「ガッカリしている」ハイレベルな試合を展開もラストのセットプレーで敗れたコートジボワール監督「胸を張ってさらに先に進む」

2020.10.14 05:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA
13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。前半からインテンシティの高い入りを見せた日本は、カメルーン戦からの反省を生かし、守備でイニシアチブを取ることに成功。良いペースで試合を進めながら、後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。

最後の最後で失点を喫し、敗戦となってしまったコートジボワール代表のパトリス・ビューメル監督が試合後の記者会見に出席。土壇場での敗戦を悔やんだ。

◆パトリス・ビューメル監督(コートジボワール代表)

──タイトでしまったゲームが最初から最後まで続いたが、今日の試合を振り返って

「最初は非常に後悔が残る気持ちだった。立ち上がりも悪くなく、後半も我々のペースで試合が進んでいた。最後アディショナルタイムでセットプレーから失点したことは、非常にフラストレーションが溜まるものだ」

「この合宿中に我々は強い精神をチームで作り上げてきたので、最後こういった失点を喫してガッカリしている」

────試合前には、日本を分析済みと言っていたが、試合を振り返って分析通りだったところと、苦戦したところがあれば

「まずは非常に良い試合だった。両チームの全員が試合に関与していたし、非常に接戦だった。日本は組織だった非常に良いプレーをした。まずは、日本におめでとうと言いたい」

「もちろん、コートジボワール代表の監督なので自分たちのことを見なくてはいけないが、こんな形で失点してしまったことは残念だ。しかし、この結果を受け入れて下を向いて進むのではなく、気持ちを切り替えて前に進むことが大事。とにかく、日本のチームにはおめでとうと言いたい」

────前半の終盤にシステムを変えたように見えたが、どういう変化があったか

「コスヌのポジションを変えたのは、日本の選手がライン間に結構入ってきて、ダブルボランチが引かざるを得なく、攻撃の形が作れなくなっていた。コスヌをアンカーの位置に上げることで、ボールをうまく配球できるように置いた」

「結果、攻撃的になり、後半になってからは上手く攻撃を組み立てるようになった。ちょっと攻撃的に出過ぎた分、カウンターを受けてしまったので、そこは少し気になる部分だ」

「選手は良いプレーをしてくれたが、最後まで非常にフィジカルも良かったし、戦術も選手のフォーメーションを含めて良い試合だった。ただ、選手には集中力を持つようにずっと言ってきたが、最後のセットプレーのシーンで集中力を欠いての失点ということで、そこは試合を台無しにしてしまった。そこは残念に思っている」

──タレントがいた中で、ゴールを決めきれなかった理由は

「今回は10日しか時間がなく、8回しか練習していない状況でベルギー戦と日本戦の2試合を戦った。守備、中盤、攻撃、ゴール前のシチュエーションという練習をそこまでする時間がなかった」

「攻撃は個人のタレントの力が必要になる部分はあったが、練習ができなかったので選手たちに一番要求したのはメンタリティ。強いメンタリティでプレーすることを選手に非常に求めた」

「負けたとは言っても頭を下げて自信を失うのではなく、胸を張ってさらに先に進んで欲しい」

「クアメやディオマンデ、コスヌは未来がある選手なので、彼らが頑張ってくれることを願っている」

「ベルギーは世界No.1のチーム、日本はアジアNo.1のチームなので、インターナショナルマッチとなるといくら前線にタレント、個人の力があっても簡単にゴールは決めさせてもらえない」

「今回結果が伴わなかったことは残念だが、しっかり今後もやっていきたい。修正して次に繋げていきたいと思っている」
コメント
関連ニュース
thumb

「僕の記憶にない」2試合無失点のDF吉田麻也はビルドアップに手応え「1試合目の課題をうまくクリアできた」

13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。 前半からインテンシティの高い入りを見せた日本は、カメルーン戦からの反省を生かし、守備でイニシアチブを取ることに成功。良いペースで試合を進めながら、後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。 キャプテンとして2試合続けてフル出場を果たしたDF吉田麻也(サンプドリア)が試合後の記者会見に出席。記者の質問に応えた。 ◆DF吉田麻也(日本代表) ──カメルーン戦に続き2試合無失点に抑えたことについて 「なかなかアフリカ勢に対してここまで堅く守れたことは僕の記憶にはありません。非常に良いコンディションのチームだったと思います」 「目に見える数字として結果を残せたことは自信になりますし、これを続けていくことが大事かなと思います」 ──今回の2試合の課題と収穫について 「合宿前の課題としては、自分たちのやり方、タイミング、コンビネーションを擦り合わせることがメインでしたが、1試合目はうまくいかないことが多くて、2試合目はうまく修正できたのではないかと思います」 「特に守備に関しては、1試合目も悪くなかったと思いますが、2試合目は良くなりました。見てもらってわかるように、ビルドアップ、ゴールキックからのビルドアップやスローインで失う回数というのは、1試合目の課題を2試合目にうまくクリアできたのかなと思います」 「やっていても非常にテンポよくボールを回せたと思います。ウォーミングアップを見ていても、今日は相手があまりスイッチ入っていないんじゃないかなと感じたので、前半から畳み掛けるように意識しました」 「逆に後半は相手がスイッチを入れてきて、難しい中でも上手く戦って、バトルして、流れを自分たちに引き戻せたのは良かったと思います」 ──ゴールシーンについて。直前に植田選手の背中を触ったように見えた。セットプレーの練習はどれぐらいしたか 「セットプレーの練習は前日に少しやっただけでした。特にアフリカのチームにありがちなのは、ボールウォッチャーになってファーサイドが空くというのが多い傾向にありますし、タフな試合で残り時間が少なくて、集中力を欠く可能性が高いなということで、(植田)直通のストロングポイントはヘディングですし、正直僕がファーに行きたかったんですが、直通が入ってきて、直通の方が可能性あるなと思って、僕はニアに囮になりました」 「トミ(冨安健洋)と直通にファーに行ってもらうようにして、(柴崎)岳にもファーに蹴ってくれと言いました。しっかりと良いボールを蹴って、しっかりと決めてくれたので、非常に良い形で点が取れたと思います」 「直通は毎日ヘディングをしていて、セットプレーの練習で一番つきたくないです。いつも僕がマッチアップさせられますが、マークするのが大変なぐらい手強い相手なので、自分たちがチームとして活かせたのは良かったですし、日々のトレーニングの成果だったと思います」 ──コートジボワールには2014年のブラジル・ワールドカップで敗れていた。この6年間の、劣勢の中での耐えきる守備の変化について 「まずは良いボールを上げさせないように最後までプレスをかけ続けられたということと、僕とトミのところのセンターは高さがあって、そこは絶対的に安定感を出さないといけないですが、今日は終盤のところでサイドバックがつかなくてはいけないところを、しっかりとはね返せたのが大きかったのかなと思います」 「室屋(成)にしても、中山(雄太)にしても最後まで体を張ってやっていたので、その辺りの粘り強さというのはこの6年で大きくレベルアップというか、前進しつつあるところじゃないかなと思います」 ──この2試合で吉田選手個人としての手応えもあったのか 「個人的には長くいたチームから移籍して、この半年色々な新しいことにチャレンジして、またもう1回自分が成長するためにやるべきことを考えて試行錯誤していた中で、こうやって代表に呼ばれて活動できています」 「1つはここで自分の存在価値を改めて証明しなくてはいけないと合宿前に思っていました。冨安も良いパフォーマンスを出しているので、自分も負けないようにいけないという危機感というの以前より強くなっています」 「歳も歳になってきたので、パフォーマンスが落ちたら、ものすごく叩かれるので(笑)、今まで以上に意識するようになりました」 「個人的にももっともっと成長できると思っているので、新しいことをたくさん吸収して、代表は今まで自分は選ばれてきて、当たり前に代表に選ばれてやってきたことが、COVID-19で活動が止まって、改めて日本代表が自分の中での存在や入る意味を考えさせられる時間がたくさんありました」 「またここで自分が結果を出したいな、ここで何か日本の新しいサッカーの歴史を築きたいなというすごく強いモチベーションを抱くようになったので、不幸中の幸いというか、この期間があったことで改めてハングリーになれたのかなと思います」 ──今回の活動が与えるもの 「まず、今回の活動のためにベストを尽くしてくれたたくさんの方々に感謝しなければいけないですし、選手はいつもと違う環境で難しい部分もたくさんありましたが、衛生管理を徹底して、2試合とも陽性を出さずにパフォーマンスを出せたことは、選手だけじゃなくチーム全体でうまくやり遂げたと思います」 「帰るまでが遠足みたいですが、帰って次検査を受けて、そこで陽性になると週末の試合やチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグにも影響するので、次の検査でみんなが陰性の結果を出せるということが、日本代表の今回のシリーズを全うすることになる。全員が気を抜かずに、移動でも衛生管理をしないといけないなと思います」 2020.10.14 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

