マインツ、降格デュッセルドルフ退団のMFシュテーガーを獲得! 昨季7アシストのプレーメーカー

2020.10.07 22:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは7日、オーストリア人MFケビン・シュテーガー(27)の加入を発表した。背番号は「17」に決定。契約期間は2022年6月30日までの2年となる。シュツットガルトでトップチームデビューを飾ったシュテーガーは攻撃的MFやセントラルMF、左サイドを主戦場とする左利きのプレーメーカー。

これまでカイザースラウテルン、パーダーボルン、ボーフムと、ドイツ2部のクラブを渡り歩いてきたが、2018年夏に加入したデュッセルドルフで待望のブンデスリーガデビューを飾った。

昨シーズン、チームは17位で2部降格となったものの、シュテーガー自身は25試合1ゴール7アシストと見事な数字を残していた。そのため、クラブ側の慰留を固辞し、シーズン終了と共にデュッセルドルフを退団していた。

今夏の移籍市場では資金力に乏しいブレーメンやシャルケなど、ブンデスリーガの幾つかのクラブが獲得に動いていた中、最終的にマインツを新天地に選択した。
コメント
関連ニュース
thumb

ディナモ・モスクワ、マインツで武藤を指導したサンドロ・シュヴァルツ氏を新指揮官に招へい

ディナモ・モスクワは15日、新監督にドイツ人指揮官サンドロ・シュヴァルツ(41)を招へいした。契約期間は2022年6月30日までとなる。 マインツの下部組織出身であるシュヴァルツ監督は、現役時代にユルゲン・クロップ監督の指導を受け、2003-04シーズンにクラブ史上初のブンデスリーガ昇格を果たしていた。 そして現役引退後は、2009年7月から最後の所属クラブとなったブンデスリーガ3部のSVヴェーエン・ヴィースバーデンで指導者キャリアを始めると、2013-14シーズンからマインツのU-19チームの監督に就任。その後、2015年2月からU-23チームの監督を率いると、2017年7月からトップチームの監督に就任。 就任1年目はブンデスリーガを14位で終えると、2年目の2018-19シーズンは12位に浮上。しかし、3年目となった昨季は開幕11試合で3勝8敗の勝ち点9で降格圏の16位に沈むと、2019年11月に首脳陣との話し合いの末に解任ではなく、契約解除でチームを離れた。 なお、マインツのトップチームでは、2015年から同クラブに所属したFW武藤嘉紀(現エイバル)を指導していた。 2020.10.15 23:20 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太がブンデスデビュー!ウニオンがクルーゼの移籍後初など4発で快勝!《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは2日、ブンデスリーガ第3節でマインツをホームに迎え、4-0で圧勝した。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は82分から出場し、ブンデスデビューを飾っている。 プレシーズンでの負傷により出遅れていた遠藤が初のベンチ入りを果たした一戦。 2連敗スタートとなってバイエルロルツァー前監督を解任したマインツに対し、積極的な入りを見せたウニオンが13分に先制する。右サイドゴールライン際からプロメルの上げたクロスをファーサイドのクルーゼがヘッドで叩き込んだ。 クルーゼの移籍後初ゴールで先手を取ったウニオンは27分に追加点のチャンス。右サイドをベッカーが持ち上がってクロスを送り、ファーサイドのクルーゼがボレーで合わせたが、枠を捉えきれなかった。 その後もマインツにシュートを打たせず主導権を握ったウニオンが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にウニオンが加点する。右サイドからのトリメルのアーリークロスをファーサイドのイングヴァルトセンがボレーで合わせた。 さらに63分、右サイドからのトリメルのFKをM・フリードリッヒがヘッドで押し込み、ウニオンに3点目が生まれる。 さらに1分後、直前に投入されていたポヒャンパロに加入後即ゴールが生まれ、4-0としたウニオンは、82分にブンデスデビューとなる遠藤が投入される。 遠藤が左サイドに入った中、87分にはドリブルを仕掛ける場面があったが、DFをかわしきれず。 それでも4-0のまま快勝したウニオンが今季初勝利を飾っている。 2020.10.03 05:24 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、マインツからPSGも関心示したMFバクを獲得!

ヴォルフスブルクは1日、マインツからU-21ドイツ代表MFリドル・バク(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 マインツ生え抜きのバクは2017-18シーズンにトップチームデビュー。本職はセントラルMFながら高い身体能力と、柔軟な戦術理解力を武器にサイドハーフやサイドバックでもプレー可能だ。 昨シーズンのブンデスリーガでは複数のポジションで併用されながら30試合に出場し、1ゴール3アシストを記録。ここ最近では右サイドバックで印象的なパフォーマンスを披露していた。 そのバクに関しては一時パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心も伝えられていたが、新天地は同じブンデスリーガのヴォルフスブルクとなった。 2020.10.01 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツがバイエルロルツァー監督を解任…後任にはアシスタントコーチを任命

マインツは28日、アヒム・バイエルロルツァー監督(52)を解任したことを発表した。 かつてライプツィヒでアシスタントコーチを務めた経験を持つバイエルロルツァー氏は、昨年11月にケルンの監督を解任された直後、サンドロ・シュヴァルツ前監督との契約を解消していたマインツの指揮官に就任。当時16位に位置していたチームを13位に引き上げ、1部残留に導いていた。 しかし、今季の開幕2連敗を受けて、クラブは解任を決断。バイエルロルツァー氏は「クラブの決定には失望しているが、マインツとそのチームが将来のために最善を尽くせるよう願っている」とコメントを残した。 後任はアシスタントコーチのヤン・モリッツ・リヒテ氏(40)を任命したことが伝えられている。2017年からアシスタントコーチを務めていた同氏について、スポーツ・ディレクターのルーベン・シュレーダー氏は「ヤン・モリッツ・リヒテは技術的な専門知識を持ち、コーチとして10年以上の経験がある。チーム内外の事情を熟知している点も含めて、今季最後まで導いてくれることを期待している」と声明を出している。 そしてヤン・モリッツ・リヒテ氏は「新しい役割において、自分が直接的に影響を与えられることにフォーカスしている。それは来月2日のウニオン・ベルリン戦に向けたトレーニングと準備だ。チームにとっても私にとってもこのフォーカスは絶対的なものだ」と意気込みを語っている。 なお、マインツでは先日、戦力外通告を言い渡されたハンガリー代表FWアダム・サライ(32)を巡って、クラブの冷遇に憤った選手たちが練習をボイコットする事態が起きている。一部ではバイエルロルツァー監督との確執や、コロナ禍で未払いの給与の支払いに関する問題を指摘する説も出ていた。 2020.09.28 19:56 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航が2点演出のシュツットガルトが4発逆転勝利で初白星!《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは26日、ブンデスリーガ第2節でマインツとのアウェイ戦に臨み、4-1で逆転勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 2-3で敗れた開幕戦のフライブルク戦をボランチとしてフル出場した遠藤が引き続き[3-6-1]のボランチでスタメンとなった一戦。 ライプツィヒに1-3と完敗したマインツに対し、4分に左CKから遠藤がヘディングシュートでGKを強襲するなど良い入りを見せていたシュツットガルトだったが、13分に失点する。 ボックス手前右からのボエティウスの浮き球パスをゴールエリア左のマテタにヘッドで折り返され、最後はクアイソンに頭で押し込まれた。 失点後も前がかるシュツットガルトは25分にボエティウスに際どいミドルシュートを打たれたが、36分に同点のチャンス。ゴールキックを受けたワマンギトゥカがボックス左からシュートに持ち込んだが、わずかに枠の右上に外れた。 それでも45分に追いつく。遠藤のパスを受けたカストロが中央を持ち上がってスルーパス。ボックス右に侵入したワマンギトゥカがダイレクトでゴール左へ蹴り込んだ。 1-1で迎えた後半、一進一退の攻防で推移していた中、61分にシュツットガルトに逆転弾が生まれる。遠藤のスルーパスでカラジッチがボックス右に侵入。折り返したクロスをディダヴィが押し込んだ。 そして77分にニアカテに2枚目のイエローカードが出されたマインツに対し、シュツットガルトは81分にカウンターに転じた流れから3点目。ワマンギトゥカが持ち上がり、ラストパスを受けたクリモビッツがゴールを決めた。 86分にもカラジッチにゴールが生まれたシュツットガルトが、終わってみれば4ゴールを叩き込んでの逆転勝利で初白星を飾っている。 2020.09.27 00:37 Sun
twitterfacebook