ピャニッチがバルセロナで入団会見「以前からバルサと契約したかった」

2020.09.16 12:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ユベントスからバルセロナへ加入したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(30)がお披露目された。ピャニッチは、ブラジル代表MFアルトゥールとトレードという形で6月下旬にユベントスから完全移籍で加入することが決定。しかし、合流前の8月22日に受けたPCR検査の結果、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることが確認。自宅隔離措置がとられ、合流が叶っていなかった。

◆ピャニッチがバルセロナでお披露目!

その後、2度のPCR検査を受けた結果、陰性が確認。そして10日にバルセロナへと到着。トレーニングにも合流し、順調に調整を続けていた。

そんな中、15日にピャニッチはカンプ・ノウでの恒例のお披露目と入団会見に臨み意気込みをコメント。チームに貢献したいと語った。

「僕はやる気に満ち溢れていて、本当にプレーして勝ちたいと思っている。ドレッシングルームに行き、このチームの歴史を見てきた。これは僕にとって素晴らしい機会だった」

「以前からバルサと契約したかった。ここでプレーすることは大きな誇りだ。僕は子供の頃からずっと夢見ていた。このクラブの一員であることは素晴らしいことで、とても幸せだ」

「僕は世界で最高のチームに到達した。みんなの良い思い出となるように最善を尽くす。そうすることで僕は幸せになる」

「ピッチ上にいる僕のチームメイトと、リーグとそれを構成するチームについて知ることだ」

「僕はできるだけ早く順応するように努力するし、すぐにチームでプレーし、助けることができることを望んでいる。グループはとても重要であり、その成果は全ての人のためになるでしょう」

「僕は数回クーマン監督と話をした。彼の意向があり、僕は適応する。そして、僕はそのポジションで最善を尽くす。監督が検討することだ」

「フィジカル面で改善している。スタートまで十分な日があるけど、土曜日のエルチェとのフレンドリーマッチで数分間プレーすることを願っている」
コメント
関連ニュース
thumb

インテル移籍迫るビダル、メッシが別れを惜しむ 「ドレッシングルームは寂しくなりそう」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがインテル移籍秒読みのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(33)に別れのメッセージを送った。 今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想から外れ、移籍が濃厚だったビダル。移籍先の筆頭と目されたインテルが20日に選手の現地到着を報告した。 2018年から2季にわたり、ビダルと共闘したバルセロナの主将メッシは自身のインスタグラム(leomessi)を通じて、別れを惜しみ、新天地での成功を願った。 「君とは対戦でしか知らなかったが、いつもフェノーメノのような存在に感じた。幸運にも個人的に出会うことができ、さらに驚かされたよ。多くを共有した2年間だったし、君の存在は本当に大きなものだった。ドレッシングルームは寂しくなりそうだ。新たなクラブで迎える新たなステージでの活躍を祈っている。また必ず会おう」 なお、事前の報道によると、ビダルは年俸600万ユーロ(約7億4000万円)の2年契約でインテル入りする模様。セリエA挑戦は2011〜2015年まで過ごしたユベントス時代以来2度目となる。 2020.09.21 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ビダルのインテル移籍が目前に! クラブがミラノ到着を発表

バルセロナで構想外になっているチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(33)のインテル移籍が実現しようとしている。イタリア『フットボール・イタリア』が報じている。 今シーズンから指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想外になっているビダル。先日には、かねてから興味を示していたアントニオ・コンテ監督が率いるインテルがバルセロナとの交渉の末に口頭合意に達し、近日中にメディカルチェックを受けることが伝えられていた。 そして、インテルは20日にビダルがミラノ・リナーテ空港に到着したことを公式ツイッターで報告。『フットボール・イタリア』によれば、メディカルチェックは21日の朝に行われるとのことだ。 なお既報では、ビダルは1シーズンあたり600万ユーロ(約7億4000万円)の給与で2年契約を結ぶと見られている。 ビダルは2018年8月にバイエルンからバルセロナへ完全移籍。2シーズンで公式戦96試合に出場し11ゴール10アシストを記録していた。 2011年7月から2015年7月まで在籍したユベントス時代にはコンテ監督とともに仕事をし、3度のセリエA優勝を一緒に成し遂げていた。 2020.09.21 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

移籍金はわずか1億円超? ビダル移籍でバルサとインテルが口頭合意

バルセロナで構想外になっているチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(33)だが、クラブ間での合意がなされたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンから指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想外になっているとされるビダル。かねてから興味を示していたアントニオ・コンテ監督が率いるインテルへの移籍が噂されていた。 そのインテルとバルセロナは、ビダルの移籍ですでに交渉が進み、最終的に口頭合意に至っとのこと。移籍金100万ユーロ(約1億2400万円)+ボーナスがバルセロナに支払われるようだ。なお、2年契約になると見られている。 『スカイ・スポーツ』によれば、ビダルは20日の夜か遅くとも21日の朝にはミラノへと到着するとのことだ。 ビダルは2018年8月にバイエルンからバルセロナへ完全移籍。2シーズンで公式戦96試合に出場し11ゴール10アシストを記録していた。 2011年7月から2015年7月まで在籍したユベントス時代にはコンテ監督とともに仕事をし、3度のセリエA優勝を一緒に成し遂げていた。 契約は2021年6月まであるものの居場所はないと見られ、破格の値段でのインテル移籍となるようだ。 2020.09.20 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサが獲り逃す可能性も? ミランがFWデパイ獲得レースに参戦と報道

バルセロナへの移籍が噂されていたリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)だが、ここに来て新たな行き先が浮上した。 12シーズンぶりの無冠という屈辱を味わった2019-20シーズンから巻き返しを図りたいバルセロナ。オランダ代表を率いていたロナルド・クーマン監督の下で改革に乗り出している。 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの構想外に始まり、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団騒動など、すでに色々なことが起こる中、オランダ代表で指導したデパイの獲得に乗り出していることが盛んに報じられていた。 しかし、移籍の話が進展しないには理由があり、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は新たな選手を獲得する前に、選手と放出する必要があると主張。リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長もバルセロナからデパイへのオファーがないことを認めた。 そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』がミランがデパイ獲得に向けてコンタクトを取っていると報道。ブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)を差し出して交渉を進めようとしているとしている。 バルセロナはスアレスのユベントス移籍が難航している状況であり、すぐに選手が出ていく状況は考えにくい。一方で、ミランは2500万ユーロ(約31億4000万円)のオファーを出したとされている。 デパイは2021年6月30日までの契約を残している状況。今シーズンはリーグ・アンで4試合を戦い、すでに4ゴールを記録。しかし、リヨンは今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を持っておらず、移籍の可能性はゼロではない。 改革を進めながらも後手を踏み続けている感が否めないバルセロナ。ターゲットと信じられていたデパイも獲り逃すことになれば、会長の信用問題もさらに問われることになりそうだ。 2020.09.20 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ピャニッチがバルサデビュー 「とても特別」

バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが新天地デビューを回想した。スペイン『マルカ』が伝えた。 19日に行われたジョアン・ガンペール杯2020でエルチェと対戦したバルセロナ。試合序盤にスペイン代表DFジョルディ・アルバのパスからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが決めたゴールで手にした1点が決勝点となり、1-0の勝利を収めた。 今夏にユベントスから加入したものの、新型コロナウイルス感染で出遅れたピャニッチはこの試合の63分にスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツに代わって出場。効果的な縦パスで変化をつけ、自らも2本のシュートを放つなど、一定の存在感を放った。 ピャニッチは試合後、「『自分らしく』と言われ、自信を与えてもらった。チームは初戦に向けて地道に努力を重ねているところだ」とロナルド・クーマン監督からの指示を明かすと、「僕らは準備ができていて、非常にうまくやっている」と手応えを語り、自らのデビュー戦を振り返った。 「とても特別だ。でも、僕はファンの前でプレーしたかった。1週間前に1人でトレーニングを始めてから、すべてがあっという間のように感じた」 2020.09.20 15:15 Sun
twitterfacebook