リーズがフェイエノールト育ちのU-19オランダ代表FWサマーフィルを完全移籍で獲得

2020.09.17 10:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドは16日、フェイエノールトのU-19オランダ代表FWクリセンシオ・サマーフィル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は非公開となっており、3年契約を締結したとのこと。当面はU-23チームに所属することになるようだ。


サマーフィルは、フェイエノールトの下部組織出身。2019-20シーズンはADOデン・ハーグへとレンタル移籍し、エールディビジで21試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。

世代別のオランダ代表を経験しているサマーフィルは、U-17オランダ代表として2018年のU-17ユーロで優勝を経験している。
関連ニュース
thumb

「情報を持っているのは我々」リーズとの契約延長が報じられたビエルサ監督が完全否定

リーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、自身の去就についての報道を完全否定した。イギリス『BBC』が報じた。 2018年7月からリーズの監督に就任したビエルサ監督。就任2年目の2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で優勝を果たしプレミアリーグに昇格。2003-04シーズン以来のプレミアリーグ挑戦となったチームは、ここまで31試合を戦い14勝3分け14敗で10位に位置している。 そのビエルサ監督は、リーズとの契約が今シーズン終了後に満了を迎えるが、アルゼンチン『ラ・ナシオン』が、2年契約を結ぶと報道。非常に近づいていると報じていた。 しかし、この報道に対してビエルサ監督が「その情報は本物ではない」と否定。その情報があったら自ら提供していくと語った。 「出所を無視する。そういったことは、クラブが言うか、私が言うかのどちらかだ。情報を持っているのは我々だ」 「全ての場合において、提供できる情報があれば提供する」 去就については自ら正しい情報を発信するとしたビエルサ監督。19日にはプレミアリーグ第32節で王者のリバプールと対戦するが、チームは20年ぶりにプレミアリーグで4連勝を目指す。 2021.04.16 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

痛快金星のリーズ指揮官ビエルサ、逆の結果でも「フェア」だったと話す

マンチェスター・シティを倒したリーズ・ユナイテッドだが、マルセロ・ビエルサ監督は逆の結果でも「フェア」だったと述べ、自身がジョゼップ・グアルディオラ監督に勝ったわけでないとの認識を示した。 リーズは10日に行われたプレミアリーグ第31節でシティのホームに乗り込み、42分に先制したが、直後に退場者を出して数的不利に。防戦一方のなか、76分に追いつかれたが、後半アディショナルタイムに勝ち越しゴールを奪い、2-1で劇的に制した。 首位を独走するシティに71%のボールポゼッションを握られ、29本のシュートも浴びながら、わずか2本のシュートで2得点を挙げて大金星を掴み取ったリーズ。ビエルサ監督は試合後、イギリス『BT Sport』で振り返った。 「試合の支配者は彼らであり、大半のゴールチャンスも彼らだった。しかし、この結果は精神的にも、肉体的にも、選手たちのキャラクターやパーソナリティ、頑張り、不屈のメンタルがあったからこそ得られたのだ。シティの勝利が公正だったから、少しおかしいかもしれないが、我々も勝つに値した」 この勝利はジョゼップ・グアルディオラ監督を打ち負かしたことも意味するものだが、ビエルサ監督は勝者として奮闘した選手たちをクローズアップした。 「リーズがマン・シティに勝ったからといって、私が彼らの監督を負かしたわけじゃない。グアルディオラはリーズが倒したチームの監督だが、私は何も思わないね。難しい試合を制した選手たちにこそ価値があるのだ」 2021.04.11 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ「負けが必要なときもある」…大金星献上も悲観的になり過ぎず

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が前を向いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 シティは10日にプレミアリーグ第31節でリーズ・ユナイテッドを本拠地に迎え撃ったが、1-2の敗戦。42分に先制したリーズに退場者が出て、数的優位に立ったシティは圧倒的に押し込み続けると、76分にスペイン代表FWフェラン・トーレスのゴールで追いついたが、後半アディショナルタイムの被弾で力尽きた。 “鬼才”マルセロ・ビエルサ監督のリーズにわずか2本のシュートで2失点を喫して、2季ぶりの優勝に足踏みのシティ。しかし、グアルディオラ監督は悲観的になり過ぎず、「負けが必要なときもある」と振り返った。 「1つの試合に負けると、これまでの我々がしてきたことがどれだけ難しいかということに気づかされる。ここ27、28試合で26勝もしていることを見ればね。このプレミアリーグで優勝しなければならない。まだ他のチームも残り試合で全勝する可能性もあるわけだから、我々はまだ勝ち点が必要だ。もう一度やらないとね」 「間にアストン・ビラ戦があるが、次の4試合のうち、チャンピオンズリーグ(CL)、FAカップ、カラバオカップはそれぞれ決勝戦のようなもの。自分たちが何をしてきたのか、そして前進するために何をすべきかを理解するためにも、負けが必要なときもある」 2021.04.11 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

1人退場のリーズがたった2本のシュートでシティから大金星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、マンチェスター・シティvsリーズ・ユナイテッドが10日に行われ、1-2でリーズが勝利した。 マンチェスター・ユナイテッド戦の連勝ストップから公式戦6連勝と、再び軌道に乗り始めたシティ。前節は3位レスター・シティを退けリーグ戦3連勝。その後にはチャンピオンズリーグでボルシアMGにホームで先勝を収めた。今節はそのボルシアMG戦からスタメンを7人変更。ハムストリングのケガで長らく戦線から離れていたアケがおよそ4カ月ぶりに先発復帰した。 前回対戦ではグアルディオラ監督が初めてポゼッションで上回られ、1-1の引き分けに持ち込まれたシティ。今回も開始3分にボックス左への侵入を許すなど、いきなり危険な場面を作られる。 その後も危ういシーンがあったシティがゴールに迫ったのは19分。スルーパスに反応したスターリングがボックス左からシュートを放ったが、ここはGKメリエに止められた。22分には左CKからゴール前にこぼれたボールをフェラン・トーレスが押し込みにかかったが、今度はDFのブロックに遭った。 徐々にシティにリズムが生まれる中、27分にスターリングが上げたクロスが相手に当たって、さらにエイリングの手に当たったが、主審の笛は吹かれず。 ここまではシュートゼロに抑えられ、数字的に圧倒されていたリーズだが迎えた42分、最終ラインのクーパーのロングフィードからエウデル・コスタが左サイドで収めると、バンフォードを経由して最後はダラスがペナルティアーク付近からシュート。これが左ポストを跳ね返ってゴールに吸い込まれた。 これが初シュートという超効率的な攻撃を成功させたリーズだが、前半アディショナルタイムにアクシデント。イーブンボールに対してクーパーとスターリングが接触。スライディングでクリアを試みたクーパーの足裏がスターリングの足に入り、イエローカードが提示された。しかし、VARで確認した結果、カードの色が赤に変わり一発退場。これを受けて、FWバンフォードを下げてDFストルイクを緊急投入した。 1点ビハインドのシティは、後半は立ち上がりからギアを上げて攻撃に出る。53分、ピッチ中央を持ち上がったストーンズの横パスを受けたジンチェンコが、ボックス手前から左足を一振り。ここはGKメリエが好セーブ。 59分にシティはアケを下げてギュンドアンを投入し攻勢の枚数を増やすと、対するリーズはロバーツを下げてコッホを投入し、守備を固める。 そんな相手にシティは再び持ち上がったストーンズが今度は自らシュート。そのこぼれ球をゴール前で拾ったベルナウド・シウバが畳みかけたが、相手に当たって枠を外れた。 後半は7割超えのポゼッションを記録するシティ。その数字が結果に表れたのは76分のことだった。 完全に引いて守る相手に対しフェルナンジーニョが高い位置まで運ぶと、DFのギャップを突いたベルナウド・シウバにパス。さらにこれを素早く横へ繋ぎ、最後はフェラン・トーレスがダイレクトで流し込んだ。シティはこれが24本目のシュートだった。 ようやく試合を振り出しに戻し、3バックでさらなる攻勢に出るシティだが、88分のベルナウド・シウバのドリブルシュートはゴール左に外れるなど、徐々にタイムリミットが近づく。 このまま終わるかに思われたが、予想外の展開が待っていた。後半アディショナルタイムの91分、リーズはGKのスローインから左サイドに展開。アリオスキがエウデル・コスタとのワンツーで持ち上がると、3バックの間を突くスルーパスにダラスが反応。GKと一対一となり、冷静にゴールに流し込んだ。 劇的過ぎる展開にリーズの選手たちは大興奮。さらにチームにとってこれが2本目のシュートだった。一方、優勝まであと3勝としていたシティだが、まさかの大金星を許し、足踏みすることになった。 2021.04.10 22:38 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ退団決定のアグエロを鬼才ビエルサのリーズも注視か

アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)の新たな移籍先候補として、リーズ・ユナイテッドが浮上した。イギリス『90min』が報じている。 今季限りでマンチェスター・シティを退団するアグエロ。新天地としてバルセロナらが候補に挙がっているが、“鬼才”マルセロ・ビエルサ監督が率いるリーズも獲得レースに名乗りを上げる可能性があるという。 リーズはプレミアリーグに今季復帰。イングランドトップリーグを戦うにあたり、昨夏にクラブレコードの移籍金2700万ポンド(現レートで約40億5000万円)でスペイン代表FWロドリゴ・モレノを獲得した。 しかし、ロドリゴはここまでリーグ18試合の出場でわずか3ゴールとふるわず、リーズは今夏売却を視野に。新たなアタッカー獲得として、ビエルサ監督が好感を抱く同胞のアグエロを注視している模様だ。 リーズは今季のここまで11位と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が厳しいが、シティと同じく北西部に拠点を置くチーム。チームの計画や熱いファンの存在も争奪戦に臨む上で利点になると考えているようだ。 なお、リーズはチームトップのリーグ14得点を記録するイングランド人FWパトリック・バンフォードに関して売却の意思がなく、新契約の話し合いを続けているとみられる。 2021.04.09 11:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly