スカッとゴール! ユナイテッドを粉砕したロッベンのピンポイントダイレクトボレー

2020.10.15 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2020年10月15日にご紹介するのは、フローニンヘンに所属する元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールです。

◆朝から爽快になれるロッベンのドンピシャダイレクトボレー

◆ここがスカッと!
高く浮かせたコーナーキックにドンピシャのダイレクトボレー。決めたら絶対に気持ちいいゴールです。

◆あえて浮かせたコーナーキックから地を這うような弾道のシュート
その圧倒的なスピードや右サイドからのカットインから放つ左足コントロールシュートに注目が集まりがちなロッベンですが、2010年4月7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの2ndレグでは見事なボレーシュートを決めています。

2戦合計3-4の1点ビハインドで迎えた74分、バイエルンは左CKのチャンスを獲得すると、キッカーのFWフランク・リベリが高く浮かせたボールは、ボックスギリギリのところで構えていたロッベンのもとへ。意表を突かれたユナイテッド守備陣はロッベンへのプレッシャーが少し遅れます。

落下点を見極め、少しポジションを修正したロッベンは狙いをすまして得意の左足を振り抜くと、地を這うようなボレーシュートはGKファン・デル・サールの手の先、ゴール左下隅へと吸い込まれていきました。

ここしかないというコースに決まったこのゴールで、バイエルンは2戦合計4-4に追いつくと、アウェイゴールの差で準決勝進出を決めます。まさにチームを救ったスーパーゴールと言えるでしょう。
コメント
関連ニュース
thumb

キミッヒが復帰に向けて個人練習を再開! フリック「朝から晩まで練習場にいる」

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが来年1月の復帰に向けて個人トレーニングを再開している。ドイツ『ビルト』が伝えている。 キミッヒは先月7日に行われたブンデスリーガ第7節、ドルトムントとのデア・クラシカーで右ヒザ外側半月板を損傷し、すぐさま手術を受けた。復帰時期に関しては来年1月中と見られているが、すでに個人トレーニングを再開しているという。 バイエルンを率いるハンジ・フリック監督は12月1日に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に向けた前日会見の場で、キミッヒの状態について言及している。 「私は毎日ヨシュアを見ている」 「彼は朝から晩までここ(練習施設)にいて、汗を流し復帰に向けて取り組んでいる。彼はこのチームにとって非常に重要だ」 また、フリック監督はキミッヒ不在の中で中盤でリーダーシップを発揮するドイツ代表MFレオン・ゴレツカの存在を頼もしく感じている。 「彼は現在、ヨシュア・キミッヒの不在を補う助けとなっている中盤のプレーヤーの一人だ」 「ピッチで大声を張り上げ、チームを引っ張っている。それは私が好んでいる姿だ。現在、彼は自分のリーダーシップの資質を示す過程にある」 2020.12.01 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンのレジェンドDFラームが見せた攻撃陣顔負けの美しいチップパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏がバイエルンで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ラームが決めた美しいチップパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bVROQTRPQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バイエルンの下部組織出身のラーム氏は、2002年にファーストチームに昇格して以来、生え抜きの主力選手、そして主将としてチームを引っ張った。 本職はDFながら、高いテクニックとフットボールIQでMFとしてもプレーしたラーム氏だが、2013年2月23日に行われたブンデスリーガ第23節のブレーメン戦では、攻撃陣顔負けの技ありアシストを決めている。 4-1とバイエルンリードの86分、ショートコーナーの流れからボックス外の位置でフリーでボールを持ったラームは、ディフェンスラインを上げに来る相手と入れ替わりになる絶妙のタイミングで、チップパスをリベリーに送る。完全にフリーでパスを受けたリベリーが、ダイレクトでシュートを流し込み、見事な追加点を挙げた。 試合はその後も追加点を挙げたバイエルンが6-1と大差を付けて勝利している。 2020.12.01 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

正念場アトレティコがバイエルン戦へ!シメオネ監督は「大きな差はない」と前向き

チャンピオンズリーグ(CL)で苦戦が続くアトレティコ・マドリーだが、ディエゴ・シメオネ監督はどの試合も大きな差はなかったと分析している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ここまで1勝2分け1敗のアトレティコは、開幕4連勝のバイエルンが早くも突破を決めたグループにおいて、2位に位置しているものの、3位のロコモティフ・モスクワとは勝ち点差「2」、勝ち点「1」の4位ザルツブルクとも直接対決を残しており、予断の許さない状況となっている。 そんな中、12月1日に行われる第5節でバイエルンと対戦するシメオネ監督は「中盤から前線にかけてとてつもないパワーを持っている」と警戒したうえで、開幕節でバイエルンに4-0で敗れた試合も含めて、どの試合も大差はなかったと分析している。 「2回のドローに一度の敗戦、勝利した試合もまた、2つのチームの差は小さいものだった。我々は明日、他の試合の結果がどうであれ、勝利を目指す。我々ならバイエルンを傷つけられると信じている」 また、新型コロナウイルス感染が報告されているFWルイス・スアレスに関しては「試合前の検査で陰性の場合、試合に出られるかもしれない」とコメント。体調は優れているようだ。 2020.12.01 17:34 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがスパーズの守備をするりとかわし、流れるようなパスワークから決めた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが美しいパス回しからフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRaENoQU8yUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに加入。絶対的エースとして得点を量産している。 豊富なゴールパターンから驚異的なペースでゴールを決めているレヴァンドフスキだが、2019年10月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのトッテナム戦では、美しいパスワークからゴールを決めている。 5-2とバイエルンが大きなリードを奪って迎えた87分、カウンターからバイエルンがチャンスを作り、左サイドのMFイバン・ペリシッチにボールが入る。ドリブルでボールを前線に運んだペリシッチは、ペナルティーアーク内でフリーのMFフィリペ・コウチーニョにパスを出す。 パスを受けたコウチーニョは、相手のプレッシャーをかわしながらボックス内のレヴァンドフスキにダイレクトでラストパス。レヴァンドフスキもダイレクトでこのパスをゴール左に決め、流れるようなパス回しからいとも簡単に追加点を奪ってみせた。 このゴールの直後にも追加点を奪ったバイエルンが7-2と大勝を収めている。 2020.11.30 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト善戦もバイエルンが逆転勝利で首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、シュツットガルトvsバイエルンが28日に行われ、1-3でバイエルンが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ホッフェンハイム戦を土壇場で3-3の引き分けに持ち込んだ8位シュツットガルト(勝ち点11)は、遠藤が開幕から9試合連続スタメンとなった。 対する首位バイエルン(勝ち点19)は前節ブレーメンに引き分け、2位ドルトムントに1ポイント差と迫られたが、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではザルツブルク相手に3-1と快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、ザルツブルク戦のスタメンから2選手を変更。ロカとクリス・リチャーズに代えてトリソとリュカを起用した。 3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、トップ下にミュラーを据える[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは開始3分、レヴァンドフスキのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 一方、クリバリを最前線起用としたシュツットガルトは11分、カストロの直接FKでゴールに迫った。互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトが20分に先制する。カウンターの流れから右サイドのワマンギトゥカの折り返しをクリバリが押し込んだ。 先制したシュツットガルトは35分、高い位置でボールを奪った流れからフェルスターが決定的なシュートを浴びせれば、その1分後にも決定機。フェルスターがボックス右に侵入してシュートに持ち込んだが、GKノイアーの好守に阻まれた。 すると38分、バイエルンが同点とする。ニャブリの見事なダイレクトパスを起点に、ミュラーのパスを受けたコマンがボックス左に侵入。カットインからゴール左にシュートを蹴り込んだ。 追いついたバイエルンは42分にニャブリがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせると、追加タイム1分に逆転した。コマンのパスをバイタルエリア中央で受けたレヴァンドフスキがゴール右に強烈なミドルシュートを突き刺した。 迎えた後半、いなすバイエルンがリードを保つ中、69分にコマンとニャブリの両ウイングをお役御免とし、サネとドグラス・コスタを投入。 追うシュツットガルトは72分にようやく決定機。カマラがワマンギドゥカのマイナスクロスに合わせたが、DFに阻止された。 そして88分、ボックス右でパスを受けたドグラス・コスタがカットインから左足のシュートでネットを揺らし、バイエルンが3-1で逆転勝利。首位キープに成功している。 2020.11.29 01:41 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly