攻撃でも貢献!吉田麻也が新天地サンプドリアで決めた絶妙アシスト【ベスト・アシスト】

2020.10.14 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。

今回はサンプドリアの日本代表DF吉田麻也が記録したアシストだ。

◆吉田がサンプドリアで記録した絶妙アシスト

名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた吉田麻也は2012年夏にVVVフェンロに移籍し海外挑戦。その後サウサンプトンに加入し、プレミアリーグでDFとして長く活躍した。

2020年1月からはサンプドリアに活躍の場を移している吉田だが、2020年7月12日に行いましたセリエA第32節のウディネーゼ戦では、見事なフィードで味方をお膳立てしている。

先制を許しながらも逆転に成功し、サンプドリアが2-1とリードして迎えた94分、ハーフウェイライン上でサンプドリアがFKを得る。するとキッカーの吉田が前線のFWマノーロ・ガッビアディーニに向けてロングフィード。

これがちょうど相手DFの頭上を越え、ガッビアディーニにピンポイントで収まると、そのままシュート。ゴール左にしっかりと決め、止めとなる3点目を決めた。

試合は終了間際の得点でウディネーゼを突き放したサンプドリアが3-1で勝利している。

コメント
関連ニュース
thumb

サンテチェンヌ時代のオーバメヤンが左サイドを単独突破してみせた華麗なアウトサイドパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがサンテチェンヌ時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆サンテチェンヌ時代のオーバメヤンが見せた絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJbFVzcHl4YyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現在はアーセナルの絶対的エースとして君臨するオーバメヤン。ドルトムントで大ブレイクを果たしたが、ストライカーとして頭角を現したのは2011年冬から2013年夏まで在籍したサンテチェンヌだった。 ブレイクのきっかけとなったサンテチェンヌでは、公式戦97試合で41ゴール25アシストを記録しているオーバメヤンだが、2013年3月2日に行われた、リーグ・アン第27節のニース戦では、見事なアシストを記録している。 2-0とサンテチェンヌリードで迎えた70分、味方のパスから左のコーナーフラッグ付近でボールを持ったオーバメヤン。相手2人に角に追い詰められるも、相手の間を通すパスで味方とワンツーを決めてフリーになると、鋭い切り返しを駆使してゴールラインすれすれで相手を抜き去り、ゴール前にアウトサイドでパス。このボールにMFヨアン・モロがファーサイドから走り込んで合わせ、相手を突き放す3点目を決めた。 試合はさらにもう1点を奪ったサンテチェンヌが4-0と大勝を収めている。 2020.10.30 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックス時代のツィエクが見せた極上のピンポイントパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はチェルシーに所属するモロッコ代表MFハキム・ツィエクがアヤックス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス時代のツィエクが見せた絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5UXQyM2hFZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヘーレンフェーンのユース出身であるツィエクは、2016年夏に移籍したアヤックスでブレイク。同クラブのチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出に貢献するなど、チーム躍進の立役者の1人となった。 今シーズンからチェルシーへとステップアップを果たしたツィエクだが、アヤックス時代の2019年9月14日に行われた、エールディビジ第6節、古巣であるヘーレンフェーン戦では見事なアシストを記録している。 3-1とアヤックスリードで迎えた58分、バイタルエリア右でツィエクがボールを受ける。一瞬ボックス内を確認したツィエクが左足からインスイングのクロスを上げると、このボールにファーポストで待っていたDFニコラス・タグリアフィコがジャンピングボレー。見事なシュートをゴール右に決めた。 試合を決定付ける4点目を決めたアヤックス。そのまま4-1で勝利している。 2020.10.29 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

何でもできる万能エース、レヴァンドフスキがロッベンへ送った繊細スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ <div id="cws_ad">◆万能ストライカー、レヴァンドフスキが決めた絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJieWtlcjNQMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にドルトムントに加入したレヴァンドフスキは、リーグ屈指のストライカーとして大ブレイク。2014年にはバイエルンに加入し、世界最高峰のストライカーへと評価をさらに高めた。 絶対王者バイエルンのエースとしてゴールを量産しているレヴァンドフスキだが、その才能はゴールを決めることだけではなく、2014年10月21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのローマ戦では、見事なアシストを記録している。 前半から攻勢に出たバイエルンが、3-0と大きなリードを奪って迎えた30分、中盤まで降りてきていたレヴァンドフスキがセンターサークル付近でボールを持ち、ドリブルを開始する。 相手のプレスをいなしながら中央へボールを運ぶと、右サイドで裏へ走り出したFWアリエン・ロッベンに向けてスルーパスを出す。ブロックを形成して守る相手ディフェンスラインの間を通す美しいスルーパスがボックス内でロッベンに入ると、これをダイレクトで合わせたロッベンのシュートが相手GKの手を弾きながらニアポストに決まり、4点目が決まった。 試合は、その後も攻撃の手を緩めないバイエルンが7-1と歴史的な大勝を収めている。 2020.10.28 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービー加入のルーニーがデビュー戦で記録した絶妙カーブアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はダービー・カウンティの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ルーニーがデビュー戦で決めた絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzN29NRVUybiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてエバートンで頭角を現したルーニーは、2004年夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。エースとして13シーズンを過ごし、多くのタイトルを勝ち取った。 その後エバートンへの復帰やアメリカでのプレーを経て、現在はイングランド2部のダービー・カウンティでプレーするルーニーだが、そのデビュー戦となった、2020年1月2日のチャンピオンシップ(イングランド2部)第26節のバーンズリー戦では、見事なアシストを記録している。 0-0で迎えた45分、相手陣内中央左でダービーがFKのチャンスを得ると、キッカーを務めたルーニーは、右足でインスイングのクロスをボックス内に上げる。大きくカーブしていくボールが相手DFの頭上を越えると、ゴール前でFWジャック・マリオットがこれに合わせ、見事な先制点を挙げた。 その後ダービーは追いつかれたものの、勝ち越し、2-1で勝利している。 2020.10.28 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

パンデフが体を張ったポストプレーで、ハムシクのゴールをお膳立て【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はジェノアのマケドニア代表FWゴラン・パンデフがナポリ時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆パンデフが体を張ってハムシクをお膳立て<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEaUs0VEtVciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてインテルに引き抜かれたパンデフは、2004年夏に移籍したラツィオで頭角を現すと、2010年1月にインテルに復帰。その後、ナポリやガラタサライでプレーし、現在はジェノアでプレーしている。 ゴール前での強さだけでなくチャンスメイクもできるストライカーとして活躍するパンデフだが、ナポリ時代の2012年5月1日に行われた、セリエA第36節パレルモ戦では、見事なポストプレーで同僚のゴールをお膳立てしている。 1-0とナポリリードで迎えた35分、MFワルテル・ガルガノが前線のパンデフにパスを送る。これをゴールに背を向けてトラップしたパンデフは、相手DFからのプレスを体を張ってブロックしボールを収める。すると、パンデフがボールをキープしている間にMFマレク・ハムシクが2列目から裏へ走る。 パンデフは相手をいなしながらハムシクへ浮き球のパスを出すと、ボックス内でパスを受けたハムシクがこれをしっかりと決め、ナポリが追加点を奪った。試合はそのままナポリが2-0で勝利している。 2020.10.27 22:00 Tue
twitterfacebook