J3所属の5クラブにJ3クラブライセンスが交付、J2昇格を逃した場合は今治もJ3ライセンスに

2020.10.13 17:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは25日、2021シーズンのJ3クラブライセンスの判定結果を発表した。2020シーズン明治安田生命J3リーグに所属していたクラブから、ヴァンラーレ八戸、福島ユナイテッドFC、Y.S.C.C横浜、アスルクラロ沼津、FC今治の5クラブにJ3クラブライセンスが交付された。

なお、FC今治はJ2クラブライセンスを申請しJ2クラブライセンスが交付されたものの、J2に昇格することができなかった場合にはスタジアムの改修を行わない意向を表明しているため、スタジアムがJ2基準を満たさないことからJ2クラブライセンスが効力を失うこととなる。
コメント
関連ニュース
thumb

沼津で7シーズン過ごしたDF尾崎瑛一郎が北信越1部の福井ユナイテッドFCへ完全移籍

アスルクラロ沼津は25日、DF尾崎瑛一郎(36)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCへ完全移籍することを発表した。 尾崎は、日生学園第二高校から2003年にアルビレックス新潟に入団。アルビレックス新潟シンガポールへの期限付き移籍を経験すると、2007年には完全移籍。2008年にガイナーレ鳥取へ加入すると、2014年から当時JFLの沼津に加入した。 沼津ではJFLで3シーズン過ごし、75試合に出場し3得点。チームのJ3昇格に貢献すると、J3では4シーズンを過ごし、88試合出場9得点を記録。2020シーズンも明治安田J3リーグで29試合に出場し2得点を記録していた。 尾崎はクラブを通じてコメントしている。 「アスルクラロ沼津を愛し応援し支えて下さる皆様へ」 「この度7年間お世話になりましたアスルクラロ沼津を退団する事になりました。クラブ、スタッフ、そして7年間このクラブで共に過ごした数多くのチームメイトに感謝しています」 「何より、アスルクラロ沼津を支えていただいた多くの皆様に最大の感謝をしています。この地域での沢山の方々との出会い、繋がり、皆様の思いが私の原動力になりました」 「サッカー選手としてだけではなく、クラブのスポンサー企業の皆様や地域の皆様と関わる事で私自身が一番成長させてもらい、これ程までの幸せな時間を過ごさせていただきました。それを思えばここまでお世話になったクラブで引退すべきだと思いましたが、現役選手のオファーをいただき、まだサッカー選手への未練が捨てられず、この決断に至りました」 「これまでも、そしてこれからも皆様への感謝の気持ち忘れず全力で頑張りたいと思います。7年間こんな私を応援し、支えていただき本当にありがとうございました。新型ウイルス感染もまた広がってきています。どうか皆様ご自愛ください」 2021.01.25 11:44 Mon
twitterfacebook
thumb

相模原、中村龍雅の両者合意による退団を発表…クラブ初のアカデミー出身者

SC相模原は24日、DF中村龍雅(19)の両者合意による退団を発表した。 湘南ベルマーレの下部組織所属歴を持つ中村は昨季、相模原のアカデミーから昇格。しかし、出番なしに終わった。 クラブ史上初なるアカデミーからのトップチーム昇格選手として注目を集めた中村だが、退団を受け、次のようにコメントした。 「ユースから初の昇格で多くの方に期待して頂いた中でJリーグデビューできず、活躍する姿を見せる事ができなかったことが非常に心残りです。自分の可能性を信じ自信を持って、これから這い上がっていきます。1年間ありがとうございました」 2021.01.24 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島、ニウドと契約更新せず 「これからの人生で忘れる事はない」

鹿児島ユナイテッドFCは23日、ブラジル人MFニウド(27)の契約満了による退団を発表した。 ニウドは母国クラブのアヴァイでプロキャリアをスタート後、東京ヴェルディ、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、ECタウバテ(ブラジル)、福島ユナイテッドFCでプレー。2019年4月から鹿児島に加わり、昨季は明治安田生命J3リーグ20試合に出場した。 新シーズンの契約を更新せず、2年間を過ごした鹿児島を去ることが決まったニウドはクラブを通じて、別れの挨拶を行った。 「まず、2年共に戦ったチームの全てのスタッフ、選手、そしてサポーターの皆様に感謝します。皆さんと一緒に過ごしたこの2年間、多くのことを学ばせてもらいました。そして、鹿児島で学んだ事はこれからの人生で忘れる事はないでしょう。これからも、鹿児島の事をずっと応援し続けます。本当にありがとうございました」 2021.01.23 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎がナイジェリア人FWサミュエルと契約更新「わずか数年ですっかり日本人みたいになりました」

テゲバジャーロ宮崎は22日、ナイジェリア人FWサミュエル(29)との契約更新を発表した。 サミュエルはナイジェリアやエチオピアのクラブでプレー。2018年に宮崎に加入した。 宮崎ではJFLで3シーズンプレー。2018年は10試合で2得点、2019年は24試合で6得点、2020年は14試合で3得点を記録していた。 初めてJリーグでプレーすることとなるサミュエルは、クラブを通じてコメントしている。 「まずはじめに、良い時も悪い時も、私に計り知れないほどの愛を示してくれ、支え続けてくれているファン、サポーターの皆様へ特別な感謝を伝えたいです」 「私は最初は外国人選手としてチームに加わりましたが、宮崎は私を笑顔にさせてくれる素敵な場所で、みなさんが大きな大きな愛を注いでくれたおかげで、わずか数年ですっかり日本人みたいになりました」 「新型コロナウイルスの影響で穏やかな状況ではないにもかかわらず、私たちを支え続けてくれた宮崎の皆さん本当に本当にありがとう」 「今シーズンは昨年よりも更にチームのために献身的な働きをしてJ2の舞台へ上がっていきたいと思っていますし、J3への昇格はクラブのスタッフたちの素晴らしいハードワークが礎になっていたことを証明したいと思います。今シーズンも応援よろしくお願いします」 2021.01.22 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

清水や甲府などでプレーしたDF青山直晃が34歳で現役引退「楽しい思い出でしかありません」

2020シーズン限りで鹿児島ユナイテッドFCを退団していたDF青山直晃(34)が現役引退を発表した。 青山は愛知県出身で、前橋育英高校から2005年に清水エスパルスへと入団。高卒ルーキーながら1年目でデビューを果たすと、2年目からはレギュラーに定着した。 清水のディフェンスラインを支えていた青山だが、2009年に右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷。2010年は1試合も出場しないまま終わると、2011年に横浜F・マリノスへと完全移籍する。 横浜FMでは、日本代表として活躍したDF中澤佑二、DF栗原勇蔵の前に出場機会はあまりなく2013年にヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。甲府ではレギュラーとして2シーズンプレーすると、2015年には海外移籍。タイのムアントン・ユナイテッドへと移籍した。 タイでもレギュラーとしてプレーした青山は、4シーズンでタイ・プレミアリーグ(現タイ・リーグ1)で101試合に出場し4得点を記録。2019年にガンバ大阪へ完全移籍で加入すると、J1での出場がないまま1年で退団していた。 2020シーズンは鹿児島で明治安田J3の18試合に出場。しかし、シーズン終了後に契約満了で退団となっていた。 Jリーグでの通算成績はJ1で197試合9得点、J3で20試合、リーグカップで43試合出場2得点だった。 日本代表としては、A代表には選ばれなかったものの、世代別の日本代表を経験。2008年の北京オリンピックではバックアップメンバーに選ばれたが、本大会出場はならなかった。 青山はクラブを通じてコメントしている。 「16年間のプロサッカー人生!十二分に満喫することができました!色んな事がありましたが、楽しい思い出でしかありません」 「一緒に戦ったチームメイトと敵チームの選手、監督、コーチ、スタッフ、関係者の方々、本当にありがとうございました!!これからの新しいスタートも色んな事にチャレンジして、また楽しんでいきたいと思います」 「応援してくれたサポーターの皆さん、いつも戦う力になりました。本当にありがとうございました」 2021.01.22 13:21 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly