「僕の記憶にない」2試合無失点のDF吉田麻也はビルドアップに手応え「1試合目の課題をうまくクリアできた」

2020.10.14 06:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA
13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。前半からインテンシティの高い入りを見せた日本は、カメルーン戦からの反省を生かし、守備でイニシアチブを取ることに成功。良いペースで試合を進めながら、後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。

キャプテンとして2試合続けてフル出場を果たしたDF吉田麻也(サンプドリア)が試合後の記者会見に出席。記者の質問に応えた。

◆DF吉田麻也(日本代表)

──カメルーン戦に続き2試合無失点に抑えたことについて

「なかなかアフリカ勢に対してここまで堅く守れたことは僕の記憶にはありません。非常に良いコンディションのチームだったと思います」

「目に見える数字として結果を残せたことは自信になりますし、これを続けていくことが大事かなと思います」

──今回の2試合の課題と収穫について

「合宿前の課題としては、自分たちのやり方、タイミング、コンビネーションを擦り合わせることがメインでしたが、1試合目はうまくいかないことが多くて、2試合目はうまく修正できたのではないかと思います」

「特に守備に関しては、1試合目も悪くなかったと思いますが、2試合目は良くなりました。見てもらってわかるように、ビルドアップ、ゴールキックからのビルドアップやスローインで失う回数というのは、1試合目の課題を2試合目にうまくクリアできたのかなと思います」

「やっていても非常にテンポよくボールを回せたと思います。ウォーミングアップを見ていても、今日は相手があまりスイッチ入っていないんじゃないかなと感じたので、前半から畳み掛けるように意識しました」

「逆に後半は相手がスイッチを入れてきて、難しい中でも上手く戦って、バトルして、流れを自分たちに引き戻せたのは良かったと思います」

──ゴールシーンについて。直前に植田選手の背中を触ったように見えた。セットプレーの練習はどれぐらいしたか

「セットプレーの練習は前日に少しやっただけでした。特にアフリカのチームにありがちなのは、ボールウォッチャーになってファーサイドが空くというのが多い傾向にありますし、タフな試合で残り時間が少なくて、集中力を欠く可能性が高いなということで、(植田)直通のストロングポイントはヘディングですし、正直僕がファーに行きたかったんですが、直通が入ってきて、直通の方が可能性あるなと思って、僕はニアに囮になりました」

「トミ(冨安健洋)と直通にファーに行ってもらうようにして、(柴崎)岳にもファーに蹴ってくれと言いました。しっかりと良いボールを蹴って、しっかりと決めてくれたので、非常に良い形で点が取れたと思います」

「直通は毎日ヘディングをしていて、セットプレーの練習で一番つきたくないです。いつも僕がマッチアップさせられますが、マークするのが大変なぐらい手強い相手なので、自分たちがチームとして活かせたのは良かったですし、日々のトレーニングの成果だったと思います」

──コートジボワールには2014年のブラジル・ワールドカップで敗れていた。この6年間の、劣勢の中での耐えきる守備の変化について

「まずは良いボールを上げさせないように最後までプレスをかけ続けられたということと、僕とトミのところのセンターは高さがあって、そこは絶対的に安定感を出さないといけないですが、今日は終盤のところでサイドバックがつかなくてはいけないところを、しっかりとはね返せたのが大きかったのかなと思います」

「室屋(成)にしても、中山(雄太)にしても最後まで体を張ってやっていたので、その辺りの粘り強さというのはこの6年で大きくレベルアップというか、前進しつつあるところじゃないかなと思います」

──この2試合で吉田選手個人としての手応えもあったのか

「個人的には長くいたチームから移籍して、この半年色々な新しいことにチャレンジして、またもう1回自分が成長するためにやるべきことを考えて試行錯誤していた中で、こうやって代表に呼ばれて活動できています」

「1つはここで自分の存在価値を改めて証明しなくてはいけないと合宿前に思っていました。冨安も良いパフォーマンスを出しているので、自分も負けないようにいけないという危機感というの以前より強くなっています」

「歳も歳になってきたので、パフォーマンスが落ちたら、ものすごく叩かれるので(笑)、今まで以上に意識するようになりました」

「個人的にももっともっと成長できると思っているので、新しいことをたくさん吸収して、代表は今まで自分は選ばれてきて、当たり前に代表に選ばれてやってきたことが、COVID-19で活動が止まって、改めて日本代表が自分の中での存在や入る意味を考えさせられる時間がたくさんありました」

「またここで自分が結果を出したいな、ここで何か日本の新しいサッカーの歴史を築きたいなというすごく強いモチベーションを抱くようになったので、不幸中の幸いというか、この期間があったことで改めてハングリーになれたのかなと思います」

──今回の活動が与えるもの

「まず、今回の活動のためにベストを尽くしてくれたたくさんの方々に感謝しなければいけないですし、選手はいつもと違う環境で難しい部分もたくさんありましたが、衛生管理を徹底して、2試合とも陽性を出さずにパフォーマンスを出せたことは、選手だけじゃなくチーム全体でうまくやり遂げたと思います」

「帰るまでが遠足みたいですが、帰って次検査を受けて、そこで陽性になると週末の試合やチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグにも影響するので、次の検査でみんなが陰性の結果を出せるということが、日本代表の今回のシリーズを全うすることになる。全員が気を抜かずに、移動でも衛生管理をしないといけないなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

11月に日本代表と対戦するパナマ代表メンバーが発表!ロシアW杯メンバーは8名《国際親善試合》

パナマサッカー協会(FPF)は26日、11月の日本代表戦に向けたパナマ代表メンバー24名を発表した。 パナマ代表を率いるトーマス・クリスチャンセン監督は、主に海外組を招集。ヨーロッパリーグ(EL)に出場しているLASKリンツのDFアンドレス・アンドラーデや2018年のロシア・ワールドカップメンバーでもあるFWエドガル・バルセナス(ジローナ)、FWガブリエル・トーレス(インディペンディエンテ・デル・バジェ)らを招集。国内組は2名となった。 日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。 パナマ代表は11月13日にオーストリアのグラーツで日本代表と対戦。2試合目の相手はまだ発表されていない。今回発表されたパナマ代表メンバー24名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆パナマ代表メンバー24名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・メヒア</span>(ナシオナル/ウルグアイ) <span style="font-weight:700;">マルコス・アレン</span>(アトレチコ・サンルケーニョ/スペイン) <span style="font-weight:700;">オルランド・モスケラ</span>(ブルサスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ハロルド・カミングス</span>(ウニオン・エスパニョーラ/チリ) <span style="font-weight:700;">オスカル・リントン</span>(スリマ・ワンダラーズ/マルタ) <span style="font-weight:700;">ミゲル・ムリージョ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">フィデル・エスコバル</span>(アルコルコン/スペイン) <span style="font-weight:700;">セサル・ブラックマン</span>(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) <span style="font-weight:700;">エリック・ダビス</span>(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) <span style="font-weight:700;">アンドレス・アンドラーデ</span>(LASKリンツ/オーストリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">オマル・ブラウン</span>(インディペンディエンテ・チョレラ) <span style="font-weight:700;">アブディエル・アヤルサ</span>(シエンシアーノ/ペルー) <span style="font-weight:700;">アルベルト・キンテロ</span>(ウニベルシタリオ・デポルテス/ペルー) <span style="font-weight:700;">ビクトル・グリフィス</span>(サントス・デ・グアピレス/コスタリカ) <span style="font-weight:700;">フアン・ダビド・テハダ</span>(タンパベイ・ローディーズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アニバル・ゴドイ</span>(ナッシュビルSC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アルマンド・クーペル</span>(ハポエル・テルアビブ/イスラエル) <span style="font-weight:700;">イルビング・グディニョ</span>(マルベーリャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アダルベルト・カラスキージャ</span>(カルタヘナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ホセ・ルイス・ロドリゲス</span>(ルーゴ/スペイン) <span style="font-weight:700;">エドガル・バルセナス</span>(ジローナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ガブリエル・トーレス</span>(インディペンディエンテ・デル・バジェ/エクアドル) <span style="font-weight:700;">ホルマン・アギラール</span>(サン・カルロス/コスタリカ) <span style="font-weight:700;">ホセ・ファハルド</span>(インディペンディエンテ・チョレラ) 2020.10.27 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島FW染野唯月が10月に続きU-19日本代表候補キャンプを離脱、腰痛のため

日本サッカー協会(JFA)は26日、U-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加していた鹿島アントラーズのFW染野唯月が離脱することを発表した。 JFAの発表によると、染野は腰痛のために離脱するとのこと。代わりの選手は招集しないとのことだ。 染野は10月のトレーニングキャンプにも召集されていたが、その際は右足関節の痛みがあるとして不参加に。2カ月続けての離脱となってしまった。 U-19日本代表候補は、ガンバ大阪のFW唐山翔自がチーム事情により離脱が発表されていた。 2020.10.26 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪FW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

日本サッカー協会(JFA)は25日、ガンバ大阪が25日、所属するFW唐山翔自のU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。理由はチーム事情のため。代替招集はない。 キャンプは25〜28日まで千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで実施。先日に現役を引退した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。 2020.10.25 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表候補が発表!横浜FCの斉藤光毅や鳥栖の松岡大起、C大阪の西川潤らが招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は23日、トレーニングキャンプに臨むU-19日本代表候補メンバーを発表した。 今回のメンバーには、明治安田生命J1リーグでも出場機会を得ているFW斉藤光毅(横浜FC)やMF小田裕太郎(ヴィッセル神戸)、MF松岡大起(サガン鳥栖)などが招集。また、J2リーグでプレー経験を積んでいるMF山本理仁、MF藤田譲瑠チマ(ともに東京ヴェルディ)やMF谷内田哲平(京都サンガF.C.)らも招集されている。 トレーニングキャンプは25日から28日まで千葉県内で実施。先日就任した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。今回発表されたU-19日本代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-19日本代表候補メンバー ※10/26追記 GK 藤田和輝(アルビレックス新潟) 鈴木彩艶(浦和レッズユース) 野澤大志ブランドン(FC東京) DF 成瀬竣平(名古屋グランパス) 大畑歩夢(サガン鳥栖) 西尾隆矢(セレッソ大阪) 三原秀真(愛媛FC) 木村誠二(FC東京) 加藤聖(V・ファーレン長崎) バングーナガンデ佳史扶(FC東京) 馬場晴也(東京ヴェルディ) 畑大雅(湘南ベルマーレ) 鈴木海音(ジュビロ磐田U-18) 佐古真礼(東京ヴェルディユース) MF 本田風智(サガン鳥栖) 松岡大起(サガン鳥栖) 小田裕太郎(ヴィッセル神戸) 武田英寿(浦和レッズ) 松橋優安(東京ヴェルディ) 谷内田哲平(京都サンガF.C.) 山本理仁(東京ヴェルディ) 藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ) 成岡輝瑠(清水エスパルスユース) 田中聡(湘南ベルマーレU-18) 三戸舜介(JFAアカデミー福島U-18) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪) 斉藤光毅(横浜FC) <span style="text-decoration: line-through;">染野唯月(鹿島アントラーズ)</span>※腰痛のため離脱 西川潤(セレッソ大阪) <span style="text-decoration: line-through;">唐山翔自(ガンバ大阪)</span>※チーム事情により不参加 2020.10.23 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表が11月にメキシコに続きパナマとも対戦、森保一監督「粘り強さ、しぶとさをピッチで出す」

日本サッカー協会(JFA)は22日、11月の国際親善試合でパナマ代表と対戦することを発表した。 10月にオランダ遠征を行い、カメルーン代表とコートジボワール代表と対戦した日本代表。11月はオーストリアへ遠征し、メキシコ代表と対戦することがすでに発表されていた。 今回はもう1試合の相手として、パナマが決定したとのこと。試合は11月13日(金)の23時15分から行われるとのこと。フジテレビ系列で生中継される。 すでに発表されていた17日(火)のメキシコ代表戦と合わせて、グラーツにあるグラール・リーベナウ・シュタディオンで行われるとのこと。シュトゥルム・グラーツの本拠地としても使われているスタジアムだ。なお、今回もリモートマッチとなる。 日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。 今回の対戦決定について、森保一監督はJFAを通じてコメントしている。 「メキシコに続き、2018FIFAワールドカップロシアにも出場した強豪・パナマと対戦できることが決まり、ご尽力いただいた皆さんに感謝します」 「パナマとは2018年に対戦しましたが、フィジカルが強く、前への推進力があり、ホイッスルが鳴るまであきらめずにプレーをし続ける粘り強さを持つチームという印象を抱いています」 「我々もそれに負けない粘り強さ、しぶとさをピッチで出し、勝利という結果を残したいと思います」 2020.10.22 16:15 Thu
twitterfacebook