「リヨンにいられてハッピー」 アーセナル行きが取り沙汰されたアワール、残留を喜ぶ

2020.10.12 12:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍が実現しなかったフランス代表MFフセム・アワール(22)だが、フランス『Telefoot』でリヨン残留という結果に満足感を示した。公式戦41試合の出場で9得点10アシストを記録した昨季の活躍を受け、今夏にアーセナルを筆頭に複数クラブの関心が取り沙汰されたアワール。なかでも、アーセナル行きの可能性が熱を帯びたが、最終的に実現しなかった。

今後の移籍市場でもアーセナルが引き続き獲得を目指すともいわれるが、アワール本人はリヨン残留に喜びを感じているようだ。今月の代表ウィークでフランス代表の活動に参加するなか、残留という結果に対する心境を語った。

「(リヨンのスポーツディレクター(SD)を務める)ジュニーニョとはかなり話をしたよ。毎日のように信頼を示してくれた。彼との仕事は本当に楽しいんだ。そんな彼ともう1シーズン、もしくはそれ以上、一緒にいれるのは大きな誇りだ」

「リヨンにいられてハッピー。リヨンは僕の街で、僕のクラブだ。リヨンを代表することに大きな誇りを感じている。アーセナルに行くか、何もないかというわけじゃなかった。何かしらの決断が必要だったが、ここに残れて嬉しいよ」
コメント
関連ニュース
thumb

フランス屈指の逸材MFトリソが決めた豪快な無回転ナックルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのフランス代表MFコランタン・トリソがリヨン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トリソがリヨンで決めた無回転シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnRFc1Z3VEcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスの名門リヨンユース出身のトリソは、2014年にファーストチームデビュー。若き天才MFとしてビッグクラブの注目を集めた。 得点力、パス精度、守備力と、どれをとってもトップクラスの能力を持つトリソだが、2015年1月25日に行われたリーグ・アン第22節のメス戦では、豪快なゴールを決めている。 1-0とリヨンリードの83分、左サイド深部からマイナスのボールをボックス外で受けたトリソは、しっかりと狙いを定めロングシュートを放つ。強烈なシュートは、無回転のまま飛んでいき、GKの手前で急激に落ちると、ゴール左に見事に決まった。 見事な追加点でリードを広げたリヨンが、試合に2-0で勝利している。 2020.12.01 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨンMFアワールが試合後トレーニング拒否、見かねた幹部が厳罰処分

リヨンのフランス代表MFフセム・アワールが罰則を受けたようだ。『フランス・フットボール』が報じている。 昨シーズン公式戦41試合出場して9ゴール10アシストを記録し、リヨンの司令塔を務めてきたアワールだが、22日に敵地で行われたリーグ・アン第11節のアンジェ戦(1-0で勝利)はベンチスタートのまま出番がなかった。 『レキップ』の情報によれば、リヨンはアンジェ戦の試合後、出場しなかった選手のフィットネスレベルを維持するために、30分間の軽いトレーニングを実施。しかし、アワールがピッチコンディションを理由にこれを拒否していた。 このトレーニングに対する選手からの不満はこれまでもあったようだが、拒否は初めてのこと。スタッフたちはその状況に頭を悩ませていたようだ。 しかし、そのアワールの態度を見たスポーツディレクター(SD)を務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏は、ジャン=ミシェル・オラス会長の同意を得て処分を下すことに決定。29日に予定されているリーグ・アン第12節のスタッド・ランスのメンバー外を決断した。 今夏、アーセナルを筆頭にビッグクラブへの移籍の噂が取り沙汰されていたアワール。リヨン残留に「友人や家族と心のクラブにいられる」と満足感を示していたが、今回の件で再び退団の話が再燃するかもしれない。 2020.11.27 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

国内無双を誇った黄金期のリヨンが美しいワンタッチパスの応酬でインテル守備陣を翻弄【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元ブラジル代表FWソニー・アンデルソン氏がリヨン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆黄金期のリヨンがインテルディフェンスを翻弄<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3QUNMYjFiTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルでのデビューを経て欧州に渡ったアンデルソン氏はマルセイユやモナコ、バルセロナでのプレーを経て1999年夏にリヨンに加入。2001-02シーズンのリーグ初優勝を皮切りにリーグ7連覇を果たした黄金期のリヨン一員として活躍した。 チャンスを確実にものにする決定力を武器に各クラブで得点を量産したアンデルソン氏だが、2002年10月22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのインテル戦では、華麗な連携からゴールを決めている。 0-0で迎えた22分、センターサークル付近でボールを受けたMFエリック・カリエールがダイレクトでボールをMFマハマドゥ・ディアッラに落とす。ディアラはこのパスをダイレクトで前線のアンデルソンに送ると、アンデルソンがまたもダイレクトで中央のスペースに走るカリエールにパスを送る。 カリエールはこのパスをさらにダイレクトでアンデルソンに返し、華麗なワンツーから抜け出したアンデルソンがボックス内に侵入すると、シュートをゴール左にしっかりと沈め、流れるような連携から先制ゴールを奪ってみせた。 その後シーソーゲームになったこの試合は結局3-3のドローに終わっている。 2020.11.12 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨン会長、デパイの今季残留を保証「メンフィスは残る。私のメッセージは明確だ」

リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、オランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)の去就について言及した。フランス『フット・メルカート』が伝えている。 今夏にバルセロナ行き直線まで迫っていたものの、財政上の問題もあり、最後までリヨンが移籍を認めず残留となったデパイ。だが、バルセロナのロナルド・クーマン監督は「再トライするつもり」と1月のデパイ獲りを示唆するコメントを残している。 そんな中、先日「守れるかどうかもわからない約束はしたくない」と去就について濁したデパイに対し、オラス会長はフランス『RMCスポーツ』で今季終了まで同選手がリヨンに残留することを保証。絶対に成功させなければならないシーズンであるとし、主力選手の冬の放出を否定した。 「各ポジションに代表選手がいる。キャプテンであるメンフィスも含めてね。彼は皆が望む次元へリヨンを連れて行ってくれると信じている」 「アプリオリ的に、我々は契約満了(2021年6月30日)まで彼を残しておけないが、私は最初から彼はバルセロナに行かないと言っていた。誰もその言葉に耳を傾けることはしなかった。彼らは退団するものだと思い込んでいたからだ」 「それはメンフィスだけでなく、フセム・アワールもムサ・デンベレもそう。だが私は最初からこう言っている。我々はヨーロッパカップを不当に奪われたこのシーズンは、絶対に成功させなければならない。だから彼が去ることはないと」 「メンフィスは残る。私のメッセージは明確だ」 2020.11.11 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ行き取り沙汰されるデパイ、来年1月の去就は? 「守れるかわからない約束はしたくない」

リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)がフランス『Telefoot』で、シーズン途中に活躍の場を移す可能性を否定しなかった。 今夏にバルセロナ行きの見方が強まったものの、実現しなかったデパイ。今季からロナルド・クーマン監督を招へいしたバルセロナは指揮官から続くオランダ代表で指導した教え子の獲得要望に応えるべく、来年1月に再びアタックするものとみられる。 これまでも幾度かにわたり、来年1月の去就に考えを示してみせるデパイは8日に本拠地で行われたリーグ・アン第10節のサンテチェンヌ戦後、改めてその類の質問を応じると、濁した。 「君たち(メディア)は僕にこの質問を何度も聞いてくるよね。でも、守れるかどうかもわからない約束はしたくない」 「リヨンは今の僕がここにいるのを最大限に活用すべきで、僕もここにいるのを最大限に生かしていく必要がある」 「それこそ今の僕が日々、やろうとしていることだ」 「僕の周りにいる人に聞いてみると良い。僕は練習が好きで、毎日をポジティブに過ごすように心がけているんだ」 なお、クーマン監督は先月、オランダ『AD』で今夏にデパイの獲得を求めた事実を認め、今年1月の再挑戦意向も明らかに。デパイとリヨンの契約は今季終了後に失効する。 2020.11.10 19:55 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly