人種差別発言があったと主張するネイマール、PSGは全面サポートを発表

2020.09.15 12:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、ブラジル代表FWネイマールに対する人種差別について、全面的なサポートを行うと声明を発表した。ネイマールは13日に行われたリーグ・アン第3節、マルセイユとの“ル・クラスィク”に臨み、0-1で敗戦。開幕2連敗という屈辱を味わった。

この試合では後半アディショナルタイムに両チーム合わせて5名が退場。ネイマールもその中の1人だったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により、マルセイユのスぺイン人DFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴打したことが確認され、退場となっていた。

ネイマールは、この退場劇の裏側にアルバロからの人種差別発言があったと主張。「いいかげん口を閉じろ、汚い猿め!」と言われたとし、自身のツイッターでも「アイツの顔を殴らなかったことが唯一の後悔」と怒りをあらわにしていた。

この件を受け、PSGは声明を発表。ネイマールを完全に擁護する姿勢を見せ、人種差別発言の調査を待つとした。

「パリ・サンジェルマンは、相手選手による人種差別的発言の犠牲者であるネイマールを強く支持します」

「クラブは、社会、サッカー、また我々の生活に人種差別の余地がないことを思い出させ、世界中のすべてのそのような兆候に反して、声を上げるように呼びかけます」

「15年以上にわたり、クラブはSOS Racisme、Licra、Sportitudeなどのパートナーと共に、あらゆる形の差別との闘いに力を注いできました」

「パリ・サンジェルマンはLFP(フランス・プロリーグ機構)の懲戒委員会が調査し、この事実を明らかにすることを期待しています。クラブは、調査を進める上で協力いたします」
コメント
関連ニュース
thumb

2000年代のポルトガル代表のエース、パウレタがPSG時代に見せた古巣相手の大活躍【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、今回は、元ポルトガル代表FWのペドロ・パウレタ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆パウレタが古巣相手に3ゴールの大暴れ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4am1jNVdlTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> キャリアのほとんどをフランスとスペインで過ごしたパウレタ氏。特にフランスではその得点能力が開花し、ボルドーとPSGに在籍した8年間ではリーグ通算266試合に出場し141ゴールを決め、リーグ・アン得点王にも3度輝いている。 そんなパウレタ氏は、2006年4月1日に行われたリーグ・アン第33節のボルドー戦では、古巣相手に見事なハットトリックも達成している。 まずは7分、パウレタが右サイドからのクロスに反応し、頭で先制点を叩きこむ。PSGは同点に追いつかれるものの、38分には自身が獲得したPKをゴール右に沈め、勝ち越しに成功する。 さらに43分には、右サイドでボールを持ったMFジェローム・ロタンの左足のクロスに上手く頭で合わせ、前半だけでハットトリックを達成している。 PSGでは在籍5年間で公式戦211試合に出場し109ゴールを決めたパウレタ氏。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)に抜かれるまでは、PSGのクラブ最多ゴール記録保持者であった。 2020.09.26 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

人種差別の疑いで調査中のネイマール、マルキーニョスは擁護

人種差別発言の疑いで調査対象に挙げられているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールだが、同僚で同胞のDFマルキーニョスは擁護の姿勢を示している。 両チーム合わせて5人の退場者を出す大荒れの一戦となったPSGvsマルセイユ。それぞれに重い処分が科される中、ネイマールはマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスに対する同性愛嫌悪やDF酒井宏樹への人種差別発言の疑いがかけられており、現在調査中となっている。 証拠が確認され次第、すでに2試合停止処分が科されているネイマールには追加処分が発表される見込みだが、マルキーニョスはネイマールの人柄を尊重し、侮辱的な発言をするような人間ではないと擁護した。 「僕はネイマールという男をよく知っている。彼は人種差別的な侮辱を口にしたことがない人間だ。僕はピッチにいたわけでも近くにいたわけでもない。写真を見たわけでもないからあまりはっきりとは言えないんだけどね」 「でもネイマールをよく知る人からすれば、彼はそんな言葉は使わない。僕はそう思う」 2020.09.26 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、第3GKとして29歳フランス人GKルトゥリエの復帰を発表

パリ・サンジェルマン(PSG)は25日、無所属のフランス人GKアレクサンドル・ルトゥリエ(29)の加入を発表した。契約期間は1年間となっている。 PSGの下部組織で育ち、2010年までPSGに在籍していたルトゥリエは、アンジェでプロデビュー。今年1月まで10年間在籍し、オルレアンへ移籍していた。 PSGでは守護神のコスタリカ代表GKケイロル・ナバス、第2GKのスペイン代表GKセルヒオ・リコが所属しており、ルトゥリエは第3GKを務めることになる。 2020.09.26 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

意表を突くパスで相手DFを無効化!ヴェッラッティが見せた絶妙リスタートパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ヴェッラッティが見せた相手の意表を突くリスタート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGbk9IZEo1NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ペスカーラでプロデビューを果たしたヴェッラッティは、2012年夏にPSGに加入。中盤の主力選手の1人として、ここまで公式戦317試合に出場し9ゴール52アシストを記録している。 若くしてフランスに渡り、活躍を続けるヴェッラッティだが、2015年5月8日に行われたリーグ・アン第36節のギャンガン戦では、相手の意表を突く素晴らしいアシストを決めている。 4-0と大量リードで迎えた70分、敵陣中央でPSGがFKを得る。キッカーのヴェッラッティは、プレーが切れて相手選手たちが油断しているのを見ると、すかさず素早いリスタートで、相手ディフェンスラインの裏に浮き球のスルーパスを送る。 ヴェッラッティと意思疎通を図り、裏に抜け出していたFWエディンソン・カバーニは相手を置き去りにし、フリーでボールを受けるとボレーシュートをゴールに流し込んだ。 これで5-0としたPSG。終了間際にももう一点を加え、6-0の大勝を収めている。 2020.09.25 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

名手キャバイエがPSGで決めた美しいダイレクトミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFヨアン・キャバイエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆キャバイエがPSGに決めたミドルシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJOUFUajlFTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リールの下部組織出身のキャバイエは、2004年にファーストチームデビュー。チームの司令塔として2010-11シーズンのリーグ優勝に貢献すると、その後ニューカッスルやPSG、クリスタル・パレスで活躍した。 優れたテクニシャンとして存在感を示したキャバイエだが、PSG時代の2014年10月17日に行われたリーグ・アン第10節のランス戦では、技術が光る美しいミドルシュートを決めている。 0-1とPSGビハインドで迎えた29分、左サイドでボールを持ったDFマクスウェルが、グラウンダーのクロスを上げる。中央にいた味方には合わなかったものの、後方のキャバイエがダイレクトでこれに合わせる。右足から放たれたシュートは、ゴール前の混戦をすり抜け、ゴール左に決まった。 これで同点としたPSGは、その後逆転に成功し、3-1で勝利している。 2020.09.25 19:00 Fri
twitterfacebook