チェルシーアカデミー出身のU-21イングランド代表MFギャラガーが昇格組WBAに武者修行

2020.09.18 15:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は17日、チェルシーからU-21イングランド代表MFコナー・ギャラガー(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

ギャラガーはチェルシーのアカデミー出身で、2019-20シーズンはチャールトン、スウォンジーへの武者修行を経験。チャンピオンシップ(イングランド2部)で45試合に出場し6ゴール11アシストを記録していた。

昨シーズンのチャンピオンシップでの活躍が目に止まり、WBAが獲得に動いたとのことだ。

ギャラガーは「今シーズンプレーしたかったプレミアリーグから多くの関心があったけど、ここが僕の来たい場所だった」とコメント。「WBAは昨シーズンのプレーの仕方が目立っていた。僕は2、3回対戦し、彼らの試合へのアプローチへの仕方が好きだった」と対戦した上で、プレーしたいと感じたと語った。

また「自分に合うと思うし、自分の成長には最適だと感じた。僕がなりたい選手になるために役立つと感じたし、この合意をまとめられて嬉しい」と語り、WBAが成長に向けた最も良い場所だと感じていると明かした。

ギャラガーは世代別のイングランド代表を経験しており、U-21イングランド代表としても4試合に出場していた。

コメント
関連ニュース
thumb

移籍締め切り21秒遅れでN・フォレスト行きならず…ポーランド代表MFグロシツキがWBA残留

ポーランド代表MFカミル・グロシツキ(32)は紆余曲折の末にWBAに残留することになった。イギリス『BBC』が伝えている。 これまでスィヴァススポル、スタッド・レンヌ、ハル・シティで活躍したグロシツキは、今年1月末に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたWBAに1年半の契約で完全移籍。昨シーズンは14試合の出場で1ゴール3アシストの活躍をみせ、プレミアリーグ昇格に貢献した。 しかし、今シーズンここまではEFLカップ1試合の出場に留まっており、イングランド国内での移籍最終日となった今月16日にはチャンピオンシップのノッティンガム・フォレストにレンタル移籍することが決定していた。 だが、事務手続きに時間を要したことで、イングランド・フットボールリーグ(EFL)への書類提出が締め切り時間の21秒後になってしまい、移籍は許可されず。 その後、ノッティンガム・フォレストはEFL理事会、独立仲裁委員会に異議申し立てを行っていたが、いずれも申し立てを棄却された。 これを受けて、WBAは29日にグロシツキをプレミアリーグの25名の登録メンバーに登録したことを発表し、同選手のバギーズ残留が正式に決定した。 ノッティンガム・フォレスト移籍を受け入れた中、不運な形でWBA残留となったグロシツキだが、ポーランド代表の一員として臨んだ今月7日のフィンランド代表戦ではハットトリックを挙げる活躍を見せており、コンディションは良好だ。 そのため、ここからクラブでもアピールを続け、ハル時代の2016-17シーズン以来のプレミアリーグ出場を目指したいところだ。 2020.10.30 16:53 Fri
twitterfacebook
thumb

WBAのビリッチが相談なく選手売却決定のクラブに不満?「非常に失望している」

WBAのスラヴェン・ビリッチ監督は、クラブがエジプト代表DFアーメド・ヘガジ(29)をサウジアラビアのアル・イテハドに移籍させた決断について快く思っていないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2017年夏に母国アル・アハリからWBAに加入したヘガジは、在籍3年間で公式戦104試合に出場。 チームの中心選手としてプレーしていたが、ビリッチ監督が就任した昨シーズンは出場機会を減らし、16試合の出場に留まることに。 今シーズンもプレミアリーグ第5節バーンリー戦のみの出場に留まっていた中、ヘガジは今月25日にアル・イテハド移籍が決定。半年間のレンタル期間を経て、来夏に完全移籍に移行する契約を結んだ。 それでも、プレミアリーグ第6節ブライトン戦後の会見で、ビリッチ監督はエジプト代表DFの退団を惜しみ、クラブの決定に不満を滲ませている。 「ヘガジの移籍は間違いなく私の決断ではない。(彼の移籍には)非常に失望しているよ。我々は良い選手を必要としているチームなんだ。彼はプレミアリーグでのノウハウと膨大な経験を持ち、代表チームでも活躍する偉大なプロ。先週のバーンリー戦でもプレーしたのだ」 「彼は1週間ずっと私たちと一緒にトレーニングをしていたんだ。ほんの数日前にもそこにいた。私は彼が残ることを確信していたから、去ってしまったことは本当に、本当に残念だよ」 「私は彼に残って欲しかったし、彼も今週の時点では残ることを望んでいた。だから本当にショックだ。クラブは明らかに売りたがっていたけどね」 WBAはプレミアリーグで6試合を消化し、暫定17位の位置に沈んでいる。ここから浮上するため一致団結する必要があるが、ヘガジの移籍は今後のクラブとビリッチ監督の関係に、緊張をもたらすきっかけとなるかもしれない。 2020.10.27 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

WBA、エジプト代表CBヘガジがアル・イテハドに移籍!

WBAは26日、エジプト代表DFアーメド・ヘガジ(29)がサウジアラビアのアル・イテハドに移籍することを発表した。今シーズン終了まではレンタル移籍となり、2021年夏に完全移籍に移行する移籍形態となる。 フィオレンティーナにも在籍経験のある193cmの長身センターバックであるヘガジは、母国のアル・アハリから2017年夏にWBAにレンタル移籍で加入。そのまま完全移籍に移行すると、在籍3年間で公式戦104試合に出場し、4ゴールを記録。 昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合1ゴールに出場し、センターバックのバックアッパーとしてチームのプレミアリーグ昇格に貢献。今シーズンは直近のリーグ戦となるバーンリー戦でフル出場していた。 また、エジプト代表では2018年のロシア・ワールドカップに出場するなど、通算59試合2ゴールを記録する主力だ。 2020.10.26 22:33 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格組WBAがハダースフィールドのFWグラントを獲得、6年契約を締結

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は15日、ハダースフィールドからイングランド人FWカーラン・グラント(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば約1500万ポンド(約20億4000万円)で合意したとのことだ。なお、契約期間は6年間となる。 グラントはチャールトンの下部組織出身で、2019年1月にハダースフィールドへ完全移籍。加入1年目の2018-19シーズンはプレミアリーグで13試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で43試合に出場し19ゴール4アシストを記録していた。 昇格組のWBAは、ここまでプレミアリーグで4試合を戦い1分け3敗と勝利がない状況だ。 U-18イングランド代表歴もあるグラントについてテクニカル・ディレクター兼スポーツ・ディレクターのルーク・ダウリング氏は「我々はカーランの成長を長い間追跡してきた。彼は夏の移籍ウインドーが開くかなり前からターゲットだった」と予てから狙っていたとコメント。「この移籍期間、我々は主に長期契約でクラブにコミットしている才能ある若い選手を連れてくることに焦点を当ててきた」と才能ある若手の獲得を喜んだ。 2020.10.16 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

WBA、ウェールズ代表FWハル・ロブソン=カヌが右腕を骨折

WBAは6日、ウェールズ代表FWハル・ロブソン=カヌ(31)が右腕を骨折したことを報告した。 同選手は4日に行われたプレミアリーグ第4節のサウサンプトン戦で負傷。その後の検査で骨折と診断されたようだ。7日に手術を受けるとのこと。 これにより、UEFAネーションズリーグ2020-21に臨むウェールズ代表に選出されていたが事態が決定。同代表は11日にアウェイでアイルランド代表と、14日にアウェイでブルガリア代表と対戦する。 2016年夏にレディングから加入したロブソン=カヌは、昨季のチャンピオンシップで39試合10ゴールを記録し、2シーズンぶりのプレミアリーグ昇格に貢献。今季はここまでリーグ戦3試合に出場していた。 2020.10.06 19:13 Tue
twitterfacebook