ヴェローナがウディネーゼのチェコ代表MFバラクを買い取り義務のレンタル移籍で獲得

2020.09.18 11:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エラス・ヴェローナは18日、ウディネーゼのチェコ代表MFアントニン・バラク(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、買い取り義務が発生する契約であり、2シーズンにわたり費用を分散させることになる。

バラクは、2017年7月にスラビア・プラハからウディネーゼへと完全移籍。今年1月からはレッチェにレンタル移籍してプレーしていた。

2019-20シーズンはウディネーゼでセリエA8試合に出場。レッチェではセリエA16試合に出場していた。

チェコ代表としては、これまで12試合に出場し5ゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

VARにも泣かされたユベントス、ホームで格下ヴェローナに痛恨ドロー《セリエA》

ユベントスは25日、セリエA第5節でヴェローナをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節クロトーネ戦を低調なドローで終え、2勝2分けスタートとなったユベントスは、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフ相手にモラタの2発で白星スタートとした。3日後にはCLバルセロナ戦を控える中、ディナモ・キエフ戦のスタメンから4選手を変更。出場停止のキエーザに代わってディバラが今季初スタメンとなった。 2勝1分け1敗スタートのヴェローナに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスはモラタとディバラの2トップ、右にベルナルデスキ、左にラムジー、中盤センターにラビオとアルトゥールが入った。 そのユベントスが立ち上がりからディバラを起点に圧力をかけにかかるも、GKからのビルドアップを阻むべくハイプレスを果敢にかけてくるヴェローナを崩しきることはできない。すると16分、コリーにネットを揺らされるもわずかにオフサイドで助かった。 20分、ユベントスはこの試合最初のチャンスを迎え、ラビオのロングスルーパスを受けてボックス左に侵入したベルナルデスキがGK強襲のシュートを放った。 しかし、アグレッシブなプレーを続けるヴェローナ相手に主導権を握ることはできない。それでも33分にショートカウンターからディバラが枠内シュートを浴びせると、41分には決定機。ビルドアップでプレスを剥がしたプレーから、クアドラードの放ったシュートがバーを直撃した。 そして45分には先制しかける。クアドラードのスルーパスでボックス右に侵入したモラタがループシュートを流し込んだ。美しいゴールかに思われたが、VARの末に僅かにオフサイドでゴールは取り消しとなり、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、拮抗した攻防が続くと、56分にザッカーニのミドルシュートでGKシュチェスニーが強襲される。そして60分、ベルナルデスキの横パスをカットされた流れからショートカウンターを受け、ファヴィッリにネットを揺らされた。 失点に絡んだベルナルデスキに代えクルゼフスキを左サイドに投入したユベントスは、そのクルゼフスキの突破力を起点に攻め込むと、72分にはモラタが枠内シュートを記録するも、74分にボヌッチがハムストリングを負傷し、フラボッタが投入される。 それでも76分にディバラがバー直撃のミドルシュートを放つと、1分後に追いついた。ドリブルでボックス右に侵入したクルゼフスキが対応したDFを小刻みなステップで外してシュートをゴール左に蹴り込んだ。 終盤にかけてはユベントスが攻勢に出ると、追加タイム3分にはディバラとモラタが立て続けに枠内シュートを浴びせるも、GKシルベストリの好守に阻まれてタイムアップ。運にも見放されたユベントスがホームで痛恨のドローに終わっている。 2020.10.26 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、ブラジル人DFエンペレウルとの契約を2022年まで延長

ヴェローナは21日、ブラジル人DFアラン・エンペレウル(26)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2008年にアトレチコ・ミネイロの下部組織からフィオレンティーナの下部組織に移籍したエンペレウルは、センターバックを主戦場にプレー。フィオレンティーナではトップチームでの出場経験はなく、これまでリヴォルノやサレルニターナ、フォッジャなどイタリアの下部リーグでプレー。 2018年夏に当時セリエBに在籍したヴェローナに加入すると、徐々に出場機会を増やすと公式戦22試合に出場。しかし、セリエA昇格後は再び途中出場での起用が増えていた。 2020.10.22 01:29 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、アトレティコ・マドリーからFWカリニッチを完全移籍で獲得!

エラス・ヴェローナは5日、アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ユース時代を過ごしたハイデュク・スプリトで2005年にプロデビューしたカリニッチは、ブラックバーンやドニプロでのプレーを経て、2015年にフィオレンティーナへ加入。フィオレンティーナでは、在籍2シーズンで公式戦84試合に出場し、33ゴールをマークするなどエースストライカーとして活躍。 この活躍が認められ、2017年夏にフィオレンティーナから2500万ユーロ(約32億5000万円)でミランに買い取り義務付きのレンタルで加入。しかし、ミランではセリエA31試合で6ゴールと期待外れに終わると、翌年の夏に3年契約でアトレティコ・マドリーへ完全移籍。 自身にとってキャリア初のスペイン挑戦で心機一転を図ったが、アトレティコでは思うように出場機会を得られず、リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)17試合の出場にとどまり、昨夏にはローマへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。 しかし、ローマではボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコのバックアッパーとしての位置から抜け出せず、セリエAで15試合の出場にとどまっていた。 2020.10.06 05:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェローナがサンプドリアの元U-21イングランド代表MFヴィエイラを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

エラス・ヴェローナは3日、サンプドリアの元U-21イングランド代表MFロナルド・ヴィエイラ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、契約には買い取りオプションもついているとのこと。背番号は「26」となる。 ギニアビサウ出身のヴィエイラは、リーズ・ユナイテッドの下部組織出身。2016年7月にリーズのファーストチームへ昇格すると、2018年8月にサンプドリアへと完全移籍していた。 リーズ時代にはチャンピオンシップで63試合に出場し1ゴール3アシストを記録。サンプドリアでも2シーズンでセリエA41試合に出場し1アシストを記録していた。 今シーズンは開幕から2試合ベンチに座ると、2日の第3節フィオレンティーナ戦はメンバー外となっていた。 また、U-20イングランド代表として13試合、U-21イングランド代表としても3試合に出場している。 2020.10.03 19:05 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタMFコリー、ヴェローナへ買取OP付きレンタル移籍

エラス・ヴェローナは23日、アタランタのガンビア代表MFエブリマ・コリー(20)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 2017年にアタランタの下部組織に加入した攻撃的MF兼ウインガーのコリーは、2019年12月にプロデビュー。昨季はセリエA5試合に出場していた。 プリマヴェーラでは15試合の出場で12ゴール4アシストと、得点力を発揮していた。 2020.09.24 06:30 Thu
twitterfacebook