日本代表、10月のオランダ遠征でカメルーン、コートジボワールと対戦

2020.09.16 16:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は16日、10月にカメルーン代表、コートジボワール代表とオランダで対戦することを発表した。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2022年のカタール・ワールドカップ アジア予選が軒並み延期となっている日本代表。2020年に入り一度も活動を行えていない状況の中、10月にヨーロッパで2試合を行うことが決定した。

カメルーンとは10月9日(金)に、コートジボワールとは10月13日(火)に開催。キックオフ時間はどちらも調整中となっている。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2試合ともにリモートマッチ(無観客試合)となる。

森保一監督はJFAを通じてコメント。試合が行えることに感謝するとともに、元気や活力を与えたいと語った。

「新型コロナウイルス禍の状況下で試合開催のためにご尽力いただいた皆さんに感謝します。新型コロナウイルスの感染はまだまだ予断を許さない状況にあり、皆さんの生活もまだ制限をされている中、SAMURAI BLUE が試合をさせてもらえることに大きな意義を感じています」

「それは感染防止のため、制限された生活を受け止め、行動されている皆さんに私達の試合を通して元気や明日への活力を届けることだと考えています」

「カメルーン代表、コートジボワール代表どちらの試合も厳しい試合になると思いますが、皆さんに試合を観ていただき、「明日からまた頑張ろう」と思っていただける試合をオランダから届けたいと思います」

日本代表の最後の活動は2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権だった。
コメント
関連ニュース
thumb

中島翔哉が日本代表招集外の理由は「所属チームで結果を出すこと」、岡崎慎司&菅原由勢の招集理由も語る

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月以来の活動となる日本代表。今回のメンバーは全てヨーロッパでプレーする選手で構成され、DF菅原由勢(AZ)が初招集となった。 今回のメンバーでは、ラ・リーガでのプレーを実現させたFW岡崎慎司(ウエスカ)がコパ・アメリカ以来の招集となった。岡崎の招集について森保一監督は「岡崎の選考については、リーグで置かれている立場は変わったと思いますが、得点という結果を出しているということと、存在感を出していることで、彼の存在価値は示してくれていると思うので選考に至った」とコメント。クラブでの活躍が招集理由だとした。 一方でエイバルでレギュラーを務めるMF乾貴士ら選考街になった選手もいたが「年齢で日本代表に選ばれないということはないということで、皆さんにも選手にもお伝えできればと思っています」とコメント。招集外の理由は「乾だけではなく、できればもっと多くの選手を選考したいと思っていました。その中で、ポジションのバランスなどを総合的に考えた上で、選考を考えました」と語り、チームとしてのバランスを考えたとしている。 また、初招集となった菅原については「東京オリンピックチームでの活動の中で彼のプレーやオフ・ザ・ピッチでのプレーを見て評価させていただき、今回招集に至っています」とコメント。「出場機会という点では今年に入って足りない部分もありますが、今回のオランダ遠征の招集条件の中で、ヨーロッパ組でチームを編成するということで、チームを作った中で将来A代表に十分絡んでくるだろうという期待も込めて招集しています」と理由を明かし、「期待することは貪欲に活動の中で成長につながる吸収をしてもらいたい、チームに持ち帰って成長してもらいたいと思っています」と将来へ繋がる招集にして欲しいと期待を口にした。 その中で、これまでレギュラー格としてプレーしてきたMF中島翔哉(ポルト)が招集外となっている。中島は新型コロナウイルスによるリーグ中断後から全くプレーしておらず、今シーズンもチーム合流時に問題があった。 森保監督は中島の招集について「中島翔哉の招集については、みなさんもご存知の通り長期間チームでプレーしていなかったこと、チームに合流してトレーニングをしているという情報はもらっています」とし、「まずは所属チームで結果を出して、監督や選手の信頼を掴み取って代表に復帰できるように、代表の活動の選手選考に入るように、日常の活動を行って欲しいと思っています」とクラブでのパフォーマンスを優先し、招集を見送ったとしている。 今回のメンバーには東京五輪世代の選手が7名含まれている中、コーチングスタッフも東京五輪世代のチームのスタッフが入っている。 オリンピックに向けた強化としては「オリンピックのスタッフも今回のA代表のオランダ遠征に帯同してもらうことですが、我々スタッフはA代表と東京オリンピックチームの兼任スタッフとして活動していますので、そういった意味でも今回東京オリンピックチームの活動がない中、A代表の活動をより充実させるために、A代表の活動を持って今後の東京オリンピックチームの活動につなげていけるようにということで帯同してもらうことを考えました」と、代表活動が少ない状況を考えてのことだとコメントした。 また、「選手の招集を見ていただければわかりますが、東京オリンピック世代が7人いる。本大会を考えた場合、3人のオーバーエージが使えることを考えると、スタッフもまずはA代表でカメルーンとコートジボワールに勝って結果を出すこと、この先の東京オリンピックに向けての活動にしていければと思います」とし、来年の東京五輪を見据えたチーム作りをするため、今のうちから準備するとした。 2020.10.01 16:16 Thu
twitterfacebook
thumb

