リーズがフェイエノールト育ちのU-19オランダ代表FWサマーフィルを完全移籍で獲得

2020.09.17 10:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドは16日、フェイエノールトのU-19オランダ代表FWクリセンシオ・サマーフィル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は非公開となっており、3年契約を締結したとのこと。当面はU-23チームに所属することになるようだ。

サマーフィルは、フェイエノールトの下部組織出身。2019-20シーズンはADOデン・ハーグへとレンタル移籍し、エールディビジで21試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。

世代別のオランダ代表を経験しているサマーフィルは、U-17オランダ代表として2018年のU-17ユーロで優勝を経験している。
コメント
関連ニュース
thumb

積極補強のリーズ、バイエルンからキュイザンス獲得へ!

リーズ・ユナイテッドがバイエルンに所属するU-20フランス代表MFミカエル・キュイザンス(21)の獲得に近づいているようだ。フランス『レキップ』など複数メディアが報じている。 今夏の移籍市場において積極的な補強を続けるリーズは、先日にウディネーゼのアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(26)の獲得に乗り出すなど、セントラルMFや攻撃的MFの獲得を目指している。 そして、『レキップ』などが伝えるところによれば、リーズはキュイザンスの獲得に向け、バイエルンと交渉中だという。 なお、キュイザンスとは2025年までの条件で個人間合意に至っており、あとはバイエルンが要求する2000万ユーロ(約24億6000万円)の支払いにリーズが応じるかというクラブ間の交渉を詰めを残すのみだという。ただ、関係者筋からの情報として、両者は合意に近づいているようだ。 ナンシー下部組織出身のキュイザンスは、巧みなボールコントロールとパスセンスを兼備するセントラルMF。昨夏にボルシアMGからバイエルンへステップアップを図ったが、昨シーズンはブンデスリーガ9試合1ゴール1アシストの数字に留まった。 スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラのリバプール移籍に伴い、今シーズンはし出場機会が増えることが期待されているものの、ハンジ・フリック監督は先日に同選手に対して、十分な出場機会を確約できないとの話を伝えたとも言われており、出場機会を求めての退団が見込まれている。 そういった中、キュイザンスの移籍先に関しては母国のフランス復帰が取り沙汰され、マルセイユという具体的な名前も挙がっていたが、資金面に問題を抱える同クラブの買い取りオプション付きのレンタル移籍という提案はすでにバイエルン側に拒否されているという。 2020.09.29 15:09 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズがスペイン代表DFジョレンテをレアル・ソシエダから完全移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは24日、レアル・ソシエダのスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は非公開となっており、契約期間は2024年夏までの4年間となる。背番号は「14」に決定した。 レアル・マドリーの下部組織出身のジョレンテは、2015年7月にマドリーのファーストチームへ昇格。その後、ラージョ・バジェカーノ、マラガへのレンタル移籍を経て、2017年7月にソシエダへと完全移籍した。なお、マドリーでは公式戦3試合の出場に留まっていた。 ソシエダでは公式戦88試合に出場し8ゴール2アシストを記録。2019-20シーズンはラ・リーガで29試合に出場し1ゴール2アシストを記録し、守備の要としてチームを支えた。 今シーズンも開幕節のレアル・バジャドリー戦に先発フル出場していた。 なお、スペイン『アス』によれば、契約解除金は5000万ユーロ(約61億4000万円)に設定されていたものの、移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)になったとのことだ。 2020.09.24 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、スペイン代表DFディエゴ・ジョレンテのリーズ行き合意を発表

レアル・ソシエダは22日、スペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(27)がリーズ・ユナイテッドへ完全移籍することで合意したことを発表した。 レアル・マドリー下部組織出身のジョレンテは、2013年6月にトップチームデビューを果たすと、ラージョ・バジェカーノ、マラガへのレンタル移籍を経て、2017年夏にソシエダへ加入した。 在籍約3年で公式戦通算88試合8ゴールの成績を残し、2019-20シーズンも公式戦30試合に出場していた。 過去にリバプールなどビッグクラブからの関心も伝えられていたジョレンテに関して、契約解除金は5000万ユーロ(約61億4000万円)に設定されていたが、スペイン『アス』によれば、移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)とのことだ。 なお、原則合意に達したものの、ジョレンテはメディカルチェックに合格してから契約を結ぶという。 17年ぶりにプレミアリーグ昇格を果たしたリーズはここまでの2戦7ゴールと攻撃力を発揮している一方、7失点を喫しており、守備に問題を抱えている。 2020.09.23 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

コロナ禍での悲劇…オギュスタンがライプツィヒとリーズの契約問題で苦境…

フランス人FWジャン=ケビン・オギュスタン(23)が新型コロナウイルス(COVID-19)によって、より複雑化する移籍市場の犠牲者となっている。ドイツ『transfermarkt』が伝えている。 パリ・サンジェルマンの下部組織育ちのオギュスタンは、アンダー年代のフランス代表での活躍により、10代後半から将来を嘱望されたスピードとテクニックに長けた左利きのストライカーだ。 2017年夏に加入したRBライプツィヒでは加入初年度にブンデスリーガ25試合9ゴールを挙げる活躍により、更なる飛躍を予感させた。だが、以降は戦術理解の乏しさなど粗さが目立ち、ユリアン・ナーゲルスマン監督が新指揮官に就任した昨シーズンは前半戦をモナコ、後半戦をリーズ・ユナイテッドとレンタル先で過ごしていた。 そのオギュスタンに関しては、現在ライプツィヒとリーズの間で買い取りオプションの行使を巡る契約問題が起きており、今後国際サッカー連盟(FIFA)の介入を含めて法廷闘争に持ち込まれる可能性が高まっている。 当時、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたリーズは、今年1月末にオギュスタンをレンタルする際の契約に、クラブがプレミアリーグに昇格した場合、2100万ユーロ(約26億円)の金額で買い取る条項を盛り込んでいたという。 しかし、世界屈指の戦術家として知られるマルセロ・ビエルサ監督の求める水準に達していなかったオギュスタンは、リーグ戦の出場がわずか3試合に留まった。 そして、コロナ禍により約3カ月のリーグ中断があった中、オギュスタンはレンタル契約終了に伴い、シーズンが終了していない6月30日付けで、クラブを去ることになった。 ただ、オギュスタンが去った後にリーズはチャンピオンシップ優勝を果たし、17年ぶりのプレミアリーグ昇格を決定。これが今回の契約問題の引き金となった。 新シーズンに向けてもオギュスタンを構想外としているライプツィヒは、リーズへのレンタル移籍の際の契約が有効だと主張し、前述の金額で買い取るように要求。 一方、リーズはオギュスタンがコロナ禍で認められた特例の短期レンタル契約延長にサインしていないため、あくまで6月30日付けで契約は終了しており、前述の契約条項は無効だと主張している。 既報では前述の契約に関してライプツィヒの主張が認められる可能性が高いというが、リーズが分割で支払う移籍金の最初の支払い期日が過ぎ、移籍金が不払いとなるまでライプツィヒ側が法的措置に出ることはできないという。 ただ、リーズがこのままの移籍金を支払わない場合、ライプツィヒはFIFAにこの契約問題を訴え出て、いよいよ法廷闘争に発展することになる。 なお、両者の主張が真っ向から対立している中、宙ぶらりんの状態となっているオギュスタンは孤独に自主トレーニングに励んでいるが、ライプツィヒは前述の主張もあって給与の支払い義務はないとしており、現在オギュスタンへの給与の支払いをストップしているという。 今後、両クラブが何らかの形で和解の道を選ぶのか、このまま法廷闘争に発展していくかは不明だが、まずは前途ある23歳のキャリアを再優先に最善の解決策を見いだしてほしいところだ。 2020.09.17 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

積極補強のエバートンが3発快勝で3回戦進出! リーズ&セインツが2回戦敗退…《EFLカップ》

EFLカップ2回戦の6試合が16日に行われ、エバートンは4部のサルフォード・シティとホームで対戦し、3-0で勝利した。 エバートンは、開始早々の5分にシグルドソンの左CKをニアに走り込んだマイケル・キーンが頭で叩き込むと、前半だけで14本のシュートを浴びせるなどサルフォードを圧倒。 後半に入っても攻撃の手を緩めないエバートンは、74分にエンクンクのスルーパスでボックス左に抜け出したゴードンの折り返しをシグルドソンが流し込み、追加点。 さらに試合終盤の87分には、ゴードンがボックス内で倒されて獲得したPKをケアンが決め、エバートンが3-0で快勝した。 また、ホームで3部のハル・シティと対戦した昇格組のリーズ・ユナイテッドは、開始早々の5分に失点。その後も劣勢が続いたリーズは、後半アディショナルタイムにアリオスキのゴールで同点に追いつき、1-1で90分が終了。しかし、その後に行われたPK戦を8-9で敗れ、リーズが2回戦敗退となった。 その他、昇格組のフルアムはアウェイで3部のイプスウィッチと対戦し、ミトロビッチのゴールで逃げ切り1-0で勝利。サウサンプトンはホームで2部のブレントフォードを対戦し0-2で敗戦した。 2020.09.17 06:40 Thu
twitterfacebook