ジェノアがユベントスからイタリア代表DFペッレグリーニをレンタルで獲得

2020.09.26 21:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアは26日、ユベントスからイタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。ペッレグリーニは、ローマの下部組織出身で、2019年7月にユベントスへと完全移籍。2019-20シーズンはカリアリへとレンタル移籍していた。2019-20シーズンはセリエAで24試合に出場し4アシストを記録していた。

また、世代別のイタリア代表を経験してきたペッレグリーニは、A代表にも招集。UEFAネーションズリーグにも選ばれたが出場はなかった。

なお、ペッレグリーニは背番号「88」を背負い、週末のナポリ戦に出場が可能となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ルカク3戦連発のインテル、リーグ戦3試合ぶり勝利《セリエA》

インテルは24日、セリエA第5節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 前節ミランとのミラノ・ダービーに敗れて今季初黒星を喫し、2勝1分け1敗スタートとなったインテルは、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のボルシアMG戦ではルカクの2ゴールがあったものの2-2の引き分けに終わった。そのボルシアMG戦のスタメンから4選手を変更。サンチェス、バレッラ、デ・フライ、コラロフに代えてL・マルティネス、ブロゾビッチ、バストーニ、ラノッキアを起用。コロナ陰性となったハキミがベンチ入りした。 1勝1分け1敗スタートのジェノアに対し、ルカクとL・マルティネスの2トップ、トップ下にエリクセン、右にダルミアン、左にペリシッチを据える[3-5-2]で臨んだインテルが押し込む入りとすると、14分にL・マルティネスのコントロールシュートでゴールに迫る。 その後も押し込み続けるインテルは、33分にL・マルティネスがボレーでゴールを脅かすも、ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず。シュート3本に終わった前半はゴールレスで終えた。 後半も押し込むもののアクセントを付けられないインテルは、58分に2枚替えを敢行。エリクセンとペリシッチに代えてバレッラとハキミを投入した。 すると64分に均衡を破る。決めたのは公式戦3戦連発となるルカク。バレッラとのパス交換でボックス右に侵入したルカクが対応したDFを外し、左足でゴールへ蹴り込んだ。 先制後もハーフコートゲームを展開するインテルは、79分にリードを広げる。左CKからラノッキアがヘッドで逸らし、ゴールエリア右にいたダンブロージオが頭で押し込んだ。 終盤にかけてもインテルが危なげなく時間を消化。後半の2ゴールで快勝としたインテルがリーグ戦3試合ぶりの勝利を取り戻している。 2020.10.25 02:52 Sun
twitterfacebook
thumb

クラスター発生のジェノア、選手17名が新型コロナ陽性反応で試合延期に

セリエAのジェノアで発生した新型コロナウイルス(CODID-19)の深刻なクラスターはまだまだ広がっていく。 ジェノアは、2日に行われた新型コロナウイルスの検査で、DFドメニコ・クリーシト、DFダビデ・ビラスキ、FWダリアン・マレスの3選手が陽性反応を示したことを発表した。 この3名を加えて、ジェノアでは17名の選手が陽性反応を示し、スタッフ内にも少なくとも5名が陽性反応を示したこととなった。 これまで、MFヴァロン・ベーラミ、MFフランチェスコ・カッサータ、MFルーカス・レラガー、GKフェデリコ・マルケッティ、MF フィリッポ・メレゴーニ、DFルカ・ペッレグリーニ、GKマッティア・ペリン、FWマルコ・ピアツァ、MFイバン・ラドバノビッチ、MFラセ・シェーネ、DFダビデ・ザッパコスタが陽性反応を示していた中、10月1日にFWマッティア・デストロが追加。さらに、2日にMFペタル・ブルレク、MFミハ・ザイツが陽性反応を示していた。 これにより新たに3名を加えた17名が陽性反応。そのため、3日に予定されていたセリエA第3節のトリノ戦は延期となった。 また、直近の試合である9月27日に対戦したナポリでは、このうちの10名が出場。また、ナポリではポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキとスタッフ2名の感染が確認されていた。 ナポリは4日にユベントスとの試合が控えているが、その試合に向けて再度検査を実施するとのことだ。 2020.10.03 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェノア、橋本拳人同僚のウズベキスタン代表FWショムロドフを獲得

ジェノアは1日、MF橋本拳人が所属するロストフのウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は800万ユーロ(約9億9000万円)とのことだ。 190cmの大型FWであるショムロドフは、ウズベキスタン代表として43試合に出場して20ゴールをマーク。2019年1月に行われたアジアカップでは日本代表相手に得点を挙げていた。 2017年夏からロストフでプレーするショムロドフは、在籍3年間で公式戦91試合に出場し18ゴール12アシストを記録。昨季はロシア・プレミアリーグで28試合に出場し11ゴールを挙げていた。 2020.10.01 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェノアでクラスターか 選手&スタッフ14名の新型コロナ感染を報告

ジェノアがさらなる新型コロナウイルスの陽性者を報告した。 ジェノアでは先週末の27日に行われたセリエA第2節のナポリ戦前にデンマーク代表MFラッセ・シェーネとイタリア代表GKマッティア・ペリンの陽性反応を確認。両選手ともに欠場していた。 そして、チームは翌28日に検査を実施。選手とスタッフを併せた計14名に陽性反応が検出され、定められるプロトコルに則った対応に動き、当局に報告したという。 クラスター発生が疑われるジェノアは10月3日にセリエA第3節でトリノと対戦。今後について、「状況が進展した際は最新情報を提供する」と説明している。 2020.09.29 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ロサーノ2発などジェノアに6発のナポリが圧勝で開幕2連勝!《セリエA》

ナポリは27日、セリエA第2節でジェノアをホームに迎え、6-0で圧勝した。 パルマとの開幕戦を2-0で勝利したナポリは、オシムヘンが移籍後初スタメンを飾り、2列目に右からロサーノ、メルテンス、インシーニェと並べた。 昇格組のクロトーネに4-1と快勝したジェノアに対し、ナポリが圧力をかける入りとなると、10分に先制する。ボックス左からのメルテンスのクロスをファーサイドのロサーノがボレーで合わせた。 その後も12分にオシムヘンのミドルシュートでゴールに迫ったナポリは、19分にはオシムヘンのお膳立てからロサーノが決定的なシュートを浴びせた。 しかし23分、ナポリは左足太ももを痛めたインシーニェがプレー続行不可能となり、エルマスを投入した。 それでも28分、右サイドからのFKにオシムヘンが決定的なヘディングシュートを浴びせたナポリが、ハーフタイムにかけても主導権を渡さず1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、開始27秒にナポリが追加点を挙げる。オシムヘンのヒールパスを受けたジエリンスキがボックス中央からゴールに蹴り込んだ。 さらに57分、敵陣でボールを奪ったジエリンスキがラストパスを送ると、メルテンスがペナルティアーク中央からシュートを蹴り込んで3点目。 続く65分には相手の横パスをカットしたメルテンスのパスを、ロサーノが決めてドッピエッタ。4-0としたナポリは69分にエルマス、72分にはポリターノもゴールを挙げ、終わってみれば6-0で圧勝し、開幕2連勝としている。 2020.09.28 03:09 Mon
twitterfacebook