積極補強のエバートンが3発快勝で3回戦進出! リーズ&セインツが2回戦敗退…《EFLカップ》

2020.09.17 06:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ2回戦の6試合が16日に行われ、エバートンは4部のサルフォード・シティとホームで対戦し、3-0で勝利した。エバートンは、開始早々の5分にシグルドソンの左CKをニアに走り込んだマイケル・キーンが頭で叩き込むと、前半だけで14本のシュートを浴びせるなどサルフォードを圧倒。

後半に入っても攻撃の手を緩めないエバートンは、74分にエンクンクのスルーパスでボックス左に抜け出したゴードンの折り返しをシグルドソンが流し込み、追加点。

さらに試合終盤の87分には、ゴードンがボックス内で倒されて獲得したPKをケアンが決め、エバートンが3-0で快勝した。

また、ホームで3部のハル・シティと対戦した昇格組のリーズ・ユナイテッドは、開始早々の5分に失点。その後も劣勢が続いたリーズは、後半アディショナルタイムにアリオスキのゴールで同点に追いつき、1-1で90分が終了。しかし、その後に行われたPK戦を8-9で敗れ、リーズが2回戦敗退となった。

その他、昇格組のフルアムはアウェイで3部のイプスウィッチと対戦し、ミトロビッチのゴールで逃げ切り1-0で勝利。サウサンプトンはホームで2部のブレントフォードを対戦し0-2で敗戦した。
コメント
関連ニュース
thumb

マタが1G1Aの躍動! リーグ戦に続きブライトン退けたユナイテッドが準々決勝進出!《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが9月30日に行われ、3-0で快勝したユナイテッドが準々決勝進出を決めた。 奇しくも先週末のプレミアリーグで激闘を演じたブライトンとユナイテッドが、戦う舞台をEFLカップに変えて再び激突した注目の連戦第2ラウンド。 試合内容では完敗も、物議を醸す“試合終了後”の劇的PK弾で連戦初戦を3-2で制したユナイテッドは、週末にトッテナムとのビッグマッチを控える中、リーグ戦の前回対戦からリンデロフを除く先発10人を変更。前線の顔触れは1トップにイガロ、2列目に右からマタ、ファン・デ・ベーク、ダニエル・ジェームズとなった。 互いに大きくメンバーを入れ替えたものの、リーグ戦での対戦を再現するかのような一進一退の試合展開となる。開始18分にはボックス左に抜け出したイガロに決定機も、ここは腰が回り切らず左足のシュートはサイドネットへ。 前半半ばを過ぎると、左肩上がりの攻撃が機能するブライトンが徐々にユナイテッドを押し込み、26分には流れるような連係からボックス内でマク・アリステルのワンタッチパスを受けたジャハンバクシュに絶好機も、枠の左下に飛ばしたシュートはGKヘンダーソンの好守に遭う。 時間の経過と共になかなか攻撃の形を作れないユナイテッドだったが、前半終了間際に百戦錬磨のゲームメーカーが試合を動かす。43分、右サイドをドリブルで突破したマタがDFのファウルを誘い、相手陣内の好位置でFKを獲得。さらに、キッカーを務めた元スペイン代表MFは絶妙な左足インスウィングのボールをゴール前に落とすと、大外でオフサイドラインをかいくぐったマクトミネイが頭で合わせた。 前半を1点リードで終えたユナイテッドは後半立ち上がりにフレッジの直接FKで2点目に迫るも、モペイ、トロサールと主力を投入したブライトンに徐々に押し込まれる。67分にはボックス中央でグロスのパスを受けたトロサールにゴール右下隅を捉えた決定的なシュートを許すが、GKヘンダーソンのこの試合2つ目のビッグセーブで難を逃れる。 すると、イガロ、ダニエル・ジェームズに代えてポグバ、ラッシュフォードを投入した直後の73分に再びマタが魅せる。 フレッジからの縦パスをファン・デ・ベークが足裏を使ってゴール前のスペースに流すと、これに反応したマタが細かいボールタッチから利き足とは逆の右足でDFの股間を抜くグラウンダーのシュートを流し込み、貴重な追加点とした。 これで完全に試合の流れを引き寄せたユナイテッドは、80分にもボックス手前左で得たFKの場面でキッカーのポグバが直接狙ったシュートが割れた壁の間を抜けてゴール左隅に決まり、ダメ押しの3点目が入った。 そして、このまま逃げ切ったユナイテッドはリーグ戦で手を焼いたブライトン相手に今度は勝利に相応しい内容で勝利し、ベスト8進出と共に週末のトッテナム戦に弾みをつけた。 2020.10.01 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

スターリング2発にフェラン・トーレスが初ゴール! シティがバーンリーに快勝で準々決勝進出!《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、バーンリーvsマンチェスター・シティが9月30日に行われ、3-0で快勝したシティが準々決勝進出を決めた。 先週末に行われたプレミアリーグでレスター・シティに2-5の大敗を喫し、早くも今季初黒星を喫したシティ。週末にグアルディオラ監督も敬愛するビエルサ監督率いるリーズ・ユナイテッド戦を控える中、このEFLカップで白星を取り戻したいところ。バーンリーとのプレミアリーグ勢対決ではエリック・ガルシア、アケ、フォーデンに代えて18歳MFパーマーをトップデビューさせ、フェラン・トーレス、ラポルテを起用した以外、同じメンバーを起用した。 立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開するシティは、開始5分に新鋭パーマーのファーストシュートを皮切りに相手を押し込んで再三シュートを浴びせていく。25分にはデ・ブライネのスルーパスに抜け出したそのパーマーに前ラウンドのデラップに続くデビューゴールのチャンスが訪れるが、ここは果敢な飛び出しを見せた相手GKにコースを消されて決め切れない。 それでも、攻勢を続けるアウェイチームは35分、左サイドの高い位置に侵攻したラポルテの左足のスルーパスに抜け出したメンディの左足のダイレクトクロスを、ボックス中央に走り込んだスターリングが左足で蹴り込み、先制に成功した。 その後も積極的に2点目を目指すシティは、前半終了間際に幾度か決定機が訪れるもフェラン・トーレスのシュートが左ポストを叩くなど、リードを広げるまでには至らず。 しかし、迎えた後半の立ち上がりの49分にはデ・ブライネの中央突破からボックス左でパスを受けたフェラン・トーレスの折り返しを、再びスターリンが流し込み、後半開始早々にゴールを挙げた。 この2点目で勝利をより近づけたシティは64分にデ・ブライネを下げてベルナルド・シウバを投入。直後にはマフレズの中央突破からペナルティアーク付近で縦パスを受けたスターリングがうまくDFを引き付けて潰れると、ボックス左でボールを引き取ったフェラン・トーレスが右足のコントロールシュートをファーポストに流し込み、待望の移籍後初ゴールを挙げた。 これで勝利を確信したグアルディオラ監督は、週末のリーズ戦を睨んでウォーカー、ロドリを早々に下げてハーウッド=ベリス、アケの投入で試合を締めにかかる。 その後、スターリングのハードタックルでロートンが負傷交代する後味の悪さはあったものの、3-0で快勝の3連覇王者シティが順当にベスト8進出を決定すると共に、レスター戦の大敗を払しょくした。 2020.10.01 04:56 Thu
twitterfacebook
thumb

PK戦の末にダービー制したトッテナムが準々決勝進出! チェルシーはヴェルナー初弾も及ばず…《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が29日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したトッテナムが準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの3回戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナム。2日後にELグループステージ進出を懸けたマッカビ・ハイファとのプレーオフを控える中、1-1で引き分けたリーグ戦のニューカッスル戦からはGKロリス、ダイアーを除く先発9人を入れ替え。デビュー戦となったレギロンに加え、タンガンガ、ジェジソン・フェルナンデスが今季初出場となり、[3-5-2]の2トップにはラメラ、ベルフワインが並んだ。 一方、バーンズリーとの3回戦を6-0の圧勝で突破したチェルシーは、3-3のドローに終わったリーグ戦のWBA戦からマウント、コバチッチ、ヴェルナーを除く8人を変更。GKメンディがデビューを飾ったほか、チルウェル、ジルー、ハドソン=オドイらが起用され、最前線にジルー、2列目にハドソン=オドイ、マウント、ヴェルナーが並ぶ[4-2-3-1]の布陣を採用した。 後方に重心を置くホームのトッテナムに対して、アウェイのチェルシーがボールを握って攻め手を窺う入りとなる。 中央を固める相手に対してなかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めないチェルシーだが、17分にはボックス内で相手のクリアミスに反応したハドソン=オドイが最初の枠内シュートを放つ。 すると、直後の19分には相手ビルドアップ時にレギロンにプレッシャーをかけたハドソン=オドイがボールを奪い、ショートカウンターに転じると、右サイド深くでアスピリクエタがマイナスの折り返しを入れる。これをボックス中央でワントラップしたヴェルナーがゴール右下隅に右足のシュートを突き刺し、待望の移籍後初ゴールを挙げた。 守備的に入りながらも先制を許したトッテナムだが、直後の23分に最初の決定機。浮き球の縦パスに反応したG・フェルナンデスがDFズマとうまく入れ替わってゴール前に抜け出す。ここで飛び出したGKメンディとズマに挟まれ倒されるが、ノーファウルの判定でPKは与えられず。 その後はダービーらしくファウルでプレーが途切れる中盤での潰し合いが目立つ展開となるが、35分にはトッテナムに再び決定機。ボックス右で横パスを受けたラメラが巧みなボディコントロールで前を向き、利き足とは逆の右足のグラウンダーシュート。だが、ここはGKメンディが右足を使った見事なセーブで阻止した。 結局、チェルシーの1点リードで折り返した試合は、後半も両チーム同じメンバーでスタート。70%以上ボールを握られた前半を受けて、前から圧力を強めたトッテナムは立ち上がりから相手ゴールに迫る。 50分、鋭いトランジションから右サイド深くに侵攻したオーリエからグラウンダーの折り返しが入ると、これに反応した左ウイングバックのレギロンがボックス左から左足を強振。だが、枠を捉えたシュートはGKメンディが見事な反応で阻止。さらに、53分にもベルフワインの抜け出しから最後はオーリエが左足のシュートを放つ。 一方、後半に入って防戦一方のチェルシーはビルドアップの停滞、球際での劣勢に加え、前線のターゲットマンであるジルーの存在感が希薄でほとんどフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、時間の経過と共に相手の攻撃に対応し始め、こう着状態に持ち込むことに成功した。 その後、後半半ばを過ぎて両ベンチが動く。ビハインドを追うトッテナムは60分過ぎにG・フェルナンデスに代えてホイビュルク、70分過ぎにタンガンガ、ベルフワインに代えてケイン、ルーカス・モウラを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。 対するチェルシーはコンディションを考慮されたチルウェルに代えてエメルソン、コバチッチ、ジルーに代えてカンテ、エイブラハムをピッチに送り出した。 すると、両チームの主力の投入によって試合はここから再び活性化。互いにボックス内でのシュートシーンを増やしていく。とりわけ、ここまで劣勢だったチェルシーは2バックに近い相手の最終ラインに対して、ジョルジーニョのミドルレンジのパスで背後を取れるようになり、ヴェルナーやハドソン=オドイに続けて決定機が訪れた。 しかし、均衡を破ったのはホームのトッテナム。83分、ハーフウェイライン付近でのリスタートからアルデルヴァイレルトが左サイド深くに抜け出したレギロンに対角上のフィードを通す。そして、カットインから右足に持ち替えたスペイン代表DFの浮き球のクロスをファーで収めたラメラが今度は利き足の左足で冷静に流し込んだ。 土壇場で1-1のタイに戻った中、両者は90分間で決着を付けようと、白熱の攻防を最後まで見せたが、このままタイムアップ。準決勝進出はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦では拮抗した試合内容を反映するように両チーム4人目まで全員が成功。しかし、5人目では先攻のトッテナムのケインがきっちり決めたのに対し、後攻のチェルシーはマウントがシュートを枠の右に外してしまい、勝負あり。超過密日程でメンバーを落としながらもしぶとい戦いぶりで勝ち切ったトッテナムが、ベスト8進出を決めた。 2020.09.30 06:11 Wed
twitterfacebook
thumb

超過密日程のスパーズ、モウリーニョは古巣対戦もEFL杯を捨てる覚悟 「戦いたいが無理」

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、超過密日程を強いられている中、今シーズンのEFLカップ(カラバオカップ)を捨てる覚悟を持っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 トッテナムは昨シーズンのプレミアリーグを6位で終えたことにより、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で予選3回戦からの参戦を強いられている。そのため、9月13日のプレミアリーグ開幕から10月4日のリーグ第4節マンチェスター・ユナイテッド戦までの約3週間で8試合を戦う超過密日程を強いられている。 今月22日に開催予定だったレイトン・オリエントとのEFLカップ3回戦は対戦相手に多数の新型コロナウイルス陽性反応者が出たことで、試合当日に中止となり、最終的に日程の問題で不戦勝が決定。これにより、29日の4回戦ではチェルシーとのロンドン・ダービーに臨むことになった。 ただ、トッテナムはチェルシー戦のわずか2日後にELグループステージ進出の懸かるマッカビ・ハイファ(イスラエル)戦を控えており、モウリーニョ監督はたとえ古巣対決であっても、あくまで優先順位はマッカビ・ハイファ戦にあると主張。また、日程変更を許可しなかったイングランドフットボールリーグ(EFL)への皮肉交じりにチェルシー戦での主力温存を明言している。 「カラバオ(のタイトル)を目指して戦いたいが、それは無理だと思う。ヨーロッパのグループステージでは、我々のようなクラブにとっては重要な金額が得られる」 「(メンバーのローテーションに関して)EFLが我々のために決断してくれた。彼らは我々に問題を起こすことなく、我々のために決断してくれた」 また、パフォーマンスは上々も物議を醸すハンドによるPK判定でニューカッスル戦を1-1のドローで終えたトッテナムに対し、チェルシーは前半に3失点を喫する振るわないパフォーマンスでWBA相手に3-3のドローに終わっていた。そのプレミアリーグの結果を受け、トッテナムが優位との指摘を受けたモウリーニョ監督は、再び日程面の不利を訴えてその指摘を否定している。 「それはジョークなのか、それとも本気なのか? チェルシーは土曜日にプレーし、彼らには日曜日、月曜日と準備期間がある。そして、火曜日に試合をして、週末にまた試合をする」 「したがって、彼らの素晴らしいスカッドがあれば、監督がローテーションをしないと決めたとしても、彼は望むプレーヤーを起用し完璧にプレーすることができる」 2020.09.29 18:41 Tue
twitterfacebook
thumb

ランパード、スパーズとのEFLカップに言及! ロフタス=チークのレンタル移籍も示唆

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、EFLカップ(カラバオカップ)4回戦のトッテナム戦に向けた公式会見に出席した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 チェルシーは、先週行われたバーンズリーとの前ラウンドを6-0で圧勝し、4回戦に駒を進めた。そして、29日に行われる4回戦では、新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの一戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナムとのロンドン・ダービーに臨む。 敵地でのダービーに向けた公式会見の場でランパード監督は、3-3のドローに終わったプレミアリーグのWBA戦を振り返っている。 「(WBA戦のドローについて)明らかな個人のミスがあった。それを隠すことはできない。各自がそれを認めているし、我々はそれを受け止める必要がある。あの状況(試合終了間際)から1点を取れたのは良かったが、もちろんもっとほしかった」 「この前の試合が我々の実情を表したものではないと思うし、まだ参加していないプレーヤーもいるし、今後懸命に努力を続けていけば、間違いなく向上していくはずだ。それに、どんなプレミアリーグのチームにも課題はあるものだ」 また、最新のチームニュース、対戦相手のトッテナムについても言及。先週に加入が決定したセネガル代表GKエドゥアール・メンディのメンバー入りを認めている。 「メンディとチルウェルは明日のスカッドに入る。ツィエクとプリシッチの復帰は遠くないが、現時点では2人とも時期尚早だ。メンディに関してはチームによく馴染んでいるし、良いゴールキーパーだ」 「(スパーズについて)スパーズにとって非常に忙しい時期だということは理解している。しかし、彼らのスカッドをよく知っているし、彼らは素晴らしいスカッドを持っている。たとえ彼らがどんなチームで臨んできたとしても、非常に強いチームになるはずだ」 「(不戦勝での勝ち上がりに関して)個人的にレイトン・オリエントに同情しているが、残念ながら現状を考えれば、もし再延期となっていた場合、試合をする時間がなかったはずだ」 さらに、移籍市場閉幕まで約1週間となった中、退団が噂されるドイツ代表DFリュディガー、スペイン代表GKケパ・アリサバラガについて言及。両者の退団の可能性を否定した一方、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークに関してはレンタル移籍の可能性を認めている。 「ルベンとは非常にオープンな関係だし、先週も何度か話をした。今はリラックスしているが、ルベンにとって最善の道を見つけたいし、我々にとっても最善の道を見つけたいと思っている」 「我々は彼がチームに何をもたらしてくれるかを理解しているが、彼が試合に出ることを優先していることも理解している。そこに関して次の一週間で何をするかという部分で微妙なバランスだ。とにかく、我々は正しいと思うことをするつもりだ」 2020.09.29 17:48 Tue
twitterfacebook