モウリーニョの優しさ! 自身のファンだった父を亡くした記者との写真撮影を約束

2020.09.24 15:49 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、シュケンディヤ戦を前にした公式会見の場で一人の記者に対して素晴らしいジェスチャーを見せた。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。

トッテナムは24日にヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦で北マケドニアのシュケンディヤとのアウェイゲームに臨む。

同試合に向けたリモートでの前日会見に出席したモウリーニョ監督には、試合に向けた質問と共に、補強に関する様々な質問が投げかけられた。

そういった中、今回の会見を誰よりも楽しみにしていた北マケドニア人記者のイゴール・アレクサンドロビッチ氏は、『ZOOM』の挙手ボタンを押していたものの、15分間ほどの会見の中で質問の機会を与えられず、会見はこのまま終了してしまった。

その後、モウリーニョ監督に質問できなかったことで、ひどく落ち込んでいたアレクサンドロビッチ氏の反応を伝え聞いたポルトガル人指揮官は、再びリモート会見の場に戻り、特別に質問を許可することになった。

アレクサンドロビッチ氏は自身がどうしてもモウリーニョ監督と話しをしたかった理由について説明。

亡くなった父親がモウリーニョ監督を以前から敬愛しており、闘病していた時期には、もしチャンスがあれば、同監督とのツーショット写真を撮ってほしいと言われていたことを明かした。

そして、アレクサンドロビッチ氏は父親の墓前に自身とモウリーニョ監督のツーショット写真を飾るため、シュケンディヤ戦後に写真を撮ってもらえないか、との個人的なお願いをした。

「父が重病を患っていた時期、もしあなたに会う機会があったならば、一緒に写真を撮ってほしいと頼むように言っていたんだ。父はいつもあなたのようになりなさいと言っており、私をあなたのように育ててくれたんだ」

「父はあなたを心から尊敬していたんだ。もし、一緒に写真を撮らせてくれるならば、それを額に入れて、父の永遠の安息の地に飾りたいと思っている」

「もし、今回の試合であなたとあなたのチームにとって良い結果が出た場合、そうさせてもらえないかな?」

これに対して、ポルトガル人指揮官は同記者の亡父への敬意を示すと共に、試合の結果に関わらず、一緒に写真を撮ることを快諾した。

「写真は試合結果とは何の関係もない。写真撮影の約束は決まった。必ず、撮ろうじゃないか」

「試合前に会えるなら、ホテルの方が楽かもしれない。試合後なら試合後だ。結果は関係ない。君と一緒に写真を撮れて光栄だよ」

「そして、君のお父様の名誉、お父様が私のことを強く思ってくれていることに対して敬意を示したい」

アレクサンドロビッチ氏の今回の行動は、見方によっては公私混同との批判もあるかもしれないが、そういった批判を覚悟した上で亡父の願いを叶えようとする同記者の心意気。また、それに真摯に応えたモウリーニョ監督の優しさを称えたい。

◆素晴らしいジェスチャー


関連ニュース
thumb

トッテナムが英『talkSPORT』に抗議! 番組内でレヴィ会長巡る反ユダヤ主義的コメント…

トッテナムは4日、前日のイギリス『talkSPORT』の番組内での反ユダヤ主義的な発言に関して抗議の声明を発表した。 今回の問題は8月3日に放送された『talkSPORT』の“The Sports Bar”という番組内で起こった。 プレゼンターのペリー・グローブス氏とジョーダン・ジャレット・ブライアン氏のディスカッションに電話で参加したある視聴者は、マンチェスター・シティ行きを希望してクラブのトレーニングに無断欠席しているイングランド代表FWハリー・ケインとダニエル・レヴィ会長の状況について言及。 その際に、「ダニエル・レヴィは“jew(ユダヤ人)”だから、何もせずにケインを手放すわけにはいかないだろう」と主張。この“jew”という言葉は「ユダヤ人の商人・金融業者はずる賢い」という19世紀の固定観念に基づく表現であり、民族蔑視の不適切な表現として認知されている。 『talkSPORT』のプロデューサーによると、前述のコメントはラジオの生放送ではカットされていたものの、YouTubeにアップロードされた番組のオンラインストリームには残されており、一部の視聴者からは「この発言は不快だ」とのクレームも届けられていた。 一連の出来事を受け、トッテナムは『talkSPORT』に対する抗議の意思を声明で明かした。 「私たちは、どちらの司会者もそのコメントを取り上げず、反ユダヤ的な表現を呼びかけることができなかったことに愕然としました。もし、人種やその他の保護された特性に関して同じようなコメントがなされたならば、即座に広範囲な対応がなされたに違いありません」 「反ユダヤ主義が他の差別と同じレベルで非難されないことは許されませんし、反ユダヤ主義への取り組みも同様に厳格であるべきです」 なお、トッテナムのホームスタジアム近隣はユダヤ人が多く住む地域として知られており、クラブはこれまで対戦相手から度々反ユダヤ主義のチャントの標的となってきた。 2021.08.05 14:43 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーvsスパーズの“マインドシリーズ”2戦目はドロー! ツィエク2発もスパーズが2点差追いつく

プレシーズンマッチのチェルシーvsトッテナムが4日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-2のドローに終わった。 アーセナル、チェルシー、トッテナムの3クラブとメンタルヘルス関連の慈善団体である『マインド』が協力し“マインドシリーズ”と銘打たれたプレシーズンマッチトーナメント。 アーセナルとの初戦を2-1で制したチェルシーは連勝を狙うこの一戦に向けてGKにエドゥアール・メンディ、最終ラインにトレバー・チャロバー、クル・ズマ、アントニオ・リュディガー。中盤はウイングバックにカラム・ハドソン=オドイ、マルコス・アロンソ、2センターにマテオ・コバチッチ、エンゴロ・カンテを起用。前線はティモ・ヴェルナーが最前線、カイ・ハヴァーツとハキム・ツィエクが2シャドーに入った。 対するトッテナムはGKにアタランタからの新戦力ピエルルイジ・ゴッリーニ、4バックはマット・ドハーティ、ジャフェット・タンガンガ、エリック・ダイアー、セルヒオ・レギロン。中盤はアンカーのピエール=エミール・ホイビュルク、インサイドハーフにオリヴァー・スキップ、デレ・アリ、3トップはルーカス・モウラ、ソン・フンミン、ステーフェン・ベルフワインが並んだ。 試合前に昨シーズンチャンピオンズリーグ(CL)制覇したチェルシーがビッグイヤーをサポーターにお披露目するなど、良いモチベーションで試合に入ったホームチーム。立ち上がりからボールを握り、守備でも相手に自由を与えない圧倒ぶりを見せた。 そして、16分にはハーフウェイライン付近でルーカスの仕掛けを止めたカンテのボール奪取からカウンターを発動。相手陣内中央をフリーで持ち上がったツィエクが右に流れるヴェルナーをオトリにボックス手前で得意の左足を振ると、これがゴール右隅の完璧なコースに決まった。 幸先よく先制に成功したチェルシーはビルドアップの局面でバタつくトッテナムに激しい圧力をかけながら自由を与えず、中盤ではカンテとコバチッチが睨みを利かせて再三のボール回収を見せる。攻撃ではヴェルナーが相変わらず最後の質を欠いたものの、ツィエクを起点に厚みのある攻撃を仕掛け、追加点こそ奪えなかったものの、ほぼ完璧な内容で試合を折り返した。 後半も試合の流れに大きな変化はなし。立ち上がりの49分には左サイドを崩してマルコス・アロンソからボックス左のツィエクに折り返しが繋がると、ツィエクが左足の正確なシュートをゴール右隅に流し込み、2点目を奪った。 ここまで攻守に精彩を欠くトッテナムだったが、56分にはカウンターからボックス付近で細かく繋ぎ、最後はルーカスが放った右足のシュートがDFリュディガーの足に当たって大きくディフレクトしたボールがゴール右隅に吸い込まれた。 その後、チェルシーが60分過ぎに一気に7選手を入れ替えるメンバー交代を行った中、試合はより拮抗した展開に。その中でチェルシーはプリシッチやファウスティーノ・アンジョリンらが3点目に迫るが、GKゴッリーニが再三のビッグセーブで立ちはだかった。 すると、トッテナムは70分、DFマラン・サールの自陣での不用意なパスをカットしたルーカスを起点にショートカウンターを発動。最後はボックス左でソン・フンミンのラストパスを受けたベルフワインがGKメンディの股間を抜く左足のシュートを流し込み、同点に追いついた。 2-2のイーブンに戻った試合は徐々にトッテナムに流れが傾いたものの、チェルシーもDFイーサン・アンパドゥの身体を張ったゴールカバーなどホームで逆転を許さず。白熱のロンドン・ダービーは2-2のドローに終わった。 なお、チェルシーは今大会を1勝1分けで終えた。一方、トッテナムは8日にホームでアーセナルとの最終戦に臨む。 チェルシー 2-2 トッテナム 【チェルシー】 ツィエク(16分) ツィエク(49分) 【トッテナム】 ルーカス・モウラ(56分) ベルフワイン(70分) 2021.08.05 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ケインの練習ボイコットに揺れるトッテナム、ヌーノ監督は「内部で状況を解決したい」と強調

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、チームからの退団を望むイングランド代表FWハリー・ケインの処遇について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ケインは6月から開幕したユーロ2020後に休暇に入り、2日にチームへ合流する予定となっていた。しかし、当日になってもエースは姿を現さず、各メディアからは移籍を実現するための練習拒否だと報じられている。 ケインに対してはアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが昨シーズン限りで退団したマンチェスター・シティが獲得に接近。ケイン本人も、いまだ縁がないトロフィー獲得のため移籍を強く望んでいる。しかし、選手と3年の契約を残すトッテナムは最低でも1億5000万ポンド(約228億円)の移籍金を要求しており、現在のところ交渉に進展はない。 ダニエル・レヴィ会長との間で移籍を許可する紳士協定があったと主張するケインは4日まで練習に合流せず、このままだと15日のプレミアリーグ開幕節シティ戦の欠場が濃厚だ。 エースのこうした行動はチームに大きな影響を及ぼす懸念があるが、4日に行われたプレシーズンマッチのチェルシー戦後に会見に応じたヌーノ監督は、まずケインと話し合いの場を持ちたいとコメント。そのうえで、この問題はクラブ内部で解決されるべきだと強調した。 「ハリーとはすぐに話ができるはずだ。まだ私にその機会はなかったからね。まずは自分たちで問題の解決を試みる必要がある。(メディアに対しては)それからいろいろ話をしていくよ」 「この問題についてコメントしたくないわけではない。ただ、私が信じているのは、すべてのことに関連するこの問題については、内部で議論すべきだということだ。公の場で議論をするのは避けたいね。重要なことに集中して、我々の間で状況を解決する必要がある」 「我々は内部で状況を解決したい。クラブの中で話し合いの場を設けて、より良い解決策と結論を導き出そうとしているところだ」 2021.08.05 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「ロナウドよりもベイル」元マドリーのドクターが見解「彼は最高のアスリート」

元レアル・マドリーのドクターが最高のアスリートについて言及した。 世界最高峰のアスリートは誰かと問われれば、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名を挙げる人は多いだろう。36歳となった今でも、強さ、ジャンプ力、スピードをすべて信じられないほどのレベルで備えた見本のような肉体を誇っている。 C・ロナウドは息子がポテトチップスを食べてコカ・コーラを飲んでいるのを見ると、いい気分にはならないようで、自身も先日のユーロ2020の記者会見では目の前のコーラを退けるなど、印象的な行動もとっていた。 だが、元マドリーのドクター、ヘスス・オルモ氏の考えは少々異なる様子。オルモ氏はC・ロナウドよりもレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルの方がより完全なアスリートであると信じているようだ。スペイン『イデアル』に次のように語っている。 「サッカー選手の身体的パフォーマンスレベルは、他のオリンピック選手とはかけ離れている」 「ただ、今はセルヒオ・ラモスのように近づいている選手も居る。ルーカス・バスケス、クリスティアーノ・ロナウドもだ。ケイロル(・ナバス)は驚異的な瞬発力があり、(ダニエル・)カルバハルは素晴らしいコンディションを持てている」 「ただ、おそらく私が見た中で最高のアスリートはガレス・ベイルだ」 「彼はどんなスポーツでも優れた能力をできる生まれながらのアスリートだ。彼は特異な遺伝学と運動能力を持っていて、技術的な能力もある」 「パフォーマンスがあってのことだが、彼はあらゆる状況から生じるすべての面で私に最も感銘を与えた人物だ」 ベイルはマドリー時代の2017年にレアル・ソシエダ戦で75メートルを独走してのゴールを挙げ、その際に時速22マイル(約35km)というクレイジーな最高速度を記録している。かつて痩せた子供だったベイルが何年もかけて肉体の構築に取り組んできたため、オルモ氏は感銘を受けているのだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】あなたはどっち派?!C・ロナウドとベイルの筋肉美</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gareth Bale&#39;s legs <a href="https://t.co/sWUddWmodR">pic.twitter.com/sWUddWmodR</a></p>&mdash; bob mortimer (@RealBobMortimer) <a href="https://twitter.com/RealBobMortimer/status/886531195214995456?ref_src=twsrc%5Etfw">July 16, 2017</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Recovery time! <a href="https://t.co/1NduH6HkFi">pic.twitter.com/1NduH6HkFi</a></p>&mdash; Cristiano Ronaldo (@Cristiano) <a href="https://twitter.com/Cristiano/status/1367191022963425283?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.04 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ケインの移籍願望に理解示すも、ネビル氏は練習無断欠席を批判「チームメイトを尊重すべきだ」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの振る舞いを批判した。イギリス『ミラー』が伝えている。 毎シーズン際立った成績を残しながらも、タイトルとは無縁の日々が続くケイン。昨シーズンも無冠に終わっており、シーズン終了後にはトッテナム退団を希望する趣旨のコメントを残した。しかし、3年の契約を残すトッテナムは最低でも1億5000万ポンド(約228億円)の移籍金を要求しており、獲得に関心を示すマンチェスター・シティとの交渉に進展はない。 こうした状況に業を煮やしてか、ユーロ2020後の休暇に入っていたケインは2日連続で練習を無断欠席。強硬手段をとることによって、移籍を進める考えだと報じられている しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したネビル氏は、ケインのこうした行動を批判。どんな事情があっても、選手である以上は義務を果たすべきだと語った。 「ハリー・ケインが月曜日にトッテナムのプレシーズンに合流する予定だったのなら、戻ってくるべきだった。トレーニングに来ない選手を擁護することはできない。それはとてもシンプルだ」 「私はハリーと一緒に仕事をしたことがあり、これほどプロフェッショナルなフットボーラーは見たことがなかったよ。これまですべてを正しくこなしていた彼だからこそ、真剣に悩んでいるのだろう。そして何か悪いことが起こって、あんなことをしたのかもしれない」 「しかし、それは弁解にはならない。彼はトレーニングに来るべきであり、チームメイトを尊重すべきだ。チームメイトと一緒に行動をするべきだったが、今では明らかに衝突しているね」 また、ネビル氏はシティとトッテナムの交渉がまとまるかは分からないとコメント。一方で、ケインがトッテナムではタイトルを獲得できないと考えていることについては理解を示した。 「シティは入札を行っているが、その金額は十分ではないね。ハリーは十分だと思っているかもしれないが、ダニエル(・レヴィ)の考えはそうではないのだろう」 「両者が歩み寄ることができるかだが、できればそうなって欲しいね。もし無理ならば、これから数週間は少し面倒なことになるだろう。なぜなら、ハリーは出て行きたがっている。それは間違いないからだ。数カ月前から、誰の目にも明らかだった」 「その理由はわかるよ。彼はトロフィーを勝ち取りたい、リーグタイトルに挑戦したいのだ。トッテナムでそれを実現するのは、おそらくこの先2、3年は無理だろう。この20~30年の間で、1回か2回を除いて彼らはそれができなかったからね」 2021.08.04 14:52 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly