退場&PKで初黒星のインググランド代表、サウスゲイト監督が悔やむ「退場とPKが全てを変えた」

2020.10.15 11:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、デンマーク代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。イングランドは、14日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2第4節でデンマークと対戦。エリクセンのPKで0-1と破れ今大会初黒星。首位の座をベルギー代表に明け渡してしまった。

試合後、サウスゲイト監督がコメント。チームのパフォーマンスを高く評価しながらも、退場とPKの判定が試合を大きく変えたと悔やんだ。

「チームのパフォーマンスを誇りに思う。我々は11人の優れた選手がおり、右サイドでは彼らに対して多くの問題を起こしたと思う。ただ、退場とPKが全てを変えてしまった」

「我々は立ち直る力を示し、実際に10人でプレーする方法と、いつ押し出して行くかの優れた例を示せた。彼らのGKは1-0の状態を守るため、驚くべきセーブをした」

「この10日間、私は選手を誇りに思うことができなかった。ただ、彼らは学び、改善している。準備の際にいくつもの変更を行い、盛り返す力を示した」

イングランドは、センターバックで出場していたDFハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)が31分に2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。その直後の34分にPKがデンマークに与えられ、破れていた。

サウスゲイト監督は、パフォーマンスが良い中での退場が流れを大きく変えたと苛立った。

「最も苛立たしいのは、我々がとてもよくプレーし、ボールを上手く扱い、攻撃を上手く続けていたことだ。ただ、それはサッカーだ。一瞬がゲームの流れを変え、試合がどのレベルでも10人になると余裕はない」

また、試合終盤にはリース・ジェームズ(チェルシー)が一発退場処分となっていたが、退場を悔やみながらもパフォーマンスは高く評価した。

「最後の退場は、異議を唱えたと聞いている。彼は受け入れられないことを認識しなければならない。ボールの有無に関わらず、彼の個人的なパフォーマンスは素晴らしいと思った。開始30分、メイソン(・マウント)と彼のコンビネーション、そして右サイドのミッドフィルダーは素晴らしかった」
コメント
関連ニュース
thumb

「監督がいなくても、彼らは全力を尽くした」監督不在で急遽イタリア代表3試合指揮のエバーニ氏が選手に感謝

暫定的にイタリア代表を指揮したアシスタント・マネージャーのアルベリコ・エバーニ氏が、UEFAネーションズリーグ2020-21のファイナルズ進出を喜び、選手たちに感謝を示した。 イタリアは18日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1最終節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦。首位と最下位の対決となった一戦は、22分にFWアンドレア・ベロッティのゴールで先制すると、68分にはFWドメニコ・ベラルディが追加点。0-2で勝利し、首位突破を決めた。 この結果、ファイナルズに進出が決定したイタリア代表。しかし、11月の2試合と国際親善試合の合計3試合は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したためロベルト・マンチーニ監督が自宅隔離に。代役としてエバーニ氏がピッチサイドで指揮を執ることとなっていた。 突如指揮を執ることににあり、さらには多くの選手が招集できないという緊急事態でもしっかりと3連勝を収めたイタリア代表。エバーニ氏がイタリア『RAI Sport』で選手たちへ感謝の気持ちを述べた。 「我々は毎日話をしているので、マンチーニは何が起きているかを正確に知っている。選手は彼に素晴らしいプレゼントを送り、我々は非常に満足している」 「ヨーロッパで最高のチームのいくつかと対戦するのは素晴らしいことだ。我々のレベルがどこにあるかを見たいので、我々は彼らに近づいたと思うし、それをピッチで見ることができるだろう」 「我々は良いサッカーを通じて結果を残したいと思っている。それが我々が過去2年間取り組んできたものであり、選手は素晴らしかった。監督がいなくても、彼らは全力を尽くし、素晴らしい選手を超えた並外れた選手となった」 「すでに彼らには感謝を示した。このユニフォームに多くのものをもたらしてくれた時にだけ、彼らに感謝することができる。我々が対処してきた全ての困難を伴い、3試合の説得力あるパフォーマンスと優れたサッカーで3つの勝利を収めた。私は彼らに感謝の言葉しか送れない」 2020.11.19 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

若手に助けられたイタリア代表、コロナ感染のマンチーニ監督が自宅からファイナルズ進出を喜ぶ「彼らにもプレーする機会を与えなければ」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、UEFAネーションズリーグ2020-21のファイナルズ進出を喜んだ。 イタリアは18日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1最終節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦。首位と最下位の対決となった一戦は、22分にFWアンドレア・ベロッティのゴールで先制すると、68分にはFWドメニコ・ベラルディが追加点。0-2で勝利し、首位突破を決めた。 この結果、ファイナルズに進出が決定したイタリア代表。新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したため現場で指揮を執っていないマンチーニ監督が、自宅からイタリア『RAI Sport』にコメント。若手の活躍を喜んだ。 「私は元気だ。これは素晴らしい大会になるだろう。ユーロの後に行われ、2度目のメジャー大会の出場権を得ることができて満足している」 「過去2年間でここに到達するのに貢献してくれた全ての選手、今夜プレーした選手、そして家にいた選手に感謝したい」 イタリア代表はDFレオナルド・ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニ、MFマルコ・ヴェッラッティなど、ケガや新型コロナウイルス感染の理由で11月の3試合では20人以上の選手が招集できなかった。 「イタリアにはとても才能に溢れる若い選手がいる。我々は彼らにもプレーする機会を与えなければいけない。最初は難しいこともあるが、才能があれば6、7カ月で頭角を現す」 「イタリアのユースチームは我々の基盤であり、選手たちのステップアップの準備をサポートしてきた」 2020.11.19 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルギーがUNL4強入り! 指揮官&主砲がコメント 「勝つために少し乱暴さが必要なときもある」

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督がUEFAネーションズリーグ(UNL)準決勝進出 2位デンマーク(勝ち点10)首位のベルギー(勝ち点12)は18日にUNL2020-21リーグA・グループ2最終節で2位のデンマーク代表(勝ち点10)と対戦して、4-2の勝利。上位対決を制して、4強入りを果たした。 1-1で試合を折り返したものの、後半に突き放して、イタリア代表やフランス代表、スペイン代表も勝ち上がりのファイナルズ進出を決めたベルギー。マルティネス監督は後半の戦いぶりを評価した。 「前半に先制したとき、何かしらがルーズになる感じがあった。その時点で準決勝進出が頭にあり、少し臆病になってしまったんだ。いつものような冷静さがなかった」 「後半に入り、大きなリアクションを感じた。その後半も失点したが、後ろがプレーしようとしたときに起こり得る類のミス(オウンゴール)によるものだ」 「しかし、チームはリスクを冒したり、試合を楽しむ準備もあった。それは前半にできなかったことだ」 また、2ゴールのインテルのFWロメル・ルカクも試合後、「僕はストライカーとして、ただゴールマウスにボールを蹴り込みたいだけだ」と自身のゴールを自賛すると、チームのベスト4入りに満足感を示した。 「勝つために少し乱暴さが必要なときもあるが、今夜はそれができたよ。前回大会はあと一歩のところまで迫ったが、スイスにかなり厳しい敗北を喫した」 「(ベスト4進出に向けて、今回のデンマーク戦で)引き分けで十分なのは承知済みだったが、リスクを冒したりしたくなかったから、勝てて本当に良かった」 2020.11.19 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【UEFAネーションズリーグ】2020-21シーズンの結果まとめ!ファイナルズ進出4カ国は?各リーグの昇降格は!?

18日、UEFAネーションズリーグ2020-21の最終節が行われた。 欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟する55カ国が出場するネーションズリーグ。リーグAからリーグCまでは4カ国が4つのグループに、リーグDは4カ国と3カ国が2つのグループに分かれて総当たりで戦う大会だ。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4cjJLWmE4MiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リーグAの各グループ1位がファイナルズに進出し、4カ国で優勝を争う。また、リーグB以下の各グループ首位が上位リーグへ昇格、各グループ最下位が下位リーグへ降格する。なおリーグDは昇格のみとなる。 リーグAでは、イタリア(A1)、ベルギー(A2)、フランス(A3)、スペイン(A4)がファイナルに進出することが決定。前回大会のファイナリスト4カ国は全て進出できなかった。 一方で、ボスニア・ヘルツェゴビナ(A1)、アイスランド(A2)、スウェーデン(グループA3)がリーグBに降格。またグループA4はスイス代表とウクライナ代表の試合がウクライナ代表チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生したため実施されておらず、UEFA懲戒期間で決定を下すことになるようだ。 リーグBでは、オーストリア(B1)、チェコ(B2)、ハンガリー(B3)、ウェールズ(B4)がリーグAに昇格、北アイルランド(B1)、スロバキア(B2)、トルコ(B3)、ブルガリア(B4)がリーグCに降格した。 リーグCではモンテネグロ(C1)、アルメニア(C2)、スロベニア(C3)、アルバニア(C4)がリーグBに昇格、キプロス(C1)、エストニア(C2)、モルドバ(C3)、カザフスタン(C4)がリーグDに降格。リーグDはフェロー諸島(D1)、ジブラルタル(D2)がリーグCに昇格する。 イタリア、ベルギー、フランス、スペインによるファイナルは、2021年10月6日から10月10日に実施される。また、開催地は原則としてイタリアとなるが、12月3日のUEFA実行委員会で決定。対戦カードもその後に決定する。 <span class="paragraph-title">★UEFAネーションズリーグファイナル進出チーム</span> ・グループA1 イタリア代表:3勝3分け/7得点2失点 最多得点:ドメニコ・ベラルディ(2ゴール) 2018-19結果:リーグA・グループ3 2位 ・グループA2 ベルギー代表:5勝1敗/16得点6失点 最多得点:ロメル・ルカク(5ゴール) 2018-19結果:リーグA・グループ2 2位 ・グループA3 フランス代表:5勝1分け/12得点5失点 最多得点:オリヴィエ・ジルー(3ゴール) 2018-19結果:リーグA・グループ1 2位 ・グループA4 スペイン代表:3勝2分け1敗/13得点3失点 最多得点:フェラン・トーレス(4ゴール) 2018-19結果:リーグA・グループ4 2位 <span class="paragraph-title">★UEFAネーションズリーグ2020-21最終結果</span> ◆リーグA ファイナル進出:、イタリア(A1)、ベルギー(A2)、フランス(A3)、スペイン(A4) リーグA残留:、イタリア(A1)、ベルギー(A2)、フランス(A3)、スペイン(A4) リーグB降格:ボスニア・ヘルツェゴビナ(A1)、アイスランド(A2)、スウェーデン(A3) ◆リーグB リーグA昇格:オーストリア(B1)、チェコ(B2)、ハンガリー(B3)、ウェールズ(B4) リーグB残留:ノルウェー(B1)、ルーマニア(B1)、スコットランド(B2)、イスラエル(B2)、ロシア(B3)、セルビア(B3)、フィンランド(B4)、アイルランド(B4) リーグC降格:北アイルランド(B1)、スロバキア(B2)、トルコ(B3)、ブルガリア(B4) ◆リーグC リーグB昇格:モンテネグロ(C1)、アルメニア(C2)、スロベニア(C3)、アルバニア(C4) リーグC残留:ルクセンブルク(C1)、アゼルバイジャン(C1)、北マケドニア(C2)、ジョージア(C2)、ギリシャ(C3)、コソボ(C3)、ベラルーシ(C4)、リトアニア(C4) リーグD降格:キプロス(C1)、エストニア(C2)、モルドバ(C3)、カザフスタン(C4) ◆リーグD リーグC昇格:フェロー諸島(D1)、ジブラルタル(D2) リーグD残留:マルタ(D1)、ラトビア(D1)、アンドラ(D1)、リヒテンシュタイン(D2)、サンマリノ(D2) 2020.11.19 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストリア、チェコ、ハンガリー、ウェールズがリーグA昇格!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグBの最終節が各地で行われ、リーグA昇格の4カ国が決定した。 グループ1ではオーストリアがノルウェーとの頂上決戦を後半追加タイムでの同点弾で1-1の引き分けに持ち込み、リーグA昇格を決めた。 グループ2ではスコットランドがイスラエルに敗れて首位陥落。代わってスロバキアに勝利したチェコがリーグA昇格を果たしている。 グループ3ではロシアがセルビアに0-5と惨敗して2位に転落。代わってハンガリーが首位に立ち、リーグA昇格となった。 グループ4ではウェールズがフィンランドを下し、リーグAへの昇格を決めている。各グループの順位表は以下の通り。 ■グループ1 1.オーストリア(勝ち点13) 2.ノルウェー(勝ち点10)※1試合未消化 3.ルーマニア(勝ち点5)※1試合未消化 4.北アイルランド(勝ち点2) ■グループ2 1.チェコ(勝ち点12) 2.スコットランド(勝ち点10) 3.イスラエル(勝ち点8) 4.スロバキア(勝ち点4) ■グループ3 1.ハンガリー(勝ち点11) 2.ロシア(勝ち点8) 3.トルコ(勝ち点6) 4.セルビア(勝ち点6) ■グループ4 1.ウェールズ(勝ち点16) 2.フィンランド(勝ち点12) 3.アイルランド(勝ち点3) 4.ブルガリア(勝ち点2) 2020.11.19 06:51 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly