大分MF佐藤和弘が松本にレンタル 「泥臭く、最後まで諦めない姿を」

2020.10.05 16:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
松本山雅FCは5日、大分トリニータに所属するMF佐藤和弘(30)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「38」を着用する。松本の公式サイトを通じて次のようにコメントしている。「大分トリニータから来ました佐藤和弘です。松本山雅FCのために、泥臭く、最後まで諦めない姿を見せられるように全身全霊をかけて戦いますので、よろしくお願いします」

佐藤はツエーゲン金沢、水戸ホーリーホック、ヴァンフォーレ甲府を渡り歩き、今季から大分でプレー。明治安田生命J1リーグ第7節の清水エスパルス戦でキャリア初のJ1初出場を果たしたが、ここまで5試合の出場にとどまっている状況だった。

加入から1シーズン経たずして出場機会を求めての移籍を決断した佐藤は大分の公式サイトを通じて、感謝の言葉を送り、新天地での活躍を誓った。

「約一年弱という短い間でしたけど大分トリニータの1人としてJ1で戦えたこと、そして素晴らしい仲間やスタッフとサッカーができたことがすごく幸せでした。また大分トリニータに帰ってこられるように、松本山雅FCで結果にこだわって戦ってきたいと思います。ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

松本山雅が法政大DF宮部大己の来季加入内定を発表…鹿島FW上田綺世と同期

松本山雅FCは23日、法政大学に在学するDF宮部大己(22)の来季加入内定を発表した。また、10月20日付で特別指定選手として登録され、背番号も「37」に決定している。 東京都出身の宮部は身長178cm体重70kgのDF。センターバックもサイドバックもこなせるユーティリティ性溢れる選手で、対人能力は高い評価を得ている。 鹿島アントラーズで活躍するU-22日本代表FW上田綺世を同期に持つ宮部は、松本加入に際し、熱いサポーターが印象に残っていると話している。 「来年度より松本山雅FCに加入することが決まりました、法政大学の宮部大己と申します。日本一のサポーターの方々の声援や熱量を幼い頃にメディアを通して感じ、感動したのを覚えています。そんな方々に心から応援してもらえるように自覚と責任を持ち、私の全てを松本に捧げます。応援よろしくお願いいたします」 2020.10.23 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

帰国を希望し松本を退団したFWイズマがインドのチェンナイインFCに加入「チームの勝利をサポートする」

インド・スーパーリーグのチェンナイインFCは、松本山雅FCを退団した元ギニアビサウ代表FWイズマ(29)がフリートランスファーで加入することを発表した。 「チェンナイFCは豊かな文化と素晴らしいファンベースを持つ都市を代表するクラブで、ここに参加できることを誇りに思います」 「監督であるチャバ・ラスロとの交渉は満足いくものでした。僕は彼がチームの成功のために計画していることに完全に自信があります」 「チーム、監督が僕に期待するものを与えられるように、一生懸命努力します。チームの目標を達成するために、より多くのゴールを獲得し、多くのサポートを行い、チームの勝利をサポートするように努めます」 イズマは、ニースやリオ・アヴェ、APOEL、ハーツなどヨーロッパでプレー。さらに、ウズベキスタンのパフタコールやイランのエステグラルなどアジアでもプレーしていた。 2019年に松本に加入すると、1年目は明治安田生命J1リーグで3試合に出場。今シーズンもここまでJ2リーグで6試合に出場していたが、ゴールはなかった。 松本退団時には帰国を希望する申し入れがあったとされていたが、アジアに留まることになった。 2020.10.12 16:58 Mon
twitterfacebook
thumb

