6番や8番に強いこだわりを見せる鎌田大地「9番は違和感」目標とする選手はシティのあの選手

2020.10.12 19:32 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が11日にメディア取材に応じた。今回が通算4度目の招集となった鎌田。先日行われた親善試合のカメルーン代表戦は20分の出場にとどまり、結果を残すことは出来なかった。

インタビューでは、まずは2シャドーの一角として起用されたその一戦を振り返っている。


「前半は苦しい戦いをしていましたが、後半は相手が前に出てきたということもあり、少しスペースが出来て、最後は日本が主導権を握って攻め続けることが出来たと思います。スペースもかなり空いてたので、前半は途中で入るのは難しいと思ってましたが、意外とすんなり入れました」

「ボール自体はうまく回っていたと思うし、日本がやりたいようなことはできていたと思います。悪くはなかったですが、僕自身はシュートを打つ機会がなかったのでもう少しうまく関われたらなと」

今回の日本代表では9番を背負うが、鎌田は6番や8番の選手だと強調。自身の特徴からヨーロッパで結果を出すにはインサイドハーフなどトップ下のポジションしかないと考えていることを明かした。

「それはサガン鳥栖の時からで、代表は別ですがヨーロッパの上のクラブでやるにはこのポジションしかないと思っていました。足も速くないので、ヨーロッパでスピードで仕掛けるのは難しい。だから6番や8番でやりたいとはずっと考えていました。フランクフルトでは10番タイプですが役割は基本的に6番や8番、僕自身がやりたいことにかなり近づいているし、そうやっていかないと上にはいけないと思います」

また、同ポジションで高みを目指していく上で、目標としている選手にマンチェスター・シティで活躍するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネや、同じくシティで数々のタイトルを獲得してきた元スペイン代表MFダビド・シルバの名前を挙げた。

「中盤でも得点に絡むのは意識しています。今時の選手だとデ・ブライネやダビド・シルバが目標です。強いチームではインサイドハーフの選手は結構攻撃的な選手が多いので、守備が出来ないというイメージがありますが、上手い選手は守備も上手いので、僕もそういう風に慣れたらいいなと、一番の理想です」

「クラブでは守備の部分は意識してやってて、デュエルの勝率も高くなってきています。監督にも守備をやってくれと言われていて、守備を頑張って走る量を増やして対人に勝つことを意識しています」

最後に日本代表でワントップに立つことに「自信はない」と正直に告白した鎌田は、9番という背番号に違和感があることも明かしている。

「(ワントップは)自信は正直ないです。2試合ほどFWで出てかなり難しかったです。でも日本代表ならヨーロッパでやるより可能性はあるかなと。代表のワントップはうまく周りの選手を使う役割なので少し特殊。監督がそこにチョイスするなら頑張ってやります」

「僕自信9番は背負ったことは初めてなので違和感はあります。周りからも言われますね」
関連ニュース
thumb

降格シャルケに打ち負けたフランクフルト、ドルトムントにプレッシャーをかけられず《ブンデスリーガ》

フランクフルトは15日、ブンデスリーガ第33節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-4で打ち負けた。フランクフルトのMF鎌田大地は68分までプレーし、MF長谷部誠はフル出場している。 前節マインツに何とか引き分けたもののドルトムントにかわされて5位に後退したフランクフルト(勝ち点57)は、鎌田と長谷部が揃って先発となった。 降格が決まっている最下位シャルケに対し、[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは鎌田が2シャドーの一角で、長谷部がボランチでスタートした中、オープンな展開で立ち上がると、13分にPKを献上する。ボックス右で切り返したアリをトゥタが倒してしまった。 このPKをGKトラップが止めるもキッカーのフンテラールにルーズボールを蹴り込まれ、フランクフルトは先制される。 それでも失点を受けてさらに前がかるフランクフルトは29分に追いつく。左サイドからのユネスのファーサイドへのクロスをGKフェールマンが被り、フリーのアンドレ・シウバがヘッドで押し込んだ。 アンドレ・シウバの今季26ゴール目で試合を振り出しに戻したフランクフルトは続く36分、FKからエンディカのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKフェールマンの好守に阻まれた。 それでも迎えた後半、開始6分にフランクフルトが逆転する。鎌田の左CKからエンディカのヘディングシュートが決まった。 しかし2分後、すかさず追い付かれてしまう。フンテラールのヒールパスに抜け出したイドリジにシュートを決められた。 さらに60分、ホッペのスルーパスに抜け出したフリックにゴールを許し、フランクフルトは再び追いかける展開を強いられてしまう。 続く64分、スルーパスに抜け出したホッペにボックス左まで持ち上がられてそのままゴールを許したフランクフルトは、鎌田に代えてヨビッチを投入。すると72分、CKの流れからヨビッチがシュートの持ち込むと、ルーズボールをアンドレ・シウバが詰めて3-4とした。 終盤にかけてはフランクフルトが攻め込む展開が続いたが、3-4で打ち負け痛恨の敗戦。1ポイント差のドルトムントにプレッシャーをかけることはできなかった。 2021.05.16 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部誠がCL出場権を懸けた2試合へ意気込み「CLのために戦えてとても幸せ」

フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠がラストスパートへ向けて意気込みを語っている。地元紙『フランクフルター・ルントシャウ』が伝えた。 ブンデスリーガ第32節のホームゲームでマインツと1-1のドローに終わり、5位に順位を下げてしまったフランクフルト。3位ヴォルフスブルク、4位ドルトムントと熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを繰り広げており、残りの2試合は非常に大きな意味を持つ。 チームは現在15日にアウェイで行われるシャルケ戦を控え、隔離合宿の最中だ。新型コロナウイルスへの感染を避けてブンデスリーガを予定通りの日程でこなすべく、ドイツサッカー協会(DFB)からの各チームに指示があったためだ。 馴染みのない環境下に置かれているものの、長谷部は「家族が自分の不在を喜んでいないといいですね」と冗談を交えつつ、この状況をポジティブにとらえているようだ。 「ナーバスにはなっていないし、チームがまとまって過ごすのは残り2試合に向けてはむしろいい状況だと思います。全員が一緒にいてたくさんのコミュニケーションを取ることが大事ですから」 また、マインツ戦を振り返りながら、CL出場権獲得へ向けて強い思いを語った長谷部。15日のシャルケ戦も含めて一戦も落とせない試合が続くが、プレッシャーは感じていないようだ。 「まだシーズンは終わっていません。今は(出場権を)手にしてないですが、まだチャンスがあると確信しています」 「シーズン後半になると、引いてくるチームもあるし、そういった相手に対してボールは持てていても、ブレーメン戦のように打開策を見いだせずに敗れてしまうこともあります。点の取り方に関しては改善する必要があると思っています」 「(プレッシャーは)個人的には感じてません。残留争いのときはプレッシャーはありましたが、今はチャンピオンズリーグという夢のために戦えているのでとても幸せです」 「シャルケの守備位置は深くなるかもしれないので、マインツ戦よりもクリエイティブになる必要があると思っています。今シーズン、僕らは優れたチームであることを示してきました。いい解決策を見つかるといいですね」 そして、アディ・ヒュッター監督の退任発表の影響についてもコメント。過去を顧みながら、また同じようにCL出場という成功を収めたいと力強く語り、希望の新監督象にも言及した。 「以前にも2度同じような状況がありました。2018年にはフランクフルトでニコ・コヴァチ監督が、2009年にはヴォルフスブルクでフェリックス・マガト監督がクラブを去ると明言しました。でもニコはDFBポカールを獲ったし、マガトのときはチャンピオンになることができました。なので、チャンピオンズリーグの出場権を獲得して、3回目の成功を収めたいと思ってます」 「(新しい監督は)自分よりも年上がいいですね」 最後に将来的な監督への転身の可能性を尋ねられると、「いやいや(笑)」と笑いながら、「まだ指導者ライセンスも持ってないですから」と回答を避けた。 2021.05.15 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第33節プレビュー】ラスト2試合、CL出場権争いの行方は

前節、バイエルンの9連覇が決まり、残る注目はチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いと残留争いに絞られたブンデスリーガ。残り2枠となったCL出場権争いでは前節、ドルトムントがライプツィヒとの打ち合いを制した一方、フランクフルトが好調マインツに引き分けたことで、ドルトムントがCL圏内の4位に浮上。フランクフルトが5位に後退した。迎える第33節、3位ヴォルフスブルクは3季連続でのCL出場権獲得を決めたライプツィヒと、4位ドルトムントは好調マインツと、5位フランクフルトは降格が決まっている最下位シャルケと、いずれもアウェイで対戦する。 ヴォルフスブルク(勝ち点60)は前節、ウニオン・ベルリン相手にFWブレカロのハットトリックで快勝。3位を死守した中、ライプツィヒに勝利すればフランクフルトとの得失点差を考慮すると、ほぼ来季のCL出場権獲得が決まる状況だ。6シーズンぶりのCL出場をモチベーションに欠けるライプツィヒ相手に決めることができるか。 続いて好調の12位マインツ(勝ち点36)に挑むドルトムント(勝ち点58)。FWハーランドを欠いた中、MFサンチョの終盤のゴールによりライプツィヒとの打ち合いを制したドルトムントは、木曜に行われたDFBポカール決勝ではライプツィヒ相手に4-1と快勝。負傷明けのハーランドと好調サンチョの2ゴールでタイトルを獲得した。怒涛の5連勝に加え、DFBポカール優勝と勢い付く中、前節フランクフルトに引き分けたマインツを下すことはできるか。 ドルトムントの追撃を受けてついに5位に後退したフランクフルト(勝ち点57)。マインツ戦では終盤の同点弾で追い付いたものの勝ち点1獲得に留まった。クラブ史上初のCL出場があと一歩のところですり抜けてしまいそうだが、最終節に望みを残すためにシャルケ相手に必勝を期す。 続いて自動降格枠が残り1つとなっている残留争い。日本人所属のビーレフェルトとブレーメンが巻き込まれている残留争いだが、残留プレーオフに回らなければならない16位ビーレフェルト(勝ち点31)は前節、ヘルタ・ベルリンとの残留争い直接対決を引き分けで終えた。そのビーレフェルトは11位ホッフェンハイム(勝ち点39)とのホーム戦に臨むが、モチベーションに欠ける相手にここは必勝としたい。 そして前節レバークーゼン相手にゴールレスドローに持ち込んだブレーメンは連敗を7でストップ。13位ヘルタと17位ケルンが潰し合う中、14位アウグスブルク相手に久々の勝利として残留争いから抜け出せるか。 ◆ブンデスリーガ第33節 ▽5/15(土) 《22:30》 シャルケvsフランクフルト フライブルクvsバイエルン レバークーゼンvsウニオン・ベルリン ボルシアMGvsホッフェンハイム アウグスブルクvsブレーメン ヘルタ・ベルリンvsケルン ビーレフェルトvsホッフェンハイム ▽5/16(日) 《25:00》 マインツvsドルトムント 《27:30》 ライプツィヒvsヴォルフスブルク 2021.05.15 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

CL圏内から脱落のヒュッター監督、4位以内返り咲きを目指し「ファンにはCLのアンセムを聴いてもらいたい」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督が、15日のシャルケ戦に向けての意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 残り2試合となったブンデスリーガで、ヴォルフスブルクやドルトムントと熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを繰り広げるフランクフルト。8戦負けなし中の好調のマインツと対戦した第32節では、終盤のMFアルディン・フルスティッチのゴールでかろうじて勝ち点1を得るにとどまった。 この結果、フランクフルトは5位に転落。クラブ史上初のCL出場を目指す中、直近の4試合で1勝1分2敗と、足踏みが続いている状態だ。 第33節はすでに降格が決まっているシャルケとのアウェイゲームとなるが、確実に3ポイントを奪っておきたいところ。シーズン終了後のボルシアMG行きが決まっているヒュッター監督だが、「フランクフルトだけが重要だ」とし、次のように述べている。 「グラットバッハに行くことを発表したとき、チームを含む多くの人は間違いなく良い気分ではなかっただろう。しかし、我々は話し合いをし、目標に向けて協力し続けている。それは私のことではなくチーム全体のこと。重要なのはフランクフルトだけだ」 「クラブはおそらく来シーズン国際大会でプレーできるだろうし、それは素晴らしいと思うが、ファンにはチャンピオンズリーグのアンセムをスタジアムで聴いてもらいたいと思う」 「選手たちが素晴らしい目標を達成するために最大限の努力をしていることを示したい。私は以前よりもさらに燃えている。そしてそれは最後の日まで続くだろう」 また、選手のコンディションや、シャルケ戦のプランについては次のように語った。 「セバスティアン・ローデはマインツ戦の前半で退いてしまった。アンドレ・シウバと長谷部誠については、今日は軽くトレーニングしただけだった。リスクを高くし過ぎないように注意する必要があるので、彼らを全体練習から外し、個別に調整させた。週末にはピッチに立てると思う」 「これまでの試合と同じよう、次の試合への準備をしている。我々の唯一のタスクはシャルケに勝つことで、それに焦点を当てている。マインツ戦よりもうまくプレーすれば、勝てると確信している。我々の現在の目標はチャンピオンズリーグに到達することで、そのためには2回勝たなければならない。6ポイント獲得できると確信しているよ」 2021.05.14 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田大地が去就に言及も「何が起こるかわからない」と明言を回避

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地がドイツ『ビルト』のインタビューで去就について言及している。 2019年夏の加入から2シーズン目を終えようとしている鎌田。今季はシャドーのポジションが板に付き、ブンデスリーガ30試合の出場で5ゴール14アシストと、初のチャンピオンズリーグ出場を目指すチームに欠かせない戦力として活躍している。 一方でその活躍から移籍の噂も噴出しており、一部ではプレミアリーグ移籍を望んでいるとも伝えられている。また、アディ・ヒュッター監督が来期からボルシアMGに移ることも決定しており、24歳の鎌田が環境を変えたいと思うのは何ら不思議ではない。 そんな中、『ビルト』のインタビューで去就について尋ねられると、「何が起こるかわからない」と明言を回避。今は残るリーグ戦2試合だけに集中していることを強調した。 「確かにいくつか憶測があり、どんなクラブが僕に興味を持ってくれているのか大まかに想像できます。ですが、今日のサッカー界では何が起こるか誰にもわかりません」 「現時点では次の2試合に勝つことだけを考えています。他には何も考えていません」 現在5位のフランクフルト(勝ち点57)は、4位ドルトムント(同58)、3位ヴォルフスブルク(同60)と熾烈なCL出場権争いを繰り広げている。CL出場権を獲得できれば鎌田の去就にも影響を及ぼすことになりそうだが、果たして逆転することはできるだろうか。鎌田の契約は2023年までとなっている。 2021.05.14 14:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly