ニューカッスルがサン=マクシマンとの契約を2026年まで延長!「ここに居続けたいと願っている」

2020.10.15 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルは14日、フランス人FWアラン・サン=マクシマン(23)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。サンテチェンヌ下部組織出身のサン=マクシマンは、16歳の若さでプロデビューを果たすと、その後、モナコ、ハノーファー、バスティア、ニースを経て2019年に5年契約でニューカッスルに加入。

卓越したスピード、テクニック、創造性を併せ持つドリブラーは、自身初挑戦となった昨季のプレミアリーグでは26試合に出場し3ゴール5アシストを記録するなど上々の成績を残した。

新たな契約にサインしたサン=マクシマンは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「モナコやニース、ハノーファーなど多くのクラブでプレーしてきたが、ニューカッスルは僕にとってホームだと感じている。サポーターは僕に多くの愛を与えてくれるし、監督やピッチ上の仲間もそうだ。みんなが僕を愛してくれて、僕はここがホームだと感じているし、ここに居続けたいと願っている」

「これまでプレーしたクラブでもファンは僕を愛してくれたが、ニューカッスルのファンとは違った。ニューカッスルのファンはプレーでのことはもちろん、それ以外の僕の人間性の部分も愛してくれているんだ。だから、今回の新しい契約でサポーターとクラブに恩返しができれば、本当に幸せだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

終盤にゴールラッシュのユナイテッドが快勝でバウンスバック!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第5節でニューカッスルと対戦し、4-1で快勝した。 前節、トッテナムに1-6と惨敗し早くも2敗目を喫したユナイテッド。代表ウィーク明け一発目となる試合でバウンスバックを図る中、ニューカッスルとの一戦ではトッテナム戦から先発5人変更。出場停止のマルシャルやポグバ、バイリーらに代えてダニエル・ジェームズやマタ、リンデロフらが先発に名を連ねた。 公式戦4試合無敗中のニューカッスルに対し、ユナイテッドは最前線にラッシュフォード、2列目にマタ、ブルーノ・フェルナンデス、ダニエル・ジェームズを並べた[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだ。 ユナイテッドは開始早々の2分に失点する。シェルヴェイのパスをボックス右に駆け上がったクラフトがダイレクトクロスを上げると、ブロックに入ったショーの足にディフレクトしたボールがそのままゴールに吸い込まれた。 先制を許したユナイテッドは、20分に反撃。ダニエル・ジェームズのパスをボックス左手前で受けたブルーノ・フェルナンデスがボックス内のマタとのワンツーでマークを外しシュート。これがゴール右に突き刺さったが、VARの末にマタのポジションがオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 同点のチャンスを逃したユナイテッドだったが、23分にセットプレーから試合を振り出しに戻す。マタの左CKを中央に走り込んだマグワイアがヘディングで合わせると、これがゴール右隅に吸い込まれた。 一気に逆転を狙うユナイテッドは、43分にラッシュフォードがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これは相手GKセーブに阻まれ追加点を奪えず。前半は1-1で終了した。 迎えた後半、ユナイテッドは立ち上がりに絶体絶命のピンチが訪れる。51分、ボックス左深くでキープしたサン=マクシマンのクロスをゴール前のウィルソンが右足で合わせたが、このシュートはGKデ・ヘアが左手一本のファインセーブでセーブした。 守護神の好守でピンチを凌いだユナイテッドは55分、ドリブルで仕掛けたラッシュフォードがボックス内で倒されると、VAR末に J・ルイスのファウルが認められ、PKを獲得。しかし、ブルーノ・フェルナンデスのPKは、完璧にコースを読んだGKダーローのビッグセーブに阻まれた。 勝ち越しを狙うユナイテッドは、69分にフレッジを下げてポグバを、76分にダニエル・ジェームズを下げてファン・デ・ベークをピッチに送り出した。すると85分、マタのロングパスを左サイドで受けたラッシュフォードがボックス左から侵入。ドリブルでカットインと見せかけてヒールパスを送ると、駆け上がったブルーノ・フェルナンデスがボックス左角度の厳しい位置からシュートをゴール右サイドネットに突き刺した。 待望の追加点を挙げたユナイテッドは、90分にもラッシュフォードとのパス交換でボックス右から侵入したワン=ビサカがニアサイドにシュートを突き刺し、3点目。さらに試合終了間際にもカウンターからラッシュフォードがゴールネットを揺らし、ユナイテッドが4-1で快勝した。 2020.10.18 06:01 Sun
twitterfacebook
thumb

「ジーザス!」ニューカッスルの“ドリブル・モンスター” サン=マクシマンのピッチを横切る独走ゴールにコーチも言葉を失う

ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマンがトレーニング中の紅白戦で見せた圧巻の独走ゴールを決めた。 SNS専門メディア『433』のインスタグラムが公開した動画では、サン=マクシマンが敵陣左サイドでボールを持つと、中央に向かってドリブルを開始。物凄い加速でみるみるうちにトップスピードに達すると、相手チームの選手はサン=マクシマンに全く触ることができない。 相手の間を縫うように超スピードで抜き去り、ゴール前を横断すると、ボックス内に入り、GKの逆をつくシュートをゴール左に沈め、圧巻の独走ゴールを決めてしまった。 動画の音声をよく聞くと、コーチ陣が独走するサン=マクシマンに「パスしろ!パスしろ!」と叫んでいるのが聞こえる。しかし途中から「パスしろ!パ...ジーザス!なんてこった…!」とあまりの独走に驚嘆し、言葉を失ってしまっているのが分かる。 2019年夏にニースからニューカッスルに加入したサン=マクシマンは、ここまで公式戦34試合で5ゴール8アシストを記録。そのスピードとドリブルを武器に定位置を確保している。今シーズンもトレードマークのハチマキを巻いて颯爽とピッチを駆け回るサン=マクシマンの活躍に期待だ。 <div id="cws_ad">◆サン=マクシマンの圧巻の独走ゴール!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CGDe0GnFM34/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGDe0GnFM34/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CGDe0GnFM34/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a> - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-07T19:41:17+00:00">2020年10月月7日午後12時41分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script><div></div> 2020.10.09 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム戦で負傷交代のリッチーが戦線離脱…右肩脱臼で手術見込み

ニューカッスルのスコットランド代表MFマット・リッチーが手術を受けるようだ。ニューカッスルを率いるスティーブ・ブルース監督が、30日に行われるニューポート戦の前日会見で明かした。 リッチーは27日に行われたプレミアリーグ第3節トッテナム戦に先発出場したが、66分にドハーティと接触して転倒した際に右肩を負傷。そのままジャマル・ルイスとの交代を余儀なくされていた。 前日会見に臨んだブルース監督は、リッチーの状態について7月中旬から肩の脱臼で離脱しているスイス代表DFファビアン・シェアと同じケガだと明かした。 「リッチーは今日外科医と会っている。彼のケガはシェアと非常によく似ている。つまり肩の脱臼だ。彼のケガを治すには手術が必要なようで、すぐに行われるだろう」 2020.09.30 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

相手GK躍動で2点目遠かったスパーズ、試合終了間際の1st枠内シュートとなったPK被弾で痛恨ドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、トッテナムvsニューカッスルが27日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、ソン・フンミンとケインの圧巻の活躍でサウサンプトン相手に今季初勝利を手にしたトッテナム。ミッドウィークに行われたEL予選でもシュケンディヤ(北マケドニア)を破り、プレーオフ進出を決定した。 2日後にEFLカップのチェルシー戦、4日後にELプレーオフ、来週末にマンチェスター・ユナイテッドという重要な連戦を控える中、リーグ連勝を目指す今節ではシュケンディヤ戦から先発6人を変更。ドハーティ、ケイン、ロ・チェルソ、ホイビュルクらが復帰した。 開始直後から攻勢を見せたトッテナムは3分、ボックス手前で得たFKの場面でキッカーのロ・チェルソが枠の右上隅に際どいシュートを飛ばす。さらに、こぼれ球に反応したケインが続けてシュートもGKの好守に遭う。 その後も相手を押し込んでケインらに再三のシュートチャンスが訪れる中、前半半ばにゴールをこじ開ける。ボックス左に抜け出したケインがGKとDFの間に絶妙な折り返しを入れると、ファーから中に絞ったルーカス・モウラが左足ワンタッチで流し込んだ。 さらに、畳みかけるホームチームは27分にケインがボックス左45度の得意の角度からファーポストを狙ったシュートを放つが、GKのファインセーブに遭う。すると、今度は前節4ゴールのソン・フンミンが積極的に足を振っていくが、左ポストとクロスバーに阻まれ、前半のうちに追加点を奪うことはできない。 迎えた後半、フル稼働が続くソン・フンミンに休養を与え、ハーフタイム明けにベルフワインを投入したトッテナム。やや前がかりなニューカッスルにボールを持たれる時間が続くが、効率よい攻めからケインやロ・チェルソが枠内シュートを浴びせていく。 その後、ロ・チェルソ、ルーカス・モウラを下げてエンドンベレ、ラメラを投入して試合を締めにかかるトッテナム。これに対してニューカッスルはキャロルを投入し、試合終盤にかけてはパワープレーでゴールをこじ開けにかかる。 すると、試合終了間際にトッテナムは再三の追加点のチャンスを逸したツケを払うことに。95分、ニューカッスルのセットプレーの場面でキャロルのヘディングしたボールがダイアーの腕に当たる。そして、VARのレビューの結果、キャロルのオンサイドと共にハンドとジャッジされ、アウェイチームにPKが与えられる。これをキッカーのカラム・ウィルソンがきっちり決めて、ここまで枠内シュート0のニューカッスルが土壇場で追いついた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、躍動したGKダーローを相手に2点目を奪えず、試合を殺せなかったトッテナムは痛恨の勝ち点逸となった。 2020.09.28 00:07 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバルが武藤嘉紀のレンタル移籍を正式発表!乾貴士と共闘、今季ラ・リーガ4人目の日本人に

乾貴士が所属するエイバルは16日、ニューカッスルのFW武藤嘉紀(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「12」となる。 2015年7月にFC東京からマインツへと完全移籍し、ヨーロッパの舞台に挑戦した武藤。マインツでは3シーズンを過ごし、公式戦72試合に出場し23ゴール11アシストを記録。2018年8月にニューカッスルへと移籍金1100万ユーロ(約13億8300万円)で完全移籍するも、プレミアリーグに馴染むことを含めて苦しみ、2シーズンで公式戦28試合に出場し2ゴールという結果に終わっていた。 今シーズンは背番号も「13」をボーンマスから加入したFWカラム・ウィルソンに譲り、「27」に変更。さらに、スティーブ・ブルース監督からは「しかし、ヨシ(武藤嘉紀)は我々が考慮しているテーマではない。彼の経歴とは関係ないが、現在のチームのクオリティは攻撃面にある」と言われ、事実上の構想外となっていた。 エイバルは、2019-20シーズンのラ・リーガで39ゴールと得点力不足に悩み、特にFW登録選手によるゴールが「12」と寂しい状況。さらに、チーム2位となる6ゴールを記録していたFWシャルレスが退団。ディナモ・ザグレブからFWダミアン・カジョルを獲得したが、さらなる補強を目指していた。 今シーズンのラ・リーガはMF久保建英(ビジャレアル)、FW岡崎慎司(ウエスカ)、MF乾貴士(エイバル)が既にプレーし、武藤が4人目の参戦となる。 2020.09.16 17:04 Wed
twitterfacebook