セルロートのライプツィヒ行きは決定的か! トラブゾンスポルは後釜にFWアフォベ

2020.09.16 16:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート(24)のRBライプツィヒ移籍は決定的な模様だ。ドイツ『transfermarkt』が伝えている。セルロートは昨夏、クリスタル・パレスから2年間のレンタル移籍で加入したトラブゾンスポルで、公式戦49試合で33ゴールを挙げる華々しい活躍を見せた。

この活躍を受けて、ヨーロッパ5大リーグのビッグクラブからの関心も伝える中、今月12日にはトラブゾンスポルがライプツィヒから公式オファーが届いていることを声明で明かした。

その一方で、ここ数日間ではストライカーを探すトッテナムがライプツィヒとの争奪戦に参戦したとの報道も出ていた。

しかし、最新のレポートによると、トッテナムはセルロート争奪戦への参加を見送り、フランクフルトに所属する元オランダ代表FWバス・ドスト(31)への関心を強めている模様だ。

加えて、セルロートの買い取りオプションを有すると言われるトラブゾンスポルも同選手の流出を覚悟しており、後釜と見られるストーク・シティの元DRコンゴ代表FWベニク・アフォベ(27)の獲得交渉が最終局面を迎えているようだ。

なお、ライプツィヒ移籍を希望してか、ノルウェー代表での活動以降もトラブゾンに帰還せず、オスロに滞在中と見られるセルロートに関して、父親のゴラン氏は、ノルウェー『TV2』の取材に対して、「個人的に(ライプツィヒ移籍に)近づいていると思うが、うまくいけば数日以内に準備ができるはずだ」と、交渉が最終段階にあることを示唆している。
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャールはグループ早期突破を狙う「早く勝ち点10を獲得することが我々の目標だ」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、RBライプツィヒ戦に向けて意気込みを語った。公式サイトが伝えている。 20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、敵地で勝利を収めたユナイテッド。グループ最大のライバルから白星を挙げ、最高のスタートを切った中、28日の第2節ではドイツの強豪ライプツィヒと対戦する。 本拠地オールド・トラフォードで連勝が期待されるスールシャール監督は、試合前のプレスカンファレンスでライプツィヒ戦への意気込みとグループリーグ早期突破への意欲を語った。 「我々はどの試合も勝ち点3を獲得するチャンスとみなしており、4チームが参加するこのグループステージでは、勝ち点10があれば突破できるだろうと推測している」 「もちろん、できるだけ早く勝ち点10に到達することが我々の目標だが、今は明日の試合で勝ち点3を獲得することに集中している」 早期突破を狙う理由については、「今シーズンは非常に特別なシーズンだと思う」と、試合が短期間に集中している異例のシーズンであると強調し、選手を休ませるためであると述べた。 「我々は特別な状況の中にいる。中2日、中1日のときもあれば、“ラッキーなことに”中3日のときもある」 「しかしシーズン終了まではその日程をこなしていかなければならず、その後にユーロと新シーズンが控えている」 「もちろん、選手たちに息抜きや休憩を与えるチャンスがあれば、それは大変喜ばしい」 またスールシャール監督は、対戦相手であるライプツィヒに関しても言及。成長著しいクラブだと高く評価した。 「彼らは非常に印象的に成長してきたクラブであり、毎シーズン良くなってきている」 「昨シーズンはブンデスリーガで3位だったが、今シーズンも本当に良いスタートを切っている。また、昨季のチャンピオンズリーグでは準決勝にも進出するなど、大きなタイトルを目指している」 「(ユリアン・)ナーゲルスマン監督は若いし非常に積極的な指揮官だ。見ていてとても面白い。非常に熱いエネルギーとテンポを持った選手たちが見事にまとまっている。私がここ数年非常に興味深く注目しているチームだよ」 2020.10.28 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン、CL初戦勝利も満足せず「もっと魅力的なサッカーができた」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は、チャンピオンズリーグ(CL)で勝利を収めたチームが完璧ではなかったと認めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは20日、CLグループステージ初戦でトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルと対戦。前半にスペイン人DFアンヘリーニョが立て続けにゴールを決めて優位に立つと、後半こそゴールは決まらなかったものの2-0で勝利を収めた。 試合後、ナーゲルスマンは勝利に満足していると話しつつ、チームに疲れがあったことを認めている。 「今日の試合に100%満足しているわけではない。少し(チームに)疲労が見られた。前半2-0にするまではとてもよくやっていたが、その後は大人しくなってしてしまった。ただ、全体的に問題があったというわけではない」 「ファンにとってもっと魅力的なサッカーができたと思う。もっといいサッカーができていれば、より多くの点を取れただろう。土曜日のヘルタ・ベルリン戦で力強く美しい試合が見せられるよう準備していく」 また、ナーゲルスマン監督はこの試合で2ゴールの活躍を見せたアンヘリーニョについて、手放しで称賛した。 「アンヘル(アンヘリーニョ)は常にプレーして勝ちたいと望んでいる男だ。チームの誰もが、彼の下にボールがないと不機嫌になると知っている」 「私と同じくらい、練習が好きなんだ。『練習後もプレーしたい』と言われているよ。彼は非常に訓練されたキッカーで、学ぶことに熱心で、いつも話を聞いてくれる。彼の目標であるワールドクラスの選手に向かっていると思う」 さらに、ナーゲルスマン監督は、この試合で長期離脱中だったDFイブラヒマ・コナテが今シーズン初出場を飾ったことに対しても「久しぶりの登場に大満足だ」と語り、重要な戦力の復帰を喜んでいる。 2020.10.21 15:09 Wed
twitterfacebook
thumb

伏兵アンヘリーニョの2発でライプツィヒが初出場イスタンブールBBSKに快勝《CL》

ライプツィヒは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH開幕節でイスタンブールBBSKをホームに迎え、2-0で快勝した。 パリ・サンジェルマンとマンチェスター・ユナイテッドが同居するグループH。 昨季は初の決勝トーナメント進出を果たした上、ベスト4まで躍進したライプツィヒが、初のトルコ王者に輝き、CL本戦初出場となるイスタンブールBBSKをホームに迎えた一戦。 Y・ポウルセンを最前線に2シャドーにダニ・オルモとフォルスベリを据える[4-3-2-1]で臨んだライプツィヒが立ち上がりから攻め立てると、16分に先制した。 カンプルの浮き球パスをボックス中央へ走り込んで受けたアンヘリーニョが見事なトラップから左足でゴールへ蹴り込んだ。 勢い付くライプツィヒは20分にアンヘリーニョが2点目を挙げる。ショートカウンターに転じ、Y・ポウルセンからエンクンクと繫ぎ、ラストパスをボックス左で受けたアンヘリーニョがGKとの一対一を制した。 ハーフタイムにかけてもライプツィヒがイスタンブールBBSKに主導権を渡さず、2点をリードして前半を終えた。 後半からフォルスベリに代えてファン・ヒチャンを投入したライプツィヒは、引き続きイスタンブールBBSKを押し込む展開で試合を進める。 余裕の展開とした中、カンプル、ダニ・オルモ、ウパメカノら主力を続々と下げていった。 結局、後半に追加点は生まれなかったものの、昨季ベスト4のライプツィヒがイスタンブールBBSKとの格の違いを見せ付けて快勝としている。 ライプツィヒ 2-0 イスタンブールBBSK 【ライプツィヒ】 アンヘリーニョ(前16) アンヘリーニョ(前20) 2020.10.21 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク戦で負傷交代のクロステルマンが戦線離脱…21日にも左ヒザを手術

RBライプツィヒは20日、ドイツ代表DFルーカス・クロステルマンが手術を受けることを発表した。 クロステルマンは、17日に行われたブンデスリーガ第4節のアウグスブルク戦に先発出場したが、前半終了間際に負傷。ハーフタイムで交代していた。 クラブの発表によれば、クロステルマンは2日間に渡り精密検査を受診。その結果、左ヒザの関節鏡手術が必要との判断が下された。手術は21日に実施され、離脱期間もその時に判明するとのことだ。 ボーフムの下部組織出身のクロステルマンは、2014年夏にライプツィヒに入団。センターバックを主戦場に最終ラインの全ポジションをこなす同選手は、在籍7シーズンで公式戦174試合に出場していた。 2020.10.20 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

新天地ライプツィヒでの活躍を誓うクライファート「18歳の頃より上手くなっていると証明したい」

今夏にローマからRBライプツィヒに移籍したオランダ代表FWユスティン・クライファート(21)が新天地での意気込みを語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 バルセロナのレジェンドであるパトリック・クライファート氏を父に持つクライファートは、18歳でオランダ代表デビューを飾るなど、将来を期待されていた。しかし、2018年夏にアヤックスからローマに加入すると、出場機会が減少。代表にも呼ばれない日々が続き、再起を期すため、このたびレンタルで移籍する形となった。 クライファートはインタビューのなかで、移籍する際にローマ時代のチームメイトであり、昨シーズンはライプツィヒに所属していたチェコ代表FWパトリック・シックのアドバイスがあったと明かしている。また、ライプツィヒのスポーツ・ディレクター(SD)であるマルクス・クレシェ氏との会話も大きかったようだ。 「彼(シック)はここ(ライプツィヒ)で素晴らしいコーチや素晴らしいチーム、素晴らしい環境に出会えると言っていた。引っ越しを後悔しないだろうともね。彼自身もここで本当に強く成長した。今のところ、彼の言葉は正しかったと思うよ」 「実は(ライプツィヒの監督である)ナーゲルスマンとは(移籍決定後に)ライプツィヒでしか会っていないんだ。何もかもあっという間だったから、(移籍前は)クレシェと話をしただけだ。彼との会話やクラブへの印象、テレビで見た試合の全てに好印象を持ちこう言ったよ。『ライプツィヒは僕にぴったり!』ってね。数学で言うなら1+1=2のような感じだ」 パトリック・クライファートの息子というネームバリューの高さにより、すでにライプツィヒのファンから高い期待がかけられており、重圧も心配されている。しかし、クライファートにとってはそうした期待が原動力になるようだ。 チームメイトとなるオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー、スペイン代表MFダニ・オルモ、スウェーデン代表MFエミル・フォルスベリらとの厳しいポジション競争を勝ち抜き、停滞したキャリアを再発進させ、オランダ代表にも復帰したいと意気込んでいる。 「ファンの期待値が高い方が、モチベーションは上がるよ。次のステップに進みたいから、今こうしてライプツィヒにいるんだ。それに、コーチたちが(クライファートという)名字で判断しないことも明らかだしね」 「もちろんポジション争いはあるだろうが、強いチームだったこともライプツィヒに移籍を決めた理由の一つだ。競争にシャイにはならないし、常にプレーすることは期待していない。長いシーズンが待っているし、多くの試合がある。誰もがチャンスを得ると思っているよ」 「ここに来られて嬉しいよ。チームに100%を与えたいと思っている。本当にいい感じだ。代表でデビューした18歳の頃より、あらゆる面で上手くなっていると思う。それをここで証明して、また国(オランダ)のためにプレーしたいね」 インタビューのなかでは家族についても触れており、「父(パトリック・クライファート)とは常にサッカーや僕のパフォーマンスについて話をしている」と語ったクライファート。新たなリーグで始める彼の挑戦に注目したい。 2020.10.16 13:18 Fri
twitterfacebook