ソン・フンミンの圧巻4発にケインが1G4A! スパーズが今季初勝利!《プレミアリーグ》

2020.09.20 22:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第2節、サウサンプトンvsトッテナムが20日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが5-2で快勝した。

エバートンとの開幕戦を0-1で落としたトッテナムは、ミッドウィークに行われたEL予選のロコモティフ・プロヴディフ戦を辛勝し今季の公式戦初勝利。その一戦から中2日での一戦に向けては先発3人を変更。ムサ・シソコ、ロ・チェルソ、ベルフワインに代わってウィンクス、エンドンベレ、ルーカス・モウラを起用。前日にレアル・マドリーから加入したベイル、レギロンはベンチ外となり、ここ最近去就問題が伝えられるデレ・アリが公式戦2試合連続でメンバー外に。


共に今季リーグ戦初勝利を目指す両者は積極的な入りを見せる。まずは3分、左サイドのスペースに抜け出したソン・フンミンからのクロスを、ボックス右のドハーティが頭で折り返す。これをゴール前のケインが見事なボレーシュートで叩き込む。だが、VARの介入の結果、ソン・フンミンの抜け出しの場面でオフサイドを取られ、電光石火の先制点は認められず。

すると、10分にはサウサンプトンに決定機。相手陣内左サイドで得たFKの流れからゴール前でルーズボールに反応したチェ・アダムズが強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKロリスが圧巻のワンハンドセーブで阻止した。

その後、互いに相手の背後のスペースを取り合う攻防を見せる中、ホームチームが立て続けに決定機を創出。16分にはオフサイドラインをかいくぐったイングスがGKとの一対一を制すが、ここはトラップ際のハンドを取られてノーゴール。20分にはボックス左ゴールライン際でのジェネポの見事な仕掛けからゴール前のアダムスに絶好機も、ここはDFベン・デイビスの決死のブロックに阻まれた。さらに、26分にはセットプレーの二次攻撃からジェネポが左ポストを掠める場面も。

前半半ばを過ぎてもシュートを1本も打てない苦しい展開が続くトッテナムは、ついに耐え切れずに先制点を奪われる。32分、右サイドバックのウォーカー=ピータースからのフィードに絶妙なタイミングで抜け出したイングスがボックス右で右足アウトを使った巧みなファーストタッチからすかさず右足を振り抜き、ゴール左下隅の完璧なコースに流し込んだ。

その後もサウサンプトンに攻守両面で圧倒される低調なアウェイチームだったが、1点ビハインドで折り返し目前の前半終了間際に個の力でゴールをこじ開ける。前半アディショナルタイム2分、ハーフウェイライン付近で見事なボールキープを見せたエンドンベレから左サイドでフリーのケインへ斜めのパスが通る。ここでケインがすかさず中央をスプリントするソン・フンミンへワンタッチのラストパス。これはやや右サイドに流れるもボックス右で回収した韓国代表FWがニアを消しにきたGKの逆を突くファーポストへのシュートを決め切り、この試合最初のシュートを同点ゴールに結び付けた。

迎えた後半、最後に大きな仕事を果たしたエンドンベレを下げてロ・チェルソをハーフタイム明けに投入すると、この交代がいきなりハマる。立ち上がりの47分、ロ・チェルソからの縦パスを収めたケインがすかさず背後のスペースを狙うソン・フンミンにラストパスを通すと、相手DFを振り切った韓国代表FWが左足のシュートを流し込み、トッテナムが後半最初のシュートをいきなり逆転ゴールに結びつける。

その後は前半同様にオープンな攻防が続くが、ハーフタイムの修正、ロ・チェルソの投入で相手の守備網をかいくぐれるようになったアウェイチームは、ここから世界最高峰のストライカー2人が圧巻の働きを見せる。

まずは64分、ダビンソン・サンチェスからの縦パスをハーフウェイライン付近で収めたケインが絶妙なスルーパスを中央のスペースで送ると、左サイドから斜めのランニングで抜け出したソン・フンミンがGKとの一対一を制してプレミアで初のハットトリックを達成。さらに、73分にはロ・チェルソからの縦パスを受けて右サイドに流れたケインからのクロスに反応した背番号7が冷静にシュートを流し込み、ケインの4つのお膳立てをすべてゴールに変えてみせた。

その後、82分にはラメラのシュートのこぼれ球をケインが冷静にタップインし、試合を決定付ける5点目とした。そして、今季初ゴールに4アシストと全ゴールに絡む活躍を見せたエースをベンチに下げたアウェイチームは、ハンドで与えたPKをイングスに決められたものの、敵地で5-2の大勝。

前半の不出来からは想像だにできない見事な逆転勝利で待望の今季リーグ戦初勝利を手にした。

関連ニュース
thumb

直近6試合で6ゴール! 復活ベイルが喜び語る 「自信を取り戻した」

トッテナムに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが復調ぶりを喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ベイルは7日に行われたプレミアリーグ第27節のクリスタル・パレス戦に先発出場。25分に先制点、そして50分に勝ち越しゴールを挙げ、4-1の勝利に大きく貢献した。 これで直近の公式戦6試合で6ゴール。リーグ戦ここ3試合でも4ゴールと完全復活ぶりをアピールするベイルは試合後、充実ぶりを口にした。 「プレーをとても楽しめている。それこそがここに来た理由だ。僕らの攻撃陣は素晴らしいよ。今夜、プレーした選手だけでなく、ベンチの選手もね。みんなで切磋琢磨し合っているんだ。また勝ち点3を獲得できて嬉しいよ」 「ポジション争いが熾烈だから、気を引き締めて頑張らないといけない。でも、今は良い状態なんだ。自信を取り戻したし、この調子を維持していけると良いね」 同じくこの試合で2ゴールを挙げたFWハリー・ケインについては「凄いよね。彼はインクレディブルなストライカーで、今夜もそれを示してくれた。すごく安定感がある。今夜も素晴らしいパフォーマンスだったし、そんな彼がここにいてくれてハッピーだ」と語ると、自身のコンディションにも言及した 。 「調子は良い感じだ。たまに少し時間がかかることはあるけど、十分な経験があるから我慢できる。それはそれで仕方がないとね。最高の状態に戻れるかどうかは時間が解決してくれるけど、僕はもう21歳じゃない。でも、だからこそ毎試合でハードワークを続けるつもりだ」 「身体は時間とともに変化する。90分間にわたってスプリントをして、すぐに回復する若々しさはないけど、年を重ねるごとに身体のことを学んで、それが自分の課題になっているんだ」 2021.03.08 16:16 Mon
twitterfacebook
thumb

3連勝のスパーズ、モウリーニョは独自の見解示す「ゴールを決められたことが一番良かった」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がクリスタル・パレス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは7日に行われたプレミアリーグ第27節でクリスタル・パレスと対戦。試合を1-1で折り返すも、後半に3ゴールを決め、4-1の勝利で3連勝を達成した。 モウリーニョ監督は試合後、相手に許した45分の同点ゴールについて「あのゴールを決められたことが一番良かった」とコメント。その失点が逆に後半からのギアアップに繋がった独自の見解を示した。 「1-0でハーフタイムに入っていたら、選手たちはおそらくゲームをコントロールできていると思い込んでいただろう。そうなれば、2点目も許していたかもしれない。後半に失点することもあるが、それでは手遅れになり得る」 「後半、選手たちは自らの全てを見せてくれた。良かったと思う。2点目と3点目は素晴らしいゴールだった。 自信は高まり、ゲームをコントロールして、非常に良い勝利を収めた。これで3連勝。まさにネガティブな時期を過ごした後に必要としていたものだ」 また、勝利に貢献した選手、そして欠場した選手たちについても言及。11日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのディナモ・ザグレブ戦ではメンバーに変更を加えることを明かした。 「トップ下のルーカス(・モウラ)は加速力があり、ボールを運び、一対一で相手を打ち負かすことができる選手だ。他にも何人かの選手が非常に良かった。マット・ドハーティは攻守にわたって非の打ちどころのないプレーをしていた。特に前半だ」 「今日はデレ(・アリ)、(ステーフェン・)ベルフワイン、(エリク・)ラメラ、タンギ(・エンドンベレ)の欠場を決めた。しかし、出場した選手が良くやってくれたから、そのことについてはみんな忘れているだろう」 「次の試合では変更を加えようと思っている。(ハリー・)ウィンクスはELの最後の試合からプレーしていなかったが、先発で戻ってきて、よくやってくれた。彼らがやっていることに非常に満足している」 2021.03.08 13:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ケイン&ソンがプレミア最強2トップの称号獲得! 絶好調ベイルも 2発躍動スパーズが リーグ3連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第27節、トッテナムvsクリスタル・パレスが7日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-1で快勝した。   現在、1試合未消化で8位に位置するトッテナム(勝ち点42)は前節、フルアムとのダービーを相手のオウンゴールで得た虎の子の1点をしぶとく守り切って2021年初の連勝を飾った。   来週にヨーロッパリーグ(EL)のディナモ・ザグレブ戦、アーセナルとのノースロンドン・ダービーを控える中、直近の試合でマンチェスター・ユナイテッド相手に0-0のドローに持ち込んだ13位のパレス(勝ち点34)とのロンドン・ダービーに臨んだ。辛勝したフルアム戦からはスタメン3人を入れ替え、ベン・デイビス、エンドンベレ、デレ・アリに代えてレギロン、ウィンクス、ルーカス・モウラを起用した。   立ち上がりから相手を押し込むトッテナムは6分、ボックス右でボールを持ったベイルが左足に持ち替えて浮き球のクロスを上げると、これをゴール前のソン・フンミンが頭で合わすが、GKグアイタの正面を突く。   以降は自陣でブロックを組むパレスに対して、内を一度使って中央に寄せて高い位置を取るサイドバックの攻撃参加を使いながらドハーティのクロスから幾度か惜しい場面を作り出す。さらに、守備の切り替えも徹底されており、前線の選手のけん制からウィンクスとホイビュルクの2セントラルMFのところでボールを奪い切り、波状攻撃に繋げていく。   立ち上がり以降は決定機まであと一歩という状況が続いたが、連動した守備から繰り出したショートカウンターからゴールをこじ開ける。25分、相手陣内中央左で後ろ向きでボールを持ったミリボイェビッチにプレッシャーをかけたルーカスがうまくボールを突っつくと、こぼれ球を回収したケインがそのままボックス左に持ち込んで鋭い折り返しを供給。これをファーに走り込んだベイルが左足インサイドで流し込んだ。   絶好調ベイルのゴールで先制に成功したトッテナムは直近のフルアム戦の反省を生かし、ここで落ち着くことなく積極的に2点目を狙っていく。ルーカスが先制点と似たような形でボールを奪いドリブルでボックス内に侵入する決定機を作ると、37分にはベイルからの正確な右クロスに反応したレギロンがゴール前に飛び出して左足ボレーで合わすが、これは惜しくも枠の左に外れる。   その後も危なげなく試合を進めるトッテナムだったが、1点リードでハーフタイム突入と思われた前半アディショナルタイムに追いつかれる。左サイドに流れたミリボイェビッチの浮き球のクロスをゴール前にタイミング良く入ってきたベンテケに打点の高いヘッドで合わせられ、この試合パレスに許した初めてのシュートが痛恨の失点となった。   1-1のイーブンで折り返した後半、先に動いたのは追いついたパレス。エゼに代えて負傷明けのザハを投入し、ザハがベンテケと共に2トップに入り、アイェウが左サイドハーフに移った。   一方、後半も同じメンバーで臨んだトッテナムは新旧エースのホットライン開通で早々に勝ち越しに成功する。49分、右サイドでルーカスとのパス交換で局面を打開したベイルが左サイドのスペースに飛び出したレギロンに大きく展開。そのままゴール前に走り込んだベイルはレギロンからのクロスをファーでケインが頭で折り返したところをヘディングシュートで流し込み、前々節のバーンリー戦に続く1試合2ゴールとした。   さらに、畳みかけるトッテナムは52分、見事なチームプレーからエースが圧巻のゴールを決める。自陣でのリスタートからパスを15本以上繋ぎ、ハーフウェイラインを越えた辺りでボールを受けたケインからルーカス、ソン・フンミン、ベイル、ドハーティと流れるようにボールが動く。そして、ボックス手前右でドハーティからの短いマイナスのパスに反応したケインが右足ダイレクトシュート。これがゴール左上隅を射抜き、エースのスーパーなミドルシュートでリードを一気に広げた。   新旧エースの活躍で勝利に大きく近づいたトッテナムは、ここからゲームコントロールをより意識した戦い方にシフトしつつカウンターで更なる追加点を狙う。68分には相手のカウンターからザハに決定的なシュートを打たれるが、これは右ポストに救われる。   このピンチを何とか凌いだホームチームは70分、殊勲のベイルとウィンクスに代えてラメラ、ムサ・シソコを同時投入。すると、この選手交代がダメ押しの4点目をもたらす。   77分、ボックス手前でパスを受けたラメラが手前のDFの頭上をギリギリで越える絶妙な浮き球のパスをボックス左に走り込むソン・フンミンに通す。これをソン・フンミンが右足インサイドで折り返すと、ドフリーのケインが難なく頭で流し込んだ。オフサイドのチェックのためにVARのレビューが入るも、ギリギリでオンサイドと判断された。   なお、このゴールによってケインとソン・フンミンのコンビが挙げた今シーズンのリーグ戦のゴール数は「14」となり、1994-95シーズンにブラックバーンのアラン・シアラー、クリス・サットンのコンビが記録したリーグ記録の「13」を抜き、プレミア最強の2トップの称号を獲得することになった。   その後、2ゴール2アシストを記録した殊勲のエースを下げてカルロス・ヴィニシウスを最後のカードとして切ったトッテナムは、最後まで安定した試合運びを見せてこのまま4-1のスコアを維持してタイムアップを迎えた。   そして、ベイル、ケインと新旧エースが大暴れを見せたトッテナムがリーグ3連勝を飾り、来週に控えるディナモ・ザグレブ戦、アーセナルとのノースロンドン・ダービーに向けて大きな弾みを付けた。 2021.03.08 06:18 Mon
twitterfacebook
thumb

目の覚めるような一発!元ドイツ代表MFがスパーズで決めた豪快ミドル/2013-14【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はブラックバーンの元ドイツ代表MFルイス・ホルトビーがトッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ホルトビーの豪快な一発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmVTJwSzduZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてシャルケで頭角を現したホルトビーは、多くのビッグクラブから注目を集める中、2013年1月にトッテナムに加入。2014年1月までの1年間同クラブでプレーした。 中盤から前のポジションであればどこでもプレーできる器用さを持った現代的なMFであるホルトビーだが、2013年12月4日に行われたプレミアリーグ第14節のフルアム戦では、豪快なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた82分、右サイドの高い位置でDFカイル・ウォーカーがボールを持つと、ドリブルでボックス右角手前まで侵入し、中央へマイナスのパスを送る。ホルトビーがこのパスを受けると、中央へ進み、ペナルティーアーク手前から豪快なシュート。左足で放たれた強烈なシュートは、GKにセーブする隙を与えないゴール右上のコースに決まった。 ホルトビーの見事な勝ち越しゴールでリードを奪ったトッテナム。2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="898" data-sg-movie-title="【目の覚めるような一発!】元ドイツ代表MFがスパーズで決めた豪快ミドル"></span> 2021.03.06 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

2021年初連勝のスパーズ、モウリーニョも「チームとしてのパフォーマンスを示せた」と勝利喜ぶ

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を掴んだチームのパフォーマンスを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは4日に行われたプレミアリーグ第33節でフルアムと対戦。トップ4浮上に向け、連勝を目指すチームは前半にオウンゴールで先制すると、後半にVAR判定による相手ゴールの取り消しもあり、1-0のスコアで勝利した。 この結果、トッテナムは2021年に入って初の連勝を記録。順位は8位のまま変わらなかったが、未消化試合に勝利すればトップ4争いに割って入れる状況となっている。試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はチームの姿勢を称賛した。 「重要なのは我々がすべきこと、できることを行い、特に前半は試合を終わらせるのに十分なプレーをしたことだ。ただし、試合を終わらせるまでには至らず、この場合後半は常にハードであると我々は知っていた。しかし、相手チームが反応を示した時も、我々はソリッドだったと思う」 「3人の交代によって、そのときにチームが必要としていたエネルギーと質をもたらしてくれた。ルーカス(・モウラ)は(ジョー・)ブライアンをうまく翻弄していたし、(エリック・)ラメラはハリー(・ケイン)と中央でプレーしてゾーンにボールを運び、創造性を発揮していたね。彼のインテンシティでFKも獲得できた。ムサ(・シソコ)は必要な力を与えてくれたと思う」 「チームとしてのパフォーマンスを示せた。全員がプレーする価値を持っており、11人を交代させたいとも思っていたが3人にしたよ。現時点では、チームの仕組みに応じて次の試合でも3人を交代させる必要がある」 また、モウリーニョ監督はクリーンシートを達成した守備についても言及。集中力を維持した選手たちを称えている。 「クリーンシートは重要だった、2つの重要なセーブがあり、良い集中力も見られた。多くの選手が攻撃に出てきたチームを、うまくコントロールできたと思う。チームとして、選手たちはよくやったよ」 2021.03.05 12:03 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly