PK戦の末にダービー制したトッテナムが準々決勝進出! チェルシーはヴェルナー初弾も及ばず…《EFLカップ》

2020.09.30 06:11 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が29日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したトッテナムが準々決勝進出を決めた。

新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの3回戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナム。2日後にELグループステージ進出を懸けたマッカビ・ハイファとのプレーオフを控える中、1-1で引き分けたリーグ戦のニューカッスル戦からはGKロリス、ダイアーを除く先発9人を入れ替え。デビュー戦となったレギロンに加え、タンガンガ、ジェジソン・フェルナンデスが今季初出場となり、[3-5-2]の2トップにはラメラ、ベルフワインが並んだ。

一方、バーンズリーとの3回戦を6-0の圧勝で突破したチェルシーは、3-3のドローに終わったリーグ戦のWBA戦からマウント、コバチッチ、ヴェルナーを除く8人を変更。GKメンディがデビューを飾ったほか、チルウェル、ジルー、ハドソン=オドイらが起用され、最前線にジルー、2列目にハドソン=オドイ、マウント、ヴェルナーが並ぶ[4-2-3-1]の布陣を採用した。

後方に重心を置くホームのトッテナムに対して、アウェイのチェルシーがボールを握って攻め手を窺う入りとなる。

中央を固める相手に対してなかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めないチェルシーだが、17分にはボックス内で相手のクリアミスに反応したハドソン=オドイが最初の枠内シュートを放つ。

すると、直後の19分には相手ビルドアップ時にレギロンにプレッシャーをかけたハドソン=オドイがボールを奪い、ショートカウンターに転じると、右サイド深くでアスピリクエタがマイナスの折り返しを入れる。これをボックス中央でワントラップしたヴェルナーがゴール右下隅に右足のシュートを突き刺し、待望の移籍後初ゴールを挙げた。

守備的に入りながらも先制を許したトッテナムだが、直後の23分に最初の決定機。浮き球の縦パスに反応したG・フェルナンデスがDFズマとうまく入れ替わってゴール前に抜け出す。ここで飛び出したGKメンディとズマに挟まれ倒されるが、ノーファウルの判定でPKは与えられず。

その後はダービーらしくファウルでプレーが途切れる中盤での潰し合いが目立つ展開となるが、35分にはトッテナムに再び決定機。ボックス右で横パスを受けたラメラが巧みなボディコントロールで前を向き、利き足とは逆の右足のグラウンダーシュート。だが、ここはGKメンディが右足を使った見事なセーブで阻止した。

結局、チェルシーの1点リードで折り返した試合は、後半も両チーム同じメンバーでスタート。70%以上ボールを握られた前半を受けて、前から圧力を強めたトッテナムは立ち上がりから相手ゴールに迫る。

50分、鋭いトランジションから右サイド深くに侵攻したオーリエからグラウンダーの折り返しが入ると、これに反応した左ウイングバックのレギロンがボックス左から左足を強振。だが、枠を捉えたシュートはGKメンディが見事な反応で阻止。さらに、53分にもベルフワインの抜け出しから最後はオーリエが左足のシュートを放つ。

一方、後半に入って防戦一方のチェルシーはビルドアップの停滞、球際での劣勢に加え、前線のターゲットマンであるジルーの存在感が希薄でほとんどフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、時間の経過と共に相手の攻撃に対応し始め、こう着状態に持ち込むことに成功した。

その後、後半半ばを過ぎて両ベンチが動く。ビハインドを追うトッテナムは60分過ぎにG・フェルナンデスに代えてホイビュルク、70分過ぎにタンガンガ、ベルフワインに代えてケイン、ルーカス・モウラを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。

対するチェルシーはコンディションを考慮されたチルウェルに代えてエメルソン、コバチッチ、ジルーに代えてカンテ、エイブラハムをピッチに送り出した。

すると、両チームの主力の投入によって試合はここから再び活性化。互いにボックス内でのシュートシーンを増やしていく。とりわけ、ここまで劣勢だったチェルシーは2バックに近い相手の最終ラインに対して、ジョルジーニョのミドルレンジのパスで背後を取れるようになり、ヴェルナーやハドソン=オドイに続けて決定機が訪れた。

しかし、均衡を破ったのはホームのトッテナム。83分、ハーフウェイライン付近でのリスタートからアルデルヴァイレルトが左サイド深くに抜け出したレギロンに対角上のフィードを通す。そして、カットインから右足に持ち替えたスペイン代表DFの浮き球のクロスをファーで収めたラメラが今度は利き足の左足で冷静に流し込んだ。

土壇場で1-1のタイに戻った中、両者は90分間で決着を付けようと、白熱の攻防を最後まで見せたが、このままタイムアップ。準決勝進出はPK戦に委ねられることになった。

そのPK戦では拮抗した試合内容を反映するように両チーム4人目まで全員が成功。しかし、5人目では先攻のトッテナムのケインがきっちり決めたのに対し、後攻のチェルシーはマウントがシュートを枠の右に外してしまい、勝負あり。超過密日程でメンバーを落としながらもしぶとい戦いぶりで勝ち切ったトッテナムが、ベスト8進出を決めた。


関連ニュース
thumb

トッテナムDFが彼女に愛想を尽かされる!? 原因はゲームのやりすぎ

トッテナムに所属するスペイン代表DFセルヒオ・レギロン(25)に交際中のマルタ・ディアスさん(21)がちょっとした不満を抱いているようだ。 2020年夏にレアル・マドリーからトッテナムに加入したレギロンは加入初年度からプレミアリーグへの適応を見せたが、今シーズンは負傷の影響もあり、プレミアリーグ22試合の出場にとどまった。 そのレギロンは、セビージャ時代の2020年4月にスペインの美女インフルエンサーとして知られるマルタさんとの交際を宣言。それ以降は、『インスタグラム』で300万人を超えるフォロワー数を誇り、『YouTube』や『TikTok』の活動でも人気のマルタさんの動画にも頻繁に登場している。 そんな中、1本の動画が話題になっている。 SNS専門メディアの『433』が公開したのは「あともう1試合だけ」というタイトルの動画。車で移動中のマルタさんはどこか不満そうな表情を見せると、カメラをレギロンに向ける。 しかし、レギロンは車の座席に設定したモニターでサッカーゲームをプレー中。大事な試合から目を離すことはできず、カメラがすぐにマルタさんへの方へと戻されると、ため息交じりの表情で動画は終わった。 もちろん、インフルエンサーとして活躍するマルタさんがSNSにアップするために作られた動画という可能性は大いにあるが、レギロンはゲームに興じる時間をほどほどにしておいた方が身のためかもしれない...。 <span class="paragraph-title">【動画】ゲームに集中するレギロンに呆れるマルタさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cd_RNpMF0tk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cd_RNpMF0tk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cd_RNpMF0tk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.26 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アジア人初のPL得点王ソン・フンミンが韓国で熱烈歓迎!並んだサラーも「おめでとうソニー」と祝福の言葉

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが母国で熱烈な歓迎を受けた。 ソン・フンミンは、今シーズンのプレミアリーグで23得点をマーク。最終節で2ゴールを決め、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと並び、初のゴールデンブーツに輝いた。 アジア人選手として史上初となる偉業を達成し、さらに1つもPKからのゴールがないということも注目を集めた。 トッテナムはシーズンを4位で終え、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保。ソン・フンミンは母国へと凱旋したが、ファンの大きな歓迎を受けた。 白のTシャツにジーンズというラフな姿で空港に姿を現したソン・フンミンは、待ち構えていたファンや取材陣にゴールデンブーツのトロフィーを披露。カメラを構える人々に手を振ったりお辞儀をしながらその場を後にした。 このシーンが『ロイター』の公式ツイッターで公開されると、サラーも反応。投稿を引用する形で「おめでとうソニー」と良きライバルに祝福の言葉を贈っている。 <span class="paragraph-title">【動画】白のTシャツにジーンズ、メガネというラフな姿で空港に姿を現したソン・フンミン熱烈歓迎を受ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">South Korea&#39;s soccer player Son Heung-min returned home to a rousing welcome after the Tottenham Hotspur forward ended the season as the Premier League&#39;s joint top scorer with Mohamed Salah <a href="https://t.co/rlkeUdpzVK">pic.twitter.com/rlkeUdpzVK</a></p>&mdash; Reuters (@Reuters) <a href="https://twitter.com/Reuters/status/1529068443051229185?ref_src=twsrc%5Etfw">May 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.26 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズの今夏補強第1号はセインツGKフォースターに! ロリスの控えとしてフリー加入迫る

トッテナムがサウサンプトンのイングランド代表GKフレイザー・フォースター(34)の獲得を決定的なものとしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今シーズンもフランス代表GKウーゴ・ロリスが守護神として活躍したトッテナム。そのバックアップは、アタランタから1500万ユーロ(約20億4000万円)の買い取りオプション付きのレンタルで獲得したイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニが担っていたが、アントニオ・コンテ監督は同胞GKに信頼を置いておらず、クラブは今夏の買い取りを見送る決断を下した模様だ。 そして、ホームグロウン枠の問題を抱えるトッテナムは、予てよりイングランド人GKの獲得に動いていた中、一時はWBAのイングランド代表GKサム・ジョンストン獲得に迫っているとの報道もあったが、最終的には今シーズン限りでセインツとの契約が満了するフォースター獲得することになった。 フォースターはトッテナム加入に向け減俸を受け入れており、すでに条件面で合意。近日中にメディカルチェックを受診した後、今夏の補強第1号として公式なアナウンスが行われる見込みだ。 ニューカッスルでプロキャリアをスタートしたフォースターは、レンタル移籍を経て完全移籍したセルティックでブレイク。2014年に加入したセインツでは絶対的な守護神の立場には至らなかったものの、公式戦161試合に出場。今シーズンは年明け以降にポジションを獲得すると、リーグ戦19試合に出場した。 足元の技術や守備範囲に問題はあるものの、2メートルを超える恵まれたサイズに驚異的な反射神経を生かしたシュートストップはリーグ屈指の評価を得ており、バックアッパーとしては頼りになる存在だ。 2022.05.26 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナム、18歳FWスカーレットと2026年まで契約延長

トッテナムは25日、U-19イングランド代表FWデーン・スカーレット(18)との契約を2026年まで延長したことを発表した。 幼少期からトッテナムのアカデミーに在籍するスカーレットは、2020年11月26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のルドゴレツ戦でトップチームデビュー。16歳8カ月と2日でのデビューは、クラブ最年少記録となった。 昨年3月にはプロ契約を締結し、今季は7試合に出場。得点こそ挙げられなかったものの、シーズン後半戦は多くの試合でベンチ入りし、経験を積んだ。 卓越した身体能力に加え、確かな決定力を併せ持つ新星ストライカーは、今夏開催のU-19欧州選手権に臨むU-19イングランド代表にも選出。来季は同じくアカデミー出身のU-17イングランド代表MFアルフィー・ディヴァイン(17)や、アイルランド代表FWトロイ・パロット(20)と共に更なる成長が期待される。 2022.05.25 18:08 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムが支配株主からの増資を発表、約240億円の資金調達で大型補強を決行か

トッテナムは24日、支配株主と最大1億5000万ポンド(約240億円)の増資で合意したと発表した。 今季のプレミアリーグでトップ4フィニッシュを果たしたトッテナム。昨年11月に就任したアントニオ・コンテ監督に導かれ、3シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。 そうした中、クラブは株式の85.6%を所有していた『ENICグループ』による増資が合意に至ったと発表。最大1億5000万ポンドの資本金が新たに追加され、所有率も87.5%まで増加する可能性がある。 イギリスの投資会社である同グループは2001年にトッテナムの所有権を獲得。当時代表取締役を務めていたダニエル・レヴィ氏は、クラブの会長に就任した。 その後、トレーニングセンターであるホットスパー・ウェイの開設や、2019年から使用されているトッテナム・ホットスパー・スタジアムといった、主にインフラ面の投資を実行。買収当時は中位が定位置だったクラブは、“ビッグ6”に数えられるまでの成長を見せている。 レヴィ氏は今回の増資を受けて、クラブ公式サイトでコメント。「ENICからの追加資金により、重要な時期にクラブへのさらなる投資が可能になる」と、この資金調達による新たなチーム強化を示唆している。 2022.05.25 15:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly