野戦病院化シティとの一戦にロジャーズ監督「何が起ころうと相手はトップクラス」 クラブ初のプレミア開幕3連勝へ

2020.09.27 17:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、マンチェスター・シティ戦に向けたコメントを残している。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。就任2年目を迎えたロジャーズ監督のレスターは、開幕節では昇格組のWBA、第2節ではバーンリーを下し、2連勝スタートを切った。次節はクラブ史上初のプレミアリーグ開幕3連勝がかかった重要な一戦だが、その相手は強豪シティ。

そのシティでは、先日負傷したFWガブリエウ・ジェズスをはじめ、今月初旬の代表マッチウィークでFWベルナルド・シウバ、DFジョアン・カンセロ、MFアレクサンドル・ジンチェンコがケガを抱えて戻ってきてしまった。エースのFWセルヒオ・アグエロは6月に行った手術が完治しておらず、またMFイルカイ・ギュンドアンは新型コロナウイルスに感染し、しばらく起用できない。

それでも24日に行われたEFLカップのボーンマス戦では若手の力が台頭。かつてストーク・シティで活躍したロリー・デラップ氏を父にもつリアム・デラップのゴールなどで勝利を収めている。

ロジャーズ監督は、相手は万全な状態でないものの、MFフィル・フォーデンのような才能ある若手の存在を警戒。今回の試合はプレミアリーグの資格を試すテストになると主張した。

「彼(グアルディオラ監督)が起用できる選手や若手たちは、結果を得るための十分なモチベーションとクオリティを備えている」

「すべてのチームがこの数試合でフィットネスを確かめているところだが、選手たちと働き、良いパフォーマンスと結果を得ようとするのはいつものことだ」

「何が起きても彼らはトップレベルであることに変わりはない。我々は欧州一のクラブのひとつと対戦するのだ。難しいゲームになるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

「フィニッシュは本当に素晴らしかった」ロジャーズ監督、暫定2位浮上に導いたマディソンを称賛

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、決勝点を記録したイングランド代表MFジェームズ・マディソンを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは16日に行われたプレミアリーグ第19節でサウサンプトンと対戦。38分にマディソンが先制ゴールを奪うと、試合終了間際にMFハーヴェイ・バーンズが追加点を記録して2-0の勝利を収めた。 5試合無敗を含む2連勝で暫定2位に浮上したレスター。ロジャーズ監督は立ち上がりの内容を反省しながらも、修正に成功した試合中盤からのパフォーマンスを評価した。 「非常に厳しい戦いでの勝利だった。勝利に値していたが、試合に入るのが遅すぎた」 「最初の20分から25分はアグレッシブでFWにボールを集めるチームに対して少し受け身になってしまったよ」 「セカンドボールを回収できず、十分なプレスもかけられていなかった。前半の最後の15分から20分は我々の方が良かったね」 「我々は攻撃をより良く持続し、セカンドボールの対応が良くなった。後半はるかに優れたチームになっていた」 また、角度のないところから右足を振り抜いて先制点を記録したマディソンの一連の動きを称賛。アシストを記録したMFユーリ・ティーレマンスも評価している。 「ジェームズのフィニッシュは素晴らしかったが、その5分から10分くらい本当に良いプレーをしていたからこそ、相手のボックスに入ってカウンターするためのプレスをかけていた」 「ユーリは素晴らしいパスを出し、ジェームズは本当にそれが得意だ。18ヤード離れたボックス付近でディフェンダーをいなして、あのような難しい角度からのフィニッシュは本当に素晴らしいと思ったよ」 2021.01.17 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンとの上位対決を制したレスターが暫定2位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節のレスター・シティvsサウサンプトンが16日にキング・パワー・スタジアムで行われ、2-0でレスターが勝利した。 リーグ戦4試合負けなしの4位レスター(勝ち点32)は、直近に行われたFAカップ3回戦のストーク・シティ戦からスタメンを2人変更。アジョセ・ペレスとプラートに代えてヴァーディとマディソンをスタメンで起用した。 一方、中12日と休養十分な7位のサウサンプトン(勝ち点29)は、前節のリバプール戦からスタメンを3人変更。イングス、ジェネホ、GKフォースターに代えてアダムス、スモールボーン、GKマッカーシーをスタメンで起用した。 一進一退の展開が続く中、レスターは19分にボックス右まで持ち上がったオルブライトンの折り返しをヴァーディがスルーすると、走り込んだバーンズがダイレクトシュート。しかし、これは好反応を見せたGKマッカーシーのセーブに阻まれた。 その後、中盤での攻防が長らく推移していく中で、レスターは37分に先制のチャンスを迎える。ティーレマンスのスルーパスでボックス右に抜け出したマディソンが縦に深く切り込みシュート。これがGKの逆を突き、ニアサイドに突き刺さった。 先制を許したサウサンプトンは41分、ウォード=プラウズのスルーパスでボックス左に抜け出したバートランドが左足で強烈なシュートを放ったが、これはGKシュマイケルが弾き出す。さらに1点のビハンドで後半開始早々の46分にも、カウンターからスモールボーンがチャンスを迎えたが、このシュートもGKシュマイケルのセーブに阻まれた。 その後は膠着状態が続く中、再びゴールに迫ったのはサウサンプトン。73分、バイタルエリア左でパスを受けたアームストロングがカットインから右足一閃。しかし、個のミドルシュートはクロスバーを直撃。 ピンチを凌いだレスターは84分、カウンターから左サイドを持ち上がったジャスティンのラストパスを受けたヴァーディに決定機が訪れたが、シュートはGKマッカーシーの好セーブに弾かれた。 追加点のチャンスを逃したレスターだったが、試合終了間際の95分に中盤でパスカットしたティーレマンスのパスからカウンターを仕掛けると、裏抜け出したバーンズがGKとの一対一を制した。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。上位対決を制したレスターがリーグ戦連勝で暫定2位に浮上した。 2021.01.17 07:11 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨン、レスターからスリマニをフリーで獲得! アトレティコ移籍のムサ・デンベレ後釜に

リヨンは13日、レスター・シティからアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年半となる。 リヨンは同日、フランス人FWムサ・デンベレ(24)のアトレティコ・マドリー移籍を発表しており、レスターで構想外となっていたスリマニがその後釜を務めることになった。 2016年夏にスポルティング・リスボンから鳴り物入りでレスターに加入したスリマニだが、思うような活躍を見せることはできず。以降、レンタル先のニューカッスル、フェネルバフチェでも目立った数字は残せなかった。 それでも、昨シーズンにレンタル加入したモナコでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリーグ戦が早期打ち切りとなった中、18試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復調の兆しを見せていた。 だが、レスターにレンタルバックした今季はここまでリーグ戦1試合の出場に留まっており、ブレンダン・ロジャーズ監督の構想外となっていた。 2021.01.14 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨン、ムサ・デンベレ後釜にスリマニを獲得へ! 12日にメディカル受診予定

リヨンがレスター・シティのアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)の獲得を決定的なモノとした。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。 現在、リヨンではフランス人FWムサ・デンベレ(24)のアトレティコ・マドリー移籍が間近に迫っており、センターフォワードの補強が急務となっている。 そういった中、クラブが後釜として目を付けたのが、レスターで構想外となっているスリマニだ。 2016年夏にスポルティング・リスボンから鳴り物入りでレスターに加入したスリマニだが、思うような活躍を見せることはできず。以降、レンタル先のニューカッスル、フェネルバフチェでも目立った数字は残せなかった。 それでも、昨シーズンにレンタル加入したモナコでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリーグ戦が早期打ち切りとなった中、18試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復調の兆しを見せていた。 だが、レスターにレンタルバックした今季はここまでリーグ戦1試合の出場に留まっており、ブレンダン・ロジャーズ監督の構想外となっている。 そして、ディ・マルツィオ氏によると、スリマニは12日にも現地入りし、メディカルチェックを受診した後に正式にリヨンのプレーヤーになるとのことだ。 なお、フランス『フット・メルカート』が伝えるところによれば、レスターは今季終了後に契約が満了するスリマニに関して移籍金を要求せず、フリーでの放出を容認しているという。さらに、スリマニは2022年6月までの18カ月契約にサインする見込みだ。 2021.01.12 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

6部のチョーリーがルーニー不在の2部ダービーにジャイアントキリング達成! プレミア勢は順当勝ち抜けもWBAが唯一敗退…《FAカップ》

9日にFAカップ3回戦の20試合が開催された。 今ラウンドからプレミアリーグ所属チームが参戦した中、9日開催の試合では前大会王者のアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、レスター・シティ、エバートンと強豪チームが登場した。 その中でレスター・シティはストーク・シティ(2部)を相手にオルブライトンの2年ぶりの公式戦ゴールなど4ゴールを奪って快勝。また、ユナイテッドも多数の主力を温存した中、ワトフォード(2部)相手に前半序盤にマクトミネイが挙げたゴールを最後まで守り切って危なげない1-0の勝利を収めた。 一方、アーセナルは同じプレミア勢のニューカッスル、エバートンはロザラム・ユナイテッド(2部)を相手に延長戦まで持ち込まれるなど苦戦を強いられたそれでも、アーセナルがスミス=ロウ、オーバメヤンの延長後半のゴールで2-0の勝利を収め、エバートンもドゥクレのゴールで2-1と競り勝った。 そのほかのプレミアリーグ勢ではフルアムが延長戦、バーンリーがPK戦で下位カテゴリーのクラブを退けたが、WBAはブラックプール(3部)にPK戦の末に敗れて唯一の初戦敗退となった。 そのほかではアマチュアカテゴリーのチョーリー(6部)が今ラウンド最大の番狂わせを起こし、イングランド国内で大きな話題を集めることに。ウェイン・ルーニーが暫定指揮官を務めるダービー・カウンティ(2部)と対峙したチョーリーは、対戦相手に新型コロナウイルスのクラスターが発生した影響でU-23チームとU-18チームの混合チームとの対戦となった中、前後半に1ゴールずつを挙げる2-0の完勝でクラブ史上初の4回戦進出を決めた。 なお、9日に開催された結果および3回戦の日程一覧は以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 日程&結果 ▽1/9(土) アーセナル 2-0 ニューカッスル マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ワトフォード(2部) ストーク・シティ(2部) 0-4 レスター・シティ エバートン 2-1 ロザラム・ユナイテッド(2部) ブラックプール(3部) 2-2(PK:3-2) WBA ブリストル・ローバーズ(3部) 2-3 シェフィールド・ユナイテッド バーンリー 1-1(PK:4-3) MKドンズ(3部) QPR(2部) 0-2 フルアム ハダースフィールド(2部) 2-3 プリマス(3部) チョーリー(6部) 2-0 ダービー・カウンティ(2部) ボーンマス(2部) 4-1 オールダム(4部) スティヴネイジ(4部) 0-2 スウォンジー(2部) ノッティンガム・フォレスト(2部) 1-0 カーディフ(2部) ボレアム・ウッド(5部) 0-2 ミルウォール(2部) ブラックバーン(2部) 0-1 ドンカスター・ローバーズ(3部) ウィコム(2部) 4-1 プレストン・ノースエンド(2部) ブレントフォード(2部) 2-1 ミドルズブラ(2部) ルートン・タウン(2部) 1-0 レディング(2部) エクセター・シティ(4部) 0-2 シェフィールド・ウェンズデイ(2部) ノリッジ(2部) 2-0 コベントリー(2部) ▽1/10(日) マンチェスター・シティ vs バーミンガム(2部) チェルシー vs モアカム(4部) マリン(8部) vs トッテナム クローリー(4部) vs リーズ・ユナイテッド ニューポート・カウンティ(4部) vs ブライトン バーンズリー(2部) vs トランメア・ローバーズ(4部) ブリストル・シティ(2部) vs ポーツマス(3部) チェルトナム(4部) vs マンスフィールド(4部) ▽1/11(月) ストックポート・カウンティ(5部) vs ウェストハム ▽未定 サウサンプトン vs シュルーズベリー・タウン(3部) ▽1/8(月) アストン・ビラ 1-4 リバプール ウォルバーハンプトン 1-0 クリスタル・パレス 2021.01.10 07:10 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly