鳥栖が下部組織からの2選手昇格内定を発表

2020.10.10 10:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は9日、同クラブU-18のFW兒玉澪王斗(18)とFW相良竜之介(18)の2021シーズントップチーム昇格内定を発表した。鹿児島県出身の兒玉は身長178cm、体重70kg。佐賀県出身で身長172cm、体重66kgの相良はU-17日本代表歴を持つ。昇格内定を受け、次のようにコメントしている。

◆兒玉澪王斗
「トップチームへの昇格が決まって心から嬉しく思っています。夢であったプロサッカー選手になれたのは、今まで関わって頂いた皆さまに支えられて、ここまで成長してこられたからです。感謝の気持ちを常に持ち続け、これから先、プロという世界で活躍できるように日々の練習から頑張っていきます」

◆相良竜之介
「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手をサガン鳥栖という素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく、光栄に思います。これまで支えてくださった、監督、コーチ、スタッフ、家族、仲間に感謝して日々努力し、すぐにスタジアムで活躍し、チームに貢献する姿を見せられるように頑張ります。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

各国主要リーグ所属クラブの選手平均年齢が判明 欧州5大リーグで最も若いのはミラン! J1は?

サッカー関連のあらゆる統計データを研究している機関『CIES Football Observatory』が、各国主要リーグに所属する各クラブの選手平均年齢を発表している。 欧州5大リーグの中で最も平均年齢が低かったのはミラン。重鎮FWズラタン・イブラヒモビッチが39歳でバリバリ活躍しているが、30歳超えの選手はDFマテオ・ムサッキオやDFシモン・ケアー、GKアントニオ・ドンナルンマら5人しかおらず、今夏にブレシアから加入したMFサンドロ・トナーリや、レジェンドのパオロ・マルディーニ氏を父に持つダニエル・マルディーニら25歳以下が大半を占めており、24.5歳という最低平均年齢を記録した。 2番目に若いのはモナコの24.7歳で、以下はスタッド・ランス(24.8歳)、サンテチェンヌ(24.8歳)とリーグ・アン勢が続く。トップ10ではリーグ・アンのクラブが5チーム入っており、そのほかではドイツのシュツットガルト(24.9歳)やライプツィヒ(25.1歳)、ラ・リーガのバレンシア(25.2歳)、プレミアリーグのブライトン(25.3歳)がランクインした。 UEFA管轄リーグで最も低かったのは、ラトビアのFKメタの20.7歳。2番目はスロバキアのMSKジリナ(21.2歳)、3番目はアイスランドのIFグロッタ(22.0歳)となっている。UEFA以外では、ウズベキスタンのナサフ・カルシが23.9歳で最も平均年齢が低かった。 また、J1リーグではサガン鳥栖が25.4歳で最も低く、2位に湘南ベルマーレ(26.3歳)、3位に鹿島アントラーズ(26.4歳)と続いた。一方で最も平均年齢が高かったのはヴィッセル神戸の29.0歳。欧州5大リーグでは29.7歳でパルマとなっている。 2020.10.26 19:59 Mon
twitterfacebook
thumb

異例の守護神トレード、鳥栖が横浜FMのGK朴一圭を期限付きで獲得「これからも前を向いて挑んでいきます」

サガン鳥栖は25日、横浜F・マリノスのGK朴一圭(30)が期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2020年10月25日~2021年1月31日までとなり、横浜FMとの公式戦には出場できない。背番号は「40」とのことだ。 朴一圭は、2014年に朝鮮大学校から藤枝MYFCへと入団。正守護神として明治安田J3で2シーズンプレー。2016年からはFC琉球に移籍し、正守護神としてプレーした。 2019年にJ3からJ1へと移籍を果たすと、持ち前の足元の技術の高さでアンジェ・ポステコグルー監督に重宝され、正守護神として明治安田J1で25試合に出場しJ1優勝に大きく貢献。しかし、今シーズンは中断期間中に右手骨折の負傷を負っていたものの、明治安田J1で12試合に出場。直近2試合のリーグ戦に出場していた。 横浜FMは鳥栖からGK高丘陽平を完全移籍で獲得したばかりで、異例の守護神トレードとなった。 朴一圭は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖のファン・サポーターの皆さん、この度、横浜F・マリノスから加入することになりました朴一圭です。一日でも早くチームの勝利に貢献できるように全力で頑張りますので応援よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「この度、サガン鳥栖へ期限付き移籍することになりました。急なご報告になってしまったことを申し訳なく思っています」 「まず、J3でプレーをしていた自分にJ1でプレーする機会を与えてくれたF・マリノス、そしてボスにとても感謝しています。また、サッカーに集中出来るようにサポートし支えてくれたスタッフの方々、チームメイトのみんな、本当にありがとうございました。このクラブに来る前までは、伝統あるF・マリノスでサッカーができるとは夢にも思っていませんでした。そしてF・マリノスに来たからこそ素晴らしい経験を得ることができました」 「シーズン半ばで移籍をすることになりますが、これまで応援してくださったファン、サポーターの皆さんの支えがあったからこそ、僕のF・マリノスでの日々がありました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。僕をF・マリノスファミリーとして温かく迎え入れてくれてありがとうございました」 「J1でプレーする機会を与えてくれたF・マリノスのためにも、挑戦する姿勢、諦めない気持ちを強く持ち、僕はこれからも前を向いて挑んでいきます」 2020.10.25 19:16 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖が2度追いつき湘南とドロー、中3日での連続対戦は2試合ともドローに《J1》

25日、明治安田生命J1リーグ第24節のサガン鳥栖vs湘南ベルマーレが駅前不動産スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 21日に行われた第13節の延期分でも対戦した両者。0-0のゴールレスドローから中3日で同じ相手と対戦する異例のスケジュールとなった。 ホームの鳥栖はその湘南戦からスタメンを6名変更。森下龍矢、大畑歩夢、樋口雄太、石井快征、チアゴ・アウベス、林大地が外れ、内田裕斗、本田風智、梁勇基、原川力、小屋松知哉、趙東建を起用した。 対するアウェイの湘南はスタメンを4名変更。坂圭祐、大野和成、松田天馬、石原直樹が外れ、舘幸希、田中聡、茨田陽生、指宿洋史が入った。 中3日での再戦という難しいゲームとなったこの一戦。立ち上がりから攻勢を強めたのはホームの鳥栖。左サイドの小屋松を中心に攻め立てる。 対する湘南はブロックを敷いた守備からカウンターで攻め手を見出す中、第10節以来のスタメン起用となりトップに入った指宿を上手く使って押し込もうとする。 鳥栖が攻め込む時間がやや多い中、20分にアウェイの湘南がスコアを動かす。カウンターの流れからボックス左で齊藤がパスを受けると、ゴール前にクロス。ターゲットの指宿を狙わないクロスは、2列目から飛び込んだ茨田がそのままヘッド。ゴール右に吸い込まれ、湘南が先制する。 先制を許した鳥栖は23分、左CKからのクロスをニアサイドで趙東建がヘッド。しかし、フリックしたボールはサイドネットを揺らしてしまう。 それでも34分、鳥栖はワンチャンスをものにする。右サイドを上がった松岡がフリーでクロス。ボックス中央で趙東建が強さを見せたヘッドを沈め、鳥栖が同点に追いつく。 追いつかれた湘南は変わらずカウンターを仕掛ける展開に。ボックス右から岡本がクロスをあげると、中央に入った指宿がヘッドで合わせるが枠を越えて行く。 それでも前半アディショナルタイム1分に湘南がワンチャンスをものにする。茨田がスローインをクイックリスタート。ディフェンスラインの裏に抜けたタリクへ出すと、グラウンダーのクロスをニアに走り込んだ指宿が合わせて、湘南が勝ち越して前半を終える。 鳥栖は後半スタートから梁勇基に代えて森下 龍矢を起用する。 リードしている湘南は右サイドの岡本と茨田を中心に攻め込むも、鳥栖はゴールを割らせない。 スコアが動かない中、追いつきたい鳥栖は金森と趙東建を下げて、林大地、樋口雄太を投入し、攻撃のリズムを変える。 さらに、本田と松岡を下げ、石井快征と豊田陽平を起用。すると、鳥栖は68分に決定機。ロングボールに抜けた林が持ち込むと、ボックス内でマイナスのパス。これを走り込んだ石井がダイレクトシュートも、DFに当たって枠をわずかに外れる。 それでも75分、原川から小屋松、小屋松から林へと縦パスが連続で入ると、抜け出した林がGKの逆を突くトゥキックでニアサイドを抜き、再び同点に追いつく。 攻勢を止めない鳥栖はボックス手前でパスを受けた小屋松が右足一閃。シュートは枠を捉えるが、GK谷がなんとか弾き出し得点を許さない。 最後まで互いに攻め込む中でそのまま試合終了。中3日での連戦は2-2の引き分けに終わった。 サガン鳥栖 2-2 湘南ベルマーレ 【鳥栖】 趙東建(前34) 林大地(後30) 【湘南】 茨田陽生(前20) 指宿洋史(前47) 2020.10.25 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

異例の補強、横浜FMが鳥栖の正守護神・高丘陽平を完全移籍で獲得「ワクワクしています」、ACLとJリーグで2チーム編成の可能性

横浜F・マリノスは23日、サガン鳥栖のGK高丘陽平(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 この時期の移籍は過去にない異例の事態。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、今シーズンのJリーグは特別に第3登録ウインドーを設置。10月30日まで選手を登録することが可能となっており、この移籍が実現した。 高丘は、地元神奈川県の横浜市出身。横浜FCの下部組織で育ち、2013年5月にユース所属ながら2種登録選手としてトップチームに登録。2014年に正式昇格した。 昇格3年目の2016年に天皇杯でデビュー。2017年は明治安田J2で41試合に出場するも、翌年は出場機会を失い3月にサガン鳥栖へ期限付き移籍。2019年から鳥栖へ完全移籍していた。 2019年は明治安田J1で24試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンは新加入のGK守田達弥とのポジション争いもある中、明治安田J1で16試合に出場、ルヴァンカップで1試合に出場していた。 横浜FMは11月にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている状況。隔離期間などを考え2チームを編成しなければいけない可能性もあり、朴一圭、梶川裕嗣、中林洋次の3人体制だったGK陣を補強したとみられる。 高丘は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さま、はじめまして。この度、サガン鳥栖から移籍加入してきました高丘陽平です。まずはF・マリノスでプレーする機会を与えてくださった関係者の皆さまに感謝をいたし 「ます歴史と伝統あるこのクラブの一員になれた事をうれしく思います。チームの方向性、スタイルを一日も早く理解し、チームの勝利に貢献出来る様に精進していきます。素晴らしいファン・サポーターの皆さまの前でプレーが出来る事にワクワクしています!皆さま、これから宜しくお願いいたします!!」 ◆サガン鳥栖 「この度横浜F・マリノスに移籍する事になりました。シーズンも残り2ヶ月を切ったタイミングでの移籍という事もあり、僕自身熟考の末、決断致しました」 「2018年3月末にサガン鳥栖に加入してから2年7ヶ月間本当に充実した日々を過ごす事ができました。初めての移籍で不安を抱えながらクラブハウスに来た思い出がつい昨日の事の様に感じます。試合に出た時、出られない時、様々な状況の中で沢山の方々に支えて頂いて今の自分があります。本当に感謝しています」 「今回コロナの影響でファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、鳥栖で出逢い支えて下さった全ての皆様に直接挨拶できない事は残念ではありますが、今後自分がより飛躍し活躍する事で恩返しをしていきたいと思っています」 「サガン鳥栖に来ることができて自分のキャリアの分岐点になりました。サッカー選手としても1人の人間としても成長させて頂きました。このクラブでプレーできた事を誇りに思います」 「このクラブに対して何か残す事ができたのかどうか自分では分かりませんが、何か皆様に感じるものを魅せる事ができていれば幸いです」 「最後になりますがファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、社長をはじめクラブ関係者の皆様、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、メディカルスタッフ、チームメイトの皆様ありがとうございました!」 「そして鳥栖に来て出逢った全ての皆様ありがとうございました!お世話になりました!また逢いましょう!」 2020.10.23 10:08 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南と鳥栖、互いに浮上のきっかけとしたい一戦は譲らずゴールレスドロー《J1》

新型コロナウイルスの影響で延期となっていた明治安田生命J1リーグ第13節の湘南ベルマーレvsサガン鳥栖が21日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 前節、柏レイソルに3-2で勝利し、ようやく連敗を「6」でストップさせた湘南。今季初の連勝を狙う今節は茨田、田中、舘に代えて松田、齊藤、石原広教を起用。システムは今季の基本布陣となる[3-1-4-2]を継続しており、松田と齊藤が中盤の攻撃的な位置に入る形となった。 一方、前節清水エスパルス相手に猛攻を見せるも1-1で引き分けた鳥栖は、リーグ戦6試合勝利から遠ざかっている状況。下位脱出のため何としても勝ち点3が欲しいチームは、前節から6人を入れ替えるターンオーバーを敢行。清水戦で同点ゴールを決めた林が、スタメンで起用された。システムは前節から変わらず、[4-4-2]となっている。 立ち上がり、お互いゴール前まで迫るシーンを作りつつも、やや湘南が優位に立つ。4分には右サイドを抜け出した岡本がクロスを放ち、飛び込んできた齊藤がヘッドを放つ狙い通りの形を作った。その後も前線から積極的なプレスでボールを奪取する湘南に対して、ミスもありなかなかボールを運べない鳥栖だったが、10分過ぎから徐々にボールを握れる状態に。その後はお互いボックス付近まではボールを運べるものの、シュートまでは持ち込めない状況が続く。 22分、ピッチを広く使った湘南は、岡本からのクロスにタリクがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えることができない。その直後、石原直が鳥栖の松岡と空中で交錯し、負傷交代するアクシデントが発生。不測の事態でエースを欠くことになった湘南だが、なおも攻勢を続ける。32分にはその石原直に代わって投入された茨田がシュートを放つも、これはGK守田が難なくキャッチした。 一方の鳥栖は36分に左サイドのパス交換から林がシュートを放つものの、なかなか主導権を握れない時間が続く。2トップの強さを利用したロングボールで打開を試みるも、チアゴ・アウベスと林の連係がいまいちであり、効果的な形を作れない。前半終了間際には湘南に攻め込まれる形になったが、DF陣が粘り強い守りを見せ、シュートまで持ち込ませなかった。 後半開始から湘南は負傷した坂に代えて舘、鳥栖はチアゴ・アウベス、金森に代えて高橋義、小屋松を投入する。 その後半も湘南ペースが続いたが、鳥栖も前半に比べて宮からの鋭い縦パスがいくつか見られるようになり、拮抗した状態が続いた。後半最初のシュートは59分。クロスのこぼれ球に反応した湘南の金子がミドルシュートを放つも。これは大きく枠を外れる。 70分に湘南は足首を痛めた松田に代えて岩崎を投入する。湘南はこの試合、3つの交代カードを負傷者で使うことになってしまった。 徐々に足が止まり始めてきた湘南に対して、鳥栖が攻勢を強めていく。77分には小屋松がゴール隅を狙う決定的なシュートを放つも、GK谷がファインセーブで阻止した 。 6試合未勝利の状況から抜け出したい鳥栖は、83分に林に代えてレンゾ・ロペスを入れる。しかし、この日はどちらのチームも帰陣が早く、一人ひとりが非常に集中した守備を見せたため、シュートを打つことすらままならなかった。試合終了間際には鳥栖の森下が惜しいシュートを放つもGK谷が阻み、結局0-0でタイムアップとなった。 どちらも集中した守備を見せたものの攻撃面では精度を欠き、湘南は連勝を、鳥栖は久しぶりの勝利を逃す試合となった。両者は25日に、明治安田生命J1リーグ第24節で再度対戦する。 湘南ベルマーレ 0-0 サガン鳥栖 2020.10.21 22:06 Wed
twitterfacebook