実りある活動の日本代表、「積極的にポジティブにチャレンジしてくれた」と評価する森保一監督は11月も同様の活動を希望

13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。 前半からインテンシティの高い入りを見せた日本は、カメルーン戦からの反省を生かし、守備でイニシアチブを取ることに成功。良いペースで試合を進めながら、後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。 土壇場のゴールで勝利をもぎ取った日本。森保一監督は試合後の記者会見で試合を振り返り、収穫と課題をコメントした。 ◆森保一監督(日本代表) ──最後まで集中できた試合だったが、後半は攻め込まれるところもあったが、選手交代で流れを変えたように見えたが 「相手も本当に力のあるチームで、最近の試合ではコートジボワールはFIFAランク1位のベルギーとフレンドリーマッチを行って、1-1という結果を掴み取れるチームということでした」 「もちろん全ての時間で優位に進められればいいですが、彼らが持っている力があるので、攻め込まれる時間帯があるのは仕方ないかなと。そこを無失点で粘り強く終わらせることができたことが良かったと思います」 「南野と久保の交代で流れが変わったことについては、チームとしてまずはやるべきことを選手たちが余力を残しながらハードワークする、高いインテンシティで戦うということではなく、久保は今持っている力をプレーする時間内に発揮してくれたと思いますし、これからまだまだ体力的にもつけていってもらいたいと思っていますが、全て出し切りながら全力で戦う部分には満足しています」 「チームとしてスタメンの選手がいて、疲れた時、流れが悪くなった時、勝ち切るためにサブの選手が出てきて、チームに活力を与えてくれるということは、サブの選手の役割として南野が良い働きをしてくれたと思いますし、これから戦う上で、最後植田が決勝点を決めてくれましたが、出場が1試合目になくて、練習の中から、自分のためチームのためにしっかり準備してくれて、集中を切らすことなく良い準備をしてくれたことが決勝点につながったと思いますし、サブの選手の役割を途中から出てきた選手たちは全うしてくれたと思います」 ──昨日の会見では3バック、4バックを試したいという中で3バックをやらなかったこと、左サイドバックに中山雄太を起用した意図 「システムの部分に関しては、第1戦で4バックからハーフタイムを挟んで3バックに変えて戦いました。戦術の幅を広げるために、そして勝つためにということを含めて、1戦目は流れを見ながら試していくことで戦っていった」 「コートジボワール戦でも3バックで状況によっては戦うという練習をしてきましたが、それはあくまでも状況によってということで判断して、4バックで行った方が勝つ確率が高いのではないかと、勝利を目指して戦う上で判断しました」 「3バックで戦うときには、植田を3バックに入れて戦うことも考えていましたが、そのまま4バックの右サイドに入れて、しっかり守備をしながら攻撃に繋げていくことをしました」 「形は変わりましたが、選手たちが臨機応変に結果をもたらしてくれたと思います」 「中山の起用については、彼は所属チームでも今はボランチをやっていますが、これまでは左サイドでプレーしたりとかという経験があると思います。我々の日常のスカウティングでも左サイドバックができるのではないかということになった」 「センターバック、左サイドバック、ボランチという点では複数ポジションでプレーできるように要求していますし、左サイドではチームの戦い方として、戦術の部分もチーム力をアップさせるという意味でもチャレンジしたいと思って起用しました」 ──1年ぶりの活動でやりたいと想定していたことはどれだけできたか。また、収穫と課題 「今回チャレンジしたいと思っていたことに関しては、ある程度のことはできたかなと。準備していたことを含めて、100%ではないですが、ある程度できたという風に思っています」 「チャレンジすることも、選手たちには攻守ともに要求してきましたが、何をというよりも、選手たちがこれをやろうということを勇気を持って積極的にポジティブにチャレンジしてくれたことは、監督としてありがたいと思いますし、チャレンジしながら結果を出すという部分、選手たちが素晴らしかっと思っています」 「攻撃で例を挙げると、ゴールキックの部分で、1戦目はゴールキックからロングキックを入れることがありましたが、コートボワール戦では自陣からボールをつないで、攻撃を仕掛けて行くという部分。マイボールを大切にしながら攻めようという部分、ゴールキックからチャレンジしてくれました」 「流れの中からでも、ボールを動かしながら、マイボールを大切にしながら、相手の守備を崩して行く部分。速攻を仕掛けられるときは仕掛けますが、ディフェンスラインからボールをつないで相手を崩して行くということ、相手の守備も個の能力が高いですし、組織的にも強いところもありますが、勇気のいるところだと思いましたが、選手たちが勇気を持って戦ってくれたと思います」 「守備の部分では切り替えて、そこからボール奪えたら奪いに行く。切り替えを早くする、ボールにアタックするという点では、この2試合で選手たちはチャレンジしてくれたと思います」 「攻から守に切り替わったとき、ボールにチャレンジしてそこがうまくいかなかった時に、中盤エリアでコンパクトブロックを作って、お互いの距離感をよくしてボールを奪いに行くことを1戦目も2戦目も選手たちはトライしてくれましたが、2戦目の方がよりコレクティブに、お互いの距離感をよくして、相手の嫌がる守備ができたと思っています」 「今言ったところはよくチャレンジしてくれました。他にもありますが、試合を見てざっくり見ていただける部分はそこだと思います」 ──南野拓実と鎌田大地の距離感、プレーの評価は 「非常に良い距離感で、お互いの関係でプレーしてくれたと思う。(南野)拓実は、(鈴木)武蔵の交代によってトップの位置に入りましたけど、タイプ的には違いますが、トップ下の鎌田と良いコンビネーションを持って、前線でも守備をまず関わる、攻撃になったときは起点になる、背後に飛び出したりした」 「起点になった時には鎌田とのコンビネーションで相手の守備網を崩すという部分。2人の関係は非常に息が合っていたと思います」 「練習の中ではそういうシチュエーションでなかなかトレーイニングできなかったですが、試合の中でお互いのイメージを共有してくれたと思います」 ──11月の日本代表の活動について。2週間自主待機になるのか 「まずは11月の代表活動については決定事項ということで技術委員長やダイレクターから伝えられていることはありません」 「しかしながら、10月ヨーロッパで活動させていただいて、11月も同じようにというお願いはしています。今は関係者の方々が身を粉にして準備をしてくださっています。決定の報告を聞きたいと思います」 「我々日本代表の活動をするにあたって、本当に多くの方々に尽力していただいて、我々は活動することができたということ。関係者の方々、全ての方々にお礼を申し上げたいと思います」 「サッカーがこうやってヨーロッパに渡ってきて、国際試合ができたということを日本の他のスポーツ団体も、勇気を持って活動の場を広げて行けることに繋がればと思いますので、今回環境づくりをしてくださった方々に感謝を申し上げたいと思いますし、これから日本のスポーツ界がさらに動いていくという風に楽しみにしています」 「日本に帰国する予定です。そして自主待機はもちろんすることになると思いますので、自主待機の期間は協会の関係者の方々に確認しながらしたいと思います。そこは日本の政府が出しているルールに沿って我々も行動したいと思います」 2020.10.14 06:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: 日本代表 1-0 コートジボワール代表《国際親善試合》

日本代表は13日、国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽日本採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/Get20201013_23_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 23 シュミット・ダニエル 5.5 後半立ち上がりのジェルビーニョのシュートをセーブ DF 3 室屋成 6.5 ジェルビーニョとのマッチアップで引けを取らず。攻撃にもかかわった (→植田直通 6.5) 短い出場時間ながら代表初ゴールでチームを勝利に導く 22 吉田麻也 6.5 相手長身FWサイードを封じ前半で追いやった。ジェルビーニョへのカバーリングも〇 16 冨安健洋 6.5 安定した守備。ロングフィードで攻撃の起点にも 4 中山雄太 6.0 守備に重点を置き、ペペの突破を制限した MF 14 伊東純也 6.0 スペースを突く動きで牽制。果敢に仕掛ける姿勢で攻撃を牽引 (→堂安律 -) 6 遠藤航 6.5 さすがの守備技術と対人の強さで存在感 9 鎌田大地 6.0 鈴木とのコンビネーションは少なかったが、バイタルエリアでアクセントとなる働きはこなした 7 柴崎岳 6.0 遠藤とのコンビということもあり、とりわけ前半は攻撃に関与。後半は守備をケアしていた中、最後にFKで決勝点演出 17 久保建英 5.5 左サイドではやはり厳しいか。縦への突破は数える程で窮屈そうだった (→南野拓実 5.5) 左サイドとセンターフォワードでプレー。シュートシーンに顔を出したが、センターフォワードでのプレーは微妙だった FW 24 鈴木武蔵 5.0 フィジカルに優れるバイリーとのマッチアップで苦戦。起点となれたシーンは少なかった (→原口元気 5.5) 左サイドでプレー。守備への切り替えで貢献 監督 森保一 6.0 カメルーン戦よりは攻撃の形を作り出し、守備面の堅さは継続。勝利で報われた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 植田直通(日本) 守備を締めに最終盤に投入されたが、森保監督の期待を超えるゴールで起用に応えた。 日本 1-0 コートジボワール 【日本】 植田直通(後46) 2020.10.14 01:47 Wed
twitterfacebook
thumb

終了間際の植田の代表初弾で日本が強豪コートジボワールにシャットアウト勝利!《国際親善試合》

日本代表は13日、国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。 4日前に行われたカメルーン代表との親善試合を低調なゴールレスドローに終わった日本は、カメルーン戦のスタメンから7選手を変更。大迫が離脱した中、久保や鎌田、遠藤らがスタメンとなり、中山を左サイドバックに据える[4-2-3-1]で臨んだ。 一方、5日前に行われたベルギー代表との親善試合を1-1で引き分けたコートジボワールは、ザハが負傷のため離脱となったが、ペペやジェルビーニョ、ケシエにバイリーら主力がスタメンとなり、ベルギー戦同様[3-4-3]で臨んだ。 互いにハイプレスをかける立ち上がりとなった中、開始2分に久保に決定機が訪れた日本。このチャンスは久保のシュートミスにより逸したものの、連動した守備でコートジボワールに自由を与えない状況を続ける。 互角以上の序盤を経過した後、相手3バックの脇を伊東が突く形で揺さぶりをかける日本は決定機こそ作れないものの、主導権を渡さない。 ジェルビーニョのカウンターを除いてコートジボワールに攻め手を与えなかった日本は前半をゴールレスで終えた。 前半終盤から4バックに変更してきたコートジボワールに対し、迎えた後半、日本は開始3分にピンチ。ジェルビーニョにスピードで抜け出されてシュートまで持ち込まれたが、GKシュミットがセーブした。 続く50分にもケシエに決定的なシュートを許した日本は、押し込まれる展開を強いられた中、58分に決定機。鎌田がドリブルでDFを外し、ボックス右からGK強襲のシュートを浴びせた。 久保に代えて南野をそのまま左サイドに投入した日本は、71分にもビッグチャンス。鈴木の粘りからボックス左に侵入した鎌田の折り返しを南野がボレー。だが、シュートはGKのセーブに阻まれた。 終盤にかけては押し込まれる展開を強いられたものの、日本は集中した守備ではね返し続け、カメルーン戦に続きゴールレスで終了するかに思われた。しかし追加タイム1分、柴崎のFKから途中出場の植田がヘッドで叩き込み、日本がゴールを割ってこれが決勝点に。強豪コートジボワール相手に勝利を掴み取り、一定の手応えを掴む一戦となった。 2020.10.14 01:46 Wed
twitterfacebook
thumb

日本の右サイドは止められるか?コートジボワールの攻撃的WBマクスウェル・コルネ

日本代表は13日、国際親善試合でコートジボワール代表と対戦する。約1年ぶりの実戦となった9日のカメルーン代表戦に続き、アフリカ勢との対戦となる。 コートジボワールは8日にベルギー代表との親善試合を行っているが、この試合で左ウイングバックとして起用されたのが、リヨンに所属するMFマクスウェル・コルネ(24)だった。 <div id="cws_ad">◆コートジボワール代表の要注意MFマクスウェル・コルネのプレーを動画でチェック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoRDRsdWhydCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 元々、フランス期待のウインガーだったコルネは、フランス代表の世代別代表でプレーしてきたが、2017年6月にコートジボワール代表デビューを飾っている。 クラブでは16歳の時にメスでデビューすると、2015年冬には強豪リヨンへとステップアップを果たした。2016-17シーズンからはウイングのレギュラーに定着していたが、2019-20シーズンからはルディ・ガルシア監督のもとで左のウイングバックへとコンバートされた。 元々の馬力のあるドリブル突破に加え、ウイングバックとして90分間走り切るスタミナと献身性も備わり、そのスピードに磨きをかけると、チャンピオンズリーグ準々決勝のマンチェスター・シティ戦ではゴールを記録。チームのベスト4進出に貢献するとともに、対シティ戦3戦4発とシティ・キラーに名乗りを上げている。 コートジボワール代表でも、これまでは両ウイングの一角としての出場が多かったが、アーセナルに所属するFWニコラ・ペペやクリスタル・パレスに所属するFWウィルフリード・ザハの存在もあり、途中出場も多かった。 それでも、パトリス・ビューメル監督が[3-4-3]のシステムを採用することから、今後は代表でも左ウイングバックがコルネの主戦場となる可能性が高い。今回の試合では日本の右サイドにはビジャレアルに所属するMF久保建英の起用も考えられるが、その場合は守備面でのタスクも大きくなるかもしれない。 コートジボワール代表戦は、13日(火)23時45分にキックオフを迎える。 2020.10.13 20:00 Tue
twitterfacebook