インテル退団のボルハ・バレロがヴィオラに3年ぶりの復帰! 背番号は「6」に!

2020.09.16 20:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは16日、元スペイン代表MFボルハ・バレロ(35)の復帰を発表した。背番号は「6」に決定。契約期間に関する言及はないが、1年契約となる見込みだ。レアル・マドリーのカンテラ出身のボルハ・バレロは、これまでマジョルカ、WBA、ビジャレアルでプレー。

その後、2017年夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したボルハ・バレロは、3シーズンで公式戦100試合に出場。アントニオ・コンテ監督が就任した昨シーズンは出場機会を減らし、セリエAでは19試合にとどまった。そして、3年契約の満了に伴い、クラブを退団しフリーの状況となっていた。

なお、2012年から2017年まで過ごしたフィオレンティーナでは背番号「20」を背負い、公式戦212試合に出場し、17ゴール45アシストを記録。中盤の絶対的な主力として活躍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ビラギがフィオレンティーナと2024年まで契約延長

フィオレンティーナは27日、イタリア代表DFクリスティアーノ・ビラギ(28)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 左サイドバック兼左サイドハーフのビラギは、2017年夏にペスカーラからレンタルでフィオレンティーナに加入。翌年に完全移籍へと切り替わり、昨季はレンタルでインテルに移籍し、公式戦37試合に出場して3ゴール7アシストと準主力として活躍した。フィオレンティーナに復帰した今季は開幕からセリエA全5試合に先発し、1ゴール3アシストと活躍している。 フィオレンティーナと契約延長したビラギは「昨季が終わる前にフィオレンティーナから連絡があり、彼らの熱意を受けてフィレンツェに戻りたいと思った。今後4年間、クラブと共にうまくやっていきたいと思っている」とコメントしている。 2020.10.28 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

デビュー戦で一発退場のキエーザが1試合の出場停止処分

セリエAの懲戒委員会は20日、ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザに対し、1試合の出場停止処分を科した。 今夏にユベントスへ加入したキエーザは、17日に行われたセリエA第4節のクロトーネ戦でユベントスデビュー。21分にはモラタの同点ゴールをアシストするなど攻撃を牽引したが、60分にチガリーニに対してスパイクの裏を見せた危険なタックルを見舞い、一発退場を食らっていた。 今回の決定を受けて、キエーザは25日に行われるセリエA第5節のヴェローナ戦には出場することが出来なくなった。 長年フィオレンティーナのエースに君臨していたキエーザは、14日に買い取り義務付きの2年レンタルでユベントスに加入。キエーザの買い取りには、最大総額5000万ユーロ(約62億3000万円)の移籍金が設定されている。 2020.10.21 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのサッリ、新天地はフィオレンティーナ?

マウリツィオ・サッリ(61)氏の再就職先が固まったようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨夏にチェルシーを去り、2022年夏までの契約でユベントスの監督に就任したサッリはセリエA9連覇を達成。しかし、クラブがタイトルを切望するチャンピオンズリーグ(CL)制覇に導けず、リヨンに屈してベスト16で敗退すると、その翌日に解任された。 わずか1シーズンでユベントスから志半ば追い出され、フリーの状況が続くサッリ氏だが、新たにフィオレンティーナを率いる可能性があるという。 フィオレンティーナは昨年12月にジュゼッペ・イアキーニ監督を招へい。しかし、今季はここまでセリエA開幕から1勝1分け2敗の12位。開幕戦のトリノ戦こそ勝利したが、第2節のインテル戦を皮切りにここ3試合で白星から遠ざかっている。 2020.10.20 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表MFボナベントゥーラが息子誕生のため代表離脱

イタリアサッカー連盟(FIGC)は、フィオレンティーナのMFジャコモ・ボナベントゥーラがイタリア代表を離脱することを発表した。 11日にポーランドとのUEFAネーションズリーグ2020-21を控えているイタリア代表。そのチームからボナベントゥーラが離脱。理由は息子の誕生とのことだ。 FIGCによると、ボナベントゥーラの息子・エドアルドが誕生するため、イタリアへと戻ったとのこと。イタリア代表は「FIGC、そして代表チームのすべてのチームメイトとスタッフから、ボナベントゥーラファミリーを祝福します」と声明を発表した。 今シーズン、ミランからフィオレンティーナへと完全移籍したボナヴェントゥーラ。セリエAではここまで3試合に出場し1アシストを記録。イタリア代表としても、7日に行われたモルドバ代表との親善試合で67分間プレーしていた。 2020.10.11 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、元スペイン代表FWカジェホンやアルゼンチン代表DFクアルタら3選手の獲得を発表!

フィオレンティーナは5日、ナポリから元スペイン代表FWホセ・カジェホン(33)、リーベル・プレートからアルゼンチン代表DFルーカス・マルティネス・クアルタ(24)、モナコからイタリア人DFアントニオ・バレッカ(25)の3選手を獲得した。 2013年夏にレアル・マドリーからナポリに加入したカジェホンは、7年を過ごしたナポリで公式戦349試合に出場して82ゴール78アシストと活躍。昨シーズンも公式戦45試合で4ゴール7アシストの成績を残していたが、契約満了に伴いナポリを退団していた。 2016年からリーベル・プレートでプレーするクアルタは、優れたインターセプトやカバーリング能力に加え、高精度のロングパスが魅力のセンターバック。リーベル・プレートでは在籍4シーズンで公式戦99試合に出場しており、昨年9月にはアルゼンチン代表デビューを飾っている。 2018年の夏にトリノからモナコへ加入したバレッカだが、モナコでは出場機会を恵まれず昨季はジェノアへレンタル移籍。ジェノアでは、左ウィングバックを主戦場に公式戦19試合に出場していた。 なお、3選手の移籍形態はカジェホンとクアルタは完全移籍、バレッカがレンタル移籍となる。 2020.10.06 04:30 Tue
twitterfacebook