ルーカス・バスケスがカタールからの好オファーを拒否! マドリー残留を希望

2020.09.16 14:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属する元スペイン代表MFルーカス・バスケス(29)がカタールから届いた好条件のオファーを拒否したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。『マルカ』は先週末、バスケスに対してクラブ名は不明もカタールのクラブから好条件のオファーが届いたことを報道。さらに、ジネディーヌ・ジダン監督はバスケスの貢献を評価しているものの、フロレンティーノ・ペレス会長を含むクラブ幹部はクラブ、選手双方にとってオファーが有益な場合、バスケス本人に決断を委ねる考えだと主張していた。

しかし、現時点でバスケスは2021年夏に終了するマドリーとの契約を全うすることを優先事項としており、カタールからの前述のオファーを拒否したとのことだ。

なお、バスケスに対しては今後もヨーロッパの複数クラブからオファーが届くことが想定されているが、選手自身は今シーズン1年間のプレーを通じて、愛するクラブから延長オファーを勝ち取ることを目指しているという。

2015年にエスパニョールから復帰して以降、バスケスは右ウイングを主戦場に、時には右サイドバックのバックアッパーを担うなど、豊富な運動量と献身性を武器に準主力を担ってきた。ただ、昨シーズンは復帰後最少となるラ・リーガ18試合の出場に留まっており、新シーズンに向けても出場機会の減少が見込まれている。
コメント
関連ニュース
thumb

今季初勝利目指すジダン監督、ベティス警戒も「望むのはソシエダ戦の良いパフォーマンスを続けること」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がラ・リーガ第3節で対戦するレアル・ベティスを警戒した。クラブ公式サイトが伝えている。 今季初戦となった第2節のレアル・ソシエダ戦では相手ゴールをこじ開けられず、ゴールレスドローに終わったマドリー。今季初勝利を目指して、26日にベティスのホームに乗り込む。 試合前会見に出席したジダン監督はソシエダ戦のパフォーマンスを継続したいと意気込み。その一方で、経験豊富なマヌエル・ペジェグリーニ監督が就任したベティスを厄介な相手と位置づけ、警戒した。 「我々が誰と対戦するのかわかっている。彼らは良いチームだ。彼らがどのようにリーグ戦をスタートしたのかも知っているが、我々は何も変わらない。望むのはサン・セバスチャン(レアル・ソシエダの本拠地)で披露した良いフットボールを続けること。常に改善しようとしているが、明日の試合でうまく戦う方法を考えることが重要だ」 「ベティスは昨季と実質的に同じチームだ。変わったのは監督。経験豊富な監督であるペジェグリーニがチームに何をもたらすことができるのかを知っている。それは彼が今、やっていることだ。ベティスは常にクオリティのある選手を揃えるチームだ。監督の経験により、今年は良いベティスが見られると思う。明日はきっと我々と良い勝負をするだろう」 2020.09.26 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

そのモーションから美しい!ベッカムの精度抜群FK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆そのモーションから美しい!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3VDVIc2pYeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年にマンチェスター・ユナイテッドからマドリー入りしたベッカム氏は、在籍4年で公式戦159試合に出場し20ゴール51アシストを記録。チーム事情から当初は中央でのプレーが主だったが、その右足はチームにとって大きな武器であった。 2003年12月18日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のレガネス戦では、その並外れたキックから見事な直接FKを決めている。 0-0で迎えた14分、マドリーはバイタルエリア左でFKを獲得する。ベッカムが美しいフォームから右足を振り抜くと。ボールは壁を越えながらゴール左下へ。相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 試合はレガネスの粘りに遭いながらも延長戦の末、マドリーが4-3で勝利。ベッカムは公式戦で初めてレガネスから得点を決めたマドリーの選手となった。 2020.09.26 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ、ジェコの控えFW獲得へ…レアルFWマジョラル獲得に近づく

ローマがレアル・マドリーに所属するスペイン人FWボルハ・マジョラル(23)の獲得に動いているようだ。イタリア複数メディアが伝えている。 『スカイ』によれば、ユベントス移籍が取り沙汰されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)のローマ残留が決定。ただ、パウロ・フォンセカ監督はジェコのバックアッパーとして若手FWの獲得を望んでいるという。 その候補としてマジョラルに白羽の矢を立てており、すでに個人間合意済み。ローマは買い取りオプションが付随するレンタルでの獲得に向けてマドリーと交渉を行っており、数時間のうちに合意する可能性があるとのことだ。 また、マジョラルは来夏にマドリーと契約満了になる予定だが、契約更新後にローマへ移籍する模様だ。 また、『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ローマは移籍金1000ユーロ(約12億2000万円)+ボーナス1000万ユーロの総額2000万ユーロ(24億5000万円)でマドリーとの取引が進行しているとのこと。選手とは年俸150万ユーロ(約1億8000万円)におよぶ2025年夏までの5年契約を結ぶと伝えている。 マドリー下部組織出身で2015年にトップチームデビューを飾ったマジョラルは、直近2シーズンはレバンテに武者修行。昨シーズンはラ・リーガ34試合で8ゴール2アシストを記録していた。 2020.09.26 10:55 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム復帰のベイルがレアルでの7年間を振り返る「人として成長しなければならなかった」

トッテナムへとレンタル移籍で復帰したウェールズ代表FWガレス・ベイルが、古巣であるレアル・マドリーでの経験を振り返った。 ベイルは19日、古巣であるトッテナムへ1年間のレンタル移籍で加入。7年ぶりの古巣復帰を果たした。20日に行われたプレミアリーグ第2節のサウサンプトン戦ではメンバー入りできなかったが、27日のニューカッスル戦では再デビューが期待されている。 2013年9月にトッテナムからマドリーへ完全移籍で加入したベイルは、公式戦251試合に出場し105ゴール68アシストを記録。ラ・リーガで2度、チャンピオンズリーグで4度優勝を経験するも、近年はケガでの稼働率の低さに加え、趣味であるゴルフに興じることなどピッチ外でも問題を抱えていた。 イギリス『スカイ・スポーツ』でマドリーでの7年間について振り返ったベイルは「後悔はしていない」とマドリー移籍についてコメント。様々な問題があったものの、サッカーをしただけだと語り、人として成長したと振り返った。 「僕はただサッカーをしただけだ。僕にできることはそれだけだし、それ以外の全てのこと、外部から言われることは僕にはコントロールできない」 「僕が言ったように、自分がしてきたことは後悔していない。誰かが言ったことは全て、彼ら次第ということもだ。僕自身は自分の考えをわかっているし、僕の家族が僕が何であるかを正確に知っている。それが、僕がやきもきしたことだ」 「明らかに異なる文化、異なる国に行き、僕は人として成長しなければならなかった。サッカー選手ということは気にしていなかった」 「自分がいる状況にどう対処するかを学ぶだけだ。明らかに、僕は大きなプレッシャーがかかる状況にあった。スタジアムでピッチに立ち、口笛を吹く人たちと接していた」 「そういったことに対処する方法を学んだところだ。真剣に受け止めず、思いやりすぎないことだ。それで上手くいく」 「プレーするのが好きで、自分のベストを尽くす必要があり、時にはそれができる全てのことだ。それがサッカーだよ」 2020.09.25 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

華麗なるワンタッチパスの応酬…!美しすぎるパス回しからカゼミロが決めたチームゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗なるワンタッチパスの連続!カゼミロが決めたチームゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2UURTV1B3ciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンパウロでのデビューを経て、レアル・マドリーに引き抜かれたカゼミロは、ポルトでの活躍を経て2015年からファーストチームに定着すると、マドリーの中盤で欠かせない存在となっている。 世界トップレベルの選手が集まるマドリーで存在感を示し続けるカゼミロだが、2018年2月21日に行われた、ラ・リーガ第16節のレガネス戦では美しい連携から見事なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた29分、楔のパスを受けたFWカリム・ベンゼマが、敵陣中央でカゼミロと縦のワンツー。折り返しを受けたベンゼマがFWルーカス・バスケスにパスを送ると、バスケスがこれをさらにダイレクトでボックス内へスルーパスを出す。 裏へ走っていたカゼミロはこれをフリーで受け取ると、ゴール左に冷静に流し込み、美しい連携から見事なゴールを決めてみせた。 これで勝ち越しに成功したマドリーは、さらに追加点を奪い、3-1で勝利している。 2020.09.25 21:00 Fri
twitterfacebook