デビューの室屋が2点目の起点に、室屋&原口スタメンのハノーファーが2回戦進出《DFBポカール》

2020.09.15 03:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハノーファーは14日、DFBポカール1回戦でヴュルツブルガーとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。ハノーファーのMF原口元気は77分までプレー、DF室屋成はフル出場している。2部同士の2回戦進出を懸けた新シーズンの公式戦初戦。原口とFC東京から今夏加入した室屋の両選手がスタメンとなったハノーファーは[4-3-3]を採用した。


原口が左インサイドMFで、室屋が右サイドバックでスタートしたハノーファーが立ち上がりから攻勢に出ると、23分に先制した。ストライカーのヴァイダントが単騎突破でボックス左へ侵入し、GKとの一対一を制した。

38分には左クロスに原口が頭で合わせるチャンスを作るなど、主導権を握り続けたハノーファーが1点をリードして前半を終えた。

そして迎えた後半もペースを握るハノーファーは、59分に加点。室屋のアーリークロスをドゥクシュが落とし、最後はカイザーが押し込んだ。

さらに78分、原口が直前に退いた中、CKからヒューバースのゴールも生まれたハノーファーは、終盤に2失点を喫したものの3-2で逃げ切り。2部同士の戦いを制し、2回戦へ進出している。
関連ニュース
thumb

Y・ポウルセン&ファン・ヒチャン弾でヴォルフスブルクを下したライプツィヒがベスト4進出!《DFBポカール》

DFBポカール準々決勝のライプツィヒvsヴォルフスブルクが3日に行われ、2-0で勝利したライプツィヒが準決勝進出を決めた。 3回戦でブンデス2部のボーフムを下したライプツィヒは、直近のボルシアMG戦からスタメンを2人変更。ザビッツァーとハルステンベルクに代えてカンプルとクロステルマンをスタメンで起用。 一方、3回戦でシャルケを下したヴォルフスブルクは、直近のヘルタ・ベルリン戦からスタメンを1人変更。ポングラチッチに代えてブルックスがスタメンに名を連ねた。 リーグ戦で好調な両者の一戦は、徐々にボールの主導権を握ったライプツィヒが先にチャンスを迎える。12分、ボックス右でパスを受けたダニ・オルモのクロスをゴールエリア左のエンクンクが頭で合わせたが、これはGKカスティールスがファインセーブ。 さらに18分には、左スローインをボックス手前のY・ポウルセンがヒールで繋ぐと、ボックス左に抜け出したエンクンクのクロスをクライファートがヘディングシュート。しかし、叩きつけたボールは相手GKの正面を突いた。 対するヴォルフスブルクは23分、右CKのクリアボールをボックス右手前のシュラーガーがダイレクトクロス。これをファーサイドで受けたK・ムバブが胸トラップからシュートを狙うと、エンクンクにアフターで足をスパイクされる。一度プレーは流されたものの、オンフィールドレビューの結果、このファウルでPKが与えられた。しかし、キッカーのヴェグホルストは芝で軸足を滑らせたこともあり、シュートを大きく外した。 ピンチを脱したライプツィヒは、32分にクロステルマンのロングパスでDFの裏に抜け出したエンクンクのラストパスを受けたクライファートがボックス右からゴール左隅にシュートを決めたが、エンクンクがオフサイド判定となり、ゴールは取り消された。 前半終了間際、ヴォルフスブルクはラクロワのスルーパスに抜け出したシュテフェンが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKグラーチのブロックに阻まれ、前半はゴールレスドローで終了した。 迎えた後半、ライプツィヒはオルバンを下げてハイダラを投入。すると52分、敵陣でバックパスをカットしたエンクンクのヒールパスでボックス左に抜け出したY・ポウルセンにチャンスが訪れたが、シュートはGKカスティールスのブロックに阻まれた。 以降は一進一退の攻防が続く中、ライプツィヒの圧巻のロングカウンターが発動する。63分、自陣で右クロスのこぼれ球を拾ったセルロートがY・ポウルセンとのパス交換で右サイド抜け出すと、中央を駆け上がったY・ポウルセンへ横パスを通す。これを受けたY・ポウルセンがボックス内まで持ち上がると、冷静にシュートを決めきった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、試合終盤にライプツィヒが決定機を迎える。88分、ボックス右深くまで侵入したセルロートのクロスをニアに走り込んだフォルスベリが合わせると、GKセルロートが弾いたボールをゴールエリア左手前のファン・ヒチャンがダイレクトで流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ヴォルフスブルクを下したライプツィヒが2年ぶりの準決勝進出を決めた。 また、同日に行われたDFBポカール準々決勝もう一試合のエッセン(4部)vsホルシュタイン・キール(2部)は0-3でキールが勝利している。 2021.03.04 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが来季指揮官率いるボルシアMG撃破でベスト4進出! 圧巻カウンターからサンチョが決勝点《DFBポカール》

DFBポカール準々決勝、ボルシアMGvsドルトムントが2日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、0-1で勝利したドルトムントが準決勝進出を決めた。 3回戦でシュツットガルトを退けたブンデスリーガで9位のボルシアMGは、直近の公式戦4敗1分けと深刻な不振に陥っている。6戦ぶりの勝利でベスト4進出を目指すこの一戦では、痛恨の逆転負けとなったRBライプツィヒ戦から先発6人を変更。両サイドバックの主力やテュラム、プレア、シュティンドルが復帰した。 一方、3回戦で2部のパーダーボルンに競り勝ったドルトムントは直近の公式戦3連勝でリーグ戦でも5位に浮上。3-0で快勝した直近のビーレフェルト戦からはレイナに代えてデラネイを起用した以外、同じメンバーを起用した。 試合は開始早々にドルトムントにアクシデント。スプリントした際に足を痛めたラファエウ・ゲレイロが足を痛めてプレー続行不可能となり、5分にシュルツが緊急投入された。 早々のアクシデントによって嫌な入りとなったアウェイチームだが、9分にはボックス左で浮き球のルーズボールの反応したロイスに決定機。だが、ここはうまくヒザをかぶせることができず、右足のボレーシュートは精度を欠いた。 以降は球際での強度の高い攻防、素早いトランジションと見ごたえのある攻防を見せる両チーム。だが、球際の部分でやや勝るホームチームは相手サイドバックの裏を効果的に突いて幾度か際どい場面を作り出す。 前半半ばを過ぎても拮抗した状況が続く中、36分にはドルトムントに絶好機。最後尾のフンメルスからのフィードに反応したハーランドがDFエルベディと完璧に入れ替わってボックス内まで抜け出すが、ここはGKシッペルの巧みな詰め方とエルベディの決死の戻りに焦ったか、シュートを枠の左に外してしまう。 一方、ボルシアMGも前半ラストプレーではプレアのスルーパスに抜け出したテュラムがボックス内でDFジャンを先に滑らせて切り返しからシュートをゴールネットへ流し込む。だが、ギリギリの抜け出しがオフサイドとなり、ゴールは認められず。 0-0で折り返した後半はドルトムントが良い入りを見せる。53分にはボックス左に抜け出したロイスからのマイナスの折り返しをゴール前で収めたハーランドが左足のシュートを流し込み、ゴールネットを揺らす。だが、オンフィールドレビューの結果、ハーランドがボールのないところでDFベンセバイニの足をかけて倒したと判定され、ゴールは認められず。 一方、このピンチを凌いだボルシアMGは徐々に攻勢を強めると、59分にはセットプレーの二次攻撃からベンセバイニが強烈な左足のミドルシュートを枠に飛ばす。だが、ここはGKヒッツのビッグセーブに阻まれた。 以降は一進一退の攻防が続く中、ドルトムントの圧巻のロングカウンターが発動する。66分、相手CKの場面でうまくボールを奪ったシュルツが左サイドを持ち上がって中央のハーランドに縦パスを通す。これをノルウェーー代表が右を並走するロイスにワンタッチで繋ぐと、ロイスもすかさず左サイドでスプリントしたサンチョにダイレクトスルーパスを通す。そのままボックス内まで持ち込んだサンチョが冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。 圧巻のカウンターアタックで先手を奪ったドルトムントは直後に殊勲のサンチョを下げてアザールを投入。対するボルシアMGは同じタイミングでラザロ、76分にはエンボロ、ザカリア、ヴォルフと一気に3枚の交代カードを切ってゴールを目指す。 後半終盤にかけてはボルシアMGが押し込む時間帯が続くが、83分にはロイスのスルーパスに抜け出したハーランドに決定機。だが、DFに寄せられながらやや遠目から放ったシュートはGKの好守に阻まれて試合を決定づける2点目を奪い切れない。 その後、試合終了間際の93分にはベンセバイニと小競り合いを起こしたダフードにこの試合2枚目のイエローカードが掲示され、ドルトムントは数的不利を背負うことに。 そして、形振り構わぬ猛攻に打って出たボルシアMGは後半ラストプレーでボックス右でフリーのライナーに絶好のシュートチャンスが訪れたが、渾身の右足シュートは枠を捉えることができず、試合はこのままタイムアップを迎えた。 この結果、来季から自クラブで指揮を執るローゼ監督率いるボルシアMGに競り勝ったドルトムントが準決勝進出を決めた。 2021.03.03 07:05 Wed
twitterfacebook
thumb

DFBポカール準々決勝の組み合わせ決定! ブンデス上位対決に大迫ブレーメンは2部と対戦

7日にDFBポカール準々決勝の組み合わせ抽選会が行われ、4つの対戦カードが決定した。 前回王者バイエルン、レバークーゼンらブンデスリーガの強豪チームがすでに敗退する波乱続きの今シーズンのポカール。 その中で準々決勝に駒を進めたのは、ドルトムント、RBライプツィヒ、ボルシアMGと今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメント進出を決めている優勝候補3チームと、FW大迫勇也を擁するブレーメンとヴォルフスブルクを含めたブンデスリーガの5チーム。 また、前ラウンドでレバークーゼンにジャイアントキリングを決めた4部所属のロートヴァイス・エッセン、2回戦でバイエルンを撃破したホルシュタイン・キールと、前ラウンドでケルンを破ったヤーン・レーゲンスブルクの2部所属2チームだ。 今回、決定した準々決勝の対戦カードではブンデスリーガでトップ4を争う5位のドルトムントとボルシアMG、王者バイエルンとマイスターシャーレを争う2位のライプツィヒと、3位のヴォルフスブルクが激突することに。 また、ブレーメンはレーゲンスブルク、エッセンとキールがアウトサイダー同士の一戦に臨むことになった。 なお、準々決勝は3月2日と3日に開催予定だ。 ◆DFBポカール準々決勝対戦カード ボルシアMG vs ドルトムント ライプツィヒ vs ヴォルフスブルク レーゲンスブルク(2部) vs ブレーメン エッセン(4部) vs キール(2部) 2021.02.08 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルトはボルシアMGに逆転負け、ライプツィヒやヴォルフスブルクが順当勝利《DFBポカール》

DFBポカール3回戦の4試合が3日に行われ、シュツットガルトはボルシアMGをホームに迎え、1-2で逆転負けした。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 遠藤が[3-5-2]のボランチで先発となったシュツットガルトは開始2分に先制する。相手のCKをはね返した流れからロングカウンターに転じ、快足アタッカーのワマンギトゥカがゴールを陥れた。 幸先よく先制したシュツットガルトは守勢に回る展開となると、前半追加タイムにテュラムのゴールを許して同点とされてしまう。 そして迎えた後半開始5分、一気に逆転される。ロングフィードに抜け出したプレアに対し、GKもかわされて無人のゴールに流し込まれた。 逆転されたシュツットガルトは後半、押し込む時間を増やしたもののボルシアMGからゴールを奪うことができずに1-2のまま敗戦。敗退に終わった。 また、ライプツィヒは2部で2位に付けるボーフムをホームに迎え、4-0で快勝した。 Y・ポウルセンを最前線に配置する[3-4-3]で臨んだライプツィヒは、11分にハイダラのヘディングシュートで先制。前半追加タイムにザビッツァーのPKでリードを広げると、後半にはY・ポウルセンの2ゴールも生まれて圧勝とした。 そしてヴォルフスブルクはシャルケをホームに迎え、1-0で勝利。ヴォルフスブルクは前半40分のヴェグホルストのゴールで危なげなくシャルケを退けた。 ケルンは2部のレーゲンスブルクとのアウェイ戦に臨み、22-で90分を終了。延長戦でもゴールは生まれず迎えたPK戦では3-4で敗れ、敗退となっている。 2021.02.04 07:29 Thu
twitterfacebook
thumb

延長戦に持ち込まれたドルトムントが2部パーダーボルンに辛勝、大迫途中出場のブレーメンは快勝でベスト8《DFBポカール》

DFBポカール3回戦の4試合が2日に行われた。ドルトムントは2部のパーダーボルンをホームに迎え、2-2で90分を終了。延長戦の末、3-2で勝利した。 [3-4-2-1]で臨んだドルトムントは最前線にハーランド、2シャドーにサンチョとブラント、ジャンを3バックの中央に据えた。 そのドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると6分に先制する。CKの流れからジャンが左足で蹴り込んだ。 さらに16分、ハーランドのスルーパスに抜け出したサンチョがGKとの一対一を制してリードを広げた。 その後はギアを落としたドルトムントが幾つかピンチを迎えたものの、GKヒッツの好守で凌ぎ前半を2点のリードで終えた。 迎えた後半も守勢に回ったドルトムントはパーダーボルンの反撃を受けると、79分に失点。 そして後半終了間際の追加タイム5分にはハーランドがカウンターから決定的な3点目を奪ったかに思われたが、その前に自陣ボックス内でのパスラックのファウルがあったとしてPKを献上。 このPKを決められ、2-2とされたドルトムントはまさかの延長戦へ。それでも同前半5分にディフェンスライン裏を突いたハーランドが勝ち越しゴールを決め、勝ち越しに成功。これが決勝点となって辛くもベスト8進出を決めている。 また、FW大迫勇也が72分から出場したブレーメンはグロイター・フュルトをホームに迎え、2-0で快勝した。 開始12分にCKの流れからモフワルドが先制弾を決めたブレーメンは、大迫が投入された直後の73分に加点。危なげなく勝ち上がりを決めている。 2021.02.03 07:27 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly