鳥栖が下部組織からの2選手昇格内定を発表

2020.10.10 10:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は9日、同クラブU-18のFW兒玉澪王斗(18)とFW相良竜之介(18)の2021シーズントップチーム昇格内定を発表した。鹿児島県出身の兒玉は身長178cm、体重70kg。佐賀県出身で身長172cm、体重66kgの相良はU-17日本代表歴を持つ。昇格内定を受け、次のようにコメントしている。

◆兒玉澪王斗
「トップチームへの昇格が決まって心から嬉しく思っています。夢であったプロサッカー選手になれたのは、今まで関わって頂いた皆さまに支えられて、ここまで成長してこられたからです。感謝の気持ちを常に持ち続け、これから先、プロという世界で活躍できるように日々の練習から頑張っていきます」

◆相良竜之介
「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手をサガン鳥栖という素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく、光栄に思います。これまで支えてくださった、監督、コーチ、スタッフ、家族、仲間に感謝して日々努力し、すぐにスタジアムで活躍し、チームに貢献する姿を見せられるように頑張ります。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

鳥栖も岩下敬輔の今季引退を発表 「いつの日かチャンピオンクラブになれる事を信じて応援」

サガン鳥栖もDF岩下敬輔(34)の今季現役引退を発表した。 岩下は鹿児島実高校を卒業後、2005年に清水エスパルスでプロデビュー。2012年途中からガンバ大阪に加わり、2014年の国内三冠達成や2015年の天皇杯連覇などに大きく貢献すると、2017年のアビスパ福岡移籍を経て、昨年3月から鳥栖に活躍の場を移した。 2009年に日本代表の招集を受け、J1リーグ通算206試合の出場数を誇るものの、今季のここまでリーグ戦1試合の出番にとどまる岩下。29日時点で自身のインスタグラム(@iwashita924keisuke)を通じて引退を表明するなか、鳥栖も30日にその旨を公表した。 今季限りで現役生活に終止符を打つ岩下はクラブ公式サイトを通じて、引退の報告とともに感謝の言葉を綴り、移行期にあるチームにエールを送った。 「今シーズンをもって引退します。サガン鳥栖では3試合もスタメンのチャンスを貰えたにも関わらず力になれず、本当に申し訳なく思っています。サポーターの皆さん、鳥栖には無限の可能性を秘めた選手が沢山います」 「その選手を生かすも殺すも、クラブ、サポーター、選手本人、すべてのものが大切なので、その可能性をしっかり後押しして、言葉にして伝えてあげてください。そうすれば皆さんの大好きな第二の、高橋義希、豊田陽平がでてくると期待しています」 「鳥栖がいつの日かチャンピオンクラブになれる事を信じて応援しています! 輝綺しっかりやれよ! 竜之介初ゴールおめでとう! 義希さん若いやつに負けんなよ! ありがとうサガン鳥栖!」 「最後に、竹原社長、選手達はわかっているよ、こんなにとんでもない額の自分のお金をつかってまで、サガン鳥栖を、最高のクラブにしたいと誰よりも思ってることは。負けんなよ、社長!」 2020.11.30 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖DF岩下敬輔、自身SNSで今季現役引退の意向を表明 「引退します。もうボールは蹴りません」

サガン鳥栖のDF岩下敬輔(34)が今季限りでの現役引退意向を表明した。 岩下は鹿児島実高校を卒業後、2005年に清水エスパルスでプロデビュー。2012年途中からガンバ大阪に加わり、2014年の国内三冠達成や2015年の天皇杯連覇などに貢献すると、2017年のアビスパ福岡移籍を経て、昨年3月から鳥栖に活躍の場を移した。 2009年に日本代表の招集を受け、J1リーグ通算206試合の出場数を誇るものの、今季のここまでリーグ戦1試合の出番にとどまる岩下は29日、自身のインスタグラム(@iwashita924keisuke)を通じて、今季限りの引退意向を明かすとともに、感謝の言葉を記した。 「サッカー選手16年、本当にあっとゆう間でした。引退します。もうボールは蹴りません。今年のスタートの時から決めてて、事務所や監督にも伝えてました」 「清水エスパルス、ガンバ大阪、アビスパ福岡、サガン鳥栖、優勝したり降格したり、泣いたり笑ったり、それぞれのクラブで色んな経験をさせてもらえた事、色んな人に出会えた事、沢山のファンに応援してもらえた事、僕の大切な財産です」 「コロナで大変な時期ではありますが、皆さんにスタジアムや練習場で直接あってお礼を言えたらなと思ってます。楽しみにしてます!」 2020.11.30 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

2位G大阪、攻めるも逆転ならず パトリックの技ありヒールで鳥栖とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が29日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、ガンバ大阪vsサガン鳥栖は1-1のドローに終わった。 秋から続いた12試合負けなしもあり、上位争いを演じる2位G大阪だが、前節の川崎フロンターレ戦で今季最多5失点の大敗。その敗戦をバネにした戦いが求められる今節は3バックを用いてJ1初先発の川崎と倉田をシャドーの位置に入れ、昌子の代わりに菅沼を最終ラインの一角に配した。一方、14位鳥栖は2試合ぶりの勝利を目指す戦いとなり、前節から4選手を変更。J1初先発の相良を左サイドハーフに入れ、過去7試合で1勝にとどまるアウェイG大阪戦での勝利を目指した。 来季のACL出場権だけでなく、天皇杯出場権もかかる2位の座を守るためにも3ポイントがほしいG大阪だが、久々の3バックだからか、リズムの悪い入りに。そのなかで、鳥栖がセカンドボールを多く回収していき、11分にレンゾ・ペレスが敵陣中央の位置で矢島からボールを奪い切ってショートカウンター。樋口が最終ライン背後を突いた浮き球パスは高尾に対応されるが、こぼれ球を諦めずに追いかけた相良がGK東口との連携ミスも突いて、無人のゴールに沈めた。 4試合連続で先制点献上のG大阪は徐々にアジャストしていき、巻き返す。しかし、34分にパトリックの胸トラップからの絶妙なスルーパスでボックス左のスペースに抜け出した宇佐美の右足フィニッシュは朴一圭が阻止され、右CKのチャンスを獲得した44分に菅沼が放ったヘディングシュートもクロスバーを直撃。さらに、前半アディショナルタイム1分にも右サイド深くの福田からの折り返しに倉田が頭で合わせるが、ここもGK朴一圭が立ちはだかり、生かせない。 試合が進むにつれ、ゴールに襲いかかる場面を増やしたものの、1点が遠かったG大阪はハーフタイム明けから4バックに変更。後半の頭から先制ゴールの相良と内田を下げて小屋松と森下の交代に動き、前半に守勢の時間が続くチームの修正を図った鳥栖を引き続き攻め立てていく。そのG大阪は56分、さらに攻勢を強めようと福田を下げて山本をピッチを送り出すと、続く69分にも川崎に代えて渡邉を投入。再三にわたり、立ちはだかってくるGK朴一圭を崩しにかかる。 後ろに重たい時間が続く鳥栖も72分に林と復帰戦の高橋を送り込み、バランスの修正を試みたが、G大阪の交代策が実を結ぶ。77分、敵陣右サイドの渡邉が自身を追い越す動きでより深い位置を突こうとした高尾にパス。そのままボックス右に侵攻した高尾の折り返しをニアサイドのパトリックが右足ヒールで押し込んだ。ようやく追いついたG大阪は80分に唐山と塚元の若き下部組織出身プレーヤーを投入すると、守りが崩れた鳥栖も81分に豊田という勝負のカードを切る。 互いに次の1点を目指す姿勢が浮き彫りになるなかで、引き続き鳥栖のゴールに迫ったG大阪は幾度かの場面で唐山に決定機が巡ってくるが、いずれもモノにできず、1-1で終了。相良にプロ初ゴールを許して、GK朴一圭の好守に苦しんだG大阪は2試合白星なしとなったものの、パトリックの7ゴール目で最低限の勝ち点1を掴み、勝ち点を「59」に伸ばした。 ガンバ大阪 1-1 サガン鳥栖 【G大阪】 パトリック(後32) 【鳥栖】 相良竜之介(前11) 2020.11.29 18:59 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:G大阪vs鳥栖】惨敗を糧に2位確保に向けて切り替えを、鳥栖はホーム戦のリベンジを

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年11月29日(日) 17:00キックオフ ガンバ大阪(2位/58pt) vs サガン鳥栖(14位/29pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆首位に惨敗も2位確保は至上命題【ガンバ大阪】 前節は首位の川崎フロンターレとの直接対決。勝たなければ眼前での優勝決定を決められてしまうという中、シーズンワーストの5失点で惨敗を喫してしまった。 G大阪の出来が悪かったというよりは、優勝をホームで決めたいという川崎Fが圧倒したという印象。先制をされて以降、攻撃の形も作れず、終盤までシュート数が伸びなかった。 優勝が決定した今、G大阪が目指すのは2位の死守だ。残り4節となった今、試合数にバラツキがある異例のシーズンである中、自力で2位は確保できる状況だ。 その中で残り4試合は下位チームとの試合しかない。今シーズンは降格なしの特別ルールだが、下位チームも来シーズンにつながる試合を見せたいと躍起になる。その中で、しっかりと勝ち切れるか。天皇杯出場のためにも、2位確保に向けて勝利したい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:福田湧矢、奥野耕平、山本悠樹、倉田秋 FW:渡邉千真、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆ポゼッションをしっかりゴールに繋げられるか【サガン鳥栖】 前節は最下位のベガルタ仙台と対戦。試合の主導権を握る展開となったが、終盤に失点を喫し0-1で敗戦となった。 7戦無敗で来たチームが足踏みとなったが、カウンター一発でやられるというチームが抱える課題が出た試合となった。 ポゼッションが高くてもシュート精度が低くチャンスを活かせなかった試合。チームとしては悔やまれる内容だが、今節もその可能性を孕む展開も予想できる。 G大阪も特徴はボール奪取からのカウンター。ポゼッションは鳥栖に有利となるが、一発で仕留める力もある。ホームゲームでは1-2で敗れており、同じ展開にはしたくないところ。シビアな残留争いをイメージし、しっかりと結果を残したいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:朴一圭 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、中野伸哉 MF:小屋松知哉、松岡大起、原川力、本田風智 FW:金森健志、林大地 監督:金明輝 2020.11.29 14:31 Sun
twitterfacebook
thumb

長沢駿が4戦連発の仙台、押し込まれながらも鳥栖を下す《J1》

25日、明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsベガルタ仙台が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1で仙台が勝利した。 前節はアウェイで柏レイソルの1-2で勝利を収めた鳥栖。スタメンは1名変更し、チアゴ・アウベスに代えて本田風智を起用した。 対する仙台は前節はホームで鹿島アントラーズ相手に1-3で敗戦。そこから4名が変更。柳貴博、兵藤慎剛、赤崎秀平、石原崇兆が外れ、飯尾竜太朗、佐々木匠、イサック・クエンカ、長沢駿が起用された。 ここ7試合負けがない鳥栖。最下位の仙台との下位対決となったが、序盤から主導権を握ったのは鳥栖だった。 まずは9分、小屋松のスルーパスに抜け出した林が華麗なタッチで流し込むが、これはわずかにオフサイドとなりゴールは認められない。 28分には仙台がチャンス。右サイドを突破した飯尾がクロスを送ると山田がシュートもGK朴一圭がセーブする。 対して29分、鳥栖はボックス付近で細かくパスをつなぐと、最後は原川がボックス手前からミドルシュート。しかし、GKがセーブする。 前半アディショナルタイムにも鳥栖がチャンス。ボックス左に侵入した林がシュート。これは右ポストを叩くも、跳ね返ったボールがGKに当たってゴールへ。しかし、間一髪戻った平岡がなんとかクリアし、ゴールを許さない。 ゴールレスで迎えた後半。鳥栖は52分に林がドリブルで強引に持ち込みボックス内右からシュート。しかし、これは枠を外れる。 57分には仙台がチャンス。イサック・クエンカが粘ってボックス内から折り返すと、最後は山田が詰めるがこれは原がブロックする。 このままゴールレスドローかと思われた78分に仙台がワンチャンスをものにする。ボックス手前から松下が右サイドの浜崎へパス。浜崎はボックス右から鋭いクロスを送ると、中央で豪快にヘッドでたたき込み、押されていた仙台が先制に成功する。 先制を許した鳥栖は小屋松と森下を下げて豊田陽平、相良竜之介を投入。2種登録の相良はJ1デビュー戦となった。 鳥栖はトップに入った豊田をターゲットにロングボールを供給。デビュー戦となった相良も積極的にシュートを放つなど良い動きを見せて同点を目指す。 90分には樋口がボックス左から鋭いクロス。これに相良がダイレクトでボレーを放つが、GKがなんとかセーブして得点を許さない 最後まで決定力を欠いた鳥栖に対し、仙台はしっかりとゴール前でブロックを敷いて守りきりタイムアップ。アウェイでの連勝を飾った。 サガン鳥栖 0-1 ベガルタ仙台 【仙台】 長沢駿(後33) 2020.11.25 21:59 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly