「フェイクニュース」バルサ、レアルへの移籍が噂されるラウタロ代理人が今夏の移籍を否定

2020.09.15 12:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人が、スペイン2強への移籍を否定した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。以前からバルセロナ移籍の可能性が盛んに報じられるラウタロ。そして、イタリア『Sport Mediaset』はレアル・マドリーがラウタロ獲得に向けたオファーを出したと報道。個人合意間近とも報じられていた。

◆ルカクの技ありアシストからラウタロが決めた美しいボレー!

しかし、ラウタロの代理人を務めるベト・ヤケ氏が14日にインテルのクラブハウスに訪れた際にコメント。「レアル・マドリーかバルセロナかって?それはフェイクニュースだ。今のところ、ラウタロ・マルティネスはインテルから移籍しない」と、今夏の移籍の噂を一蹴した。

なお、この訪問は表敬訪問だったとのこと。インテルは、2023年夏までとなっているラウタロに関して、代理人との交渉がスタートしているとのことだ。

今夏の売却がないことに加え、移籍市場が閉まった後には契約延長交渉がスタートすることになったインテルとラウタロ。これで移籍話にも終止符が打たれそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA・シーズンプレビュー】10連覇目指すピルロ・ユーベを止めるのは!?

2020-21シーズンのセリエAが19日に開幕する。先月2日に閉幕した昨季はユベントスの9連覇で幕を閉じたセリエA。新型コロナウイルスの影響によって僅か1カ月半で迎える新シーズン、監督未経験のピルロ新監督を迎えたユベントスの10連覇を阻むチームが、今季こそ現れるかが注目される。 ◆監督未経験のピルロで目指す10連覇~ユベントス~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 9連覇を成し遂げたものの、チャンピオンズリーグでリヨンの前にベスト16敗退に終わったことを受け、就任1年でサッリ前監督を電撃解任としたユベントス。新指揮官に迎えたのはユベントスOBで監督未経験のピルロだった。現役時代、稀代のレジスタとして名を馳せたピルロが指揮官となってどんなサッカーを表現するのか楽しみなところだが、サッリ前監督が植え付けることのできなかったポゼッション主体のサッカーに挑むのか、それともユベントス伝統の堅守を生かしたサッカーを見せるのか。指揮官としてのピルロの手腕に要注目したい。 ◆続投決断のコンテが古巣ユーベの10連覇阻止へ~インテル~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユベントスの10連覇を阻む最大のライバルとして昨季2位のインテルを挙げたい。昨季は最終的にユベントスに1ポイント差に迫った上での2位フィニッシュを果たし、コンテ監督の下、着実にチーム力を上げていることを証明した。シーズン前にはコンテ監督の恒例行事となりつつある退団騒動が起きたが、フロントのサポートを感じ取り続投を決断。ユベントス時代に指導したMFビダル加入が濃厚な中、満を持して古巣ユベントスの10連覇を阻みにかかる。 ◆イブラ残留でスクデット争いも現実味~ミラン~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 長らく低迷が続く名門だが、昨季後半に加入して圧倒的な存在感を示したFWイブラヒモビッチの残留に成功したことが復活を期すミランにとって大きな後押しとなりそうだ。また、イタリアの次代を担うMFトナーリとレアル・マドリーからレンタルでMFブラヒム・ディアスを獲得し、未来へ向けた投資もしっかり敢行。繫ぎの意味合いが強かったピオリ監督が結果で続投を勝ち取った中、新シーズンのミランは歯車さえ噛み合えばスクデット争いも十分に可能なはずだ。 ◆もはやビッグクラブに引けを取らない存在に~アタランタ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ガスペリーニ体制4季目の昨季もアタランタは飛躍を遂げた。セリエAでは2年連続で3位フィニッシュを果たし、初出場のチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト8進出と、もはやビッグクラブに引けを取らない存在に成長した。今季も名将ガスペリーニ監督の下、主力は軒並み残留しており、期待は高まるばかり。CLとの並行した過密日程も昨季経験済みで上積みが期待できる新シーズンは本格的にスクデット争いへ参戦する可能性も十分だ。 ◆昨季のスクデット争いを自信に~ラツィオ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げながらもコロナ明けの失速により4位フィニッシュとなったラツィオ。新シーズンに向けてはMFダビド・シルバの獲得に迫っていたが、実現はならなかった。戦力的な上積みはほぼない状況の中、S・インザーギ監督の手腕に今季も期待が懸かる。 ◆戦力維持でユーベに挑戦~ナポリ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> コッパ・イタリア優勝に導いたガットゥーゾ監督の2季目となるナポリ。徐々にガットゥーゾ監督の“闘う”スタイルが浸透していった昨季は、シーズン終盤にかけて結果も伴うようになっていった。迎える新シーズンに向け、FWメルテンス、MFファビアン・ルイス、DFクリバリと移籍の噂のあったセンターラインの主力が残留したのは大きい。戦力を考えればナポリもスクデット争いに顔を出したいところだが、主役に躍り出ることはできるか。 ◆新フロントの下で~ローマ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クラブに対する熱がなく評判の悪かったパロッタ前会長に代わり、米実業家のフリードキン氏が買収したローマ。新フロントの下、刷新されたクラブは戦力維持に努めた中、DFコラロフがインテルへ移籍し、エースFWのジェコもユベントスへの移籍が濃厚となっているが、まずはCL圏内返り咲きを目指したい。 ◆更なる飛躍へ~冨安と吉田~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200918_2_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季、セリエA初挑戦ながらレギュラーポジションを確保したボローニャのDF冨安とサンプドリアのDF吉田。日本代表のレギュラーセンターバックでもある両者は、守備の国イタリアでしっかりと存在感を示した。冨安はケガを除いてシーズンを通し、右サイドバックのレギュラーとしてプレー。新シーズンはセンターバックでのプレーの可能性も報じられる中、セリエAの強力なアタッカーたちを直接封じ込める役割が求められる。また、吉田もシーズン後半にチームに加わった中、残留を争っているチームの助けとなった。今季も残留争いを強いられる可能性が高いが、レギュラーをキープし続け、最低限の目標である残留に貢献したい。 2020.09.19 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、ジェノアのU-21イタリア代表FWピナモンティの買い戻しを発表

インテルは18日、ジェノアのU-21イタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(21)の買い戻しオプションを行使したことを発表した。買い戻し金額は2000万ユーロ(約24億8000万円)とのことだ。 インテルの下部組織出身のピナモンティは、U-15からイタリア代表の世代別代表でゴールを量産してきた188cmの大型ストライカー。2016年12月にインテルでトップチームデビューを飾った後、2017-2018シーズンにフロジノーネへのレンタル移籍を経て、昨季は買い取りオプション付きのレンタルでジェノアに移籍し、セリエAで32試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。 ジェノアは今月1日に1950万ユーロで買い取りオプションを行使していたが、インテルが過密日程を考慮してか、買い戻しに動いた格好だ。 2020.09.19 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ラウタロが2ゴールで健在!インテルが今季初の実戦を5-0の大勝で飾る

インテルは15日、スイスのルガーノと親善試合を実施。アントニオ・コンテ監督体制の2年目がスタートした。 試合はインテルのトレーニングセンターで開催。今シーズンの初戦となったインテルは主力選手たちが先発出場した。GKにはサミル・ハンダノビッチが入り、ミラン・シュクリニアル、アンドレア・ラノッキア、アレッサンドロ・バストーニの3バック、今夏加入したアクラフ・ハキミとダウベルト・エンリケが両ウイングバックに入り、ニコロ・バレッラとロベルト・ガリアルディーニがボランチでコンビを組んだ。トップ下にはステファノ・センシが起用され、2トップはアレクシス・サンチェスとラウタロ・マルティネスという布陣でスタートした。 <div id="cws_ad">◆インテルのシーズン初戦!ラウタロの2ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCRlc3QjRGeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合は、開始早々の4分にダウベルトのゴールでインテルが先制すると、35分にはハキミが右サイドから低いセンタリングを送り、相手選手のオウンゴールを誘って追加点を奪った。 その直後の36分には、カウンターのチャンスからサンチェスのお膳立てをラウタロが右足ダイレクトで沈めると、前半終了間際の43分には再びカウンターのチャンスで、サンチェスからのパスをラウタロが沈め、4-0とした。 前半で大量リードを奪ったインテルは、後半開始のタイミングで11人全員を交代。今夏ローマから加入したアレクサンダル・コラロフもデビューとなった。 後半はややトーンダウンした試合だったが、ロメル・ルカクのPKでの得点もあり、5-0でタイムアップを迎えている。 11年ぶりのスクデット奪還を狙うインテルは、第1節のベネヴェント戦が延期となったため、26日に第2節のフィオレンティーナ戦で開幕を迎える。 インテル 5-0 ルガーノ 1-0 4分:ダウベルト・エンリケ(インテル) 2-0 35分:オウンゴール(ルガーノ) 3-0 36分:ラウタロ・マルティネス(インテル) 4-0 43分:ラウタロ・マルティネス(インテル) 5-0 47分:ロメル・ルカク(インテル) インテル GK:ハンダノビッチ(46→ラドゥ) DF:シュクリニアル(46→ダンブロージオ)、ラノッキア(46→ナインゴラン)、バストーニ(46→コラロフ) MF:ハキミ(46→ヤング)、バレッラ(28→アグメ46→サルセド)、ガリアルディーニ(46→デ・フライ)、ダウベルト(46→ブロゾヴィッチ) MF:センシ(46→エリクセン) FW:サンチェス (46→ルカク)、ラウタロ・マルティネス(46→ペリシッチ) 2020.09.17 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル退団のボルハ・バレロがヴィオラに3年ぶりの復帰! 背番号は「6」に!

フィオレンティーナは16日、元スペイン代表MFボルハ・バレロ(35)の復帰を発表した。背番号は「6」に決定。契約期間に関する言及はないが、1年契約となる見込みだ。 レアル・マドリーのカンテラ出身のボルハ・バレロは、これまでマジョルカ、WBA、ビジャレアルでプレー。 その後、2017年夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したボルハ・バレロは、3シーズンで公式戦100試合に出場。アントニオ・コンテ監督が就任した昨シーズンは出場機会を減らし、セリエAでは19試合にとどまった。そして、3年契約の満了に伴い、クラブを退団しフリーの状況となっていた。 なお、2012年から2017年まで過ごしたフィオレンティーナでは背番号「20」を背負い、公式戦212試合に出場し、17ゴール45アシストを記録。中盤の絶対的な主力として活躍していた。 2020.09.16 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

2000年代のインテルを支えた“仕事人”フリオ・クルスの技ありショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元アルゼンチン代表FWのフリオ・クルス氏がインテル時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆“仕事人”フリオ・クルスの技ありショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyRVRwaEg3cCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年にインテルへ加入したフリオ・クルス氏。バックアッパーとしての役割が主だったものの、移籍初年度の2003-04シーズンは主力としても活躍を見せた。 フリーキックの技術も一級品であり、2004年1月6日に行われたセリエA第15節のレッチェ戦では、見事なFKを決めている。 0-1とビハインドで前半を折り返して迎えた49分、インテルはボックス手前右でFKを獲得する。キッカーのフリオ・クルスがちょこんと右にずらすと、MFフランシスコ・ファリノスが足裏で止める。 少しだけボールのコースをずらすと、フリオ・クルスが壁の外側を巻くシュートを放ち、ゴール右のポストに直撃しながらネットを揺らした。 フリオ・クルスの柔軟な発想と技術の高さで同点に追いついたインテルはその後ゴールを重ね、3-1の勝利を飾っている。 2009年にラツィオに移籍するまで貴重なバックアッパーとしてピッチに立てば仕事を果たし続けたフリオ・クルス氏は、在籍6年で公式戦197試合に出場し75ゴールを記録している。 2020.09.15 20:00 Tue
twitterfacebook