スカッとゴール! ユナイテッドを粉砕したロッベンのピンポイントダイレクトボレー

2020.10.15 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2020年10月15日にご紹介するのは、フローニンヘンに所属する元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールです。

◆朝から爽快になれるロッベンのドンピシャダイレクトボレー

◆ここがスカッと!
高く浮かせたコーナーキックにドンピシャのダイレクトボレー。決めたら絶対に気持ちいいゴールです。

◆あえて浮かせたコーナーキックから地を這うような弾道のシュート
その圧倒的なスピードや右サイドからのカットインから放つ左足コントロールシュートに注目が集まりがちなロッベンですが、2010年4月7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの2ndレグでは見事なボレーシュートを決めています。

2戦合計3-4の1点ビハインドで迎えた74分、バイエルンは左CKのチャンスを獲得すると、キッカーのFWフランク・リベリが高く浮かせたボールは、ボックスギリギリのところで構えていたロッベンのもとへ。意表を突かれたユナイテッド守備陣はロッベンへのプレッシャーが少し遅れます。

落下点を見極め、少しポジションを修正したロッベンは狙いをすまして得意の左足を振り抜くと、地を這うようなボレーシュートはGKファン・デル・サールの手の先、ゴール左下隅へと吸い込まれていきました。

ここしかないというコースに決まったこのゴールで、バイエルンは2戦合計4-4に追いつくと、アウェイゴールの差で準決勝進出を決めます。まさにチームを救ったスーパーゴールと言えるでしょう。
関連ニュース
thumb

キングスレー・コマンが背番号を「11」に変更! 延長交渉は難航も

バイエルンは23日、フランス代表FWキングスレー・コマンの背番号が新シーズンから11番に変更となることを発表した。 現在は契約延長交渉が難航していると報じられているバイエルンとコマン。1300万ユーロのオファーを提供するバイエルンに対し、コマンは1800万ユーロを要求しており、それに伴う移籍の噂も浮上している。 しかしそんな中、新シーズンに向けて背番号が変更されることになった。当時レンタルでの2015年の加入から29番を付けていたフランス代表ウインガーだが、今夏にドグラス・コスタが古巣のグレミオに移籍したことで空き番となった11番を受け継いだ。過去にはルーカス・ポドルスキやイビツァ・オリッチ、ハメス・ロドリゲスが身に付けていた。 現状2023年までとなっている契約の行方は不透明だが、ユリアン・ナーゲルスマン新監督やクラブがコマンを高く評価していることは事実だ。 2021.07.23 19:18 Fri
twitterfacebook
thumb

交渉難航のゴレツカとバイエルン、要求額に2倍の差?

バイエルンとドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(26)の契約延長交渉が上手く進んでいないようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 2018年夏にシャルケから加入して以降、3シーズンで公式戦112試合に出場し25ゴール27アシストの数字を残してきたゴレツカ。先のユーロ2020でもドイツ代表として3試合に出場し、ハンガリー代表戦では1ゴールを挙げた。 現行契約が残り1年を切った両者は交渉に入っており、先日にオリバー・カーン新会長が「良い話し合いができている」ともコメントしていた。 ところが『ビルト』によるとあまり順調ではないようだ。年俸1000万ユーロ(約13億円)から1200万ユーロ(約15億5000万円)の新契約を提供するバイエルンに対し、ゴレツカ側は2000万ユーロ(約26億円)を要求しているようで、クラブの許容範囲を超えているのだそう。 一方で、ゴレツカに関心を持つクラブは多く、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナ、レアル・マドリーあたりが挙げられている。その中でユナイテッドは、ゴレツカの要求を満たす2000万ユーロの年俸を用意しているとのこと。 ただ、それは契約が切れる来夏に向けたオファーのようで、移籍金を出してまで獲得に動くつもりはないと見られている。 2021.07.21 16:54 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンとコマンの延長交渉が停滞…名誉会長は売却を検討か

バイエルンがフランス代表FWキングスレー・コマン(25)の売却を検討し始めたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 現行契約が2023年までとなっているバイエルンとコマンは、現在更新に向けた交渉を続けている。新たにクラブのCEOに就任したオリバー・カーン氏が今月上旬に公言しており、前向きな話し合いができていると報告していた。 しかし『レキップ』によると、CEOのコメントとは裏腹に両者の間で齟齬が生じている模様だ。現状で年俸900万ユーロを受け取っているコマンに対し、バイエルンは1300万ユーロのオファーを提供。だが、コマンはFWレロイ・ザネに匹敵する1800万ユーロを要求しており、停滞している状況なのだという。 これについて名誉会長であるウリ・へーネス氏は「彼が我々の条件を受け入れない場合、売却を検討する必要がある」と発言。新型コロナウイルスによる未曾有の経済危機において、経費について慎重にならざるを得ないようだ。 なお、そんなコマンに対して関心が伝えられているのがチェルシーだ。以前にバイエルンが再三に渡ってオファーを出したFWカラム・ハドソン=オドイの譲渡を含んだオファーを検討していると伝えられている。 2021.07.19 14:16 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ハーランドからレヴァンドフスキへ路線変更 75億円用意か

チェルシーが、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(32)の獲得に動き出すようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏の移籍市場でストライカーを探すチェルシー。昨季は新加入のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが期待したほど得点が伸びず、実績のある点取り屋の補強の必要性が叫ばれた中、先日にフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがミランへ完全移籍したことで、トップを張れる選手の獲得はより重要性が増した。 しかし、ターゲットとしていたドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドは、1億5000万ポンド(約227億円)の移籍金を用意するも失敗に終わる可能性が高いというのがここ数日の報道で、本人にも移籍の意思がないとされ、現実的なオプションではない。 そんな中伝えられたのがレヴァンドフスキへの方向転換だ。同選手に関しては以前からチェルシー関心の噂はあったが、『スカイ・スポーツ』によると、ここで具体的に交渉に乗り出す様相を呈しているとのこと。初手として5000万ポンド(約75億8000万円)の入札を行うと見られている。 なお、レヴァンドフスキとバイエルンの契約は2023年まで。同クラブではユリアン・ナーゲルスマン監督が就任し新体制を迎えているが、果たして32歳の意向は…。 2021.07.18 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ナーゲルスマン監督の初陣は逆転負け…ウパメカノとオマー・リチャーズもデビュー

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン新監督の初陣は苦い結果となった。 17日にケルンとの親善試合を行ったバイエルン。プレシーズン初戦で、ナーゲルスマン監督の初陣と大注目された中、スタメンにはDFダヨ・ウパメカノやDFオマー・リチャーズら新戦力も顔を揃えた。 多くの観客が見守る中、試合は6分に右サイドからのクロスのこぼれ球を18歳のFWアルミンド・ジープが決めてバイエルンが先制。しかし、その後は上手く攻撃が機能しない中、20分に隙をつかれた一本の縦パスからMFジャン・ティールマンにゴールを許し同点に。さらにその7分後には、FWマルク・ウートのゴールを背にクロスを左足で合わせる技ありゴールで逆転されてしまう。 34分にFWジョシュア・ザークツィーが再び振り出しに戻したものの、互いに大幅にメンバーを入れ替えて迎えた後半11分(56分)に、マルク・ウートに今度はヘディングシュートを決められ再び勝ち越された。その後もゴールを脅かされ続けたバイエルンは、そのまま2-3で敗戦。新指揮官の初陣を白星で飾ることはできなかった。 それでもバイエルンでの初戦を終えたナーゲルスマン監督は「おもしろいテストマッチだった」とコメント。「ポジティブな面を持ち帰ることができた」と、一定の満足感を示した。 一方、指揮官同様、バイエルンデビューとなったウパメカノも「良い感触を得られた」と前向きに振り返る。また「新しいチームでの初戦を終えられて嬉しいよ。次の試合ではもっと良い結果を出したい」と意気込みも語った。 ケルン 3-2 バイエルン 【ケルン】 ジャン・ティールマン(前20) マルク・ウート(前27、後11) 【バイエルン】 アルミンド・ジープ(前6) ジョシュア・ザークツィー(前34) 2021.07.18 16:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly