リバプール退団の元イングランド代表DFクラインが自身が育ったクリスタル・パレスに8年ぶり復帰

2020.10.15 11:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスは14日、元イングランド代表DFナサニエル・クライン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。フリートランスファーでの加入となり、8年ぶりの復帰となる。クラインはクリスタル・パレスの下部組織出身で、2008年7月にファーストチームへ昇格。2012年7月にサウサンプトンへ完全移籍すると、2015年7月にリバプールへと完全移籍、2018-19シーズンの途中からはボーンマスへとレンタル移籍を経験した。

リバプールでは公式戦103試合に出場し2ゴール5アシストを記録。右サイドバックを主戦場としていたが、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの台頭もあり、ここ数年は出場機会が激減。2019-20シーズンは1試合もプレーしていなかった。

過去にクリスタル・パレスに在籍した時は、公式戦137試合に出場し1ゴール7アシスト。イングランド代表としても14試合でプレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

バチュアイがパレスで決めた、フィジカルとテクニックが詰まった豪快至近距離ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はクリスタル・パレスのベルギー代表FWミッチー・バチュアイが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バチュアイがゴール前での強さとテクニックを見せる<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4Sk5ib0FpeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マルセイユで頭角を現したバチュアイは2016年夏にチェルシーに加入。その後レンタルで数々のクラブを渡り歩いたバチュアイは、どのクラブでの一定の活躍を見せている。 今シーズンからは2018-19シーズンの後半戦をレンタルで過ごしたクリスタル・パレスに再びレンタルで復帰しているが、2019年5月12日に行われたプレミアリーグ第38節ボーンマス戦では、力強いゴールを決めている。 0-0と同点で迎えた24分、右サイドを鮮やかなワンタッチパスで崩したクリスタル・パレス。右サイド深部でFWウィルフリード・ザハがボールを持つと、クロスを上げるが、これは相手のディフレクションが入り、ボールは高く上がったままボックス内に飛んでいく。すると、ゴール前にポジションを取っていたバチュアイが、相手との競り合いでもガッチリとポジションをキープし、落下点に入る。そのまま落ちてくるボールに対し、豪快なボレーシュートを放ち、相手GKに反応の隙を与えずにゴールネットに突き刺した。 このバチュアイのゴールで先制したクリスタル・パレス。この後打ち合いの展開になったが、バチュアイの2ゴールなどで大量5ゴールを決め、5-3で勝利している。 2020.10.21 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

C・パレスの“エース”ザハ、指揮官からさらなる要求 「もっと多くのものを求めたい」

クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督はチームのエースであるコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハにより一層の奮起を促した。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 ザハは18日に開催されたプレミアリーグ第5節のブライトン戦でPKのチャンスからゴールを決め、今季リーグ4得点目をマーク。しかし、チームは試合終了間際にブライトンのアルゼンチン人MFアレクシス・マク・アリステルに同点ゴールを許し、ドローで終わった。 この日のクリスタル・パレスが試合全体を通じて放ったシュートは先制点の1本のみ。ホジソン監督は試合後、攻撃の改善に触れ、先制点を決めた以外で存在感を発揮できなかったザハにより多くのものを求めたいと語った。 「私はいつも彼(ザハ)のような能力を持った選手に対して、より多くのものを(チームに)与えてくれると思っている。私たちは彼の能力を信じているし、運が良ければもっと多くのものをもたらしてくれるはずだ」 ザハはこの試合、同点に追いつかれた後に残り時間が少ないにもかかわらず、ブライトンの選手と口論になった。その際、「話をやめろ、ウィルフ(ザハの愛称)!」という叫び声もピッチに響かせたホジソン監督はザハのパフォーマンスについて、満足していない。 「シーズンの残り期間で、私が彼に説教したいのは『君ほどの能力を持った選手にはもっと多くのものを求めたい』ということだ。昨シーズンよりも数ゴール多いだけでは、十分ではない」 「私は彼のプレーで相手のディフェンスが大混乱を起こす姿を見たかった。しかし、今日の彼はそれができなかったね」 ザハは1年半前に「チャンピオンズリーグでプレーしたい」とコメントしており、移籍を熱望していたものの、今夏もそれが叶うことはなかった。クリスタル・パレスでプレーするモチベーションがどの程度残っているかはわからないが、自身のキャリアのためにもより一層の奮起を期待したいところだ。 2020.10.20 16:41 Tue
twitterfacebook
thumb

C・パレスのガーナ代表FWジョルダン・アイェウがコロナ感染…本人は無事を報告

クリスタル・パレスのガーナ代表FWジョルダン・アイェウ(29)が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。 クラブの報告によると、同選手は先日まで行われた代表マッチウィークを終えて、ガーナ代表から渡英した直後の検査で陽性が判明。18日に行われたプレミアリーグ第5節のブライトン戦はメンバー外となっていた。 J・アイェウは自身のツイッターを通じて無事を報告。無症状で元気であることを伝えた。 「残念ながらコロナの陽性反応が出てしまった。ガイドラインに則って自主隔離しているよ」 「幸運にも、身体は健康で何の症状も出ていない。家から仲間たちを応援し、ピッチに早く戻れることを楽しみにしているよ」 「お元気で」 なお、同選手は10日間は隔離されるとのことで、24日の次節フルアム戦も欠場が確定。30日のウォルバーハンプトン戦での復帰を目指すことになる。 クリスタル・パレスはここまで5試合を終えて、2勝1分け2敗という成績。第2節ではマンチェスター・ユナイテッドを3-1で下している。 2020.10.19 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

イングランド代表GKバトランドが、恩師ホジソン率いるクリスタル・パレスに加入

クリスタル・パレスは16日、ストーク・シティからイングランド代表GKジャック・バトランド(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は3年間。イギリス『スカイ・スポーツ』によると移籍金は100万ポンド(約1億3600万円)で、活躍に応じて上昇する契約とのことだ。 バトランドは、バーミンガムでキャリアをスタート。その後、チェルトナムへのレンタル移籍を経験し、2013年1月にストークへ完全移籍した。 ストーク移籍後もバーミンガムやバーンズリー、リーズ・ユナイテッド、ダービー・カウンティなどへのレンタル移籍を経験。その間、イングランド代表デビューを果たす、2014年11月からはストークで守護神となる。 これまでストークでは168試合に出場。プレミアリーグで77試合でゴールを守っている。 2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で35試合に出場。しかし、今シーズンは出場機会がここまでなかった。 クリスタル・パレスは、GKビセンテ・グアイタが守護神を務めるも、第2GKのウェイン・ヘネシーがウェールズ代表の活動でケガをしていた。 また、現在はロイ・ホジソン監督が指揮を執っているが、バトランドをイングランド代表デビューさせたのはホジソン監督。恩師の下でプレーすることになる。 ホジソン監督は「クラブがジャックとサインし、GKのポジション争いが生まれたことを嬉しく思う。ジャックはイングランド代表として4年間一緒に働いた選手だ」とコメント。「イングランド代表の監督としての彼の最後の試合は、彼が足首を骨折し、ユーロ2016でのポジションを失った残念な試合だった。しかし、私は常にジャックの可能性を信じていた」と代表での出来事を振り返り期待を寄せた。 2020.10.17 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ナサニエル・クラインが古巣パレスに8年ぶり復帰へ…6月末にリバプールを退団

今夏にリバプールを退団した元イングランド代表DFナサニエル・クライン(29)のクリスタル・パレス復帰が近いようだ。イギリス『アスレティック』が伝えている。 2015年夏にサウサンプトンから加入したクラインは、リバプールで公式戦103試合に出場し2ゴール5アシストを記録。移籍後2シーズンは主力としてプレーしていたものの、その後はケガの影響もあって出場機会が激減していた。 2018-19シーズンの後半にはボーンマスへレンタルするも、名誉挽回とはいかず、昨季は無念の出場ゼロに終わっていた。 6月末にリバプールを退団し現在フリーのクラインだが、ここ数カ月はクリスタル・パレスの練習に参加し、フィットネスを取り戻していた模様。その中で、リザーブチームでアストン・ビラ戦に出場し、15カ月ぶりに実戦にも復帰していた。 そして『アスレティック』によると、その一戦でのパフォーマンスに満足したロイ・ホジソン監督が、同選手との契約を前向きに検討し始めたのだという。 伝えられるところによると、契約は来年1月末までの短期契約になる見込みで、ここまでリーグ戦4試合にフル出場しているイングランド人DFジョエル・ウォードのバックアップを務めることになるようだ。 契約が決まれば、クラインにとっては8年ぶりの古巣復帰。クリスタル・パレスでは公式戦137試合の出場歴を持っている。 2020.10.14 15:35 Wed
twitterfacebook