キーワードは「恩返し」、感謝と配慮を尽くした森保一監督が日本代表活動で示したいもの

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月以来の活動となる日本代表。今回のメンバーは全てヨーロッパでプレーする選手で構成され、菅原由勢(AZ)が初招集となった。 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス(COVID-19)は収束する気配がなく、国や地域によっては再び感染者が増えている状況もある。 そんな中でのオランダ遠征での代表活動に関して、森保一監督は「多くの方が環境づくりに尽力してくださったことで、活動できることを絶対に忘れてはならないですし、そういった方々に恩返しになる活動、試合にしなければならない」とコメント。実現に向けて動いた関係者への感謝を持って活動に臨むとした。 また、今回の活動を通じて「日本の国民のみなさんやサポートしてくれるみなさん、支援してくださるみなさんにとって、必要であることでなければならない。恩返しとして、社会貢献しなくてはならないと思っている」とし、日本代表の存在意義を示したいと語った。 観る人には「今回の活動で、我々は戦う集団ですので、勝利を目指して戦い、勝つことで応援してくださる全ての方々に喜んでいたくことをしながら、子供達に夢を持ってもらえる、応援してくださる方々に希望を持っていただくことに、日常生活の中で、我々の活動をいかしてもらいたい」と励みになればとコメント。苦しい生活を余儀なくされている方々には「元気や勇気、根気というのを試合の中で、最後のホイッスルが鳴るまで、1人1人強くが根気強く戦う。どんな困難があっても最後まで戦い抜くという気持ちを持つことと、チーム一丸となって1人1人がチームのために献身的であって、最後まで戦うということを試合の中で表現できればと思っています」と諦めない姿勢を示したいとした。 今回は25名の招集となった日本代表だが、メンバー選考については「当初はもう少し多い人数を考えていました」とし、「実際にオランダに入国するにあたっての制限や我々が招集するにあたって色々な条件を考えたときにこの人数になりました」と予定よりは少ない人数になったことを明かした。 また、セルビアとロシアはオランダへの入国制限があるために招集できず。一方でJリーグメンバーについては「日本は入国制限はないと思うが、国内ではJリーグを戦っているシーズンの真っ只中であること、オランダに行った際に帰国した際に自主待機の期間があると考えると、招集が難しいと配慮させていただき、メンバー選考では外させていただきました」とし、欧州組のみになった理由を改めて説明した。 前述の通り1年近く活動していなかった日本代表だが、今回の活動の狙いについては「A代表の活動は約1年近くできていませんでしたし、今回代表の活動をさせていただくにあたって、基本的なコンセプトの確認、意思統一をやっていければと思います」とコメント。「経験の浅い選手も招集させていただいている中で、これまでやってきた経験が豊富な選手と、経験が浅い若い選手の融合を図りながら、個のレベルアップ、チームとしてのレベルアップを目指して活動していきたいと思います」と今後を見据えたチーム力アップを図りたい狙いを明かした。 2020.10.01 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

昨年12月以来の日本代表活動となる森保一監督がコメント「勇気や元気を届けられるように」

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月以来の活動となる日本代表。今回のメンバーは全てヨーロッパでプレーする選手で構成され、菅原由勢(AZ)が初招集となった。 森保一監督は、今回の代表活動を行うにあたり、多くの方の働きかけがあったことに感謝。苦しい時期を過ごす日本国民へ向けてメッセージを伝えたいと語った。 ◆森保一監督 「10月の代表戦ができることを嬉しく思い、ありがたく思っています。この活動ができることは、多くの方々が尽力してくださり、努力してくださったためです。代表活動ができることに感謝、御礼を申し上げます。ありがとうございます」 「オランダでの活動については、実現するのが本当に難しい状況だったと思いますが、多くの方が時間がない中、そして多くのハードル、困難がある中で実現に向けて、頑張ってくださったことをありがたく思っていますし、感謝しています」 「オランダでの活動について、我々、選手、スタッフ、チーム一同感謝の気持ちを持って臨むということ。我々自身がサッカーをさせていただく、練習ができる、試合ができる、代表活動ができることに感謝し、練習、試合に臨みたいと思います」 「試合では多くの方々が応援してくださると思います。応援してくださる方々に笑顔になっていただけるように、勝利を目指して頑張りたいと思います」 「そして、戦いの中で応援してくださっている皆様に夢や希望を感じていただくと共に、新型コロナウイルスの影響で、そして今年も日本で色々な自然災害が起こった状況で傷ついた方々、困難な生活を強いられている方々に、勇気や元気を届けられるように、困難な生活を強いられている方々の日常生活の励みになるように戦いたいと思っているので、応援よろしくお願いいたします」 2020.10.01 15:06 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英など欧州組のみで構成された日本代表メンバーが発表!菅原由勢が初招集、カメルーン&コートジボワールと対戦

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権以来の活動となる日本代表。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり活動が制限され、今回はヨーロッパでプレーする選手のみが招集されることとなった。 今回のメンバーには、これまでA代表に招集されていた選手と東京五輪世代が融合。菅原由勢(AZ)が初招集となった。 日本代表はカメルーン代表と9日(金)に、コートジボワール代表と13日(火)に対戦する。今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。 ◆日本代表メンバー GK 川島永嗣(37/ストラスブール/フランス) 権田修一(31/ポルティモネンセ/ポルトガル) シュミット・ダニエル(28/シント=トロイデン/ベルギー) DF 長友佑都(34/マルセイユ/フランス) 吉田麻也(32/サンプドリア/イタリア) 酒井宏樹(30/マルセイユ/フランス) 室屋成(26/ハノーファー/ドイツ) 植田直通(25/セルクル・ブルージュ/ベルギー) 安西幸輝(25/ポルティモネンセ/ポルトガル) 板倉滉(23/フローニンヘン/オランダ) 冨安健洋(21/ボローニャ/イタリア) 菅原由勢(20/AZ/オランダ) MF 原口元気(29/ハノーファー/ドイツ) 柴崎岳(28/レガネス/スペイン) 遠藤航(27/シュツットガルト/ドイツ) 伊東純也(27/ヘンク/ベルギー) 南野拓実(25/リバプール/イングランド) 鎌田大地(24/フランクフルト/ドイツ) 中山雄太(23/ズヴォレ/オランダ) 三好康児(23/アントワープ/ベルギー) 堂安律(22/アルミニア・ビーレフェルト/ドイツ) 久保建英(19/ビジャレアル/スペイン) FW 岡崎慎司(34/ウエスカ/スペイン) 大迫勇也(30/ブレーメン/ドイツ) 鈴木武蔵(26/ベールスホット/ベルギー) 2020.10.01 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.54】同い年の久保建英に負けない! 今季目標の12点へここから一気にギアアップを!/斉藤光毅(横浜FC/FW)

8月に現役引退したばかりの内田篤人氏が「ロールモデルコーチ」として初参戦したことが話題になったU-19日本代表合宿。そこでエース級の1人と位置付けられたのが、今季J1・3得点を挙げている斉藤光毅(横浜FC)だ。 2018年AFC・U-19選手権(インドネシア)や2019年U-20ワールドカップ(ポーランド)にも参戦している彼にとって、今回は2度目のユース代表活動。その経験値をチームに還元してほしいという影山雅永監督の期待も大きい。 「前回の代表でやってきたことを自分がやらないといけない立場。前回は前回の代表の色があったし、今回はこの代の色を自分が引き出してやれればいいかなと思いますけど、その前にもっともっと自分自身の色を出していかなきゃいけないかなと。なかなか難しいけど、頑張ってやりたいですね」と本人はリーダーとしての自覚を口にする。 内田氏から「世界を目指すならもっと高い意識をもってやらないとダメ。もっと要求しないといけない」と苦言を呈されたことに対しても、「みんなまだ遠慮があるですかね。全員が素を出せていないというか。1人1人が伸び伸びできることが一番いい。そのためにもまず自分自身が伸び伸びとやること。そこが大事だと思います」と発言。まずは自然体を心掛けながら、自身の結果を出すことの重要性を再認識したという。 2018年に高校2年生でトップ登録され、同年7月のFC岐阜戦でJ2デビューし、昨季はJ2・29試合出場6ゴールという実績を残した斉藤。だが、53歳のカズを筆頭に、42歳の中村俊輔、39歳の松井大輔と大ベテランがズラリと揃う横浜FCではつねに「一番の若手」と位置付けられてきた。 カズさんや俊さん、松井さんからは学ぶことが沢山ある」と口癖のように話していた彼だが、今季J1再開に当たって「自分がいなきゃダメだっていう立ち位置になっていきたい」とギラギラとした闘志を言葉に出した。それが再開後8試合連続スタメンの原動力になり、7月8日の柏レイソル戦、8月8日のガンバ大阪戦での得点にもつながった。 しかし、8月22日の清水エスパルス戦で今季3点目を奪った後、約1カ月以上ゴールから遠ざかっている。9月20日の大分トリニータ戦も途中出場で無得点。本人は「開幕前から今年は12点取りたいなと。去年が6点だったので」と大きな目標を設定しているが、すでにJ1後半戦に入ったことを考えるとこのままでいいわけではない。2試合に1点くらいのペースで取っていかないと目標には届かない。大卒1年目の松尾佑介がすでに4ゴールを挙げているのも刺激にしながら、どんどん得点を量産しなければならないのだ。 「今シーズンは『シュートを打たなきゃ入んない』という気持ちが強い。試合前からつねに打つように心掛けてます。それがいい方向に行っているのかなと感じます。ただ、全ての試合に出れてるわけじゃないし、出れない時の悔しさをエネルギーにして、それを貯めてピッチで出すことも考えていかないといけないと強く思ってます」 こういった貪欲さを後押しするのが、同い年の久保建英(ビジャレアル)の存在だ。18歳でFC東京からレアル・マドリードに買われ、昨季のマジョルカを経て、今季よりレベルの高い新天地に身を投じている盟友の動向を見るたび「このままじゃいけない」という焦燥感が湧き上がってくるのだ。 「コロナで試合が中断していた時、建英がスペインで試合に出ているのを見て刺激を受けました。彼が活躍することで危機感をすごく感じていて、もっともっと頑張らなきゃいけないと思いますし、建英がやってるカテゴリーの想定もできる。自分の基準も自然と上がります」 久保が勝負しているリーガ・エスパニョーラのような大舞台に、いつか自らもチャレンジしたいという気持ちは少なからずある。となれば、J1での2ケタゴールは必要不可欠だろう。19歳という年齢に関係なく、目に見える実績を残した者だけが上に行ける。それがサッカーの世界というものだ。 厳しい現実をU-19代表合宿で改めて内田氏からも突きつけられた。内田氏も鹿島アントラーズでプレーしていた19歳で日本代表入りし、22歳でドイツの名門・シャルケへ移籍。23歳になったばかりの時にUEFAチャンピオンズリーグベスト4の大舞台に立っている。自分もそこに辿り着きたいと思うなら、自らの成長曲線をより一層、引き上げる必要がある。今回、同世代のリーダーとしての自覚を抱いたことも、飛躍のきっかけになりそうだ。 「内田さんから言われた『1つ1つのプレーにこだわらないと上に行けない』『覚悟が足りない』という言葉はホントに響きました。もっと積極的に自分の特徴を出せるように取り組んでいきます」 力強いドリブルとフィニッシュ、献身的な走りと守備には定評のある斉藤光毅。そのストロングに磨きをかけ、ゴール前で怖さを発揮でき、つねに勝負を決められる存在になるべく、ここから一気に突き進んでほしいものである。 2020.09.30 20:00 Wed
twitterfacebook