クンデ売却に揺れるセビージャ、シティからの2ndオファーに期待?

2020.09.26 17:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャがU-21フランス代表DFジュール・クンデ(21)に対するマンチェスター・シティからの増額オファーに期待しているようだ。『ESPN』が報じている。

昨夏にボルドーから加入したクンデは、ラ・リーガ4位とヨーロッパリーグ優勝という成績を収めたセビージャにおいて公式戦40試合に出場。対人の強さとスピードを武器に、無名からわずか1年でビッグクラブからの関心を集めるようになった。

センターバックの強化を進めるシティもそのひとつで、すでに一度5500万ユーロ(約67億5000万円)のオファーを試みたという。だが、セビージャとしては契約解除金を9000万ユーロ(約110億5000万円)に設定しているクンデに対するオファーとしては不満があった模様。

しかし『ESPN』は、6500万ユーロ(約79億8000万円)から7000万ユーロ(約86億円)程度の2度目のオファーが来れば、新型コロナウイルスの影響による財政難の状況に、断ることは難しいと推測している。

なお同メディアによれば、クンデの優先はセビージャ残留だが、将来的にステップアップも考慮に入れていることもまた事実。レアル・マドリーが来夏の獲得を狙っていると言われているが、同選手としては、よりレギュラーでプレー出来る可能性が高いシティ移籍の方が適していると考えているようだ。

コメント
関連ニュース
thumb

CL参戦のEL覇者セビージャ、ロペテギはチェルシーを「優勝の可能性があるチーム」と評する

セビージャのフレン・ロペテギ監督がいよいよ始まる欧州最高峰の戦いで相対する敵に敬意を払いつつ、白星発進に意気込みを語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 昨季のヨーロッパリーグ(EL)覇者として、今季のチャンピオンズリーグ(CL)に挑むセビージャ。20日に行われるグループE第1節でチェルシーのホームに乗り込む。 17日に行われたグラナダとのラ・リーガ第6節で今季初黒星を喫して、このチェルシー戦との大一番に臨むロペテギ監督。試合に先駆けた会見で、こうコメントした。 「我々はチェルシーというタイトルを獲得できる可能性があるチームのひとつと対戦する。ただ、明日がうまくいくよう集中したい。我々にできることはそれだけだ」 「難しい要求になると思う。どんな試合も難しいものだが、特にCLの舞台だと、チェルシーのようなチームと対戦することになる。彼らは多額で良い選手たちを獲得した。素晴らしいチームであり、クラブを熟知する監督もいる」 「彼らは素晴らしいトッププレーヤーを何人も擁しており、我々にベストな状態で戦いに挑んでくるように強いてくるだろう。最近の彼らは良い戦いをしている。我々に可能な限りベストなパフォーマンスも求めてくるはずだ」 「明日は非常に良い戦いが必要になってくる」 2020.10.20 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループE展望】チェルシー、セビージャの2強に初参戦のレンヌとクラスノダールが挑む

【CLグループE展望】チェルシー、セビージャの2強に初参戦のレンヌとクラスノダールが挑む 2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループEは、昨季ベスト16のチェルシーとヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャ、そして、共に初出場のスタッド・レンヌとクラスノダールという組み合わせとなった。チェルシー、セビージャの2強に、ダークホースの一角と期待されるレンヌ、クラスノダールが大穴という予想だ。 ◆編集部予想 ◎本命:チェルシー ○対抗:セビージャ △連下:レンヌ ☆大穴:クラスノダール ◆超大型補強で7年ぶりのベスト8進出を目指す~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2大会ぶりの出場となった昨季は、混戦のGSを勝ち抜きながらも王者に輝いたバイエルンにベスト16で大敗を喫したチェルシー。選手登録禁止処分の中で若手主体で挑んだが、世界最高峰の大会はそう甘くはなく、ここ6年はベスト8以上の成績を収められていない現状だ。 しかし、今季のチェルシーは一味違う。処分が解け、1年間貯めに貯め込んだ資金を一斉投下し、欧州中から屈指の実力者たちを獲得。MFツィエクに始まり、FWヴェルナーとMFハヴァーツのマンシャフトコンビ、さらにはDFチルウェルとDFチアゴ・シウバの補強にも成功し、ウィークポイントをしっかり埋めた。そんな超大型補強のラストピースとなったGKエドゥアール・メンディは、同組のレンヌからの加入だ。 それでも、まだまだチグハグ感は否めず、リーグ戦のWBA戦とサウサンプトン戦ではいずれも3失点しており、豪華な攻撃陣とは裏腹に守備の完成にはしばらくかかりそう。新型コロナウイルスの影響で例年とは遥かに体力的に厳しいシーズンとなり、本来の調子が取り戻せていない選手もいる中で、比較的楽なグループを優位に進めることは出来るだろうか。就任2年目のランパード監督の手腕にも注目だ。 ◆補強は上々、EL王者が満を持して最高峰の舞台へ~セビージャ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_12_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のEL王者として3大会ぶりの参戦となるセビージャ。昨季はロペテギ監督が就任し、昨年3月に復任したモンチSD(スポーツ・ディレクター)主導の下で大型補強を決行。近年下降気味だった成績の回復に努めた。 その結果、DFジエゴ・カルロスやDFクンデといった隠れた実力者を見出し、同じく新戦力だったFWオカンポスの活躍などで、最多6度目のEL制覇を成し遂げるとともに、ラ・リーガでは3シーズンぶりのトップ4入りを果たした。今季はUEFAスーパーカップでCL王者バイエルンに善戦健闘。リーグ戦では苦手意識の強いバルセロナ相手に互角に戦い、敵地カンプ・ノウから勝ち点1を持ち帰っている。 今季は司令塔のMFバネガ退団に伴い、MFラキティッチが6年ぶりに復帰。ラ・リーガ開幕節のカディス戦では早速ゴールを決めて、サポーターに挨拶した。また、昨季の中心選手だったDFレギロンの後釜には、スポルティング・リスボンからDFアクーニャを獲得。そのほか、FWスソの完全移籍、センターバックのDFレキクやウインガーのFWイドリシなど、各ポジションの補強を抜かりなく行っている。 ◆積極補強で初のCLへ準備万端~レンヌ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_12_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今大会がCL初参戦のレンヌ。昨年4月にクープ・ドゥ・フランスを制し、クラブに48年ぶりのタイトルをもたらしたジュリアン・ステファン監督の下、コロナ感染拡大の影響で中止となったリーグ・アンでクラブ史上最高位となる3位フィニッシュ。見事、初のCL出場権を勝ち取った。 上記2チームと比べて実力差は否めないが、今年のゴールデンボーイ賞最終候補20名にも名を連ねたMFカマヴィンガをはじめ、パリ・サンジェルマンが関心を示したというDFアマリ・トラオレや、マルセイユ行きが噂されていたFWニアンなど粒揃い。また、今夏の移籍市場では、アンデルレヒトから右ウインガーのベルギー代表FWジェレミー・ドク、左ウイングにはリヨンからFWテリエを獲得。さらにはユベントスとインテルから、それぞれDFルガーニとDFダウベルトをレンタルし、今大会に向けて選手層を厚くしている。 そのほか、チェルシー行きのGKメンディの後釜にはディジョンで守護神だったGKゴミスを補強。2強に割って入る可能性は大いにある。 ◆ロシアのニューカーマーが青年監督の下で夢の舞台へ~クラスノダール~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_12_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2008年創設のクラスノダールは、レンヌ同様こちらも初出場。昨季のロシア・プレミアリーグで3位に入り、プレーオフを勝ち上がってクラブ史上初の本戦出場を果たした。率いるはクラスノダールを地元に持つムラド・ムサエフ監督。同クラブのアカデミーとリザーブチームの監督を歴任し、成り上がった36歳の青年指揮官だ。 今季の国内リーグでは、11試合を終えたところで5勝3分け3敗とまずまずといったところ。得点数は首位のゼニトに次ぐ21得点で、スウェーデン代表FWマルクス・ベリがここまで5得点で攻撃を牽引している。 なお、今シーズンはロシアから史上初めて3クラブが参加。ロシア勢の一角として爪痕を残すことは出来るだろうか。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

前半で退場者を出したセビージャ、リーグ戦初黒星でCLチェルシー戦へ《ラ・リーガ》

セビージャは17日、ラ・リーガ第6節でグラナダと対戦し、0-1で敗れた。 代表マッチウィークを挟んで2週間ぶりの再開となるラ・リーガ。昨季のヨーロッパリーグ王者であるセビージャは、過密日程を考慮され開幕2試合は延期処置が取られている。そのため、ここまで3試合を消化した中で、前節は苦手バルセロナ相手に互角以上に張り合い、敵地から勝ち点1を持ち帰った。 クンデが新型コロナウイルスに感染し出場できない中で、センターバックには3試合ぶりにセルジ・ゴメスを起用。また、センターFWは古巣対決のカルロス・フェルナンデスが務めた。 実力的にはセビージャが大きく優位に立つが、この試合ではやや劣勢を強いられる。5分のグラナダのFKの場面。右サイドから上がったクロスのこぼれ球をミジャがシュート。相手に当たってCKを得ると、ショートコーナーからボックス左でボールを持ったA・プエルタスの折り返しがゴール前で混戦を生み、グラナダが立て続けにシュートを浴びせるが、セビージャも堅いブロックで死守する。 ここまでほとんど攻撃の形を作れていないセビージャ。18分にはエスクデロが負傷し、アクーニャを緊急登板させる事態に。その後も迫力に欠ける試合が続いた中、前半アディショナルタイムに立て続けに2枚のイエローカードを提示されたジョルダンが退場。残りの45分を10人で戦うことになってしまった。 不測の事態に陥ったセビージャは後半から温存していたオカンポスとデ・ヨングを投入。それでも一向にチャンスは作れず、試合は膠着状態に。60分に選手交代を講じたグラナダは、その交代で入ったマチスが決定期を迎えるも、セビージャはGKブヌが好セーブで失点を防ぐ。 後半も半分が過ぎ、ここまでのポゼッションはグラナダが7割と、下馬評を覆す展開に。そのままグラナダペースで試合は推移し、迎えた82分、フルキエが右から上げたクロスを、途中出場のY・エレーラが頭で合わせてホームチームが先制。 そして、試合はここで終了。リーグ戦初黒星を喫したセビージャは、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のチェルシー戦が控えている。 2020.10.17 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、クンデの新型コロナウイルス感染を報告…U-21フランス代表ではゲンドゥージに続き2人目

セビージャは15日、U-21フランス代表DFジュール・クンデが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したと発表した。 クラブの発表によると、クンデはU-21フランス代表の活動に参加。13日にチームへと戻り、予定通り検査を実施。この検査で新型コロナウイルス検査で陽性反応が見つかった。 クンデは無症状であり、現在は自宅での隔離期間に入ってるとのこと。これにより、ラ・リーガ第6節のグラナダ戦、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のチェルシー戦を欠場することになる。 また、セビージャによれば代表活動から帰国したクンデは、チームメイトやスタッフとは一度も接触がなく、チームとしては問題は起こっていないとのことだ。 なお、U-21フランス代表では、ヘルタ・ベルリンに所属するMFマテオ・ゲンドゥージにも新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が見つかっており、クンデが2人目の感染者となった。 2020.10.16 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ移籍が取り沙汰されたクンデ「セビージャにいられて、とても幸せ」

U-21フランス代表DFジュール・クンデ(21)がセビージャでの幸せぶりをアピールした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 クンデは快足を生かした守備範囲の広さと優れたタックル技術が武器のセンターバックで、昨季の公式戦40試合に出場。クラブのヨーロッパリーグ(EL)制覇に寄与した。 この活躍を受けて、マンチェスター・シティを中心に移籍の可能性が取り沙汰されたが、最終的に実現しなかったクンデ。フランス『Canal+』で、今夏を振り返った。 シティがベンフィカからポルトガル代表DFルベン・ディアスを獲得する前まで候補に挙がり続けたクンデは移籍の可能性があったと認めつつ、残留という結果を喜んだ。 「それは僕の成長を示す一部。必要なものをすべてやり、実現させるために努力している。このクラブで幸せだった。それは今も同じ。(イングランドに挑戦する)良い機会だったけど、セビージャにいられて、とても幸せだ」 なお、『ESPN』によれば、イングランド代表DFハリー・マグワイアの相棒を探しているといわれるマンチェスター・ユナイテッドが来冬にクンデの獲得に乗り出す可能性がある模様だ。 2020.10.14 17:30 Wed
twitterfacebook