのスキルは本物。サンプドリア時代の2010年3月21日に行われたセリエA第29節のユベントス戦では、見事なゴールを決めています。 ゴールレスで迎えた77分、サンプドリアはGKマルコ・ストラーリのゴールキックをMFダニエレ・マンニーニが落とし、これにカッサーノが反応します。ギリギリのところでボールを拾い、やや体勢を立て直すと、そのまま相手の意表を突くロングシュートを。これを相手GKアントニオ・キメンティが手に当てるもボールはそのままゴールに吸い込まれました。 ゴールキックからわずか4タッチでのこのゴールが決勝点となり、カッサーノがその才能をまじまじと見せつけました。なお、ユベントスのGKキメンティはこの失点への怒りから試合後に拳でテーブルを殴り、右手の指を骨折してしまうというエピソードもありました。 2020.10.26 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 後半AT土壇場での同点弾!セリエA時代のブルーノ・フェルナンデスのボレーに釘付け

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月25日にご紹介するのは、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがサンプドリア時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ブルーノ・フェルナンデスの豪快かつ正確なボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJicnAwS3kwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 後半アディショナルタイムにチームを救う豪快なボレーシュート。男でも惚れちゃうようなシーンでのスーパーゴールです。 ◆今やユナイテッドの中心となったブルーノ・フェルナンデスのイタリア時代 B・フェルナンデスは2020年1月にスポルティング・リスボンからユナイテッドに加入すると、すぐさまチームの中心選手となり、ここまでの公式戦27試合で15ゴール11アシストという圧巻の数字を残しています。 スポルティング以前は主にイタリアでプレーし、ウディネーゼやサンプドリアに所属していたB・フェルナンデスですが、サンプドリア時代の2016年10月2日に行われたセリエA第7節のパレルモ戦では、当時22歳のB・フェルナンデスがその潜在能力を示しています。 1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム、相手を押し込んだサンプドリアは、敵陣左サイド深くからクロスを上げます。このボールは相手DFに頭でクリアされるものの、そのこぼれ球がワンバウンドしながらボックス外で待ち構えていたB・フェルナンデスのもとへ。 シュートモーションに入ったB・フェルナンデスは、狙いすまして右足を振り抜くと、抑えの利いたシュートは、ややアウト回転がかかりながらドライブしてゴールネットに突き刺ささり、土壇場での貴重な同点弾となりました。 B・フェルナンデスはボールをミートするまで、視線をボールから全く離しておらず、その上手さの秘訣が分かるゴールでした。 2020.10.25 07:00 Sun
twitterfacebook