北九州との“福岡ダービー”制した福岡がクラブ新記録の9連勝達成で2位浮上! 松本は新体制初勝利《J2》

4日、明治安田生命J2リーグ第24節の8試合が各地で行われた。 アビスパ福岡(勝ち点43/3位)vsギラヴァンツ北九州(勝ち点45/2位)がベスト電器スタジアムで行われ、ホームの福岡が2-0で勝利した。 上位対決による“福岡ダービー”。ホームの福岡は5分、自陣から石津からロングボールを供給。DF村松がクリアをミスすると、FWフアンマ・デルガドが入れ替わり抜け出して左足シュートを放つと、ゴール左に決まり先制に成功する。 その後は北九州が主導権を握り、決定的なシュートを何度も放つが、福岡GK村上の好守もあり1-0で前半を終える。後半立ち上がりも北九州が主導権を握ったが、71分に福岡が追加点を奪う。左CKからエミル・サロモンソンが右足クロスを送ると、ボックス中央のフアンマ・デルガドが頭で合わせてリードを2点に広げた。 その後も北九州の攻撃をシャットアウトした福岡が2-0で逃げ切り。クラブ記録を更新する9連勝でJ1昇格圏となる2位に浮上した。一方、敗れた北九州は3位に転落している。 また、松本山雅FC(勝ち点20/21位)はNDソフトスタジアム山形でモンテディオ山形(勝ち点29/16位)と対戦し3-1で勝利した。 ゴールレスで試合を折り返した49分に左CKの流れから大野がプロ初ゴールを記録。直後に中村に1点を返されたが、55分にセルジーニョのパスを受けた前が移籍後初ゴールを決めて勝ち越しに成功。75分にはセルジーニョにもゴールが生まれた松本が3-1の快勝を収めて、柴田監督体制初白星を手にした。 そのほか、アルビレックス新潟(勝ち点37/9位)は清水エスパルスから期限付き移籍中のFW鄭大世のハットトリックなどでFC町田ゼルビア(勝ち点30/15位)に4-0で快勝を収めている。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1k69utrkaq71p1ndl5aeea88h2" async></script></div> ◆明治安田生命J2リーグ第24節 ▽10/4(日) モンテディオ山形 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 松本山雅FC</span> 水戸ホーリーホック 0-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 1</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 4</span>-0 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 京都サンガF.C. </span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 2</span>-0 ギラヴァンツ北九州 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> ▽10/3(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 大宮アルディージャ 愛媛FC 0-0 レノファ山口FC 徳島ヴォルティス 1-1 FC琉球 2020.10.04 20:35 Sun
twitterfacebook
thumb

松本がFWイズマと双方合意で契約解除、新型コロナウイルスで帰国を希望

松本山雅FCは1日、ギニアビサウ人FWイズマ(29)との契約解除を発表した。双方合意のもとでの契約解除とのことだ。 クラブの発表によると、新型コロナウイルス感染症の影響が長期的に続いているなか、イズマより帰国を希望する申し入れがあったとのこと。本人とクラブで協議を重ねた上で、最終的に本人の意思を尊重して、本契約解除に合意することになったという。 イズマはクラブを通じて今回の契約解除についてコメントしている。 「今回の申し出を受け入れてくれたこと、そして僕に温かく携わってくれてたクラブに感謝いたします」 「クラブに貢献せずに去ることは悲しいですが、常にトレーニングでクラブの為に100%を出しながら日々を歩んだので胸を張ってこのクラブを去ります」 「僕に対して愛情をたくさん注いでくれたサポーターには感謝してもしきれません。クラブの目標達成の為に、メンバーには最後まで諦めないで戦ってほしいです」 「どこにいても松本山雅を応援し続けます。One Soul」 イズマは、ニースやリオ・アヴェ、APOEL、ハーツなどヨーロッパでプレー。さらに、ウズベキスタンのパフタコールやイランのエステグラルなどアジアでもプレーしていた。 2019年に松本に加入すると、1年目は明治安田生命J1リーグで3試合に出場。今シーズンもここまでJ2リーグで6試合に出場していたが、ゴールはなかった。 2020.10.01 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

J2リーグ20位の松本、布啓一郎監督を解任 後任に編成部部長の柴田峡氏

松本山雅FCは25日、布啓一郎監督(59)と羽田憲司コーチ(38)の解任を発表した。 過去に市立船橋高校を率いて4度の高校選手権優勝に導いた実績を持つ布監督は2018年からザスパクサツ群馬を率いて、翌シーズンの明治安田生命J3リーグでチームの3年ぶりとなるJ2リーグ昇格に貢献。今季から松本の監督に就任した。 反町康治氏(現・日本サッカー協会技術委員長)の後任として迎えた今季だったが、ここまで4勝7分け10敗の20位。23日にホームで行われたJ2リーグ第21節のFC琉球戦で今季最多6失点の敗北を喫して、ここ4試合で白星が遠ざかっている。 シーズン折り返しのタイミングで松本の監督を辞することが決まった布監督はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「成績を上げることができずに、サポーターをはじめ、クラブをサポートしていただいている皆様にたいへん申し訳なく思います。これからは、外から松本山雅を応援させていただきます。短い間でしたが、ありがとうございました」 また、後任監督として、編成部部長を務める柴田峡氏(54)の就任がとなり、U-18監督の西ヶ谷隆之氏(47)もコーチに昇格。本日25日のトレーニングから指揮を執り、再建を図る柴田新監督は意気込みを語った。 「今回の監督交代は、強く責任を感じています。クラブをサポートしてくれている皆様の思いに結果をお見せしないといけないのが我々のクラブです。次の試合まで大きなことを変えることはできませんが、選手たちが新たにチャレンジする気持ちやそれぞれの想いを1つにして、チームを良い方向に向かわせるように、力を合わせて頑張ってまいります。皆様の応援をよろしくお願いいたします」 松本は26日に行われる次節、2位に位置する徳島ヴォルティスのホームに乗り込む。 2020.09.25 11:54 Fri
twitterfacebook