モラタが早くもアトレティコに退団を要求? レンタルでユーベ復帰か

2020.09.21 22:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(27)は、数日後にユベントスに加わるかもしれない。スペイン『マルカ』が報じている。レアル・マドリー、ユベントスを経てチェルシーへ渡り、2019年1月に1年半のレンタル移籍でアトレティコに加入したモラタ。2019-20シーズンは公式戦44試合でチーム最多の16ゴールを記録すると、2020年7月にそのままアトレティコへ完全移籍を果たしていた。

しかし、8月13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のRBライプツィヒ戦ではスペイン代表FWジエゴ・コスタに先発の座を奪われベンチスタートに。モラタはディエゴ・シメオネ監督の起用法に不満を持っており、早くもクラブに退団の意向を伝えたようだ。

ストライカーを狙うユベントスがモラタの復帰を画策。移籍金5000万ユーロ(約61億3000万円)のオファーを提示したが、チェルシーから5500万ユーロ(約67億4000万円)で獲得したアトレティコはこれを拒否したという。

アトレティコは、モラタを放出する場合には新たなストライカーを獲得できるだけの費用を補う必要があるとのことだ。

しかし、本人の退団意向とアンドレア・ピルロ監督がストライカーを熱望していることから、両者はレンタル移籍で引き続き話し合いを行うようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントス大苦戦も最終盤のボヌッチ弾でトリノ・ダービーを逆転で制す!《セリエA》

ユベントスは5日、セリエA第10節でトリノをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 前節ベネヴェント戦を引き分けた4位ユベントス(勝ち点17)は首位ミランとの勝ち点差を5ポイントに広げられた中、3日前に行われ3-0と快勝したチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦のスタメンから5選手を変更。モラタやアレックス・サンドロ、負傷したデミラルらに代えてディバラやクルゼフスキ、ラビオらを起用した。 18位に低迷するトリノ(勝ち点6)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスはC・ロナウドとディバラの2トップ、右にクルゼフスキ、左にキエーザを並べた。 そのユベントスは開始9分に失点する。左CKの流れからルーズボールをゴールエリア左のエンクルに蹴り込まれた。 さらにカウンターを狙うトリノ相手に、14分にもピンチ。スルーパスでザザに抜け出されボックス右でGKと一対一に。しかしシュチェスニーが何とか凌いだ。 その後もディバラを筆頭に攻撃陣が機能不全を起こしたユベントスは、44分にようやくディバラがこの試合最初の枠内シュートを放ったが、低調な前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、56分にC・ロナウドがGK強襲のシュートを浴びせたユベントスは直後のCKから追いつきかける。ルーズボールをボックス手前右のクアドラードがダイレクトでシュート。これがゴール左に決まったが、VARの末にボヌッチのポジションがオフサイドだったとして取り消しとなった。 厳しい判定により追い上げムードを削がれたユベントスはその後も自陣に引くトリノを崩せない状況が続く。 それでも77分に追いついた。セットプレーの流れから右サイドのクアドラードのアーリークロスを途中出場のマッケニーがヘディングシュートで押し込んだ。 同点として攻勢を強めたユベントスは89分のディバラの決定機はリャンコの好守に阻まれたものの、直後のCKの流れから逆転する。再び右サイドからのクアドラードのアーリークロスをボヌッチがヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となってユベントスが逆転勝利。苦しみながらもダービーを制して勝利を取り戻している。 2020.12.06 03:59 Sun
twitterfacebook
thumb

11月のセリエA月間MVPにC・ロナウドが選出!

レガ・セリエAは4日、11月の月間MVPにユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを選出した。 新型コロナウイルス陽性から復活したC・ロナウドは11月のセリエA3試合で5ゴールをマーク。スペツィア戦でドッピエッタ、ラツィオ戦で1ゴール、カリアリ戦でドッピエッタを記録していた。 9月はアタランタの元アルゼンチン代表FWアレハンドロ・ゴメスが、10月はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがそれぞれ同賞を受賞していた。 2020.12.05 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

右足太もも負傷のデミラルが年内欠場の可能性

ユベントスは3日、トルコ代表DFメリフ・デミラルの右足太ももの負傷を発表した。10日後に再検査を行い、離脱期間が明確になるとのことだが、『フットボール・イタリア』によれば年内欠場の可能性もあるという。 デミラルは2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節ディナモ・キエフ戦で先発。後半24分に交代していた。 ユベントスは今後、セリエAでトリノとのダービー、CLで首位通過を懸けたバルセロナ戦を控えるが、デミラルの欠場が確実となった。 デミラルは今季ここまで公式戦9試合に出場し、準主力としてバックラインを支えていた。 2020.12.04 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

CLでアベックゴール記録を持つ5組の親子とは? 最新キエーザ親子にフランスやオランダのレジェンドも

2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・キエフ戦で、ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザが大会初ゴールを決めたことにより、あるジャンルで5組目の快挙となった。 試合の21分に3-0の快勝の口火を切るヘディングシュートを決めたキエーザ。フィオレンティーナからローンで加入中の同選手にとっては今大会が初めてのCLで、このゴールが記念すべきCL初ゴールとなった。 ところでキエーザといえば、父のエンリコ氏もイタリア代表キャップを持つ名選手で、パルマとフィオレンティーナ在籍時にCLでゴールを決めた経歴を持つ。イタリア『スカイ』によると、このように親子二代でゴールを記録したのはキエーザ親子で5組目のこと。イタリア人では初の快挙となったようだ。 今季のCLでは、元フランス代表DFリリアン・テュラム氏を父に持つボルシアMGのFWマルクス・テュラムもCL初参戦にしてゴールを決めており、キエーザより一足先に4組目としてテュラム親子が歴史に名を刻んでいる。 また、現ライプツィヒ所属のオランダ代表FWユスティン・クライファートと、あまりにも有名なその父パトリック・クライファート氏もこれに該当。 他には、現スウォンジーのガーナ代表FWアンドレ・アイェウと、アフリカのマラドーナと言われたアベディ・ペレことアベディ・アイェウ氏親子や、現ポゴニ・シュチェチン所属スロベニア代表FWルカ・ザホヴィッチと、ポルトやオリンピアコス、バレンシアなどでプレーしたズラトコ・ザホヴィッチ氏親子の2組も、この貴重な記録保持者となっている。 ◆各親子とそれぞれの初ゴールの日付※()内は当時の所属クラブ FWエンリコ・キエーザ(パルマ) 1997年11月27日:vsスパルタ・プラハ FWフェデリコ・キエーザ(ユベントス) 2020年12月2日:vsディナモ・キエフ DFリリアン・テュラム(モナコ) 1993年11月24日:vsスパルタク・モスクワ FWマルクス・テュラム(ボルシアMG) 2020年10月27日:vsレアル・マドリー FWパトリック・クライファート(アヤックス) 1994年9月28日:vsAEKアテネ FWユスティン・クライファート(ローマ) 2018年10月2日:vsビクトリア・プルゼニ MFアベディ・アイェウ(マルセイユ) 1992年9月30日:vsグレントラン FWアンドレ・アイェウ(マルセイユ) 2011年9月28日:vsドルトムント MFズラトコ・ザホヴィッチ(ポルト) 1996年10月30日:vsローゼンボリ FWルカ・ザホヴィッチ(マリボル) 2014年9月17日:vsスポルティング・リスボン 2020.12.03 18:26 Thu
twitterfacebook
thumb

CL快勝のユベントス、ピルロは好調モラタを称える「我々と一緒にいてくれて嬉しい」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、完勝を収めたチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節において、ユベントスはウクライナのディナモ・キエフとホームで対戦。既に決勝トーナメント進出を決めているユベントスだが、首位通過の可能性を残すためにも、勝利が求められる一戦になった。 試合は前半のうちにFWフェデリコ・キエーザが先制点を決め、有利な状態で進めていくと、57分にはFWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア通算750ゴール目となる追加点をマーク。その後は好調を維持するFWアルバロ・モラタにも得点が生まれ、3-0のスコアで完勝している。 この結果により、ユベントスは最終節のバルセロナ戦に勝てば、グループステージ首位通過が決まる状況となった。試合後のインタビューに応じたピルロ監督は、チームのパフォーマンスに満足感を示しつつ、バルセロナ戦や週末のセリエA第10節トリノ戦に向け、準備していくと語っている。 「良い結果を出せたし、今日のチームの取り組みには満足している。常にボールを持てるわけではないし、試合で数分間は守備を求めなければならないタイミングがあるのはわかっていた」 「今日の試合ではチームとしてしっかりプレーして、自分たちにポジティブなシグナルを送る必要があったのだ」 「バルセロナとの一戦は、我々が準備すべき試合のひとつだ。簡単ではないが、我々のサッカーをするためカンプ・ノウに行く。とはいえ、まずは週末にトリノ・ダービーがあることを忘れてはいけないし、今はそれに集中する必要がある」 また、ピルロ監督はインタビューの中で得点を記録したモラタとキエーザについて触れており、2人の活躍を喜んだ。 「我々はモラタのことをよく知っている。彼は非常に若くしてチームに加入し、メンタル面で重要な成長を遂げた。このグループの一員になってくれて嬉しいよ。我々は何としてもモラタが欲しかったし、彼が一緒にいてくれるのを喜んでいる」 「フェデリコ(・キエーザ)のゴールは、彼のためにも良かったと思う。彼は自分自身を解放する必要があったんだ」 2020.12.03 15:24 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly