トーレス氏、リバプールからチェルシーに移籍した理由を告白「私には時間がなかった」

2020.09.16 18:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏が、かつてリバプールからチェルシーに移籍した理由をイギリス『talkSPORT』のインタビューで説明した。プロデビューしたアトレティコ・マドリーで名を馳せ、2007年にリバプールに加入したトーレス氏。リバプールには3年半在籍し、公式戦142試合で81ゴールを挙げる活躍を披露した。

しかし、全盛期を過ごしていた中で2011年1月にチェルシーに電撃移籍。トーレス氏はインタビューで当時を振り返り、リバプールで幸せだったこと、移籍せざるを得ない状況にあったことを赤裸々に告白した。

「リバプールで本当に幸せだった。だけどクラブが売却に動いていると知ったら状況はとても困難になる」

「彼らは全ての主力選手を売却した。ハビエル・マスチェラーノにシャビ・アロンソ、ラファエル・ベニテスもそうだ。代わりに若い選手たちを獲得し始めていた」

「彼らは6年から7年かけて勝てるチームを作ろうとしていた。だが私にはそれを待つ余裕なんてなかった。アトレティコというホームから出たのはトロフィーを勝ち取るためだったからね」

「残念なことに、当時のリバプールのオーナーには嘘が多かったから最終的に自分の道を見つける必要があった。それがチェルシーだった。チェルシーは私にトロフィーを獲得するチャンスを与えてくれるクラブだと思ったんだ」

そのチェルシーではチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、FAカップなど、渇望していたトロフィーを獲得した。しかし、決して大活躍だったとは言い難く、加入から初ゴールまでに903分間も要したことは、華々しいキャリアにおいて誇れるものではなかった。

「順応に時間がかかったのは私のせいかもしれない。本当に素晴らしい時間を過ごしたが、一貫したものではなかった。そうなるとチェルシーのようなビッグクラブでは誰か別の選手がやってきて自分のポジションを奪っていくんだ」

「スター選手がいっぱいの中でシーズン途中の加入だったから適応するのは本当に苦労したよ。もしかしたらリバプールでのようなパートナシップは築けていなかったかもしれない。でもそれは自分のせいだと常に言ってきた。その解決策を見つけるのに十分なキャリアを積んでいたけど出来なかったんだ」

「でも幸せだよ。望んでいたトロフィーを手にすることが出来たし、素晴らしいフットボールをすることが出来たからね」
コメント
関連ニュース
thumb

バークリーがアストン・ビラにレンタル!今夏5人目の補強

アストン・ビラは30日、チェルシーからイングランド代表MFロス・バークリー(26)をレンタルしたことを発表した。契約は今シーズンいっぱいまでとなる。 エバートンの下部組織出身のバークリーは2018年1月にチェルシーに加入。当時抱えていたケガの影響で、移籍後半シーズンにおける出場は2試合に留まったが、完治して迎えた2018-19シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下、主力の一人として公式戦48試合に出場した。 フランク・ランパード監督が就任した昨季はケガで出場時間を減らしたものの、準主力として公式戦31試合に出場した。 だが、今季は夏の大型補強で出場時間が限られることを懸念し、アストン・ビラへのレンタル移籍を決断。ディーン・スミス監督は「ロスの様なクオリティを持つ選手を獲得できたことは素晴らしい成果だ。このクラブで輝き、チームの成長を手助けしてくれることを確信している」とコメントを残している。 なお、アストン・ビラは今夏の移籍市場で、イングランド人FWオリー・ワトキンス、イングランド人DFマッティ・キャッシュ、アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス、そしてブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレを獲得しており、バークリーは5人目の補強となった。 2020.09.30 19:11 Wed
twitterfacebook
thumb

試合中のトイレで脚光のダイアー、PK失敗の相手選手を慰めるスポーツマンシップ溢れる行動では“手洗い”が注目の的に!

29日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)4回戦のトッテナムとチェルシーの一戦で、試合中にピッチを離れてトイレに駆け込んだことで、一躍注目を浴びることとなったトッテナムのイングランド代表DFエリック・ダイアーだが、試合後には素晴らしいスポーツマンシップを見せていた。 試合は白熱の攻防を見せ、90分間では決着が付かず、PK戦の末にトッテナムが勝利を飾っていたが、最後にPKを外してしまったのはチェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントだった。 マウントのPK失敗直後、多くのトッテナムの選手が勝利を喜び、守護神ウーゴ・ロリスの元に駆け寄る中、ダイアーは独りうなだれるマウントの元へ駆け寄り、抱きかかえながら慰めの言葉をかけていた。 スポーツマンシップに溢れる行動ではあるが、この行動をとったダイアーは他の選手とは違う心境だったと推測できる。ダイアーには苦い過去の思い出があるからだ。 その過去とは、2018-19シーズンのEFLカップ準決勝、チェルシーとトッテナムの2ndレグの試合だ。ホームでの1stレグを1-0と先勝していたトッテナムだが、スタンフォード・ブリッジでの2ndレグで1-2とされると、PK戦の末にチェルシーが勝利。その時にPKを外したのがダイアーとFWルーカス・モウラだった。 ダイアーが当時の自分とマウントの姿を重ね、こうした行動に至ったのだろうか。真相は分からないが、ダイアーの優しさにあふれる行動はSNSでも称賛されている。 また、良い話に水を差す格好にはなってしまうが、ダイアーが試合中にトイレに駆け込んでいたこともあり、マウントに言葉をかける際に手を洗っていたのかいないのかどうかも大きな論争を呼んでいる。 <div id="cws_ad">◆手は洗った?洗ってない?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Eric Dier going straight up to Mason Mount to console him after his missed penalty instead of celebrating with his Tottenham teammates!<a href="https://twitter.com/ericdier?ref_src=twsrc%5Etfw">@ericdier</a> | <a href="https://twitter.com/masonmount_10?ref_src=twsrc%5Etfw">@masonmount_10</a> <a href="https://t.co/XXc9oHZixR">pic.twitter.com/XXc9oHZixR</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1311047461943869441?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.30 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

師弟関係に影響は? モウリーニョとランパードがピッチサイドで口論、両者が試合後に振り返る

29日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われた、カラバオカップ(EFLカップ)4回戦のトッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー” 。熱い戦いはピッチ上だけではなかった。 試合は白熱の攻防を見せ、90分間では決着が付かず、PK戦の末にトッテナムが勝利を飾ったが、ピッチの外でもバチバチのバトルが勃発していた。 チェルシーが1点をリードして迎えた27分、テクニカルエリアのジョゼ・モウリーニョ監督(トッテナム)とフランク・ランパード監督(チェルシー)の両指揮官が、口論となっていたのだ。 第4審判を挟んでの攻防は、両者ともに譲らずヒートアップ。一度は終わったかと思いきやすぐさま再燃し、およそ1分間にわたって口論が続いていた。 モウリーニョ監督がチェルシーの指揮官だった時代に、ランパード監督は中心選手としてプレーした間柄。4シーズン以上を共に戦い、一種の師弟関係を築いていただけに、その関係にひびが入るのではないかと心配もされたが、ランパード監督は試合後のインタビューで次のように語った。 「我々はライン上で楽しんでいた、ジョゼとは上手くやれている。彼が、選手と話すよりも審判と話すことの方が多いと言ってきた。それはほんの一瞬だったのにね」 「タッチラインで何を言っても、ジョゼには敬意を払っている。試合の終わりには何も問題なかったし、関係は決して変わらないだろう」 一方のモウリーニョ監督もアドバイスを送っただけで、ランパード監督との関係に影響することはないと明かしている。 「フランクとの間で最も重要なことは、私たちが交わした言葉ではなく彼に対する私の気持ちだ。彼は、選手として持っていたすべてを捧げてくれた。それを忘れることはない。彼に対して思うことは、常に彼がどれだけ素晴らしい選手であり友人かということだ」 「私が彼に言ったことは、若くて才能のある指揮官に対しての年寄りの意見だ。選手たちが監督を必要とするのは負けているときだけで、勝っているときは主役になる必要はないということ。チームが負けているときにこそ、私たちがタッチラインにいる必要がある」 「前回の試合(WBA戦)で0-3で負けているとき、彼は椅子に座って悲しそうにしていた。本当に気の毒だと思ったよ。フットボールに関しては何も教えることはできない。彼はフットボールを理解しているから。これはあくまで意見だ。チームが負けているときはタッチラインにとどまり、チームが勝っているときは落ち着くべきだと伝えた」 <div id="cws_ad">◆モウリーニョとランパードが白熱の口論!間の第4審判はやや困惑…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Old friends Jose Mourinho and Frank Lampard exchanged words on the touchline during the first half at the Tottenham Hotspur Stadium.<a href="https://t.co/dNJXJ5lLD0">pic.twitter.com/dNJXJ5lLD0</a></p>&mdash; Sky Sports (@SkySports) <a href="https://twitter.com/SkySports/status/1311026961825832962?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.30 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

PK戦の末にダービー制したトッテナムが準々決勝進出! チェルシーはヴェルナー初弾も及ばず…《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が29日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したトッテナムが準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの3回戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナム。2日後にELグループステージ進出を懸けたマッカビ・ハイファとのプレーオフを控える中、1-1で引き分けたリーグ戦のニューカッスル戦からはGKロリス、ダイアーを除く先発9人を入れ替え。デビュー戦となったレギロンに加え、タンガンガ、ジェジソン・フェルナンデスが今季初出場となり、[3-5-2]の2トップにはラメラ、ベルフワインが並んだ。 一方、バーンズリーとの3回戦を6-0の圧勝で突破したチェルシーは、3-3のドローに終わったリーグ戦のWBA戦からマウント、コバチッチ、ヴェルナーを除く8人を変更。GKメンディがデビューを飾ったほか、チルウェル、ジルー、ハドソン=オドイらが起用され、最前線にジルー、2列目にハドソン=オドイ、マウント、ヴェルナーが並ぶ[4-2-3-1]の布陣を採用した。 後方に重心を置くホームのトッテナムに対して、アウェイのチェルシーがボールを握って攻め手を窺う入りとなる。 中央を固める相手に対してなかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めないチェルシーだが、17分にはボックス内で相手のクリアミスに反応したハドソン=オドイが最初の枠内シュートを放つ。 すると、直後の19分には相手ビルドアップ時にレギロンにプレッシャーをかけたハドソン=オドイがボールを奪い、ショートカウンターに転じると、右サイド深くでアスピリクエタがマイナスの折り返しを入れる。これをボックス中央でワントラップしたヴェルナーがゴール右下隅に右足のシュートを突き刺し、待望の移籍後初ゴールを挙げた。 守備的に入りながらも先制を許したトッテナムだが、直後の23分に最初の決定機。浮き球の縦パスに反応したG・フェルナンデスがDFズマとうまく入れ替わってゴール前に抜け出す。ここで飛び出したGKメンディとズマに挟まれ倒されるが、ノーファウルの判定でPKは与えられず。 その後はダービーらしくファウルでプレーが途切れる中盤での潰し合いが目立つ展開となるが、35分にはトッテナムに再び決定機。ボックス右で横パスを受けたラメラが巧みなボディコントロールで前を向き、利き足とは逆の右足のグラウンダーシュート。だが、ここはGKメンディが右足を使った見事なセーブで阻止した。 結局、チェルシーの1点リードで折り返した試合は、後半も両チーム同じメンバーでスタート。70%以上ボールを握られた前半を受けて、前から圧力を強めたトッテナムは立ち上がりから相手ゴールに迫る。 50分、鋭いトランジションから右サイド深くに侵攻したオーリエからグラウンダーの折り返しが入ると、これに反応した左ウイングバックのレギロンがボックス左から左足を強振。だが、枠を捉えたシュートはGKメンディが見事な反応で阻止。さらに、53分にもベルフワインの抜け出しから最後はオーリエが左足のシュートを放つ。 一方、後半に入って防戦一方のチェルシーはビルドアップの停滞、球際での劣勢に加え、前線のターゲットマンであるジルーの存在感が希薄でほとんどフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、時間の経過と共に相手の攻撃に対応し始め、こう着状態に持ち込むことに成功した。 その後、後半半ばを過ぎて両ベンチが動く。ビハインドを追うトッテナムは60分過ぎにG・フェルナンデスに代えてホイビュルク、70分過ぎにタンガンガ、ベルフワインに代えてケイン、ルーカス・モウラを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。 対するチェルシーはコンディションを考慮されたチルウェルに代えてエメルソン、コバチッチ、ジルーに代えてカンテ、エイブラハムをピッチに送り出した。 すると、両チームの主力の投入によって試合はここから再び活性化。互いにボックス内でのシュートシーンを増やしていく。とりわけ、ここまで劣勢だったチェルシーは2バックに近い相手の最終ラインに対して、ジョルジーニョのミドルレンジのパスで背後を取れるようになり、ヴェルナーやハドソン=オドイに続けて決定機が訪れた。 しかし、均衡を破ったのはホームのトッテナム。83分、ハーフウェイライン付近でのリスタートからアルデルヴァイレルトが左サイド深くに抜け出したレギロンに対角上のフィードを通す。そして、カットインから右足に持ち替えたスペイン代表DFの浮き球のクロスをファーで収めたラメラが今度は利き足の左足で冷静に流し込んだ。 土壇場で1-1のタイに戻った中、両者は90分間で決着を付けようと、白熱の攻防を最後まで見せたが、このままタイムアップ。準決勝進出はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦では拮抗した試合内容を反映するように両チーム4人目まで全員が成功。しかし、5人目では先攻のトッテナムのケインがきっちり決めたのに対し、後攻のチェルシーはマウントがシュートを枠の右に外してしまい、勝負あり。超過密日程でメンバーを落としながらもしぶとい戦いぶりで勝ち切ったトッテナムが、ベスト8進出を決めた。 2020.09.30 06:11 Wed
twitterfacebook
thumb

超過密日程のスパーズ、モウリーニョは古巣対戦もEFL杯を捨てる覚悟 「戦いたいが無理」

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、超過密日程を強いられている中、今シーズンのEFLカップ(カラバオカップ)を捨てる覚悟を持っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 トッテナムは昨シーズンのプレミアリーグを6位で終えたことにより、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で予選3回戦からの参戦を強いられている。そのため、9月13日のプレミアリーグ開幕から10月4日のリーグ第4節マンチェスター・ユナイテッド戦までの約3週間で8試合を戦う超過密日程を強いられている。 今月22日に開催予定だったレイトン・オリエントとのEFLカップ3回戦は対戦相手に多数の新型コロナウイルス陽性反応者が出たことで、試合当日に中止となり、最終的に日程の問題で不戦勝が決定。これにより、29日の4回戦ではチェルシーとのロンドン・ダービーに臨むことになった。 ただ、トッテナムはチェルシー戦のわずか2日後にELグループステージ進出の懸かるマッカビ・ハイファ(イスラエル)戦を控えており、モウリーニョ監督はたとえ古巣対決であっても、あくまで優先順位はマッカビ・ハイファ戦にあると主張。また、日程変更を許可しなかったイングランドフットボールリーグ(EFL)への皮肉交じりにチェルシー戦での主力温存を明言している。 「カラバオ(のタイトル)を目指して戦いたいが、それは無理だと思う。ヨーロッパのグループステージでは、我々のようなクラブにとっては重要な金額が得られる」 「(メンバーのローテーションに関して)EFLが我々のために決断してくれた。彼らは我々に問題を起こすことなく、我々のために決断してくれた」 また、パフォーマンスは上々も物議を醸すハンドによるPK判定でニューカッスル戦を1-1のドローで終えたトッテナムに対し、チェルシーは前半に3失点を喫する振るわないパフォーマンスでWBA相手に3-3のドローに終わっていた。そのプレミアリーグの結果を受け、トッテナムが優位との指摘を受けたモウリーニョ監督は、再び日程面の不利を訴えてその指摘を否定している。 「それはジョークなのか、それとも本気なのか? チェルシーは土曜日にプレーし、彼らには日曜日、月曜日と準備期間がある。そして、火曜日に試合をして、週末にまた試合をする」 「したがって、彼らの素晴らしいスカッドがあれば、監督がローテーションをしないと決めたとしても、彼は望むプレーヤーを起用し完璧にプレーすることができる」 2020.09.29 18:41 Tue
twitterfacebook