スカッとゴール! アセンシオの猛烈ダッシュと強烈シュートが痛快

2020.10.18 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。

2020年10月18日にご紹介するのは、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオが決めたゴールです。

◆アセンシオの猛烈ダッシュと強烈シュートが痛快

◆ここがスカッと!
バルセロナとの伝統の一戦“エル・クラシコ”において、当時21歳のアセンシオがバルセロナの名手マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンのニアサイドを豪快に破ったシュートに惚れ惚れします。

◆アセンシオがバルセロナに止めを刺す
若くして将来を期待され、2016-17シーズンからマドリーのファーストチームでプレーしているアセンシオ。ケガもあり主力に定着とまでは至っていませんが、随所でそのポテンシャルを示すゴールを決めてきています。

2017年8月13日に行われたスーペル・コパ、バルセロナとの1stレグでは、勝負を決めるスーパーゴールでバルセロナにとどめを刺しました。

2-1とマドリーが勝ち越して迎えた90分、追うバルセロナは前線に人数をかけて攻勢に出るが、逆にレアル・マドリーのカウンターの餌食となってしまいます。自陣深くでボールを持ったFWルーカスバスケスがセンターサークル内までボールを運ぶと、左サイドを駆け上がっていたアセンシオへパス。

このボールを受けたアセンシオはボックスの際まで進むと、そこから豪快に左足を振り抜きます。シュート回転のかかったボールはGKシュテーゲンの手から離れるように変化し、ニアポストをぶち抜いてゴール左上隅に突き刺さりました。

このゴールでアウェイでの1stレグを3-1で勝利したマドリーが2ndレグも勝利し、この年のスーペル・コパを制しました。

コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! エース不在の“エル・クラシコ”でベイルが見せた理不尽なまでの加速とトップスピード

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月24日にご紹介するのは、トッテナムに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルがレアル・マドリー時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ベイルが圧倒的なスピードでピッチ外から相手DFをぶちぬく<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzS0dkMkw2MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 文句のつけようがない圧倒的な個の力。ベイルの爆発的なスピードが爽快です。 ◆C・ロナウド不在の“エル・クラシコ”でベイルが魅せる 近年のケガの多さやクラブを軽視する言動からジネディーヌ・ジダン監督とサポーターの信頼を失い、クラブを追われるように古巣トッテナムへとレンタルで加入しているベイルですが、2014年4月16日に行われたコパ・デル・レイ決勝、バルセロナとの“エル・クラシコ”では多くの人々の記憶に残るスーパーゴールを決めています。 エースとして君臨してきたクリスティアーノ・ロナウドはヒザと太腿を痛め欠場という中、1-1で迎えた試合終了間際の後半40分にその時が訪れます。 ハーフウェイライン付近の左サイドでDFファビオ・コエントランの縦パスを受けたベイルは、ボールを持つと大きく蹴り出し突破を試みますが、相手DFマルク・バルトラがプレスをかけに来るとベイルはピッチ外へ押し出されてしまいます。 距離を見ればピッチ内にいるバルトラが外へ押し出されているベイルより圧倒的に有利な状況でしたが、二人のスプリント勝負でベイルが超人的なスプリント見せると、バルトラを寄せつけずボールを確保。そのままゴールへ爆速で直進し、最後はGKマヌエル・ピントの股を抜くゴールを決めて値千金の決勝点を記録しました。 このゴールには、スタンドで観戦していたC・ロナウドも大喜び。ベイルは自身の圧倒的な個の力を全世界に見せつけ、クラブ史上19度目となるコパ・デル・レイ優勝をチームにもたらしました。 24日には、早くも今シーズン最初の“エル・クラシコ”が開催されます。2020-21シーズンを占う大事な一戦は、要注目です。 2020.10.24 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!エル・クラシコで火を噴いた“悪魔の左足”

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月23日にご紹介するのは、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆“悪魔の左足”の無慈悲なまでの破壊力<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0VHdSN2phUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ロベルト・カルロス氏の“悪魔の左足”がバルセロナとの“エル・クラシコ”の舞台で火を噴きました。無慈悲なまでの破壊力と弾丸シュートは圧巻です。 ◆ロベルト・カルロスの十八番が炸裂 アスリートとしては小柄な170センチに満たない体から繰り出される破壊力満点のキックで“悪魔の左足”の異名を取ったロベルト・カルロス氏。 レアル・マドリー史上最高の左サイドバックとしても名高いですが、2000年2月26日に行われたラ・リーガ第26節のバルセロナ戦では、ライバル相手に“悪魔の左足”が牙を剥きます。 試合開始早々の5分、マドリーは敵陣中央の位置でFKを獲得する。ゴールまでは30m以上距離があったものの、キッカーのロベルト・カルロスは小刻みな助走から直接ゴールを狙います。 “悪魔の左足”から放たれた弾丸シュートは物凄い速さでゴール左に突き刺さり、バルセロナのGKフランセスク・アルナウもお手上げといった状態で呆然とその場に立ち尽くしていました。 ロベルト・カルロスのゴールで幸先よく先制に成功したマドリーはFWニコラ・アネルカとFWフェルナンド・モリエンテスのゴールもあり、3-0でバルセロナに完勝しました。 24日には今シーズン最初の“エル・クラシコ”が行われます。昨シーズン王者のレアル・マドリーとロナルド・クーマン監督率いる新生バルセロナがどのような勝負を繰り広げるのか、注目が集まります。 2020.10.23 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!天才グティによる天才的なジャンピングボレーは爽快

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月21日にご紹介するのは、元スペイン代表MFのホセ・マリア・グティエレス氏(通称:グティ)がレアル・マドリー時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆天才グティによる天才的なジャンピングボレーは痛快<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0d1ZrbHVpQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! カウンターのチャンスで、グティ氏が走り込みながらのダイレクトボレーシュート。その類い稀なるサッカーセンスに脱帽です。 ◆FW起用のグティがロベルト・カルロスの絶妙クロスに合わせる その天才的なパスセンスとチャンスメイクで主に中盤の選手として活躍を見せたグティ氏でしたが、2000-01シーズンはチーム事情からFWとして起用されることが多くありました。 2001年4月14日に行われた、ラ・リーガ第30節のビジャレアル戦にもグティはFWとして起用されますが、そこでとんでもないスキルを見せます。 前半21分、中央でボールを持ったMFルイス・フィーゴが左サイドを猛スピードでオーバーラップしたDFロベルト・カルロスにパスを出すと、ロベルト・カルロスはこれをダイレクトでゴール前にクロスをあげます。 これに走りこんだグティは、ボックス外でボールに合わせてジャンプし空中で左足をうまくミートさせると、シュートはややループ気味の軌道で相手GKの頭上を超え、鮮やかにネットに吸い込まれました。 この試合でのグティ氏は、このファインゴールを口火に3ゴールを記録。自身にとってファーストチームで初めてのハットトリックを達成しています。 2020.10.21 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!後ろからのボールを上手く体を捻って捉えるイグアインのハイレベルボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月20日にご紹介するのは、インテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがレアル・マドリー時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆若きイグアインが巧妙なボレーで実力を示す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuaDB6Y29ZNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 半身からのアクロバティックなボレーシュート。イグアインのシュート技術の高さが詰まったゴールでした。シュートのタイミングで軽く跳びことでうまく調節しているのも見事です。 ◆後ろからのロングボールを絶妙技術でコントロール 2007年に母国のリーベル・プレートから当時19歳の若さでレアル・マドリーへ加入したイグアイン。2013年にナポリに移籍するまで、公式戦264試合に出場し、122ゴール56アシストを記録ました。 元フランス代表FWカリム・ベンゼマとのポジション争いもあり、絶対的な主力ではなかったものの、2013年4月6日に行われたラ・リーガ第30節のレバンテ戦では、その能力の高さを示す見事なゴールを決めています。 1点を先制されて迎えた前半36分、MFシャビ・アロンソが後方からクロスを上げると、ボックス中央で待ち構えていたイグアインが、ゴールに背を向けながらも上手く体をひねりながら豪快なボレーを放ちます。少し下がりながらの難しいシュートでしたが、しっかりと捉えたシュートは相手GKのニアサイドを破りました。 その後ナポリで実力を証明したイグアインですが、今夏にユベントスを退団してメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミへ移籍。兄のフェデリコと同じクラブでプレーいています。 2020.10.20 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! バルセロナでのロナウジーニョ氏の伝説の始まりとなった豪快ミドルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月19日にご紹介するのは、元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョ氏の個人技でセビージャゴールを打ち破る<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrWGVOMUc3NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ロナウジーニョ氏にとってのバルセロナでの公式戦初得点です。バルセロナで数々の伝説を作ったファンタジスタの物語の始まりとなるゴールでした。ゴールそのものも爽快です。 ◆ロナウジーニョ氏がデビュー2戦目でファンの心を掴む 多くの期待を引っ提げ、2003年夏にパリ・サンジェルマンからバルセロナに加入したロナウジーニョ氏でしたが、その真価を発揮するのに時間はかかりませんでした。 2003年9月3日に行われたラ・リーガ第2節のセビージャ戦に先発出場を果たすと、バルセロナ1点ビハインドの0-1で迎えた58分にその能力を示します。 GKビクトール・バルデスが左サイドのロナウジーニョに展開すると、ボールを受けたロナウジーニョはドリブルを開始。まずは相手MFホセ・ルイス・マルティを簡単にかわすと、追いかけてきたMFハビエル・カスケーロもフェイントでいなします。 そして、スピードに乗ったロナウジーニョはゴールまでおよそ27mの位置から右足を一閃。矢のようなシュートは、相手GKアントニオ・ナタリオの手をかすめ、クロスバーを直撃してゴールに吸い込まれました。 ロナウジーニョ氏を語るには欠かせないスーパーゴールでした。 2020.10.19 07:00 Mon
twitterfacebook