6戦連発中の横浜FMのブラジル人FWエリキが母国メディアに応対!「日本でとても満足」

2020.10.03 08:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
横浜F・マリノスのブラジル人FWエリキ(26)がブラジル『UOL』のインタビューに応じた。

エリキは2019シーズン途中にパウメイラスからレンタル移籍で加入。明治安田生命J1リーグで12試合に出場し8得点を記録し、チームのリーグ制覇に貢献していた。

◆今から31年前、コリチーバ時代のカズのプレー集


今シーズンも直近の6試合で8ゴールを決めるなど、上位追撃へ巻き返しを図る横浜FMの攻撃陣を牽引。J1リーグ12試合に出場し8得点を記録している。

今シーズン終了後には、保有元のパウメイラスへ戻ることが予想されるエリキだが、日本でのプレーについて次のように語っている。

「僕は日本でのフェーズにとても満足している。チームにゴールとアシストという形で貢献できて、心地よく過ごせている。今シーズンの目標を達成できるように、さらに改善していきたいと思っている」

また、『UOL』によれば、トルコのトラブゾンスポルがエリキの代理人と連絡を取ったとのことだが、まだ交渉には至っていないようだ。一方で、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で経済的に困窮しているパウメイラスとしては売却を容認する姿勢とのことだ。


関連ニュース
thumb

セルティック前田大然が完全移籍移行! 保有元の横浜FMを通じて「これからも自分らしくがむしゃらに」

横浜F・マリノスは23日、日本代表FW前田大然(24)がセルティックに完全移籍すると発表した。 前田は松本山雅FC、水戸ホーリーホック、ポルトガルのマリティモを経て、2020年夏から横浜FMでプレー。今年1月からセルティックにローン移籍した。 横浜FM時代からの恩師であるアンジェ・ポステコグルー監督の下、公式戦22試合に出場して8ゴール。スコティッシュ・プレミアシップ制覇に貢献した。 元々、買取義務付きのローン移籍とだけあって、予定調和の完全移籍となる前田は保有元だった横浜FMの公式サイトを通じてファンにコメントをした。 「スコットランドに来てからも、皆さんの応援は心強かったですし、リーグ優勝という形でいいニュースを皆さんに届けることができました。期限付き移籍の際に伝えた想いがすべてですが、これからも自分らしくがむしゃらにチャレンジし続けます。F・マリノスは自分の中でいつまでも好きなクラブのひとつです! #マリノスファミリー 最高!」 なお、前田は25日にニッパツ三ツ沢球技場で行われる明治安田生命J1リーグ第15節の京都サンガF.C.戦に来場予定だという。 2022.05.23 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

走り切った福岡、クルークスのゴールで横浜FMから21年ぶりの白星【明治安田J1第14節】

明治安田J1第14節、アビスパ福岡vs横浜F・マリノスが21日にベスト電器スタジアムで行われ、1-0で福岡が勝利した。 14位の福岡(勝ち点14)と3位の横浜FM(勝ち点25)の一戦。福岡は5得点した5月初めのFC東京戦以降、ここ2試合は1分け1敗でいずれも無得点と、再び白星から遠ざかっている。 一方の横浜FMは、ACL帰りの3試合で2勝1分け。前節は宮市のJ初ゴールなどで前半で3点のリードを得ていたが、後半にユンカーのハットトリックを許し、勝ち星を逃す結果となった。 そんな両チームの一戦は、ホームの福岡が最初のシュートを放つ。3分、田中が右サイドから上げたクロスの跳ね返りにクルークスが反応。ボックス手前からダイレクトで狙ったが、シュートは枠の右に外れた。 早々にひやりとさせられた横浜FM。前節からスタメンを7人変更した中で、後半だけで3失点した守備陣は小池龍太を除いて全員入れ替えており、今節は守備も注目すべき要点となる。 だが、14分には左サイドバックの永戸が前嶋に簡単に突破され、クロスから田中のボレーシュートを許すシーンが。ここは相手が精度を欠いて事なきを得たものの、やや押され気味の立ち上がりとなった。 それでも16分、アンデルソン・ロペスがボックス手前からのシュートでGKを強襲。19分には仲川が得意のカットインから右足のシュートを放つなど、アウェイチームが徐々に盛り返していく。 24分には再びアンデルソン・ロペス。マルコス・ジュニオールの針の穴を通すようなスルーパスをボックス左で受け、その流れのままシュートへ。だが、ここはGKとの距離が近く、体に当たってはじき返された。 リーグトップの得点力を誇る横浜FMと、最少失点の福岡らしい見応えのある攻防が繰り広げられる中、前半半ばにはホームの福岡がひと噛み、田中が左サイドから右足で上げたクロスをボックス右のフアンマが折り返し、前がフィニッシュ。見事な連携だったが、シュートは右ポストに。トリコロールは致命傷を避けられた。 0-0で迎えた後半立ち上がりはオープンな展開に。50分過ぎからはクロスの応酬で、目まぐるしい攻防が繰り広げられる。 そのせめぎ合いに終止符を打ったのは福岡だった。58分、敵陣左サイドでスローインからリスタートした福岡は、志知のスローインをボックス角の山岸が頭で後方へ逸らす。これにフアンマが反応し、ボックス右のスペースへラストパス。走り込んだクルークスが左足で丁寧に流し込み、先制点を決めた。 失点前から攻撃がやや停滞していた横浜FMは、66分に仲川を下げて宮市を投入。しかし、なかなか好転には向かわず、その後もマルコス・ジュニオールを下げてレオ・セアラをピッチへ送る。 そんな中、横浜FMはアンデルソン・ロペスがボールのないところで福岡DF宮と小競り合いを起こし一発退場に。マークに付いていた宮に背中を押されたことへの苛立ちで相手の足を蹴ってしまったようで、報復行為とみなされレッドカードが提示された。 これで大きく優勢に傾いた福岡は、89分にはルキアンのヘディングシュートがクロスバーに直撃。一方、苦しい展開となった横浜FMも最後まで諦めず、90分にはエドゥアルドがミドルシュートを放つが、GK村上のファインセーブに遭う。 後半アディショナルタイムは、アンデルソン・ロペスの退場の際にVAR確認で時間を使ったため10分と長尺に。その中で横浜FMは最後まで同点への気迫を保っていたが、CKで生まれた混戦で途中出場のレオ・セアラのシュートがポストに嫌われるなど、最後はツキに見放される形で試合終了。 鉄壁で虎の子の1点を守り切った福岡が白星を挙げ、横浜FM戦では実に21年ぶりの勝利を収めた。 2022.05.21 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:福岡vs横浜FM】堅守の福岡の策は? 横浜FMは失意のドローから立ち直れ

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 19:00キックオフ アビスパ福岡(12位/15pt) vs 横浜F・マリノス(3位/25pt) [ベスト電器スタジアム] ◆堅守を見せてゼロに抑えられるか【アビスパ福岡】 前節は川崎フロンターレを相手にアウェイで0-2と敗戦した福岡。5試合ぶりの敗戦となったが、やはりトップ陣との差を感じさせられることとなった。 ただ、ミッドウィークのYBCルヴァンカップではFC東京を相手に0-0のゴールレスドロー。プレーオフステージに駒を進めたことはチームの自信となったはずだ。 今シーズンの福岡は堅守が売りに。一方で、横浜FMの攻撃陣をどう抑えるかがカギとなる。 しっかりと守備を構築しながらもセットプレーで川崎Fに敗れているだけに、今節はそこも含めてどう守るのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:前嶋洋太、奈良竜樹、ドウグラス・グロリ、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、田中達也 FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也 監督:長谷部茂利 ◆失意のドローから立ち直れ【横浜F・マリノス】 ミッドウィークに行われた浦和レッズ戦では、前半だけで圧巻の3ゴール。しっかりと崩しての3得点に沸き、どんな試合になるかと思いきや、後半は高い最終ラインの裏を突かれるなどキャスパー・ユンカーにハットトリックを許し、3-3のドローに終わった。 圧倒した前半から見れば、ショックの大きなドローとなるだろう。勝ち点2を落としたと言わざるを得ないが、前を向くしかない。 前半の出来は完璧と言っても良い状況。左サイドから崩しての3点とチームのウィークポイントをしっかりと機能させたと言える。 今節に向けては下を向かないことが重要。自分たちの良い部分を信じ、今節も前半から圧倒していけるのかに注目がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ FW:仲川輝人、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 2022.05.21 14:42 Sat
twitterfacebook
thumb

今、日本代表に呼ぶべき未招集選手5人。特長を示すストライカーや中盤の要

20日、6月のキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022に向けた日本代表メンバーが発表される。 11月に開幕するカタール・ワールドカップに向けた貴重な実戦の場。チームとして本番前に行えるテストが限られた中、森保一監督がどのようなメンバーを招集するのか注目が集まっている。 そこで、今呼ぶべき日本代表未招集の選手5名をピックアップする。 <H2>①献身性を身につけたストライカー</H2> FW鈴木優磨 生年月日:1996年4月26日 所属:鹿島アントラーズ 2022 Jリーグ:13試合/6ゴール4アシスト 日本代表歴:なし 鹿島のアカデミー育ちの鈴木は2019年7月に海を渡りシント=トロイデンへ完全移籍。ベルギーでの挑戦をスタートさせた。 初年度こそ苦しむ時期もあったが、3シーズンをプレーしジュピラー・プロ・リーグでは69試合で26ゴール6アシストを記録。昨夏は多くのクラブが興味を示したものの、移籍話がまとまらずに残留。今シーズンはその影響もあり数字を残せないでいると、1月にもヨーロッパでのステップアップを目指すと思われた中、古巣の鹿島へ電撃復帰を果たした。 その鈴木だが、鹿島では絶好調。大先輩である小笠原満男氏が背負った「40」をつけ、ゲームキャプテンを務めるほか、ピッチ上ではハードワークと献身性を見せるだけでなく、6ゴール4アシストとすでに10ゴールに絡む活躍を見せている。 時折みせるヤンチャな部分が悪目立ちする印象はあるが、日本代表のエース候補でもあるFW上田綺世とのコンビネーションも抜群。献身性、デュエルで戦える強さ、得点力と招集に必要な要素は備えていると言って良いだろう。 <span class="paragraph-title">②トップ下で花開く万能型FW</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> FW西村拓真 生年月日:1996年10月22日 所属:横浜F・マリノス 2022 Jリーグ:9試合/4ゴール 日本代表歴:なし ベガルタ仙台から今シーズン横浜FMへと完全移籍で加入した西村。若くして、CSKAモスクワ、ポルティモネンセとヨーロッパでのプレーを経験しており、チャンピオンズリーグ(CL)でもプレーを経験済みだ。 ヨーロッパの挑戦は決して順風満帆というわけにいかず、出場機会もあまり得られないという苦しい時代だった。 復帰した仙台でも苦しい状況は続き、チームはJ2に降格。そんな中、移籍した横浜FMではチームに欠かせない戦力となっている。 これまでは2トップの一角や、ワイドのポジションで起用されていた西村だが、ケヴィン・マスカット監督はトップ下のポジションに配置。すると、持ち前の献身性に加え、豊富な運動量を生かしたプレーで、攻守に顔を出す活躍を見せている。 走行距離も常に高いだけでなく、シーズンはすでに4ゴールを記録。先日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも全試合に出場するなどタフさも備えており、攻撃を活性化させるという点では日本代表でも生きる存在と言えるだろう。 <span class="paragraph-title">③ドイツで輝いたレフティCB</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> DF伊藤洋輝 生年月日:1999年5月12日 所属:シュツットガルト(ドイツ) 2021-22 ブンデスリーガ:29試合/1ゴール1アシスト 日本代表歴:なし 昨夏にジュビロ磐田からシュツットガルトへとレンタル移籍した伊藤。今シーズンはU-23チームに所属してプレーするはずだった。 しかし、シーズン前のトレーニングキャンプでファーストチームに帯同すると、ペッレグリノ・マタラッツォ監督がその才能に惚れ込みそのまま帯同。シーズン初戦のDFBポカールでいきなり先発すると、その後もポジションを確保して3バックの一角でプレーを続けた。 ブンデスリーガでも屈強なストライカー相手に負けないプレーを見せたほか、元々の持ち味だった攻撃参加と非凡なパスセンスでビルドアップや攻撃の起点になることも多く、現代のセンターバックとしての素質を兼ね備えている状況だ。 高いレベルでシーズンを通してプレーし、最終節では遠藤航の劇的ゴールをアシストするなど、チームにも多大なる貢献を見せている。左利きのCBとして、板倉滉(シャルケ)というライバルがいる中、日本代表でもパフォーマンスが見たいものだ。 <span class="paragraph-title">④無尽蔵のスタミナで中盤を制圧</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF小泉慶 生年月日:1995年4月19日 所属:サガン鳥栖 2022 Jリーグ:13試合 日本代表歴:なし アルビレックス新潟、柏レイソル、鹿島アントラーズと渡り歩き、昨シーズン途中から鳥栖でプレーする小泉だが、その運動量は日本の助けになるかもしれない。 Jリーグ屈指の走行距離を誇る小泉は、これまでサイドバックで起用されることが多かったが、鳥栖ではアンカーやボランチの一角でプレー。すると、豊富な運動量を武器に、広大なカバー範囲を誇り、チームの守備を支えている。 また、カバーの範囲が広いだけでなく、ボールを刈り取る能力にも長けており、激戦区ではあるものの、日本のボランチとしては非常に注目すべき能力を持っていると言えるだろう。 もちろん、サイドでのプレーも可能という点ではユーティリティ性も高く、限られたメンバーで戦う代表にいれば心強いことは間違いない。 <span class="paragraph-title">⑤ボランチでもインサイドでも輝くゲームメーカー</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF樋口雄太 生年月日:1996年10月30日 所属:鹿島アントラーズ 2022 Jリーグ:13試合/3アシスト 日本代表歴:なし サガン鳥栖から今シーズン鹿島に完全移籍で加入した樋口。ここまでリーグ2位と好調を維持するチームを支えている1人と言って良いだろう。 数字だけを見れば3アシストと多くはないが、鳥栖時代に鍛えられた走力と、的確なポジショニングと状況判断を生かした守備力は、鹿島の中盤のカギとなっている。 また、1つ前でプレーしていた樋口は、ゲームメイクする力や、パスセンスも非凡なものがあり、攻撃の起点として機能するだけでなく、決定的な仕事もできる存在だ。 森保監督が[4-3-3]を継続するのか、それとも[4-2-3-1]や[4-4-2]、[3-4-2-1]とどのシステムを考えているかは定かではないが、中盤ならどこでも高いレベルでプレーできる樋口の存在は貴重になるだろう。 2022.05.20 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「ごはん3杯いける」スピードスター・宮市亮が横浜FMでJ初ゴール! 技術詰まった珠玉の一撃に「うまっ」、「天才」

遂にこの男にJリーグ初ゴールが誕生した。 18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分となる浦和レッズvs横浜F・マリノスが埼玉スタジアム2002で行われた。 5試合連続引き分け、3試合連続ゴールレスドローの浦和と、3連勝中の横浜FMの試合となったが、前半は横浜FMが圧倒した。 横浜FMは12分には宮市亮が起点となると、最後は水沼宏太がゴールを決めて先制。19分には宮市のクロスからアンデルソン・ロペスがヘディングで合わせて2点目を奪う。 そして迎えた30分に待望の瞬間が。縦パスを受けたアンデルソン・ロペスが左サイドへと展開。すると、パスを受けた宮市がボールを晒しながら狭いコースを狙ってボックス内で右足シュート。コントロールされたシュートは、弧を描いてゴール右隅に決まった。 見事なコントロールショットには「Jリーグ初ゴールおめでとう」、「待ってました」、「嬉しいゴール!!」、「うまっ」、「ごはん3杯いけますね」、「天才」と絶妙なゴールに翔さんの声が止まらない。 中京大中京高校を卒業後、海を渡りアーセナルへと入団した宮市。フェイエノールトやボルトン、ウィガン、トゥベンテへのレンタル移籍を経験。ケガとも戦いながら、ザンクト・パウリでもプレーすると、2021年7月に横浜FMへと完全移籍し、初めてJリーグの舞台に立った。 今シーズンは開幕から出番があり、ここまで7試合に出場。この試合が初ゴールであり、初アシストを記録したこととなった。 なお、試合は0-3から後半にキャスパー・ユンカーにハットトリックを決められ、3-3の引き分けに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】宮市亮が待望のJリーグ初ゴール!テクニックが詰まった珠玉の一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今度は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%AE%E5%B8%82%E4%BA%AE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宮市亮</a> がゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9CFM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和横浜FM</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jが世界を熱くする</a><a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a> <a href="https://t.co/EIjpIH13OE">pic.twitter.com/EIjpIH13OE</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1526884335583866886?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 22:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly