PK戦の末にダービー制したトッテナムが準々決勝進出! チェルシーはヴェルナー初弾も及ばず…《EFLカップ》

2020.09.30 06:11 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が29日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したトッテナムが準々決勝進出を決めた。

新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの3回戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナム。2日後にELグループステージ進出を懸けたマッカビ・ハイファとのプレーオフを控える中、1-1で引き分けたリーグ戦のニューカッスル戦からはGKロリス、ダイアーを除く先発9人を入れ替え。デビュー戦となったレギロンに加え、タンガンガ、ジェジソン・フェルナンデスが今季初出場となり、[3-5-2]の2トップにはラメラ、ベルフワインが並んだ。

一方、バーンズリーとの3回戦を6-0の圧勝で突破したチェルシーは、3-3のドローに終わったリーグ戦のWBA戦からマウント、コバチッチ、ヴェルナーを除く8人を変更。GKメンディがデビューを飾ったほか、チルウェル、ジルー、ハドソン=オドイらが起用され、最前線にジルー、2列目にハドソン=オドイ、マウント、ヴェルナーが並ぶ[4-2-3-1]の布陣を採用した。

後方に重心を置くホームのトッテナムに対して、アウェイのチェルシーがボールを握って攻め手を窺う入りとなる。

中央を固める相手に対してなかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めないチェルシーだが、17分にはボックス内で相手のクリアミスに反応したハドソン=オドイが最初の枠内シュートを放つ。

すると、直後の19分には相手ビルドアップ時にレギロンにプレッシャーをかけたハドソン=オドイがボールを奪い、ショートカウンターに転じると、右サイド深くでアスピリクエタがマイナスの折り返しを入れる。これをボックス中央でワントラップしたヴェルナーがゴール右下隅に右足のシュートを突き刺し、待望の移籍後初ゴールを挙げた。

守備的に入りながらも先制を許したトッテナムだが、直後の23分に最初の決定機。浮き球の縦パスに反応したG・フェルナンデスがDFズマとうまく入れ替わってゴール前に抜け出す。ここで飛び出したGKメンディとズマに挟まれ倒されるが、ノーファウルの判定でPKは与えられず。

その後はダービーらしくファウルでプレーが途切れる中盤での潰し合いが目立つ展開となるが、35分にはトッテナムに再び決定機。ボックス右で横パスを受けたラメラが巧みなボディコントロールで前を向き、利き足とは逆の右足のグラウンダーシュート。だが、ここはGKメンディが右足を使った見事なセーブで阻止した。

結局、チェルシーの1点リードで折り返した試合は、後半も両チーム同じメンバーでスタート。70%以上ボールを握られた前半を受けて、前から圧力を強めたトッテナムは立ち上がりから相手ゴールに迫る。

50分、鋭いトランジションから右サイド深くに侵攻したオーリエからグラウンダーの折り返しが入ると、これに反応した左ウイングバックのレギロンがボックス左から左足を強振。だが、枠を捉えたシュートはGKメンディが見事な反応で阻止。さらに、53分にもベルフワインの抜け出しから最後はオーリエが左足のシュートを放つ。

一方、後半に入って防戦一方のチェルシーはビルドアップの停滞、球際での劣勢に加え、前線のターゲットマンであるジルーの存在感が希薄でほとんどフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、時間の経過と共に相手の攻撃に対応し始め、こう着状態に持ち込むことに成功した。

その後、後半半ばを過ぎて両ベンチが動く。ビハインドを追うトッテナムは60分過ぎにG・フェルナンデスに代えてホイビュルク、70分過ぎにタンガンガ、ベルフワインに代えてケイン、ルーカス・モウラを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。

対するチェルシーはコンディションを考慮されたチルウェルに代えてエメルソン、コバチッチ、ジルーに代えてカンテ、エイブラハムをピッチに送り出した。

すると、両チームの主力の投入によって試合はここから再び活性化。互いにボックス内でのシュートシーンを増やしていく。とりわけ、ここまで劣勢だったチェルシーは2バックに近い相手の最終ラインに対して、ジョルジーニョのミドルレンジのパスで背後を取れるようになり、ヴェルナーやハドソン=オドイに続けて決定機が訪れた。

しかし、均衡を破ったのはホームのトッテナム。83分、ハーフウェイライン付近でのリスタートからアルデルヴァイレルトが左サイド深くに抜け出したレギロンに対角上のフィードを通す。そして、カットインから右足に持ち替えたスペイン代表DFの浮き球のクロスをファーで収めたラメラが今度は利き足の左足で冷静に流し込んだ。

土壇場で1-1のタイに戻った中、両者は90分間で決着を付けようと、白熱の攻防を最後まで見せたが、このままタイムアップ。準決勝進出はPK戦に委ねられることになった。

そのPK戦では拮抗した試合内容を反映するように両チーム4人目まで全員が成功。しかし、5人目では先攻のトッテナムのケインがきっちり決めたのに対し、後攻のチェルシーはマウントがシュートを枠の右に外してしまい、勝負あり。超過密日程でメンバーを落としながらもしぶとい戦いぶりで勝ち切ったトッテナムが、ベスト8進出を決めた。

関連ニュース
thumb

トッテナムDFラングレ、CLラウンド16進出へ意気込み「次の2試合は落とせない」

トッテナムのフランス代表DFクレマン・ラングレが、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16進出へ向けて意気込みを語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 ラングレはバルセロナで出場機会が減少し、今夏に1年レンタルでトッテナムへと加入。今季の開幕直後はやや出遅れたものの、9月以降に3バックの一角で定位置を確保し、プレミアリーグ4試合とCL2試合に出場している。 そんななか、加入から約3か月が経ち、新天地にも慣れ、充実した日々を送っていると語ったラングレ。4日にアウェイで行われたCLのグループD第3節フランクフルト戦も振り返り、ラウンド16進出へ向けて意気込みを口にしている。 「いまはとても調子が良い。シーズンの初めは少し疲れていた。準備と適応が本当に大変でね。プレミアとこのクラブの激しさはとてつもないよ。日に日に良くなっている実感がある」 「フランクフルトはとても良いチームだね。バルサにいた昨季はカンプ・ノウでやられたよ。本当に、本当に大変だった。この経験から、今回もとにかくインテンシティで彼らを凌駕しようと心がけた。僕自身はうまくいったと思う」 「CLでラウンド16に進むためには、次からの2試合を落とすことは考えられない。勝利が目標。とても明確だよ。(フランクフルト戦は)本当にタフなゲームだったから、次もそうなるだろうね」 アウェイでのフランクフルト戦はスコアレスドローに終わったトッテナム。12日にはホームでのリターンマッチを控えている。 2022.10.06 16:53 Thu
twitterfacebook
thumb

「マコトは僕たちの模範」ドイツ代表GKがケインを封じた38歳の長谷部誠を称賛「2度も引退しそうになっていた」

フランクフルトのドイツ代表GKケビン・トラップが、MF長谷部誠を称えた。ドイツ『DW』が伝えた。 フランクフルトは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でトッテナムと対戦。ホームに迎えた中、ゴールレスドローで引き分けた。 この試合で注目を浴びたのは、長谷部。3バックの一角として先発出場すると、イングランド代表FWハリー・ケインを完封。トッテナムに枠内シュートを打たせないなど、高いレベルでの守備を披露した。 38歳になり、現役引退も近づいていく中での高パフォーマンスにはオリバー・グラスナー監督が試合後に「マコトは、ワールドクラスのストライカーに対して素晴らしいプレーをした」と称賛していたが、チームメイトも驚きを隠さなかった。 トラップは長谷部について「マコトは僕たち全員にとっての模範だ」とコメント。ワールドクラスのトップストライカーを封じた点を称えた。 「今日、ハリー・ケインに対して、彼はフィジカル的にはおそらくそれほど強くはないが、彼はしっかりとコントロールしていた」 「彼にボールを預けることで、チームに必要な自信を与えてくれることを知っている」 「彼は2度も引退しそうになっていたが、幸いにも引退せずに済んだ。僕たちにとってとても重要な選手だ」 「38歳で、彼は自分の体に必要なことをやっている」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部誠がケインを封じる!相手の枠内シュートはゼロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R7gdSk0Jr5s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 22:22 Wed
twitterfacebook
thumb

「コンテはチームの強みを生かしているか?」2戦未勝利のトッテナムに疑問の声

元スコットランド代表FWのアリー・マッコイスト氏が、トッテナムで守備を重視するアントニオ・コンテ監督の戦術に疑問を呈した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 1日に行われたプレミアリーグ第9節でアーセナルとの“ノースロンドン・ダービー”に完敗したトッテナム。続く4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節のフランクフルト戦でもゴールレスドローに終わり、今季開幕から無敗が続き膨らんでいたファンの期待とは裏腹に、チームはやや失速傾向にある。 イギリス『BT Sport』に出演したマッコイスト氏は、フランクフルト相手に最後までゴールを奪えなかった試合を振り返り、コンテ監督の采配を疑問視。チームの強みである前線を活かしきれていないと指摘している。 「私はトッテナムの強さが前線にあると考えている。そして、誰もこの意見に異論はないだろう。一方で、彼らの守備陣については疑問符がつく。開幕直後のチェルシー戦では、もう少しソリッドな守備だと思ったがね。ここ数試合がこれからのターニングポイントになるか? 私はそう思わない」 「トッテナムファンができる議論は、コンテがチームの強みを生かしているかだろう。私ははっきりとした答えがわからない。彼は明らかにディフェンシブな考え方を持ち、チームを構成している。そして、それが非常に巧みであるのは間違いないだろう。トッテナムは今年のプレミアリーグで、ノースロンドン・ダービーの1試合しか負けていないのだから」 「しかしながら、もし私がデヤン・クルゼフスキやハリー・ケイン、ソン・フンミンだとしたら、チームのプレーに疑問を抱いているかもしれないね」 2022.10.05 15:42 Wed
twitterfacebook
thumb

「マコトは素晴らしいプレー」トッテナムを枠内シュート0に抑えた長谷部誠を指揮官が絶賛「選手のみんなを称えたい」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督が、トッテナム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でトッテナムをホームに迎えた。 日本代表MF鎌田大地、そしてMF長谷部誠も先発出場した試合。トッテナムがボールを握る中、フランクフルトも反撃に出る展開となる。 後半はフランクフルトも攻撃的に出ると、トッテナムはカウンターで応戦。しかし、互いにフィニッシュの精度を欠木、ゴールを奪えないまま試合は終了した。 ホームで引き分けに終わったものの、トッテナムの枠内シュートは0。長谷部を中心に高いパフォーマンスを見せた中、グラスナー監督は試合後に選手たちを称えた。 「選手のみんなを称えたい。とても良いパフォーマンスだった。誰もがトッテナムのクオリティを見ただろう。どちらのチームにもチャンスがあり、引き分けは問題ない」 「我々は長い間立ち向かい、勇気を持ち、何度もプレッシャーから解放された。そこに上手く対応できた」 「マコトは、ワールドクラスのストライカーに対して素晴らしいプレーをした。トッテナムの守備の強さは我々に多くの要求を課していた。これらのゲームに慣れるには、こういったゲームをしなければいけない」 「後半は前半よりも上手くやれる部分があった。このグループは、全てのコーチが言うことを確認する。とてもバランスが取れており、全てが可能となる」 「最終的には直接対決が重要になる場合がある。トッテナムに勝つためには、ロンドンで勝ち点3を獲得したい」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部、鎌田も活躍のトッテナム戦は互いに譲らずドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R7gdSk0Jr5s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ドローでCL2戦未勝利のトッテナム、コンテ監督「パフォーマンスはポジティブだった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がチャンピオンズリーグ(CL)でのドローに一定の満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは敵地で4日に行われたCLグループD第3節でフランクフルトと対戦した。先週末の“ノースロンドン・ダービー”で完敗を喫した直後の試合となり、立ち上がりから主導権を握ったものの、先制点を奪えないままハーフタイムへ。後半はよりオープンな展開となり、カウンターからゴールを狙うが、最後まで相手の集中した守りを崩せず、ゴールレスドローに終わった。 これでCL2試合未勝利となったが、コンテ監督はチームのパフォーマンスぶりをポジティブにとらえているようで、ダービーでの手痛い敗戦から立ち直った選手たちの姿勢を称えている。 「パフォーマンスはポジティブだった。高い強度で良いゲームができたと思うし、ピッチのどのゾーンでもプレッシャーをかけ、チャンスを作れていた」 「改善すべき点を見つけるとしたら、より冷静になる必要があるのは確かだ。このタイプの試合でチャンスを作ったなら、冷静になって得点まで繋げなければならない。点を取らなければ、勝利はないのだからね」 「アーセナル戦後に選手たちが良い反応を示すことには確信があった。ただ、試合中にこうした努力をすれば勝つべきであり、少しがっかりする必要はあるだろう。繰り返しになるが、勝ちたいなら得点を決めなければならない」 「とはいえ、今日は少なくとも0-0で試合を終えられた。(前節の)スポルティングCP戦では均衡した展開で得点するチャンスを失い、終了間際に2失点を許したからね」 「私は常に、このグループDには素晴らしいバランスがあると言ってきた。すべてのゲームですべてのチームがポイントを獲得することも失うこともできるだろう。我々はホームで2試合を戦った後にマルセイユでプレーする必要がある。ホームのファンと共に、決勝トーナメントに進むために最善を尽くせると確信しているよ」 2022.10.05 11:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly